勃起おあずけ発情犬!!

愛玩犬は待てができない

aiganken wo mate ga dekinai

爱玩犬学不会等待

愛玩犬は待てができない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×25
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
6
得点
34
評価数
13件
平均
2.9 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネットコミックス ピアスシリーズ(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784864520263

あらすじ

8歳年上の完璧すぎるセフレ・庄司に対して、弄ばれているだけなの・・・?と不安になる良平だけど・・・。
表題作ほか、極上のエロス傑作集!描き下ろし16P大サービス!
完璧美形リーマン×欲求不満な学生、ドS教育係×淫乱坊ちゃん、乙女系機長×魔性整備士など全6カップルSEX共艶v
各BL出版社&同人誌で大人気のサクラサクヤがピアスシリーズ初登場vvvv
(出版社より)

表題作愛玩犬は待てができない

8歳年上の完璧すぎるセフレ 庄司
バイトで出会った大学生 良平

同時収録作品ずっと好きなひと

弘 学生
瑞樹 元家庭教師

同時収録作品視線で堕ちる恋

我妻(35) パイロット
高嶺 整備士

同時収録作品約束の予感

鴻島喬 作家
トモ デートクラブで働く学生

同時収録作品仕える指先

菅谷成一 家庭教師
瑛司 坊ちゃん

その他の収録作品

  • うつろいハニー
  • 傲慢シェフの企み
  • うつろいハニー【出張編】【逢瀬編】【おまけ】
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

パイロット入りましたー

色んなラブラブカップルの短編でした。
機長の制服萌えな私としては、機長と整備士のお話をおかわりしたかったです❤このお話は途中途中で機長の妄想が挟み込まれているのも笑えました。

ストーリーとして好きだったのは、坊っちゃんと教育係のお話です。単なるわがまま坊っちゃんに手を焼いているお話かと思いきや、中学生の頃から手なずけて、自分なしではいられなく洗脳している教育係がなかなか腹黒くてセクシーです。

この方の絵は綺麗なのですが、綺麗すぎてたまに無表情な時があるのが残念です。顔面が崩れるほどの表情のキャラもたまには見てみたいかな。

1

ワンコ受の良さ

サクラさんの作品、他の作品はまぁ、、、いかんせん
もう一つな評価をしてしまっている私ですが
最初に読んだのがこの作品でありまして
この作品集わりと好き!と思える久々ジュネなのでしたヽ(・∀・)ノ
本屋さんで毎度買うか否か悩んではや数年というアホな葛藤を繰り返していたわけですが
読んでみればなんだよwww上質の年上攻が読めます!

最近はわりと年下攻が主流といいますか
年下の可愛いワンコでへたれた攻が一生懸命に頑張っているというあれです。
生意気にも年下のくせに!がカワイイのですが
ちょっと大きめの男の子を、大人臭匂わせる紳士な男が組み伏せる
これぞ年上の色香!!エロス!年甲斐もなくはしゃいだ一冊でした。
ジュネですしね。そこそこエロが中心なのでそれがよかったのかもしれません
下手にストーリー仕立てにするよりも←オィ

ワンコ攻もオイシイけど、ワンコ受も存外旨いよって話w

2

あれっ・・・

他のレビュー見て思ったんですが、待てができないのは受けの方なんですか?
待てができないのは攻めの方だと思いこんでました・・・
まぁ、ピアスの主人公たちは基本的に待てができない人たちばっかりですが。

その中では比較的この本は恋人同士だったりウリ専だったり・・・という「さぁやりやあがれ」な前提がある割には、実際に入れちゃうまでに結構逡巡するお話が多めです。
サクラサクヤさんの書かれる無駄肉のない裸は非常にきれいで好きですし、それをあまりぐしゃぐしゃにするというよりオーソドックスにほどほどにエッチしてるけど飽きさせない感じがします。

ピアスレーベルでも掲載誌がBOY'Sキッスとかdrapとかの作品が入ってるから、エロ度抑え目な感じなのかな?エロ過ぎるのは帯だけです。

とにかく普通のお兄さんたち(でもちょっと綺麗)の普通のエッチなお話、ということで読みやすいと思います。
年上でも余裕があるとは限らないんだけど余裕ある振りぶっこいて年下にふるまうとかそういう変なかっこ悪さがいかにも普通の青年っぽい。

個人的には・・・ピアスなのにエロエロでなかったなぁ、というハード続きル上げすぎのせいで普通の評価になっちゃいましたがピアスというのをはずせば十分萌え萌えです。

1

シッポが見えるみたい

ほんとにシッポが見えるくらい大好きなのが伝わる
受け様の愛らしい求愛が萌える作品です。               
エロエロなんだけど何故かそんなにエロく感じないんですよね。     
ただ攻め様の行動や態度が物足りない感じがするのです。        
8歳の歳の差があるからそうなんだろうけど熱量がねぇ~        
でもその分受け様がクールでカッコいい攻め様が恋人なのに
心配やら不安でパタパタしてる感じが可愛いです。
まだまだ子犬みたいな受け様なんだけど
攻め様はそんな受け様をとっても可愛く思ってるんです。
攻め様に本気出されたら受け様なんて動けないかも(笑)

1

なんとピアスシリーズから単行本発売ですか!?

サクラサクヤさんのちょっと古めの作品を集めた作品集です。

やんちゃ受け多め、年上攻めの年下受けの年齢差モノや、主従関係モノもあって本当に読んでいて楽しい作品集でした。
主従関係モノは特に、くぅ、こういう話好きだぁと叫びたくなる。
坊ちゃまが優位と見せかけて、反抗しまくっていると見せかけて甘えた、教育係はあくまで丁寧な敬語攻め。しれっとした顔で坊ちゃまを『自分無しでは生きて』いけなく育てちゃった腹黒い人でした。

巻頭に収録されている雑誌掲載作品とその続編の同人からの収録。
そして、他は読み切りが入っていました。
いつの間にジュネットの雑誌に掲載されてたんだろ~?と掲載初出一覧を見てみると度の作品も結構古い!
ひとつ見たことがあったのは、結構最近のドラ掲載作品でしたがその他は本当に古くって。
けれど古さを感じさせないというか、今現在とほとんど絵柄の違いが感じられませんでした、ある意味凄い!
なので、読んでいて古さを感じたのは登場人物が持っている携帯電話ですか。
描き下ろしはスマホになっていましたが、それ以外は二つ折りの古~いタイプの携帯で時代を感じました。

続き
サクラサクヤさんの作品の受けはやんちゃが多いなといつも思って読んでいますが、表題作の受けが黒髪短髪(丸刈りとかじゃないですよ?)のまさにやんちゃ!な子犬系受けで可愛かったです。
同人からの収録話が特に良かった!
攻めの受け溺愛っぷりがよく分る甘い作品ばかりで、巻頭に収録されている話では受けの気持ちが前出しの表現で物語が流れていたけれど、攻めからの気持ちがよくわかる話で。
愛情ダダ漏れ。
またそれを気取らせないというか受けが若いから、気がつかないというか!
そういうちょっと腹黒いような大人のズルさ、大人と子供の賢さ経験の違いが可愛かったです。

ツボだったのが、男性専用の出張デートクラブのお話にて、受けと攻めが初めてイタすしシーン。
受けの『始めては好きな人とすると決めていた』という言葉に、攻めが「初回特典」という言葉を言うのですが、うん、確かに初回特典だぁと納得。
こんなこと考えても見なかったや。

1

きれいな裸は好きですか?www

06年~07年のJune掲載作品5本と、10年のdrap掲載1本と、表題を含めた同人作品が3本と書下ろし、という短編集です。
ひょっとしてこれがサクラさんの商業デビュー作品に近い?
juneで描いていたなんて知りませんでした(汗)
確かにjune掲載作品は全編エッチが中心でエロで、drap掲載のはエロ無し。
だけど、あまり隔たりを感じないんです。
何か、元々がきれいな絵だからでしょうか?
いつものjuneの下世話な帯・・・「欲しがりワンコはしっぽ振ってS●Xおねだり」なんて大げさにかいてますが、
中にもエッチシーンの切り抜きショットとセリフを羅列してますが、何か貶めてる感じが!?
でも、それに負けてなくて勝っちゃてるのは、ある種スゴイかも。

表題は、冒頭「うつろいハニー」の書下ろしの題名。
まあ、愛玩犬っていえば愛玩犬だけどwww
バイト先で知り合ったイベント会社の庄司とセフレ関係になった大学生の亮平が、好きだから~と思うと相手も自分が好きだよ、というラブ甘話。
同人作品はその恋人になってからのエピソードがあって、8歳年上が年下にメロメロな様子が面白く展開。続き

◆元家庭教師と教え子が再開して、年下ワンコ攻め×ヘタレ年上
◆超ワンコのモテモテパイロットと健気な整備士という組み合わせ
◆作家とデリヘルボーイのお話は「お母さん」プレイ
◆主従ものは下克上っぽく、教育係が調教師で子息がワンコか猫?と思いきや教育係が隠れワンコだったという@@
◆シェフと構成作家の執着愛(これがdorap掲載のエチなし♪)

このくらいのエッチだったら、全然他雑誌でもいいのです。
でもちょっと他作品より大胆にM字開脚もあったりするかな?
ちょっとユーモアを含んで、でも決してつまらないとかエロばっかりで興ざめするとかいう本ではないので、いつものサクラサクヤ作品と違わず読めますよ♪

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ