苦労性長男、超美形双子、野生児末っ子が贈るスーパー★ラブ!

SUPER LOVERS 4

super lovers

超级恋人

SUPER LOVERS 4
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神36
  • 萌×222
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
14
得点
283
評価数
66件
平均
4.3 / 5
神率
54.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784041200742

あらすじ

晴の母・春子の突然の来日。零との関係がようやく前進したと思ったらまたもや嵐の予感で…!?
(出版社より)

表題作SUPER LOVERS 4

海棠晴 元ホスト
海棠零 晴の義弟

評価・レビューする

レビュー投稿数14

無垢な零の破壊力

毎巻冷静に評価しようと、萌かなー萌2かなーと思いながら読み返す。
 零のメールを見た春子さんが来日するところから始まる。この春子さん、美人でカッコよくて天才で、ものすごく変わり者だけどとても『魅力的な人』です。だけど私はもやもやするんだ。晴のことを愛していたことも、今も愛していることもわかるけど、やっぱり自分勝手で母親には向いていない人だし、理由はいろいろあるだろうけど、離婚して晴を引き取ったかと思えば、今度は日本へ帰って父親と暮らせと言ったり、あげくには零をスイスに連れて行くとまで!我儘で自分勝手、それなのに魅力的な人。本当にもやもやする。晴のすることは全部晴自身がして欲しかったことだとサラリと零に言ってのけたことにも、もやもやした。自分勝手して来た癖に、晴や零の気持ちを何でもわかったように語る春子に、何様?って思いながらも、なんか憎らしいのに素敵と思ってしまう私は、美人でも天才でもないただの平凡な母親だからなのだろうか?
 同じ方向を向いてきたように感じた2人のベクトルは、ちょっとした風にも向きを変える不安定な風見鶏みたいです。晴は零を育てながら、まるで自分自身の育て直しをして続きいるように思えました。
 さて、2人のラブの進展具合ですが、ゆっくりゆっくりと言われていますが、私にとっては充分な進展がありました!
晴が零のあれを***ヾ(≧∇≦)ノ"***きゃあぁあっ♪ 無垢な零の色気の破壊力!やばい、心臓に悪い。2人のいちゃいちゃは大好きです。ギリギリなラインでじらされるのも大好きです。もっともっとじらしてほしい。気長に零の成長を待ちます!
 ああ、やっぱり最後には神評価になってしまった。

 

0

春子さん帰国する、の巻

4人兄弟の、血が繋がらない長男と4男のラブストーリーの4巻です。
4巻では、ハルの母親で、零が大好きな春子さんが帰国するお話です。

とにかく、春子さんとの再会にウキウキソワソワしてる零が可愛いです。
本当の親子なのに、どうしてハルと離れて暮らしてたのか理由があったし、春子さんの寂しさも伝わってきて、我が子が可愛いのが分かって安心します。
おまけに、零の恋心やハルの下心にも気付かれて。やっぱり親の観察眼はあなどれないですね(笑)

ハルと零の関係は、相変わらずゆっくりとしか進展しないけど、零の方は、気持ちに体がだんだん付いてきてるのが萌えます。
意外だったのは、春子さんに噛みついた、双子の亜樹です。確か1巻では、両親が亡くなったのはハルのせいだと責めてたのに、やっぱりお兄ちゃんが大事なんだと分かって良かったです。

2

おお~

春子さんが帰国。
春子さんのことが嫌いみたいのもあるし不貞腐れる亜樹くん。
春子さんと幹子さんの会話で、零くんの親のことが徐々に明らかに。
春子さんもいいこと言う。「ここにいるのは、海棠零」というセリフが、じ~んしますね。
春子さんに零くんの国語が悪いがバレ、一波乱起きそうな展開に、スイスに連れて行く満々な春子さん。
晴さんにも喫茶店のお客さんからお見合い写真が・・・。
郁さんと晴さん、零くんと黒崎くんと保健室の先生とのやり取りがおいおいと思う反面笑えました。
ついに亜樹くんが春子さんに文句を、晴さんが事故後に見舞いが来ないことを不満に思っていたらしく、零くんが春子さんをかばい。
あとから事情を知る。幹子さんに依頼したことを知ると和解できたみたい。
シーツに包まる零くんが可愛い。
保健室の先生と零くんのやり取りも面白いけど、
キヨさんがセーラー服を持ってきて・・・キヨさんと晴さんとのやり取りも面白い。
そのあとは、零くんのカレー作りです。
春子さんのスイスへ
そしておまけなのか読者サービスなのか私は嬉しいけど、
零くんのセーラー服が可愛いw

0

春子さんの独壇場

『SUPER LOVERS』第四巻です。
ここまで、さくさくと発売されていい具合ですね。

この巻も長男(晴)と四男(零)の進まない恋愛模様ですが、中心は三巻のラストで来日が決まった晴ママの春子。

スイスから突然、零の出したメールを機にやってきました。
その間、春子に不満を持つ双子の片割れ・亜樹は家を離れます。
この巻、丸々、春子の独壇場という感じ。

えっち度はBLでは、まだまだまだまだ低めですが、少しは進んでいましたね。
きゃ、恥ずかしー!という程度ですけどね(笑

そして、晴の気持ちは相変わらずなんですよね。
零の方が晴への気持ちにブレがない。
もちろん、晴が心変わりしたとか浮気してるとかそういうことでなく、無意識のヘタレなんでしょうかね。
零の方が男前ですね。

ちなみにわたしは、186センチの制服コスは見たくありません……

0

色んな愛の形に魅せられます!

第4シリーズ!
春子さん日本上陸篇!
ハルとレンの関係もゆっくりゆっくりと進んでます。

今回は、春子さんとハルの親子関係、春子さんとレイの関係、そして、春子さんの本心や人柄を中心に描かれています。
春子さんは、きっと昔仕事を優先した自分を後悔しているのかもしれません。
そして、ハルもまた母親の愛情が必要な時期に放置されていたから、その反動が今のようなハルの人格を作ってしまったのかな〜と⁉︎
2人の間にいるレンに、お互い出来なかったことや、してもらいたかった行き場のない愛情を向けているのかもと!
本当の両親に捨てられてしまったトラウマを抱えるレンだからこそ、意味のある3人の関係なのだと考えると、胸がギュッと締め付けられるようで感慨深かったです。
春子さんとハルの愛を一身に受けるレンは本当に可愛いし、2人が愛情を注ぎたくなる気持ちも充分伝わってきます。

アキが春子さんに、昔のハルの事故後の事でぶつかっていくシーンがあるんですけど!
アキの言い分も分かるし、幹子さんの当時の説明を聞いて、春子さんの気持ちも分かる。
そして、今まで触れてこなかった当人たちは言葉に出続きさなくてもハルにしても、レンにしても春子さんの立場を分かっていて…
当時のそれぞれの思いがなだれ込んできてせつなくなります。
特にレンが自分を責める姿に泣きました。
かといって、春子さんとハルの親子関係が悪いわけじゃなく、逆にこの淡白な関係が羨ましくなるようないい雰囲気なんです。
お互いの奥底にはちゃんと信頼し合う気持ちが2人には感じられるから、読んでいて安心します。

本当にあべ先生は絵が美しいだけでなく、感情表現も豊かで、様々な表情を見せてくれます。
人間のトラウマやコンプレックスといった悲壮な部分であったり、複雑な人間関係であったり、痛い部分を描きながらも、色んな「愛」の形を見出してくれる作家さんなので好きです。
ゆっくりのペースだけどダルくはならない…むしろハマってしまう!
これはストーリーがしっかりしてて、キャラも魅力的だからだと思います。
本当に全てが上手いなあ〜とつくづく思いました。

春子さんの登場で2人の関係は進展していなさそうですけど、実は春子さんの登場が、今後ハルとレンの関係性をより広げていくには必要だったのかもと感じました。
ハルは、零との関係が親バレするかもと、戦々恐々としてましたけど(笑)
あの春子さんが気がつかない訳がないんですよね。
「お前たちは何も変わらない」と何度も春子さんは口にしていますけど、ずっと前からのこうなることは予想していたのかもしれません。
これから何が起きても、大丈夫的な心の準備も兼ねてレンの様子を見に来たのかも!
そう思うと、確かに幹子さんの言うとおり、ハルに出来なかったことをレンにしたいと思う母性で、レンをスイスに連れていくといったかもしれないんですけど、2人の関係を試すための爆弾だったのかな〜とも思いました。

春子さん好きだったので、当分登場がないのかと思うと残念かも(笑)
あべ先生の女性キャラも今まで色んなタイプを見てきましたけど、
綺麗で、頭が良くて、かっこ良くて、仕事が出来て、強くて優しい春子さんや幹子さんタイプの女性キャラが大好物なので!

これで心置きなくBL的な前進を期待できそうかな⁉︎
ハルとレンの性のお勉強も(笑)
まさかのハルがフェ○しちゃう所までいってるし!
心の方もついていって欲しいけど…まだ遠そうかな…。
ハルもレンもそれぞれ暴走気味なので(笑)
ハルは、郁もショックをうけてますけど、カリスマホスト時代のカッコイイイメージが総崩れ状態!
肝心なところではジタバタだし、
清華のオススメコスプレで、更にド変態ぶり発揮してるし(笑)
かと思えば、レンにいけないことを教えてる張本人なのに、
保健医から「男同士のセックスについて勉強中」だと、ハルが皆の前で堂々おバカ発言すれば、「バカだバカだ」お怒りだし…
春子さんが「兄貴がバカなら弟も!」のお言葉には、ごもっともだと思いました(笑)

そんな無垢なある意味最強なレンは、自分からキスしたり、不安感からハルの腕を噛んだり、本人無意識に色気振りまいてハルを誘惑しちゃってます。
あの表情はハルじゃなくても危険…可愛すぎて萌でした♡
でも兄は知らないけど、学校でおバカ発言を繰り広げてるんですよね(笑)
数々の問題発言に巻き込まれ、振り回される十全と保健医の2人お気の毒。
特に期末テストの間中、一体一で顔を付きら合わさなければいけない保医の先生は貧乏くじかも(笑)
「男同士の…」と墓穴をほってしまい⁉︎
そのセリフで、獲物は逃さない的姿勢な…密かにルンルンなレン。
傍迷惑にも永遠に付きまとわれそうだなあ〜と同情します(笑)

そういえば、レンが蒼陵高校に入ってたのにはビックリ!
幹子さんも出てるから『困星』と関連してるのは分かっていたんですけど、わざわざ高校を出すということは…意味があるのかな⁉︎と、この辺も今後気になるところです!

0

じれったい、でも、そこがよい

兄弟4人で暮らす家に春子がやってきて~ドタバタドタバタ(笑)
相変わらず、長男と末っ子の仲は進展せず(されても困るような気がするけど)・・・
ハルのヘタレっぷりはもう筋金入りですね(ため息・・・)
零の方がストレートにハルを求める分、男前だと思う。
それでも展開上、ハルと零のスキンシップは増えてきてますね。
ある程度、やることやっているのですが・・・どうもハルと零の思いがすれ違っているようなそんな気がしてならない。
ひとえに・・・やはり、ハル・・・なんだよね~。

1

徐々に…❤

晴さんの全開な色気は、意識的なんでしょうか?無自覚なんでしょうか?w
特に、真ん中くらいのシーンで
晴さんが零くんの手をペロッと舐める描写は発狂ものでしたww
その前の真剣な表情もムラムラきました←
いつも笑顔の晴さんとのギャップが最高に良いですw
激萌w
あの小悪魔な顔が!!顔がぁぁぁああああああああああああ!!たまらないですねw
いや、もう小悪魔的な表情しちゃってますから自覚ありそうですねww
零くんが「ハルに今 邪悪なオーラが」と言っていたのも頷けますw

そして、少し話が変わりますが、
ドラマCD第3弾が発売決定だそうですね^^b
キャストが
海棠 晴…森川智之
海棠 零…神谷浩史
海棠 亜樹…福山 潤
海棠 蒔麻…小野 大輔
清華…斎賀みつき
だそうでwww
是非とも神谷浩史サマの喘ぎ声を聞きたいものです❤

1

待ちに待ってました!

いつも新刊が出るたびに1巻から読み返しています♪
また、少しBLな感じになってきましたね♪

実は何気に好きなキャラな春子さん!
すごく強烈なキャラだとずっと思っていました。男前でドシーンと構えてる感じだけど、実は寂しいとか思ってたりするのかなぁ?とか勝手に思ってみてました。
そして、今回はみなさん書かれてますが、保健医がほんとにおもしろかったww

タヌキの作文とかある意味零は天才なんじゃないかと 笑
零と晴も少しずつ進んできてるみたいだし、まだ兄弟愛みたいなとこもありますが、これからの進展に期待♪
今回は前回にも増して零が可愛かったのですごっく満足しました♪

2

進展しましたね

肉体関係的には、確かに進展しましたね。

でも、恋愛感情的には,あれを進展したと言っていいのかなぁ。
恋愛の感情は、必ずしも双方の感情の釣り合いが取れる物ではないし、ひとりの心の中だけでも、心と体、自覚、無自覚、釣り合いとれて一致してとはいかないけれど、それにしても、ハルの心の自覚と覚醒はいつになったら・・・。

零の心は一貫しているので、後はハル自身の問題。
まわりのみんなにはわかっているハルの心の問題に、ハル自身がいつ気がついて、いつ乗り越えられるのか、
私にとってのこの作品のおもしろさって、色恋沙汰のおもしろさより、失われた子供時代を克服して成長する物語のおもしろさだったりします。

1

順調にBLしてます

ハルの母親であり、零の育ての親である春子さん来日です!
零は春子さんの前だと表情がくるくる変わって可愛いです。春子さんもそんな零が可愛くてしょうがない様子。微笑ましいですね~。

零とハルの関係も少しずつですが、確実に進展しています。
3巻でハルも零にはっきりと欲情している描写があってから、大分潔くなりました。相変わらずのいちゃつきっぷり。
そんな中、春子さんが零の国語の学力の低さにスイスに連れていくと発言。それに対して、ハルが春子さんと居たいなら…と言いだすが零はハッキリとスイスには行かないと言い切ります。さすが男前ですね~。
「ハルの傍にいる」この言葉でハルのスイッチがON☆手際良く服を脱がせ、零のアレを…!!

いや~良いですね。4巻にきて結構BL度が上がってきましたね。
可愛くて天然小悪魔な零に、そろそろハルも本格的にハマってきてます。
最後のセーラー服はたまらんですがなぜ腕を縛った(笑)
動画撮影中のハルはなかなかの変態っぷり。

今回の個人的な見どころは、元アパートの大家にタヌキを帰しに行ったシーンです。玄関から出ていった零を呼ぶように吠えるタヌキ続き。可愛くて悶えました。


2

前回、モエがいまいち・・な気がしてたんですが
今回、これまた可愛かった゚(´▽`人)゚+.゚ィィ!!
なによなによ、なんなのよwww

今回のメインイベントは、「ハルの母がやってくる!?」なのであります。
零を育てたのも春子ママでしたな。
美人!というよりも、なんか強烈パンチなキャラクターがよかった。
息子との~な兼ね合いもろもろ。
あんまり親子な関係を気づけなかった二人な過去ありきなのだが、なんだかんだでちゃんと母子してるんだなというのにホッコリしてしまった。

晴と零の関係。
ゆっくりではあるものの、なんかラブが増してる気がしました。
というか、零たん・・・積極すぎてモエるvv
問題はやっぱり晴の法なんだろうなという雑感であります。
晴が腹をくくれば全て万事うまく行く気がする。
巻末のコスプレネタが好き。

タヌキはタヌキじゃなくてタヌキはタヌキだった
この作文もなにげに好きだった。わかりにくさがイイw

ついでに保健医の先生がまた面白かった。
次回に期待

1

晴と零と春子さん

しんてーーーん!!
っていうか進化?前進? 描写が少しあったよ、リアルに!!
あの二人はほんっとゆっくりとゆっくりと進むね!!! 
春子さんも久しぶりに見た気がする……。親子そろって零に構い倒しだし……。

零の過去がすこーしだけ分かりました。でも多分あれ以上詳しくは出ないんじゃないかな。物語の主軸に関係ないし。
その後、それをたまたま聞いた零が晴に甘える格好……萌えた!!!
零の作文も公開♪ 春子がそれ見てスイスに連れていくって言うしww

晴が事故にあった後のことも亜樹の口から少しだけ公開したね。いつか番外編、みたいな感じでやってくんないかなー…と。気になる……。
それを聞いた零の信じられない表情も印象的でした。
それにしても……何を言われても表情を崩さない春子さん……。零が晴に感じる「いつも笑顔を絶やさない」と春子の「常に冷静な表情」は親子ならではの共通点だと思います。晴の天然(?)も遺伝と分かったし。
一巻からでは想像できなかった春子さんも見れます。

保健医がなんか可哀相な立場だったな。
いつか聞いた話を実践できるといいね!!晴と!!!
つかそ続きれ以外認めない~~~ww

零のコスプレも必須www 可愛いです、脚キレイ……。
次巻が益々楽しみデス♪雑誌買っちゃおうかなーとか思うけど、他は今日見ないから……と断念。
長く待つって、一番の調味料だね。

2

いろいろ進展中(^з^)

待っていました!「スパラヴァ4巻」です。前回はどんな終りだったっけ?と忘れる程、長~く感じた発売日(笑)

今回は春子さんが戻ってこられてますよ~。
1巻の時より、美人に見えます(◎o◎)さすが晴のお母さんですね~。そりゃあ、息子も美形なの納得ですよ♪

お話は、簡単に言えば、零がスイスに行くか?行かないか?といった内容ですね。あと晴の誕生日パーティーなど。(詳しくは省きます)

実は今回のお話、所々理由あって購入した雑誌の方で先に読んでいたので、楽しみは半減したのですが、それでも読んでいない話も読めたんで、かなり楽しかったですo(^o^)o


スバリ見所は!?

★零が積極的?
★晴にフェラされる(零のを飲んじゃいます)
★晴AV見ても勃たない(前巻お気に入りDVD)
★お仕置?コスプレ(キヨカからのプレゼント♪女子の制服)させる

です!

萌要素はいっぱいなんですが、晴と零の進展は…どうなんだろう…(・ω・;)相変わらずなのかな?
ディープキスも触りっこもしているみたいなんですが。

※フェラの描写ですが、せめて上半続き身の乳首位は描いて欲しかったなぁ…(ΘoΘ;)晴が零の身体を舐めるのですが…どこで零が感じたのか…ん~わかりづらい…ρ(..、)たぶん、絵から見て胸なんで乳首が敏感なのかと推測しますがヾ(^_^;


あと今回の面白い所は、保健医の先生ですかね(^-^)

零の爆弾発言な質問「男同士のセックス~」に対する先生の説明場面は見たかったですが、描かれてなかったのが残念(笑)


次巻も展開&発売日が楽しみです(o^-')
と言っても、また所々先に雑誌で読んでいるため知っているのですが…(苦笑)

雑誌は買わない派なので、付録つけるのはやめてほしいですよね|||(-_-;)||||||
コミックスを読む楽しみがぁぁ(ToT)

ちなみに、雑誌の方では何やら新たなイケメン男(ホスト)が零に近付いているので、続きが気になる展開なのでお楽しみに♪かってな推測ですが、次巻にそのお話が載ってそうな予感がします(* ̄∇ ̄*)

↑これを期に、晴が零の様に積極的になってくれれば嬉しいのですが…((( ^^)爻(^^ )))

あべさんの美麗イラストいつ見てもうっとりです(≧∇≦)幸せ~


注意
※コスプレは最後の5ページだけです。

2

保健医が…。

4巻です。

今回は晴の母・春子来襲の巻。
零のメールでやってきてしまった春子(もちろん、仕事も込みだが)
そこで見た現在の息子たちの姿。
全てを包み隠さず…というわけにはいかないけれど、零が抱える感情とかはダダ漏れ状態だし。
久々の春子にベッタリな零に春子に対して晴がやきもち焼いてるのもダダ漏れといえばダダ漏れ。
何より、零が天然というかなんというか。
そういうふうに教えられてないからってのが一番なんだろうけど、何が隠すべき恥ずべきことなのかともわかってないから、物言いがストレートなんだよね。
それが天然でバカでってことになるんだけども。
保健医がなんとも気の毒でした。
いや、もう完全に自爆したと言える状況でもありましたが。
零のもしかしたらの過去や晴の昔についてとかわかる場面もあってシリアスな場面もなくはないけど、やっぱり今回は零のバカッ子発言の数々が印象に残ったかな。

零と晴の仲はといえば、進展してるのかな。
というか前回、アレをしたことで、アレをすること自体は特に違和感がないようで。
それがどれだけ特異なことなのかとか零はきっとわかってないんだ続きろうけども。
それでも、好意はしっかりあるので、自分から仕掛けていくこともあるし。
未遂で済んでるのが不思議といえるようなそうでもないような。
やっぱりまだまだ晴の本心が見えて来ない感じも。
郁じゃないけど晴はどこまで本気で零とのことを考えてるんだろう…。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ