テンシ×アクマ!

tenshi akuma

テンシ×アクマ!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
6
評価数
4件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
日本文芸社
シリーズ
KAREN COMICS(カレンコミックス・日本文芸社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537128215

あらすじ

イタズラ好きの悪童として有名なマコトと、仏の再来?と噂されるシロウは子どもの頃からの腐れ縁。
「アクマくん」と呼ばれているマコトは、なんとかして「テンシさん」ことシロウを怒らせようとあれこれイタズラを仕掛けるが、テンシさんは怒るどころか「マコトが好きだから」と笑顔を返してくるので、調子が狂うばかり…。
表題作ほか、ポップでキュート、そしてちょっぴりHな短編集!!

(出版社より)

表題作テンシ×アクマ!

仏の再来と言われる高校生 天禅シロウ
イタズラ悪童と名高い高校生 亜久津マコト

同時収録作品秘めた熱情

ナオト 高校生
ユウキ 高校生

同時収録作品トライアングル☆アフター5

坂野孝太郎、鳥飼圭吾 優秀な部下
藤枝課長

同時収録作品貴方に捧げるプロローグ

小泉順平 運送屋
古川雄治 恋愛小説家

同時収録作品執愛の檻

戸倉 受刑者
橘 刑務官

その他の収録作品

  • Home Sweet Home
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

うーん

表題作は、受けが女の子に墨汁を投げつけ、しかもそれを反省しないところでドン引きしました。イタズラ好きの悪魔っこというなら愛せるし可愛いけど、なんの罪もない女の子相手にそれはダメでしょ。墨汁って染み抜きもできないぞ。投げつけたあと、そんな自分に腹を立てて落ち込んだんなら好きになれたんだけどな。
だから、そのあとの目玉シーンであるところの、「強引なエロ魔神に豹変する天使な攻め×告白されて可愛くなる受け」って部分にも萌えられませんでした。

『秘めた熱情』
後半の受けの語りが説明過剰で臭くてイヤでした。

『トライアングル☆アフター5』
シンプルであっけらかんとした3Pストーリーで、これは面白かったです。
天然の受けは可愛いし。

『貴方に届けるプロローグ』
この話も好きです。
ほわっとした天然キャラの描き方が上手い漫画家さんなのかな。

『熱愛の檻』
ツッコミどころがありすぎて何がなにやら。
青臭い感じ。

『Home Sweet Home』
娘にイラッとしました。
娘と受けが和解する過程もナンダカナァ…。子供を主役カップルにとって都合よく動かしすぎな気がしました。

0

BLの見本誌のようなでき。

表紙のアクマっ子が可愛かったので購入しましたが、まぁなんだ。「1度読めばいいかぁ」という印象です。
・素直になれない受けと好きだから包容力異常な攻め
・職場物の上司争奪戦の3P
・手を怪我した手を使う職業の人のお世話
・ラブラブになりかけたところに嫉妬する片方の連れ子
というBLに結構あるテンプレートをさらっと撫でて、それでおしまいですか?という感じ。そうなるだろうな、やっぱりそうなったか。そうか(´・ω・`)というのが総じての感想。

きっとこれが同人誌で、池田さんの絵がものすごく好きだったら「安い!」とか思っちゃうのかな?って感じです。

BLを読みすぎてしまったが故の
「どのテーマももっといいのがある」
という理由による辛評価になります。嫌いな場所があるわけじゃないんだけどね・・・

2

ううーん、何か足りない

池田ソウコさんというとエロなイメージがついていたのですが、意外にもジュネっぽいエロは一本のみ(当たり前かww)
ほどよくまとまって、そこそこうまい。
自分的にコレ!っていう決め手もないまま、可もなく不可もなく。
無難な短編集でした。
やっぱりね、絵がちょっとノスタルジックな感じ(黒ベタが特徴的)なんで、淫靡な感じがするんですよね~♪

表題は、いたずらすることで相手の気を引きとめておきたいアクマくん(あだ名)と、そんな彼が可愛くていたずらされても笑っているテンシくんの幼馴染ラブ。
仏の再来と言われる穏やかなシロウが、エチの時エロ魔人な表情を浮かべるそのギャップ!
もうちょっとエロよりだったら、その差が歴然と出て面白さが増したような?

その彼等の友達もまた恋人になりましたww
こちらは、上手く自分の気持ちが伝わっているのか自信のないヘタレくんと、誰にでも優しいから相手を不安に陥れてしまうイイ人の組み合わせ。
おい、好きっていってやれよー!とツッコンだ一本ww

会社員モノは3Pで、これがジュネっぽい作品♪
ヘタレの課長が優秀な部下をプロジェクトにどちらか選続きばなくてはならないけど選べなくて~あれよあれよと部下2人にやられてしまうという、何ともはや。
この部下二人に愛されるヘタレ課長の魅力がよくわかりませんでした。

怪我をさせた為に身の回りの世話をしなければならなくなった宅配便のお兄ちゃんと、売れっ子恋愛作家モノ。
一目惚れと策略という伏線ありに、まんまとはまる二人でしたw
女は怖いよ~

受刑者と刑務官モノは、お約束定番展開。
シングルファーザーものも、子供がヤキモチという定番。

なんだろうな~物足りなさはなくて短編で上手く収まって、続きが見たいと思わせるほどではない。そう言う点で短編としては成功しているのか、否か?
もうちょっと華があると、黒ベタが重すぎないといいのかな?
そこそこうまいだけに複雑です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ