それでは今日もいただきます。

soredewa kyou mo itadakimasu

それでは今日もいただきます。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×224
  • 萌14
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
151
評価数
43件
平均
3.6 / 5
神率
4.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784403663338

あらすじ

両親が営む洋食屋で働く高匡と、やはり実家のラーメン屋で働く恵は、お向かいに住んでいる幼なじみ同士。
実は中三の夏休みにキスをしたことがあるけれど、二人とも何もなかったように振る舞っている。
でも、このところ恵の様子がおかしくて……?
食べごろスペシャル・ラブ・レシピ!
表題シリーズほか四篇を収録。

表題作それでは今日もいただきます。

実家洋食屋で修行中 高匡・23歳
幼馴染のラーメン屋 浅川恵・23歳

同時収録作品SUNNY&CLOUDY

長友健太朗 パティシエ
市之瀬 情報誌編集者

同時収録作品日々カフェ

喜井雄一 カフェ店員 23歳
小鳥遊尋音 カフェオーナー

同時収録作品君セラピー

椚 小説家
楡崎 陸 ガーデンの管理人

その他の収録作品

  • ごちそうさまを言うために。
  • 言いたいことは山ほどあれど
  • Sweet Home Sweet
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

「料理人縛り」‥でも縛れずじまい

短編集です。
橋本あおいさんと言えば「between the sheets」ですが、
それほどエロくもなく(えちはありますが)爽やかな印象でした。

「ごちそうさまを言うために」
「それでは今日もいただきます。」
「言いたいことは山ほどあれど」
いちばんページ数が多いカプです。
お互いに親が営む飲食店で働くお隣さん同士の幼馴染の受様と攻様。
えちも一番濃いのかな。

「SUNNY & CLOUDY]
「Sweet Home Sweet」
高校の同級生だったパティシエと雑誌編集者の話。
えちはキスまでで、どちらが受け攻めかは???

「日々カフェ」
オーナーの尋音にスカウトされ、
別名「ヒゲカフェ」と言われるひげのイケメンがスタッフの
カフェに勤めることになった雄一。
尋音が他の男とキスしてるところを偶然見てしまった
雄一は尋音に対して不自然な態度をとってしまい‥。

「君セラピー」
人と関わることが苦手なミステリ作家・椚は
気分転換に訪れるガーデンの管理者・楡崎と親しくなる。
ある時、楡崎にゲイであるとカムアウトされ‥。

スミマ続きセン。長文になりました。
個人的には表題作カプ以外のカプが好きです。
特にパティシエカプはキス止まりなんで、続き見たかったなぁ。
各話の合間になぜかカレーの作り方が載ってます。(笑)

1

おいしいですね!

幼なじみという設定で、家がほぼ隣という設定!
いやあ、大好物です。

幼なじみって言葉に弱いんですよねー。

ところで、メグムに近づいた佐原先輩。
お寿司にお醤油をべったり浸していますよね。
これはあかんでしょう。
メグムじゃなくても怒ってます。
お寿司の食べ方は、お寿司をひっくり返して、
お魚の側をむらさきにつけていただくのがマナーです!

って、どーでもいいことですよね…。

案外早く、くっついちゃった二人。
Hで、どっちが上か下か揉めてるのがカワイイです!

メグム「おもえは、どうしたいんだ…?」
タカ「そりゃ突っ込みたい!」
メグム「じゃあ、それでいい」

Σ
なんという度量の広さだメグム!
ここはもうちょっともめてもいいんじゃないか?

でも、理由が理由だけに怒れない…。
というか、萌えます!><

花火に行った二人も可愛かったなー。
受けの足が下駄でダメになってしまうのは定番ですが。

また橋本あおいさんの次作に期待してます!

1

いただきますってそっちだったの?

「それでは今日もいただきます。」
 
 洋食屋「キッチン」で働く高匡と、ラーメン屋「浅の」で働く恵のお話です。

 二人は幼なじみで、共に実家の飲食店を継いでいるのです。
 私は、「幼なじみ」というのがつぼに入ってしまったのですが、恵の恥ずかしい思い出を高匡が言うのに、押し倒されるときは立場が逆転するのには笑ってしまいました。

 「SUNNY&CLOUDY」

情報誌の編集部員、市之瀬とパティシエの長友のお話です。 

 市之瀬が甘いものが全くダメなら、長友は辛いものが全くダメ。市之瀬が高校生のときは大人しかったら、長友は明るくて目立つ存在。何から何まで違う二人は、お互い好きなのに、キスをするだけでも大変です(笑)

 「日々カフェ」

 突然、ひげカフェとよばれる、ひげのイケメンが集うカフェで働くことになった雄一です。
 オーナーやこのカフェで働く人はみんなゲイに理解があっても、雄一はノーマルなので、彼にとっては刺激が強すぎたのかも知れません。

 コックコート、浴衣、ギャルソン服が登場して、このコミックには、コスプレ萌えが詰った1冊だなと続き思いました。

0

ほんわかしていて、読後感のいい作品でした。

橋本さんは「between the sheets」から読み始め、遡って既刊を読んでいます。
エロに定評がある作家さんのようですが、私のようにエロがあってもなくてもいい派でも読みやすく、お気に入りの作家さんです。
地元商店街、幼馴染みのラーメン屋とイタリアンの息子のお話と短編が少々。
幼馴染みが、そのままの関係保ちつつ纏まるのいいですね。
お互いの家、その他の仲間もほんわかしていて、読後感のいい作品でした。
橋本さんの何に惹かれるのかなあと考えてみましたが、絵が綺麗なのは勿論、BLのプラス方面な醍醐味が満載だからなのかもしれません。
自分は比較的、BLではゲイである葛藤がある話が好きなのですが、橋本さんのお話にはほとんどないです。
だからといって不自然に皆に受け入れられているという感じもないので、BL漫画としてバランスがいいのかもしれません。
大当たり!という大感激はないのですが、絶対に外さないという安心感を持って読める作家さんです。

1

かわいらしい。

かわいらしい印象のお話が多かったですね。
なんだろう。
初々しいというかピュアっぽいというか爽やかというか。
もちろん、根底には橋本さんの絵柄のせいもあると思うのですが。
今より少し昔の作品なので絵柄も今よりあっさりめというか線が細いというかそういう印象もあるのですが、なんていうかとりあえず今も健在な勢いで上半身の容姿と下半身の中身のギャップはすごいです。
思わず、この顔にコレついてんのかーみたいな。
修正入ってるくらいですしね。

今回は食べ物関係のお話がいろいろあったり。
表題作がよかったかな。
あと、ひげカフェも王道展開だけど面白かったな。

1

食べたくなる

幼馴染、商店街、家業を継ぐ。
これのキーワードだけでも
かなりの満足レベルが達成された私ですが作品も面白かったです。

ラーメン屋と洋食店。
両親んお元で修行中の2人は幼馴染。中3の夏にキスをしたことがある。
その後はその事に触れずに過ごしていた。
忘れられないキス。気持ちを自覚していたものの受け止めてもらえる自信も告白する勇気もなかった。

実は互いに好きだった。という
多いパターンですが
やはり好きなパターンです。

どちらが受けになるかを
しっかり口に出して確かめるあたり、長年の付き合いが見えます。

甘々ラブラブではなく
互いに今まで通りの会話をしつつもスイッチが入るのは
幼馴染ならではの醍醐味だなと
感心しながら堪能させていただきました。

しかし。仕事着のままいたしちゃいやだなーー

2

うん、その子とても美味しそう♪

なにより君がいちばんおいしい。

この帯の言葉がとてもピッタリ!
まさにそういう印象を受ける中身の本でした♪

絵は線が細く癖のない少女漫画風で、とても見やすい。
個人的にも好みの絵です。
キレイだけど、癖がないのでアッサリした印象かも。
でも他の方々のレビューにもあるように、エッチは全然アッサリじゃありません~

エッチのページ数がすごくあるわけでも、そんなにエロエロなわけでもないんですよ?
4CP分のお話がありますが、内1CPはエッチ無しですし、2CPもそんなに・・・なんです。
要は1CP(表題作)だけ、濃いめ。
だけどそれのエッチシーンがとても印象深い☆

棒も穴も修正少なめ、それに毛、それらがリアル。
汁気の多めで、手書きの擬音、う~~エロっ!!
普通~の少女漫画でいきなり、
汁気たっぷりのリアルな男性のナニが出てきたら、ビックリじゃないですか?
なんかそんな感じなのです。

個人的には、初めてのエッチの時に、
ボクサーパンツの上から袋を噛みつつ、指でナニをいじってバンツがじわっと・・・が、好きでした☆
元々とても仲の良い友達同士で続き
どっちが突っ込み突っ込まれるか?と初めてヤる前に明るく話したり、
始まっても会話がそのまま続いていくのとか、よかったな。
別の時には、普通~にふたりで喋っていたのに、
いきなり片方の子のスイッチが入って「ヤるぞ!!」ってなって押し倒したりして、
友達同士がCPになったらこんなかも?
と思わせてくれる微笑ましさと楽しさがありました。

若干気になったのは、
最中になると、ちょっとふたりの顔が幼くなっているように思うこと。
特に受けは、あれ?もっと男っぽい子だったような・・・?と思ってしまいました。

でも、それがあってもこの本とても読みやすくて楽しめましたよ!
どのお話も要は両想い♡なので、ハラハラせずに安心してページをめくれましたしね。
この本、読めてよかったな~♪

5

いただきます

あれ?橋本さんって、こんなエロイの描く作家さんだっけ?
というか、この穴と棒の肉感wwww(*´∀`*)やーーーーーーww
思わず見とれてしまいました。
久しぶり~に読んだ橋本作品でしたが。
可愛くてウマでした。なにより肉感がww←そこばっか注目w
おい話は、料理人~がテーマなお話ですね。
なんだかんだ、ほんぼの展開なので落ち着いて見れます。
好きだから攻守なんてどっちでもいいよ。と言っていた受。
慣れるほどに受受しくなっていくのがまた。
お外で浴衣で、後ろまくしあげてIN待ってる内腿萌え。
いらん萌ツボ。
久しぶりに、こんな巧い(絵含)作家さんだっけなと。
ひとまず、モエ!でした

4

ほぼ料理人縛り

前回のスーツ縛りに続き、今回は料理人縛り。いや、最後に収録されているお話だけ料理関係とは全く無縁になるのでほぼ料理人縛りといった方がいいのかな。

全部で4つのお話が入っているわけですが、これがまたどれもおもしろい!短編とまではいかなくとも、こうしていくつかのお話が1冊にまとめられていると差が出るじゃないですか。せっかくグッときた作品があっても、そのあとになんともないお話がきてしまったりするとさっきまでの高揚感が台無しに…なんてこともちらほら。

ですがこの作品は、最初から最後まで一貫して「萌え」を持続できるんです!橋本さんの描かれる絵柄が自分的にすごく好みであるというのも大きなポイントになっているかとは思いますが、ストーリー展開とか各々のキャラとか、無理のない設定がいいのかな、なんて。お話に出てくるキャラ達がすべて違ったタイプなのも魅力的だし、なんといってもコック服に浴衣、カフェの制服…ごちそうさまです(笑)

あ、余談ですが特典のおまけペーパーが大好きです。これまたごちそうさまといった感じで。やっぱり橋本あおいさん好きだなーと実感した1冊なのでした。

4

きれいです

きれい系の絵で、お話もわかりやすくて読みやすいし、エロもガッツリです。

お話は、どれも、
わかりやすいというか、
わかりやすすぎというか、、、
とりあえず、絵は丁寧できれいなので、さらっと楽しめば充分かと。
そして、
さらっと楽しむには、思いの外エチの描写がくっきりなのでした。
個人的には、浴衣めくってのバックの股間描写とか、自分でほぐしながらの襲い受け描写とか、なかなかお目にかかれないツボなシーンがあって、ちょっとうれしい。

3

表紙買い

私は絵が好みでないと、どんなすばらしい作品でも
手が出ませんがこの作品についてはその点は私のツボの絵柄でした。

ストーリーも重いものはなく、さらっと読めます。
収録作品の中で古い作品より最近の作品の方がストーリー的にも良いと感じました。

ただ、エロ描写はなかなかです。絵の雰囲気とのギャップがあるかな。
そのあたりも私は好きですが、苦手な方もいるかと思います。

コックコートなど飲食店員のコスチュームも自分的にポイントでした。

2

食べ物屋さんアンソロジー。

この方については多分初見なのですが、同じテーマでありながら同じエロ度でない作品を混ぜてる印象があります。
急展開だったり緩展開だったりしますが、あとで掲載誌でDear+とBOY'SJAMと違うのを見て納得。後者の雑誌は時々ピアスクラスの急展開物を繰り出してきますよね・・・。

あと、エロ物で思ったのですが、顔つきを可愛らしく書く割にはえらくリアルな局部を書く人だな、と。
腰乃さんを読んだときにも同じ感覚を覚えましたが、この方のアンバランスさはそれ以上。普通のほんわかBLを読んでる感覚で萌えていたらいきなりリアルな尻穴とペニスなので、なかなか心転がされます。

どの短編もアプローチをかける方がかけられる方のどこが好きなのかが非常にわかりやすく、あーだからエッチするんだな、という素直に読めるところがあって個人的には好感です。
甘い物作るのが好き×甘いものが苦手というどうにもこうにもな組合せの「SweethomeSweet」、ヒゲ好きゲイの淫乱な店主さんがセフレを全員切ってまで、ヒゲがなくてもやっぱり好き・・・という「日々カフェ」が好感です。
髭がなくてもやっぱり好き、でも結続き局は髭生やして、とかいうわけでw

どれも舞台が似ている分「そういう世界が好き」な人には読みやすいアンソロジーじゃないかな?って思います。自分は食べ物ものが好きなので萌え萌えです。

4

コックコートえっち

前作はリーマンスーツ、今回は料理人ユニフォーム(一本だけ違うが)と、連続して設定カテゴリーでまとめた単行本の本作品。
前作も、そつなくそれなりに可もなく不可もなく、読みやすさだけが印象で、カテゴリー縛りの萌えの踏み込み度は今一つだったのだが、
今回は、その内容にすごく差があるのにあれれ?
と、思ったら05年の作品から現在のまで、実に年数にばらつきがあり、だからか!と納得v
確かに古い作品は内容が薄っぺらで、早急な展開に軽くスルーしてしまうほど。
表題についても初出はお約束エロとシチュ重点のアンソロ作品が先行で、それを肉付けするための雑誌掲載作品が付いてやっときちんと作品としてまとまるという形になっている。
うんうん、確かにこのアンソロのままの短編じゃぁ、かいつまみすぎて全然つまんなかったかもデス。
ただユニフォームを着ているというだけでは萌えにはならないという、そこんとこが難しいと思うんだよね。だから食べ物一冊にしないほうがよかったんでは?なんて思ってしまうのだが・・・

表題シリーズは、幼なじみのラーメン屋と洋食屋の息子同士。
高校時代、一度だけキスした過去がある続きのだが、それを忘れたことにしてふれないできている。
そんな時、ラーメン屋の恵の元へ大手食品会社の息子がスカウトにやってきて、嫉妬する洋食屋の高匡。
結局、この二人は両思いだったというお話なんです。
一見男前で攻めに見える恵が受けで、しかも色っぽいのがギャップ萌えかも?

『SUNNY~』『Home~』はパティシエと雑誌編集者の高校同級生再会物語
今話題のケーキ屋のパティシエが編集者・市ノ瀬の元同級生・長友とわかり、取材依頼へ同行させられる。
高校一年の時だけ一緒だったから覚えてないだろうと思ったら、長友から声をかけてきて・・・
実は高校の頃から両思いだったという話。
これもまた、両思いだったという、表題と似たオチなので、また、一番古い作品になるので中身が薄い。
面白い特徴的点とすれば、市ノ瀬が甘いものが大変に苦手という点かも?

『日々カフェ』ひげカフェにスカウトされた大学生の喜井はそのヒゲのある外見と違って真面目で誠実な店員。
そこのオーナーはゲイで好みの従業員に手を出してはトラブルので他の従業員に、手出し禁止令を出されているという設定。
オーナーに気に入られて連れ回されるうちに好きになってしまって、、
オーナーがオーナーと思えないダメ男なのに、どこがいいのか?と思うのだがそこはwww

『君セラピー』植物園を訪れては癒されている作家と、そこで働く植物セラピストのお話。
結果として、植物ではなく、その彼に癒されていたという結末であるが、実はこの本の中では一番、出来がいいと思った作品です。

申し訳ないが、編集部さん、この作家さんへの「何とか縛り」というのはもう辞めたほうがいいと思うです。
時系列にその時に描かれた作品を一冊にしたほうが、、と思うのですが。
どれも設定やシチュに似たものが集まってしまってバラエティ度が低くなると思うんですよ。
悪くはない作家さんだけに構成だけが残念です

3

茶鬼

東雲さま

こんにちは。
つたないレビューにコメントありがとうございました♪
橋本さん作品、絵もきれいだし、作品も悪くないんですが、何だか毎回今一つこう何かインパクトがな~と思いつつそれでも期待して毎回よんでおります。
今回も”幼馴染=両思い”が制服モノで3本も連続してしまった構成に、あ、これが作品のインパクトを弱める原因だったのか!
と、思った次第です。
編集さんもそこんところ見て下さったら、もっといい単行本になったんでは?と思わず書いてしまいました。
多少でも参考になれて幸いです。
どうぞ、これからもよろしくお願いします。
東雲さまも、風邪に気を付けてお過ごしくださいね☆

東雲月虹

初めまして!東雲と申します。あけましておめでとうございます。今年も茶鬼様のレビューが楽しみです!
早速、こちらの作品を新刊買いしようかどうか迷っていたのですが、中古で購入することにしました…。いえ、橋本あおい先生は好きなんですけど、ガツンとクる何かが足りない気がしていまして、茶鬼様のレビューで目からウロコでした!!流石です。
茶鬼様と好みの作家さんが多少かぶるので、今後も参考にさせていただきますね♪(勝手にすみません)
では、新年明けたばかりでまだまだ寒さも続きますが、風邪など召されませんようご自愛下さいませ。失礼致しました。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ