マナビノクニ

マナビノクニ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
31
評価数
9件
平均
3.6 / 5
神率
22.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス ルチルコレクション (コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344823822

あらすじ

ちょっと不思議な小宮山先生の塾に通う中学生――マキ、ミオ、やまもっち、ガワくん、シゲル。それぞれにハートの勉強に忙しくて…?
(出版社より)

表題作マナビノクニ

その他の収録作品

  • たのしいふゆやすみ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ほのぼのボーイズライフ

中学生の幼なじみ4人組が恋してそれぞれの世界を広げていきます。

続編があれば、萌×2になりそう( ^ω^ )

シゲル&ミオ
料理上手な鍵っ子中学生シゲルは、人違いで連れて来られた塾で自分とソックリな少年マキや個性豊かな塾生達と出会う。マキにべったりな美少年ミオが気になるけれど、ミオはとっつきにくく、仲良くなれない。

温厚なシゲルと人見知りなミオの甘酸っぱい初恋物語。巻末の描き下ろしではシゲル×ミオっぽい。

二見&小宮山
家庭崩壊ぎみの家に帰りたくない二見は、元教師の小宮山の家に入り浸るようになる。

ミオ達が通う塾の先生と年下の恋人の馴れ初め話。二見の外見が小宮山に似てくるところがリアル。付き合ってるうちに服の趣味とか髪型とか似てくるんですよねーそのうち仕草も。

山本&糸田
一見優しそうだけど、ひねくれているやまもっちこと山本少年は、恋愛に興味がない。弟みたいに可愛がっていた幼なじみのミオが恋しているのも面白くないから、モテない糸田をからかって憂さ晴らし中。

好青年風ヤンデレとモテない目つき悪男くんの俺得コンビ。巻末描き下ろしではじわじわと続き迫り来る山本から逃れられない不憫な糸田(ノンケ)に萌えました!

有栖川&田端
自分より小さなものを愛でる長髪メガネ少年のガワくんこと有栖川は幼なじみのミオにイライラ。おデブでとろかったミオに王子様扱いされたことがいつまでも忘れられないけど、最近クラスメイトの田端が気になる。

やっぱり、ミオは幼なじみ4人組のマドンナ的存在だったんですね。皆に愛されていたミオがシゲルに恋したことでやまもっち、ザワくん、マキは外に目を向けるようになる。成長しても一途な田端にキュンとしました。

マキ&冬馬
恋してるんるん状態の幼なじみ達に疎外感を感じるマキは、小学生の従弟、冬馬とお祭りに行くことになる。

奔放な母親に振り回されて育った冬馬がすごく健気で泣けました。マキの包容力に萌え〜四宮先生いわくマキ×冬馬でも冬馬×マキでもどっちでもいいそうです。私はマキ×冬馬派!

0

雰囲気はかわいい

ちょっと不思議大人な小宮山先生の自宅塾を舞台にしたオムニバス。
全体に、ラブはあるけどエチ無し、匂い系じゃないけどBL未満なのは、登場する子達がまだまだ子供で、これから恋って何かを知っていくお話なので、全然問題ないんだけど、、、

ちょっと登場人物多すぎじゃないかと、、、

こういう地味っぽい絵も、かわいい雰囲気は嫌いじゃないけど、
ゴメン、見分け付かない。
おまけに、小学生から中学生、高校生って成長甚だしい時期の男の子を、ちゃんとそのお年頃で描いているので、体型変わる、顔立ち変わる、髪型変わるetc.etc.
髪色とほくろ?を頼りになんとかキャラを把握しようとしても、
高校生で既にある程度成長が止まっているはずのキャラの二見が、大学生になったら黒髪眼鏡キャラへと変貌を遂げて、名前でよばれてなきゃ同一キャラだって思えない、、、

お話のひとつひとつは、瑞々しくて、ほのぼので、なかなかいいし、
少年の成長を丁寧に誠実に描いているのはすごく伝わって来て、好感はもてるけど、
とりあえず、キャラが多すぎて微妙に読むのに手間取ったので、萌は1つで。

2

雀影

セルフつっこみ
そしてこの本も寝オチしまくり。
なんで?
私を眠らす波長かなんかが出まくっているの?

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ