きらいきらいすき。

kirai kirai suki

きらいきらいすき。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
12
評価数
4件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344823709

あらすじ

初恋の相手に「暗くてオタクくさくてキモい」とフラれた泉水。衝動的に美容室に飛び込んでしまった泉水は、傷心からダサイと言われた髪を切ることに。偶然担当してくれた美容師の犬塚に、内面にも自信をつけてもらった泉水は彼に憧れを抱き、美容師を目指すようになった。努力の末、犬塚と同じ美容室で働けることになった泉水だったが、なぜか彼はオネエ言葉で話すようになっていて…。

表題作きらいきらいすき。

美容室のチーフデザイナー 犬塚周・30歳
同じ美容室のデザイナー 樋口泉水・22歳

その他の収録作品

  • すきすきだいすき。
  • すき、きらい、すき、きらい、

評価・レビューする

レビュー投稿数2

失敗したオカマ?!

過去に自分の運命を変えてしまった1人の美容師。
その人に憧れ同じ職場で働きたいと一生懸命頑張った末に出会った彼は?!

オネエ言葉は大好きなので帯が気になり読み始め…
ん~っ、帯やあらすじから想像してたストーリーとはちょっと違ったかな。

何でオネエ言葉になってたのかが気になってたのですが
なるほどな~と。
人気商売は恐ろしい??
そしてその原因にもなってる1人のキャラが出てきて、
ちょっとした修羅場とかになるのかと思いきや、
案外アッサリとフェイドアウトしていった??

だけど犬塚のオネエ言葉と男言葉のギャップは良かったvv

後はつき合いだしてからの2人がチョッとウザイかも(^^;)
まぁ全体を通してみれば、私は好きな部類に入るかなvv

後は店長のお話で1冊読みたいですね。

0

憧れの人はいつの間にかオネイ言葉に?!

手酷いフラれ方をした受け様が攻め様に出会ったのは
まさに自分の運命を決めてしまう出会いだった。
自分を磨かないヲタクと言われ泣きながら入った
美容院で魔法のように自分の髪形と心を軽くしてくれた
その人に憧れその人と肩を並べられるようにと美容師に。
そして再会したその人は・・・オネエ言葉になっていて
人からの好意に対してもいい加減な態度でかわす攻め様に
受け様は憧れていた分激しく落胆し、冷淡な態度を。
そして攻め様が男性と揉めているのを助けるために
流れで恋人の振りをした時にキスをされてしまう。
しかし、自分が何故攻め様の言葉や態度にイラつくのか
憧れや憧憬ではなくて、攻め様を好きな自分に気が付き
でも、攻め様はセフレ的な関係を楽しめる人で
その事実に動揺し好きになってしまったことに怒りも
湧いてきて、尊敬の思いだったはずなのに邪な思いを
抱いてしまった自分が悔しくて、切なくて攻め様に
相手にされないのだと・・・

全てが受け様の思い込みや誤解が多いのですよね。
攻め様の言った大人なら=セフレと誤解したり
キスも誰とでも平気で出来るみたいに勘違い。続き
受け様は一人で誤解した挙句、落ち込んで
でもこのままではダメだと仕事を頑張って攻め様と
片を並べるくらいに頑張ろうとした矢先に攻め様の事を
考えたせいで仕事でミスまでしてしまう。
お客様に迷惑をかけ、攻め様に怒られ深く落ち込む。
そんな受け様を攻め様は待っていて・・・でもこれ以上
攻め様の顔を見ていることが辛くて逃げ出した受け様を
攻め様が追ってきて・・・今までの誤解と疑問が解ける。
でも、読んでると絶対誤解するフレーズだよと
受け様じゃなくても思ったりしましたよ(笑)

好きな人には目一杯構い倒す&多少意地悪な攻め様と
好きな人になかなか近寄れなくていざ近づいても
素直になれないツンデレな受け様とのラブ。
タイトルは受け様の心を映しているようで納得です。
書下ろし部分は、攻め様視点でのお話で受け様に
メロメロで振り回されている攻め様が読めます。
ほんの些細な恋人同士のケンカ(ノロケ)や
店長とネイル担当の寡黙で穏やかな恋模様が
描かれています。このカップルのお話も是非読んでみたいと
思いましたねぇ~、激しさはないけれど真摯な優しさが
あふれる内容になるのではないかと想像しました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ