スウィーツ極道BOY

スウィーツ極道BOY
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
33.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ア・ラ・モード・ボーイ
シリーズ
発売日
ISBN

あらすじ

新米刑事とイケメンヤクザの禁じられた愛を描いた問題作!ヤクザの組事務所への潜入操作を命じられた新米刑事“香椎蓮(かしいれん)”。捜査の相手は花岡組若頭“一色直之(いっしきなおゆき)”。香椎は無謀にも一色の出入りする店に入り込み、愛人にしてくれと頼む。運良く一色の相手をしてもらったのだが、一色のテクニックにカラダが無条件に反応しまい今まで無かった快感を得る。序々に一色の懐に入り込む香椎。それと同時に一色の魅力にも惹かれ始め…。ある取引の日にその場に隠れて付いて行く香椎。が、そこで見たものは背徳と裏切りだった! 組長に責められる一色。その時、香椎は刑事である自分の立場も忘れ、一色を守ってしまうのだった!そして、お互いの組織を裏切った二人の運命は…。

表題作スウィーツ極道BOY

一色直之(ヤクザ)
香椎連(新米刑事)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

おもしろい!

とーっても短い作品ですが・・・面白かったです^^

当然、ページ数が少ないので、急展開を見せたりするので
ちょっと強引かな?と思ってしまうところも
あるかもしれませんが
「ページが少ないのでしょうがない」と
最初から頭に入れて読めば、
気になるほどじゃなく、楽しめました♪

たまぁーに出てくるコミカルなところも、
それからキューッとくるシリアスなところも、
短い中に詰まっていて、このお値段で
とってもお得な気がしますw

そしてそして、これまたたまぁーに出てくる
「木下さん」がモノスゴクいい味出してますww

0

何度も読み返したくなります。

絵が好きだったので 購入しました。
絵がきれいで、内容もドロドロしすぎていなかったので一気に読み終わりました。
潜入捜査という形で出会った新米刑事とヤクザが惹かれはじめる
ストーリーです。

注目は新米刑事とヤクザのキャラクターとふたりのココロの絡み合い
でしょうか…。
(カラダノカラミも結構あります!(^^)!)
新米刑事の香椎蓮(受)は仕事に対しても一途で、警察官とヤクザとの
取引の内通者を捜し出すという潜入捜査のために花岡組若頭・
一色直之(攻)に愛人にしてもらうように頼み込みます。
何とか首尾よく一色の懐に入り込めた蓮は、組員のひとりから一色の
傷ついた過去を聞き、激しく胸を痛めると同時に彼の優しさを実感
します。
一色のストレートな愛情表現に次第に心を開き惹かれはじめる蓮。
捜査のためとはいえ 一色を騙して心の隙間に入り込もうとする
刑事の仕事としての領域と、その領域を超えて一色に心から惹かれて騙していることを
申し訳なく思い葛藤する蓮の姿が切ないです。
一色も蓮に騙されたことを知りながら結局は自分を庇ってくれた蓮を
赦します。ふたりとも続きまっすぐです。お互いの気持ちを激しくぶつけ
合うところは、読んでいて胸がキュゥッとしめつけられて苦しいと思
うくらい、ふたりのことが愛おしくなりました。
次第にお互いの存在が掛け替えのないものになりそうです。要所要所に
蓮の一途さや健気さ、一色の度量の広さや筋の通った男気が伝わり、お互いの魅力を
高めあっている気がしました。

物語が都合よく進みすぎる感も否めませんが、今のところ電子書籍
のみの発行なので、そのくらいの方がテンポよく読み進めていける
のではないでしょうか?
印刷・製本化を切に願う作品の1つです。
本を手に取りページをゆっくりと捲りながら 蓮や一色の心情の移り
変わりをもう少し深く読み解いてみたいなぁ…と思います。

最後のすがすがしい蓮の表情が忘れられません。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ