君と奏でる不協和音

kimi to kanaderu fukyowaon

与你演奏的不和谐音

君と奏でる不協和音
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
47
評価数
14件
平均
3.5 / 5
神率
14.3%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
日本文芸社
シリーズ
KAREN COMICS(カレンコミックス・日本文芸社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537128451

あらすじ

「琴なんていなければよかったのに」
特別な才能を持つヴァイオリニスト・琴乃典と、幼馴染みのピアニスト・斎。
平凡な斎は、琴に対してコンプレックスを抱いていたが、憎むほどに特別で大切な存在になっていた。
そんなある日、斎は琴を守るため、琴の叔父・弓弦とカラダの関係を結んでしまう。
すれ違う琴と斎。果たして二人の行く末は…?
痛いくらいに切ない、「ミューズに祝福されし者」のスピンオフシリーズ。

(出版社より)

表題作君と奏でる不協和音

相楽弓弦/相楽琴乃典
三諸斎

その他の収録作品

  • 友人になりし者~ミューズに祝福されしもの 番外編~
  • 守る者 守られる者

評価・レビューする

レビュー投稿数3

トライアングルストーリー

『ミューズに祝福されし者』のスピンオフです。慧人の先輩の琴と斎の、痛いくらいに切ないお話です。お話がリンクしてるので、順番に読んだ方が面白いと思います。ちなみに、『ミューズに~』では、エッチは皆無だったけど、この作品は大人仕様になってます(笑)

斎は両親の死によって、小さい頃から琴と一緒に育ってきました。
琴はミューズに祝福されし者で、その才能に斎はコンプレックスを抱いてきました。でも同時に、憧れていて大切な存在になっていて。
そんな琴に、斎は秘密にしていることがあって…。

琴を守ろうと、一生懸命な斎にキュンキュンします。琴が光だったら、影のような存在の斎が不憫になります。
終盤に琴が、斎のキスマークに気付くんだけど、早く斎を救ってあげて!と思っちゃいます。
二人の距離は少しずつ縮むんだけど、もどかしくて萌えます。

斎が琴に、「大嫌いだった」と聞かれる、気になるところで終わってるので、2巻も揃えて読むことをおススメします。

2

ミューズに…からは想像もつかない

ミューズに祝福されし者では完全と言ってもいいほどサポート役に回っている二人ですが、そちらでは見られない感情の動きが見られてそのギャップにはまりました。
1巻の時点ではまだ2人の気持ちははっきりと現れていませんが、最後の方に琴の気持ちが揺れ動くのがツボ。
人類皆兄弟みたいな琴だからこそ、喜怒哀楽の喜と楽以外の表情が楽しめます。
斎もミューズに…の方では、けっこう冷静沈着な感じが強かったのですが、実はこんなに感情豊かな人物だったと分かります。感情だけなら琴以上かもしれませんが。
ミューズに…を読んでいるならぜひ読んでほしい作品です。

1

ミューズから

この本から、PNがかわりましたねぇ。
個人的なことでいえば、あんまりカタカナのみとか、ひらがなのみとか・・
最近多すぎてややこしいからあんまりなぁ(≡人≡;)とか思ってしまう。
余計なお世話か。スミマセン。
おいといて
今回は、「ミューズに祝福されし者」のスピンオフ的な作品ですね。
そこのカップルおいといて、サイドのカップリングです。
後半にも、ミューズに登場する人々~な番外編があるので、合せて読んでも面白いかもわかりません。知らなくても読めるっちゃ読めるけど、全体的に、設定や、カップリングの~な話がでてくるので、あわせて読んだほうがいいやもわかりません。

お話は、幼馴染の二人。かたや、天性の才能を持っている美麗の持ち主。
自分は、凡人。そこれをコンプレックスに持っている受。
けれど、綺麗で天性の才能おをもった幼馴染のことを嫌いと口では言いながら、彼をこっそり守っていることに喜びを感じていたわけです。
そんな二人の~なお話ですね。次回がまだまだ続きそうですが
ちょっぴり切なくてキュンでした。
甥っ子を性的な意味で狙っているおじさんの魔の手から守るために
続き自分が人身御供にとか。
まだ身体幼かった時分から・・・あんな感じるまでに身体仕込まれちゃって
どーなっちゃってんのよ(*´Д`*)ポポンッ
・・・・・・そんな自分が憎い。

幼馴染くんの気持ちは、そして自分の本当の気持ちは
叔父さんとの体の関係もバレちゃいましたし次回修羅場でしょうか。
本来のカップルがまぐわわない作品ではありますが
次回のラブに期待して待ちたいと思います。
本家カップルも早くまぐわえよっ!
・・・・次回・・また数年先かしらと思いつつ。。。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ