彼じゃないけど

kare janai kedo

这样算是男友吗

彼じゃないけど
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神42
  • 萌×227
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
22
得点
349
評価数
83件
平均
4.3 / 5
神率
50.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832287853

あらすじ

年下の幼馴染み・東雲と『恋人』になった生徒会副会長の幸村。キスもHもするけれど、「一日一回幸村から触れる」甘い”決まり”事は、高潔な幸村にとって恥ずかしすぎる行為…。だから東雲の『カレシ』という言葉も素直に認められなくて…!? 大人気「ワルイコトシタイ」シリーズ東雲×幸村編最新刊!! 表題作他、永遠vs幸村の彼氏自慢対決!?も収録。大幅加筆+描き下ろし付き。

(出版社より)

表題作彼じゃないけど

東雲隆一 不良高校生
幸村修二 美人副会長

その他の収録作品

  • 悪いコ達の晩餐~修二の彼氏は良い彼氏?~
  • 彼氏じゃなくても…
  • ワルイコトシタイシリーズ番外編

評価・レビューする

レビュー投稿数22

表紙はもう少し抑えめの色が良いなあ

不良高校生・東雲×生徒会副会長の幸村の幼馴染みカップルのスピンオフ続編です。
こちら、本編カップルのじりじりさと違いきちんとお付き合いしている仲なのですが、なんだか幸村があまりに恋人同士の関係について世間知らずで(苦笑
東雲には、彼にとって都合の良い風に騙されてからかわれております。
ツンデレ受けは苦手なのですが東雲のような攻めはウェルカムなので、意外にこのカップルを楽しむことができています。
幸村はなかなか東雲を彼氏とは言えないわけですが、これって普通は当たり前ですよね。
この作品、カップルが当たり前のように3つもあるのでハードル低くなっているような気になるだけで。

そしてずっと感じているのですが、桜賀さんのカラーはなぜこうも鮮やかなのでしょう…特に今回の表紙は眩しすぎる…
もうちょっと抑えめだと良いのにと思っておるのですが、これもまた味なのでしょうか。

2

ツンツンは続くよ、どこまでも

『ワルイコトシリーズ』のスピンオフで、副会長と隣に住む不良カップルのお話の3巻になります。

今回は、副会長補佐をすることになった東雲。いつでもどこでも一緒にいたい、東雲の相変わらずな一途さと執着に萌えます。

幸村も、付き合ってるのに、いつまでもふざけた態度の東雲にイラつきます。そんな東雲が原因で、真面目な幸村が学校を休みます。ほんと、東雲に影響されまくりです。自分の可愛げのない性格についても、考えて落ち込んでるし。おまけに、休んだのに、東雲の顔が見たくて学校に行ってるし。
もう、どう考えてもベタ惚れですね。

そんな幸村に、そういう素直じゃないところが好きだと言い切る、男前な東雲。まさに、お似合いなカップルにキュンとなります。

そういえば、東雲が補佐をするのに、会長に渡したワイロが笑えます。
この巻では、番外編で酔っ払った幸村が見れます。その幸村が素直で低姿勢で、普段とのギャップに萌えまくります。

3

ユキちゃんは容易くデレたりできません。

あ~んなかとや、こ~んなことをしてるのに彼じゃないならなんなのさって、突っ込んじゃダメ。
だってそれがユキちゃんだから。
東雲語録「可愛くないとこが可愛い」
ユキちゃんと一緒にいたくて、気に入らない生徒会にも加わることになる東雲。なんか今回は東雲がカッコよくて、たまりません。
エッチの時にさりげなく腕まくらしてあげたり、なんだろ細かいんだけどユキちゃんにあわせてあげてるって感じがね。
実年齢はいくつなの?ってくらい素敵なんですよ。
この1冊でも楽しめるけど、シリーズものなので「嫌いじゃないけど」から読むことをおすすめします。

1

悪あがきにも程がある

相方と称するカップルには何人か出会いましたが、コンビって。
更にそれらしくしようと画策する、もとい追い詰めようとする東雲の涙ぐましい努力。
フォーマルな姿にしっかり燃えさせていただきました。
なりふりかわまずと言うけれど、年下彼氏のたしなみとして追いかけて縋る姿というのはやっぱり必要なアピールポイント。
幸村の頑なな心には効果絶大なはずです。

少しだけ、好き過ぎて弱くなる東雲の愚痴みたいなものが聞けて、やっぱり幸村より東雲を応援したくなります。
何事も器用にこなしそうだと思っていた東雲のやればできる部分にきゅんきゅんしつつ、やっぱり需要と供給の裏取引に頬が緩んでしまいました。

0

彼じゃないと

ダメでしょうユキちゃんは!
と勝手に思っている私です(笑)

[ワルイコトシタイシリーズ]の2カップルめ、3巻目です。


[彼じゃないけど]
4話+番外編収録。
攻 : 東雲隆一 / 高1。不良。受と幼馴染。
受 : 幸村修二 /高2。生徒会副会長。元不良。攻と幼馴染。

内容 : ついに恋人同士になった2人だが、幸村(受)は初めてのことばかりで困惑気味。東雲(攻)のカレシ発言に戸惑い、からかわれたと思った幸村は、2人の関係をコンビと言ってしまう。それを聞いた東雲はコンビで何か思いつき...!?


今巻から恋人同士になったので、ラブなシーンが多くなりました。
ユキちゃんのデレシーンも多くなったと思います!

一日一回のお約束...なんて可愛い約束を‼︎
作ってるところを想像すると微笑ましいです(笑)
最終話の一日一回のお約束も甘い!
攻目線で見てしまう私にとっては最高でした!
ユキちゃんが東雲の名前を何回も呼ぶところがたまらなくエロい。
あと、桜賀先生の描くアングルがとても良かったです。

個人的に東雲の

「なんにもねーよ 愛続きしてるユキちゃん結婚しよう‼︎!」

という誤魔化しの言葉が好きです(笑)
咄嗟にこんなこと言える東雲に何故かキュンときました(笑)

結局最後までユキちゃんは東雲のことをカレシと言えませんでしたが、言えないだけでカレシと思ってるんですよね。
いつかユキちゃんが、帝達に(もうとっくに気付いてますが)東雲のことをカレシだと紹介する時がくればいいなぁ、と思いました。

書き下ろしの[彼氏じゃなくても...]は僅か1pしかありませんが、1pでも十分萌えさせていただきました!
まずユキちゃんの体育終了後!...可愛い!疲れてるユキちゃん可愛い!OFFなユキちゃん可愛い!(笑)
そして、素直な入江君...このまま副会長LOVEでいてほしいです(笑)

番外編、書き下ろし共に本編とはまた違った皆の一面が見れて良かったです‼︎

1

今回は…、うーん…

幸村×東雲カップル♡

とうとう恋人になった2人だったけど
なかなか「彼氏」と言えないユキちゃん。

いつものようにツンツンしてしまい
なかなか素直になれない。

素直になれないのがユキちゃんの可愛いところだけど
今回は少しツンツンしすぎて
うーん…って感じでした。

1

東雲も頑張ってます^^

このシリーズ、今一気に読み返してるんですが、各カップル入り乱れているのと(笑)、進展があるのかないのかわからないくらいの微妙な進み具合なだけに、時間をおいて読むよりは続けて読んだ方が流れが分かりやすいかなと思ってきました。

今回は東雲xユキちゃんカップルメインの3冊目。
一応、「付き合っている」状態ではあるものの、なかなか迫ってきてくれないユキちゃんを上手く言いくるめてあることをしようと提案した東雲。
それでも自分を「カレシ」と言ってくれないユキちゃんと何か一緒に出来ることはないかと思いついた計画が…

と色々頑張っている東雲が健気でした。子供の頃からユキちゃん大好きで、こうやっていつもくっついてる所はちょっとワンコっぽい。(笑)

番外編で、永遠とユキちゃんが間違ってお酒を飲んで酔っ払っちゃうエピソードが面白かった。ベタなんだけど、ユキちゃんの意外な変わりようが…可愛い。^^

1

ユキちゃん達のその後

全部まるごとひとつのストーリーでした。

相変わらず・・・ツンツンしてるんだけど
大好きな東雲くんの前では、カワイイ幸ちゃんなんですねぇw

とにかく一生懸命優等生を張ってるけど、
東雲くんにはガンガンからかわれたりしてますね。
そしてその東雲クンだけには照れた様子なんかを
見せちゃったりするわけですね。
そりゃぁ、意識してる相手だからこそ、照れちゃうわけですが^^

でもその東雲クンは、幸ちゃんに愛されてるのか?と
不安な様子がまたこれ、王道ですがイイですね~。
そりゃぁ、あの意地っ張り幸ちゃんですから
その辺りは態度で愛を察して、言ってくれないのは
我慢しないとしょうがないですねw

そういう2人の表情なんかも読み取りながら
読み進めると、より一層楽しめるんじゃないかと思う作品です♪

0

じゃないけどシリーズ第3巻目!

東雲メガネキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
メガネ×メガネ(*´Д`)ハァハァ
・・・でも欲を言えば、ユキちゃんとは別のカタチのメガネが見たかった!
メガネにもいろんなバリエーションで萌をもっと!
いやーおそろいメガネもよく似合ってますけどね☆

照れ隠しのユキちゃんに、二人の関係は「彼氏」じゃなくて「コンビ」だと言われ
怒るでも残念がるでもなくそこに得意げに乗っかっていく東雲がかわいすぎます。
それならばと生徒会に入り、副会長とのコンビとして臨時の副会長補佐役をゲット。
上から目線でユキちゃんをからかいながら東雲は余裕の笑み。
いつも以上に焦りまくるユキちゃん。

そんな真っ直ぐな東雲に感化され、自分の子供っぽく素直じゃない性格を恨めしく思い
悩み反省し、東雲を認め、惚れなおし、ちょっとずつ努力するようになる…
という本作はユキちゃんの成長ストーリーでしたね。
ユキちゃんをまるごと理解し、素直になりきれない部分も愛でながら
フォローも忘れない東雲の余裕っぷりもナイスでした。

ほんま桜賀先生の攻めはかっこよすぎやで!

1

波があるあくまでも、自分に

読み直しをした結果
ここまできて、やっとなんとなく
面白いのかもしれないと
わかってきました

エロが多いのは、あまり好きじゃないので
なんともいえませんが
男性的裸じゃない感じが
若い子むけなのか
そういう描きなのか・・・

今回はは東雲と幸村だったはず
途中から永遠やらなんやらいたので
結局はシリーズってことです

永遠と幸村の言い合いは面白かった
結局のろけになるみたいな
ところが好き

幸村は帝と永遠の関係をしらないのでしょうか?
設定がイマイチつかめないです
読み切りだと思ってよめば良いかな

きっとここまでシリーズ化しているのだから人気な作品だろうし、なぜ買ったのかわからない
私でさえ、面白いかなと思えるのだから

魅力的なことには違いないです


一生学生でいてもらいたい
作品です

1

大好きだから

中学生のころ、東雲は幸村こと、ゆきちゃんの背を抜いてしまいます。
 高校生では、二人はこちらが見ているのが妬けてしまうほどにラブラブなのです。お互いのおでこにキス、一日一回は触りたいなど、冒頭からともかくラブラブです。

 生徒会活動でも、些細なことで嫉妬したりするあたりは読んでいてとても初々しかったです。
 
 幸村のちょっとつんとしたところや、暴走気味ともいえる東雲を結局許してしまうあたりはやっぱり甘いです。読んだ後に、シリーズものだと気づき、この巻だけ読むとお話が掴みにくいと反省しました。続きが気になるのなら、シリーズで読んでみるのも良いかもしれません。

0

不器用な二人

東雲×幸ちゃんも、はや三作目。
前話で恋人として付き合うことになった二人ですが、
東雲に「カレシ」と言われた事がハズカシい幸ちゃんは、
他に呼び方があるかと問われ、二人の関係を「コンビ」だと言います。
もう幸ちゃん、カワイ過ぎ!面白すぎ!爆笑しました(笑)

それでもめげない東雲は、「コンビ」と言われた事を逆手にとって、
生徒会副会長補佐になって幸ちゃんにまとわりつきます。
振り回されっぱなしで、ぐるぐるする幸ちゃん。
東雲に、もっと真摯な所を見せて欲しいと思う幸ちゃんの気持ちは良く分かります。
でもふざけている様で、本当は必死に幸ちゃんを追いかけている東雲。
意地っ張りでツンデレの幸ちゃん。
本当に不器用な二人に、ジリジリしてしまいます(笑)

結局最後までとことん素直になり切れなかった幸ちゃんですが、
学校での仲直りエッチで、「隆一」と何度も呼んでいる姿にキュンキュンきました!
とうとう「カレシ」と言えなかった所も幸ちゃんらしいです。


巻末の短編「悪い子達の晩餐」は、面白かった!
永遠と幸ちゃんが街で偶然ぶつかって口論になります。
そし続きてそのケンカが、帝と東雲の悪口になっていき・・・
いや、もう、大笑いさせて頂きました!この短編は間違いなく「神」です。
それにしてもこの二人、攻め様に愛されちゃってますね~(笑)

0

「彼」でしょう!

『ワルイコトシタイ』シリーズ、スピンオフ。
東雲(ダメ高1)と幸村(副会長高2)のお話。

幼馴染でおうちが隣同士、東雲は幸村と会った時から好きで、待って粘って、ようやく幸村と恋人同士に――と、王道ながらも楽しく面白い!
こちらの漫画を読んで、改めて思いましたよ。
「受けサンって…強がり眼鏡がやっぱいいよね」
って(笑)

幸村もちゃんと東雲を好きでは居るんだけれど、東雲の様にストレートには表現できない苦悩を抱えます。
だから、幸村の「…言えない奴だっているんだよ!」がグッと来ました。
全く持ってその通り〃

でもそんな部分もちゃんと東雲は分かっていて、そこもいいんだよと受け入れてくれる器量の大きさにキュン。
何て素晴らしい男なんだ。
きっと、幸村の照れや強がりも、愛情を素直に表現できない行動なんだと理解していれば、逆に素直だなーとか思えたりします。

何にも心配の要らない2人。
「強がり眼鏡受けで細腰学生服」をお求めの方は是非(笑)

2

幸ちゃん(〃ω〃)

幸ちゃんの不器用さがたまりません♪♪♪帝×永遠が最初好きだったけど…今では幸ちゃんラブです☆

0

ユキちゃんが一気に成長しました!!

今回は、全作2巻と比べて、ユキちゃんのデレがめちゃくちゃかわいくなっておりました。(まあ、前もかわいかったけどw)
やっぱり、付き合いだして東雲に対する心情も少しずつ変わっていってるんだな~、と感じました。
それと、桜賀先生の絵がだんだんと、とても綺麗になっていってて、
すごく読みやすいというか、個人的にかなり好きな画風なので、話に入っていきやすいです。

そして、今回の番外編もかなりおもしろかったw
桜賀先生は、番外編に外れがないから好きですね~wwいつも、笑わせてもらっています。
東雲×ユキちゃんの話だけど、やっぱり他のCPの人たちも見たいから、こういう番外編はなにげ楽しみですw
でも、今回の2人と久遠×七王の2人との間に接点がないので、なかなか一緒に見れないのがいつも残念です・・・。
いつかきっと、共演する日が来ることを信じてますw

0

もう!ユキちゃん可愛いよ!

東雲隆一×幸村修二の幼馴染・高校生ものです!

この作品も早3作目です。3作目ですが、ユキちゃんのツンデレっぷりは
全然衰えていません!!変わらず可愛いです!!(*≧艸≦)

とうとうちゃんとお付き合いを始めた東雲とユキちゃんですが、
東雲とユキちゃんの決まりごとで「ユキちゃんから東雲に触れる」という約束事があって、
それがまぁ~萌えた!
ホンットに可愛いです!ていうかその決まり事を決めた東雲も可愛かったですね。

それに、ユキちゃんに「彼氏」と言わせたい為に、帝に頼んで副会長補佐になります。
しかもその取り引きにはワロタo(*>▽<*)o

そして今回は他校の生徒会役員にユキちゃんの過去を知っている人物が登場します。
で、とうとう入江にユキちゃんの過去がバレちゃいます。

ユキちゃんはグルグルして悩んだあげく学校をさぼってしまうんですが、
副会長が休みだから副会長補佐がユキちゃんの仕事をやらされていると
知ったユキちゃんは急いで学校に行って、東雲を助けてあげようと思うのですが、
そこでお約束の濡れ場シーンですヾ(*'∀`*)ノ

桜賀先生の濡続きれ場シーンホントに萌えます!エロいです!
マジで必見です(`・д・´)ホントニ!

そして今回は番外編があります。
休みの日にユキちゃんと永遠が偶然あって、なんじゃーかんじゃーとあって
喫茶店に入るんですが、間違ってお酒を飲んでしまうんですが、
その酔い方がマジ可愛かったです( *´艸`)

今作もドラマCDになっててもちろん購入しましたが、まだ聴けていないので、
本当に楽しみですね!

1

可愛すぎる

このシリーズは大好きで、本誌で読んでましたが、コミックスも購入しました。話の内容は知っていても、それでも申し分ないくらいにコミックスは充実してました!
本誌を読んでいて「ここはコミックスで加筆してくれるだろう」と思っていたところを
これでもか!?というくらいに加筆してくれて大満足ですw(夜の学校の場面です)

恋人同士になっても、なかなか素直になれない自分に苛立つユキちゃん。でも東雲はそんなユキちゃんをちゃんと理解していて、包容力があるなぁと感じられました。
東雲自身はユキちゃんのことになると、なりふり構わまず行動してしまう自分をダセェと思ってますが、それでも東雲は全然ダサくないし、むしろユキちゃん相手にはそれぐらいしないと素直になってくれないんじゃないか、と私は思います。

そして、今回はそんな東雲の気持ちにほんの少しだけだけど、応えようとするユキちゃんが超絶可愛かったですvv
それに東雲がテキトーに作った「付き合った時の掟」に騙されそうになるユキちゃんには、笑わせてもらいました。想像すると吹き出しそうになります(笑)

この巻では帝がとてもいい働きをしてくれてい続きます。なんだかんだで帝はいい奴ですねw

また本誌でこの二人のお話が始まるみたいなので、楽しみですv







1

よかったです~

BLアワードノミネート!
ということで、気になってたこの作品、読んじゃいましたッ。

いや~、ユキちゃんサイコーヾ(@~▽~@)ノ
元ヤンで生徒会とかどんだけツボwww
ふだん言えないコだからこそ、ポロッと漏らすデレの一言がきゅううううんってきますヨネッ♪
とにかく攻めが受けにめろめろなのが好きなんで、スッゴク満足でした。
ユキちゃんが頑張っちゃってるHシーンなんかもうッ!
萌え萌えですよ( ´艸`)

ドラマCDも楽しみ!

0

オススメ!

ユキちゃんがかわいい♡
あと東雲との絡みがものすごくおもしろい!
好きって素直にいえないユキちゃんが
そんなところが可愛いと言う東雲がかっこよかったり
とってもオススメです(^^)

0

ユキちゃんマジ天使

超大好きな一冊!
ユキちゃん可愛すぎてどうしよう・・・
東雲マジイケメン(*^ω^*)

なかなか素直になれないユキちゃんが悶々としているところがキュンキュンしました
東雲のメガネ姿が新鮮でよかったです

桜賀めいセンセイの書くHシーンは相変わらずエロイですね~
ユキちゃん可愛すぎてどうしよう・・・!!!(二回目)
名前を呼んでいるところが凄くイイ♪

本編最後あたりの東雲の幸せそうな顔が好きv
「よかったな!」って言ってあげたくなりました(笑)

1

文句なしの萌えです!

前回から二人のやりとりが好きでいつも2828しながら読んでましたw

今回恋人になった二人ですが
東雲が必死に「『か』が付く三文字のアレ」を言わせようとしていたのが
面白かったですw
上手いことかわしていくユキちゃんは流石だと思いましたw

驚いたのがメガネをかけた東雲!
メガネ好きとしてはカッコイイですね(´ω`*)
二人が並んで歩くとまぶしいです!

上手く気持ちが伝えられないユキちゃんは
悩んだりして…
でも東雲はちゃんとユきちゃんのことわかってて
「可愛くない所が可愛い」っていう言葉に
暖かさを感じました。

他の方も書かれていますが
番外編の永遠とユキちゃんのやりとりがまた可愛いな!おい!w
ユキちゃんの酔った時の表情はヤバイです!可愛すぎる!!
え・・しかも敬語になっちゃう!?
普段との変わりっぷり(ギャップ)にとても萌えました(´ω`*)

まだまだ東雲とユキちゃんの恋の行方を見ていきたいですね!

1

待ってました~

シリーズ8作目!

東雲×ユキちゃん 第3弾
前回コミックで恋人になった2人
場所時間問わずにユキちゃんを求める東雲
でもツンデレユキちゃんは、素直になれず
1日1回ユキちゃんの方から触れるという決まりをつくっても、やっぱり上手く気持ちは伝えられない
そんなある日、生徒会の仕事で過去のユキちゃんを知る人物に再会
そこから徐々に2人はすれ違っていきます
東雲の行動や「可愛くない」ということばひとつに、激しく動揺しかき乱されるユキちゃん
東雲のように素直に気持ちを伝えられない自分に嫌気がさします

ぐるぐるしているユキちゃんは、かわいそうだったけどやっぱりかわいかった(。・ω・。)
ツンデレだっていいじゃないか!
東雲はちゃんとわかっているよ!!
それにデレが究極なんで、むしろそれがいいのだ!!!

ずっと私の方が東雲よりユキちゃんのこと好きだと思ってましたw
…が負けですね、これは
完敗ですww
今回で東雲は本当にユキちゃんが好きなんだな~と感じました
いつかそんな東雲に、ユキちゃんも素直な想い伝えられるといいね!

そして番外編の酔っぱらいユキちゃん
これもヤバかったですw
酔うと敬語続きになるんだ~v
ほほ真っ赤にしてかわいすぎでした
永遠もあいかわらずのバカっぷりで…
恋は妄想
↑ツボりましたww

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ