いばら姫に愛の手をv

いばら姫に愛の手をv
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344823853

あらすじ

工藤工務店の若頭・裕基は元ヤンだけど純情少年。かつての初恋の人・三上と再会するが、中身は我が儘で怠慢な残念男と判明し――!?
(出版社より)

表題作いばら姫に愛の手をv

工藤
三上

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ツン+闇もちを強く外へ引っ張り出す過程がいい

おとぎ話の様な出会い方をした洋館のお姉さんは実はお兄さん、しかも相当ダルダルで刹那的な生き方をしていたしワガママけど美人。それを少しヤンキー空気も入ったガテンな男の子がガッツリ愛しまくるという話、というと簡単にまとまるでしょうか。
10も年上ですが、年を取っていることが差として出ているというよりむしろ過去の唯一愛情らしきものを残していったような相手に対して余計に屈折している、という感じ。魔性すら覚えるルックスです。
どうにかして親しくなろうとする裕基に対し、単に残念という事では離れないとみるとバラバラと後ろ暗い過去を語ってそれでも離れる気はないのかといってきますが、もうこうなるとなんというツンデレ。裕基でなくても押し倒したくなるわ、と思います。
そうトラウマになっていた野田に対しても結局鉄拳とまっとうすぎる説教によって強引に折り合いをつけ、ガツッと強く抱きしめる男らしさはさすがガテンだなぁとか思わされます。

そして、そこからとげが取れたいばら姫、三上の可愛さときたら!ジャージを着ていても何しても萌えてしまってイケない想像してしまっては
「おさまれ!えいえい!」
なんてや続きってる裕基にすごく共感できる次第です。

年相応以上に屈折した性格に年よりずっと幼い愛情表現がちゃんぽんになって出てくる三上がかわいすぎて仕方ないですわ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ