真夜中のおやつ

mayonaka no oyatsu

真夜中のおやつ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×219
  • 萌27
  • 中立4
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
23
得点
226
評価数
65件
平均
3.6 / 5
神率
20%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
日本文芸社
シリーズ
KAREN COMICS(カレンコミックス・日本文芸社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784537128499

あらすじ

大学生の吾妻(あづま)は、甘いお菓子と8歳年下の甥っ子・大良(たいら)がだ~い好き。でも、ちっちゃくて世界一可愛かった大良は「俺、大器晩成型だから」という言葉とキスを残して、吾妻の元を去ってしまう。
そして4年後、大人のイケメンになって帰ってきた大良は―。
「吾妻さん、あんたを食べにきた」って!?
とびっきりスウィートな年の差大逆転ラブ。

(出版社より)

表題作真夜中のおやつ

8歳年下の甥っ子 大良
可愛かった大良が好きな叔父 吾妻

その他の収録作品

  • 寝起きのおやつ

評価・レビューする

レビュー投稿数23

あま~い(ネタバレ)

話は4年前から始まります。
ますは受け、吾妻と中学生の大良(攻め)の日常から始まり、そしてあらすじにも書いてある通り、「俺、大器晩成型だから」という言葉とキスを残して、吾妻の元を去ってしまう。
その時の吾妻はそんな自分より8歳年下の大良を世界一可愛いと思っていますが、大良はもうその時から吾妻のことが好きで、食べたがっていました。
でも、吾妻が鈍感で中々気づきませんw。

そして、4年後。
大良はイケメンになって吾妻のもとに帰ってきますが、吾妻は昔の可愛い大良が好きで、最初は彼からの告白も無意識にスルーしてしまいますが、真剣な告白を聞いて、急に顔を赤くして、意識しちゃいます・・・

ほのぼので、あまあまとしたストーリーで、絵がとても可愛らしいです。

0

一途な甥っ子かわいい!

大良の一途さにキュンキュンする…!子供の頃の、可愛さの中に野獣を秘めてる感じに萌え。吾妻さんの眼鏡を外しながらの「オレ 絶対 大器晩成型だから」のセリフはグッとくるなあ。

そして大きくなった大良もイケメンかわいい!吾妻さんにホストっぽいと言われて髪切っちゃうとことか、吾妻さんの特大ポスター部屋に貼ってるとことか、実は童貞だったとことか(笑)いやー甘々なお二人でした。

お母様が全く二人の関係を気にしてないのはちょっと気になったかな、男同士and血縁関係だぜ?!まあシリアスにならなくて良かったけど。

0

お菓子よりも甘いです

叔父さんと甥っ子の、年の差スィートラブなお話です。

攻めの大良が、小さい頃は天使のように可愛いし、大きくなったらイケメンで萌えます。小さい時からずっと叔父さんが好きだという、一途さにもキュンキュンします。モテるのに、叔父さんのために童貞だったのもポイント高いです。
そして、受けの叔父さんは、綺麗で天然なところがイイです。小さい頃の大良への、猫可愛がりが半端なくて笑えます。対して、大人の大良を見ての、ガッカリ感がおかしいです。

くっついてから(その前からだけど)の二人には、お菓子も真っ青の、甘々ぶりにニヤニヤします。ホント、義兄さん姉さんゴメンナサイな感じです。でも、息子の気持ちを知って、サッサと女の子を産んだお姉さんはスゴイと思います(笑)

4

読んでてほのぼのする

ネットで試し読みしてからずっと気になっていた神田猫先生のこの作品。やっと読むことができました!

最近神田先生にドハマりして、作品を集め始めたのですがこの作品も可愛らしくて萌えました♡攻めの大良の幼い頃の姿がほんと可愛くて、ショタっ子きたー!!と発狂しながら読んでました笑

受けの吾妻は、小さくて可愛い8歳年下の甥っ子大良が大好き。でも突然の別れから4年後に再び現れた大良は、昔の可愛さはなく、超絶イケメンになっていた。可愛い大良が大好きだった吾妻はショックを受けつつも少しずつ惹かれていきます。

まあなんだかで甘甘のお話。イケメンになって帰ってきたとしても時折見せる可愛い表情に吾妻と共にキュンキュンしてしまいました笑 読んだあとに心がほっこりとあったかくなります。癒される一冊でした。

甘甘好きなお方ぜひ読んでみてください...♪*゚

0

あまあま

出て来るスイーツに負けず劣らず、甘々な二人のお話。
大学生の吾妻と8つ年下の甥っ子大良。

可愛い系のちょっと天然大学生の吾妻がかわいい甥っ子にメロメロ。
だけど大良は違う目で吾妻のことを見ていて・・・
大良がさりげなく好き好きアピールするんだけど
なんかちょっとずれてる吾妻はイイ感じにスルーして。
どんなにすごい告白をしても、まったく響かないタイプですね。

中学生だった大良が4年間親の転勤で行ってた海外から帰り
すっかり大人になっているのだけど・・・
急に大人になった大良に驚きを隠せない吾妻。
その上、ものすごいマジ告白に混乱気味。
あんなに可愛かった甥っ子からの、本気オーラに
さすがの吾妻も真剣になるけど・・・気づくの遅っ!!

半ば大良の押しに負け絆された感はありましたが、
最終的には大良の攻めがちでハッピーエンド。
朝起きるとひとしきり行われる、ちゅっちゅっタイムに
鬼のような発言をする吾妻は、やっぱり天然だと思う。

0

可愛い受けが可愛い(笑)

他のレビュアー様も書いておりますが、ただ甘く可愛いお話です^^

大良(攻め)は子供の時から吾妻(受け)に対する見方が違うのが見ててわかりますが、やたら大人びている子供な印象がありました。
見た目は子供ですが、なんだか大人びてるんですよ・・・きっと、小さい時から吾妻に対する見方が、叔父ではなく一人の男として見てたからなんだと思うのですが、成長した時のギャップ感があまり無いと言うか・・・もう少し可愛らしい少年期を見たかったです。
吾妻は世界一可愛い可愛い!言ってますが・・・きっと叔父の欲目なんでしょうね!!(笑)私からすれば、吾妻君のほうがよっぽど可愛いけどね!と思いながら読み進めていける内容でした!

絵も表紙の通り可愛らしく見やすかったです!

2

かわいくて、あまあまなお話。

初読み作家さんです。
親近感がわく可愛い絵柄だと思ったら『ウザキの王国』で挿絵描かれてた方でした。

感想としては、絵柄もストーリーもキャラも、全てただただ可愛らしい。
『真夜中のおやつ』の可愛らしいタイトルにもピッタリな、甘くてほのぼの食べたくなるようなポップな作品でした。

かわいい中学2年生〜4年後イケメンに急成長する甥 • 大良 × 8歳年上の天然系叔父・吾妻の年の差&年下わんこ攻もの。

王道展開で、絵柄も内容も荒削りさが気になりつつも、急展開な4年間の空白とか、お互い好きになるきっかけとか、もう少し掘り下げて欲しい気持ちを感じながらも…
何度も言ってますけど(笑)
あまくて、かわいらしいお話に細かいことは気にならなくなります。

大良も吾妻も両方可愛らしいキャラでした。
イケメンに成長を果たしたものの、一途に吾妻を思い積極的に攻めているようで、まだまだ未熟でかわいい大良と、
いつまでも、どんな姿を見てもやっぱり甥が可愛くて仕方のない、面倒見はいいけど鈍感過ぎる大人の吾妻。
1日の締めはスイーツを食べるという、かわいいマイルールをもつこの叔父さん続きは、一生このまま歳を取らなさそうな、のほほん天然っぷりが好きでした。

エロもしっかり描かれているんですけど、さわやかでかわいらしいイメージのお話だからか、何故かそんなに印象深く残らず、さらりと流れで終わってしまった感じでした。

細かいところを気にしないで、かわいらしさを堪能して、ほのぼの癒されたい時にはもってこいのお話でした。

2

喜べなかった

8歳年下の甥を天使のように可愛いと心から思っている
世界一可愛いと思っている。

姉の子供。たいらくん。
たいらくんを可愛くて仕方ないおじさん。おじさんっていってお
大学生だけど。

とにかく猫かわいがり。
そんなたいらくん家族が
外国に引っ越すことになった

たいらくんは大器晩成型だから
覚悟しててという言葉を残し引っ越していく

4年後大きく育ったたいらは
おやつとあんたを食べにきたと言って戻ってくる。

面白いはずなんだけど
え?と思ってしまったのは
たいらくんが可愛い育ったのではなく、きつめの男前になってしまったこと。

イメージが・・・・
ってか大人のタイラくんかわいくないし・・・

そのため、気持ちが一気にさめた。
背は伸びても可愛くて良かったんじゃないかな?
キャラだけ男前で良かったのでは??
とぐるぐるしました。

0

あまあま

再読。 「真夜中のおやつ」というタイトルにぴったりな、
さらっと美味しく食べられるお話でした。

溺愛していた甥っ子が、離れている間に自分より大きく成長し
イケメンになって迫ってくるという、あまあま王道ストーリーの近親物です。

平良くんは中学時代から大きくなりそうな要素があったし、
楽しみだなあと思っていましたが……結構変わりましたね!
18歳まで童貞だったというのは、わりと普通っぽく感じましたが、
格好良いのに可愛い一面もあって、そこが好みでした。

結局はほだされて付き合うんだろうな、と先が読めてしまいますが、
可愛いお話が好きな方におすすめです。

1

甘い年の差モノ

甘いのも年の差も大好きなので、とっても楽しめました。
そもそも、神田先生の大ファンなので、衝動買いでした。
個人的には神田先生のキャラクターがかわいいという特徴がよくあわかる作品ではないかと思います。
攻めの平良くんもかっこいいだけじゃなくてかわいい一面があり、一般的な攻めとは違うところがいいです!
逆に受けの吾妻さんは男前な性格でさばさばしているので、すっきりした感じがします。

恋人としてのいちゃいちゃは少な目な上にHの描写もそれほどありません。
Hが苦手な人やBLに染まりかけの人にはいいかもしれませんねw

ただ、平良くんのガチなストーカーっぷりというか、執着具合が怖すぎますw
軽く引いてしまいましたが、吾妻さんが許してるみたいだからいいかな?


甘いのが好きな人にはお勧めの作品です!

2

可愛い攻め様×可愛い受け様

この「真夜中のおやつ」はとにかく可愛いですっww
そして、タイトルから分かる通り真夜中におやつがつい食べたくなるお話なのです。

8歳年下の甥っ子の大良×可愛かった大良が好きな叔父の吾妻の二人なのですが、まず、大良が小さい時で吾妻が大学生の時から話が始まります。
この時、受けの吾妻が大良のコトをめっちゃ可愛がってますww
その時の大良は可愛いんですっーwwでも、可愛いって言ってる吾妻も可愛いのですww

そして、大良は家の都合で海外に行くことになります。
で、大良は吾妻にキスをして去っていきましたー(^O^)/

そして、4年後可愛かった大良は立派なイケメンになっていましたww
イケメン大良は吾妻を口説くのです!!
そこから、二人は・・・?
ぜひっ、読んでみてくださいっ!!
二人とも、可愛くてなごみます。

あと、吾妻のなんともいえない無神経さ(?)が良いです。

1

あまあまー!

神田先生の絵は可愛くて大好きなので、見た瞬間にこれは買わなくては!と、思いました。
もっと早くに買いたかった!もったいないことしたなーって思ってますw

内容もめちゃくちゃかわいかった!
健気でしたね平良がすごく。可愛いです健気攻め・・・・
平良の小さいころから攻めていたのにもかかわらず、吾妻はとことん気づいてなっかたですねw
そんなところが可愛いです吾妻さんは。

あまあまなお話は大好きなので私的には神です!
ほのぼのできましたー!
神田先生の今後の作品も楽しみにしてます!

2

何も考えずにゆるりと読める作品。

全体的にほのぼの王道系なので、頭を使わず読みやすいです。
イラストもすごく綺麗で、安定してます。
「何か読みたいなー」と思ったときいつも手に取っています。

しかし大良の中学時代が少し長かったように思います……
大きくなってからも可愛い大良がチラついて少し違和感が~(>_<)

違和感といえばえちシーン。
前よりも先に後ろいきましたね!?
初めてだというのに何という思い切りの良さ……
吾妻さんを食べたがっていただけのことはあります(笑)

ともあれほのぼの・あまあま漫画は大好きなので、他の作品も追ってみようと思います(*^^*)

1

姉さん義兄さんなんかごめん!

……って、本音ですよね(笑)

神田猫さんは、以前『心』シリーズを読んだ事がある位なんですが、その時はイマイチ嵌れなくて残念でした。
しかし、これ、面白かった!
手書き文字の悪目立ちが苦手だったのですが、『心』シリーズより気にならなくなったのも一因かもしれません。

叔父で作家で甘い物好きな吾妻と、8歳年下の甥で超絶イケメンに育った大良のお話。
小さく天使だと思って居た大良が周りも羨む程の美形になり、本人は意気揚々と海外から吾妻の元へと現れたけれど、肝心な吾妻は何せ可愛いもの好き。
可愛さの欠片も無くなった大良にタジタジな吾妻。
けれど、言う事は生意気だけれど見てくれから想像出来ない程、純情で一途な思いをぶつけてくる大良に、次第に絆されていく自分がそこに居て――と進んでいきます。

全体を通して、画力のバランスがアップしたような感じがします。
大良が吾妻を好き過ぎて時折可笑しな事を言うので、そのギャグ具合とかも良かった。
あと、吾妻の一言で一喜一憂する健気さも可愛いっ♡
そういうギャップに吾妻は堕ちていくんですね。

叔父と甥という関係ですが、重たく無く続き、ライトに楽しめます。
途中で言う大良の本気さが伺える台詞で、
「常識も体裁も捨てて 俺のことを見て 意識して」
なんて物がありますが、難しいとは言え、難しさを分かっている上での言葉なのかなーと、大良は若いのに本当に考えて居るのかなと思える一瞬でした。

ただ、『真夜中のおやつ』というタイトル。
もう少しばかりおやつにまつわるエピソードとかも交えてくれたら良かったなぁと。
成長した大良からしたら、甘い物好きで夜中に食べる癖がある吾妻に対して「吾妻さんもおやつだよ」という感じかもしれないけど…
どうせなら、と、そう思う訳で。

描き下ろしの『寝起きのおやつ』も甘々♡のクセに。
最後の吾妻の「口内雑菌パラダイス」の話に頷きました、そりゃそーだ(笑)

全体を通して読みやすく面白い作品です。
でもきっと、一生吾妻は思って行くんでしょうね、「姉さん義兄さんなんかごめん!」って(苦笑)

4

可愛く見えて男前→男前だが可愛い

年下の甥っ子を可愛い可愛いしてたら大変身という今まで読んだことが何度かありそうな王道ものだと思います。

でもちょっと違う所があるかな。大良は可愛い可愛い感じに見えても
手足のガッチリさを考えると骨っぽい。大きくなる素地があるなって感じ。
顔も可愛い可愛いと言ってたけど、男に襲われた吾妻を手刀で払った時の顔は十分男前だったし「これは末恐ろしい14歳だな…」と思ってたんですよね。
そもそもこのころから大良は吾妻を頂く気満々だったし。

だから18歳になった大良は「やっぱり」大きくなってイケメンになってた。
えーっ!感はあんまりなかったんです。でも中身の純さはそのままで、そこが可愛い。
18まで童貞守ったこと自体はぶっちゃけ「だからなんだ」と言う位の年齢だと思いますが
(これが20代ならえらく頑張った感が出てくるんですけどね)
それが可愛さを増していると吾妻が考えるようならそうなのでしょう。

全体的に絵に訴えられてるというより、大良と吾妻の感想に流されてるような感じでした。
「そういわれてみればそうかな」という萌え方です。

2

こんな甥っ子が欲しい

雑誌で途中の一話を見て気になってて、ラストはきっとこうなる
だろうなーと予想はできてたけどコミックス買うくらいには楽しみだった本作。
絵は可愛いし話も可愛いし、エロもほどよい感じでよかったですv

元々上手いけどどんどん上手くなられる好き作家さんだなー^^
美少年から美青年に成長した甥っ子が可愛くて堪らなかったv
見た目は大人になって、結構経験ありそうに見えるのに実は
叔父一筋だったり…いいこなんだ、甥っ子がvvv

神田猫さんといえば可愛い感じと思ってたけど、大人っぽい受けも
描いてるみたいなんで今後ますます楽しみv

3

題名通り甘くて可愛い話

題名の印象の通り甘くて可愛いお話です。
しかし、しっかりと執着攻めです。
まだ子供の攻めが年上の受けに恋して、頑張っていい男に成長する話は大好物だったりします。
受けの吾妻と攻めの大良は叔父と甥の関係ですが、背徳感はほとんどありません。
最後の方に吾妻がちょっとだけ罪悪感を感じていますが…

元々吾妻は見た目も可愛い大良を猫可愛がりしていいて、大良はうざがっていた時期もありましたが、ある出来事がきっかけで大良は吾妻に恋をします。
恋をしてからの大良はとても健気で一途だと思います。
まだ子供の頃から攻めオーラ満載だと思いました(笑)「おやつ何食べたい?」に対する「吾妻さんが食べたい」とか(←しかし吾妻には「自分(吾妻)の食べたい物」と解釈される)とか。
成長してからも吾妻の何気ない一言で即髪を切りに行ったり。
吾妻は少し天然で大良の告白もスルーしていますが、そこもまた可愛いです。
あと「寝起きのおやつ」では甘さぶち壊しの事を言っていますが、そこもまた可愛いです。

吾妻の姉(大良の母)が登場がそんなに多くない割に良いキャラしていまして、
大良が吾妻に軽くキスを続きしたのを見て吾妻に「…あんた将来食われるんじゃない?」と言った後に「もう一人産んでおこうかしら 孫見たいし」と言ってそれを実行するのが凄いと思いました(笑)

携帯コミックで購入したのですが(480ポイント(=円)で書籍よりも少しお値打ちだった)
結局書籍でも購入しそうです(笑)

可愛い話が好きな方にお勧めです。

2

大きくなる犬は

子犬のうちから足が太いっていうけど、

世界一かわいい、天使のような美少年だった8歳年下の甥っ子。
小さいクセに、手はけっこう男っぽくって・・・。

溺愛していた、かわいい年下のあの子が、4年間会わずにいたら、大人の超イケメンになって帰ってきて・・・。

吾妻を一筋の思い続けて、吾妻より大きくなって戻ってきて、6年間の思いを正面からぶつけてくる大良。
この大良の気持ちはよくわかる。
吾妻が、大良に思いをぶつけられても、かわいかった子供の頃の平良の面影に引きずられて、本気にできないのもよくわかる。
最終的に絆されて、くっついちゃうのも、BLとしては正しい展開だと思う。
絵的にも、美少年時代も、大きくなってからも、大良はしっかり格好いいし。
大良がいない間の吾妻の4年間が謎だけど、
まあ、BL的にはこれでいいのよね。

2

お腹いっぱいです

甘い!ケーキより甘いよ!
受けが大好き過ぎてイケメン童貞とか…なにそれ本当美味しい。
久しぶりには一途な甘甘も良いのでは?と購入した一冊です。
ストーリーもきちんと組み立てられていて、楽しく読ませていただきました。
絵はどちらかと言うと綺麗系、パースも整っていて読んでも苦にならないです。

二人は4年後に再会するのですが、その際に受けに「ホスト似合いそう、あとヒモも」軟派っぽいしね、と言われてショックをうけた攻めが短く切って帰ってくるのがカワイイ!!
私も長い時の攻めよりは、短い方がイケメン度割り増しでカッコイイと思います。
後はお決まり(?)の勘違い受けの勘違いを正してめでたくゴールイン、というある意味の王道です。

わんこ攻めや一途、天然受けなど、ほんわかした内容となっていますので、そういったものが好きな方にはお勧めの一冊です!
一冊通してこの二人のお話なので、読み終わる頃には本当にお腹いっぱいになりましたw

2

せっかくなので、真夜中にケーキ食べながらレビュー!

タイトル通り、今ケーキを食べているのだが、必要ないほど甘い甘い。

~心シリーズのように、恋人同士としてラブラブしているわけではないのですが、ナチュラルに、普段からラブラブしている二人なので、甘々なことに変わりないのである。

子どもの頃から受けのことを狙っていた…… というと、執着攻めの素質はあるのだろうけど、「執着」って言葉似合わない攻めだなwww
前のレビュー様のお言葉をお借りしますが、「ペロリんちょ」の似合う攻めwww
そして、ヘタレでもない。むしろイケメン!! 希少種です!

また、受け様がかわいぃ/// とくに、攻めの話をまったく聞かないところw ←ツボでしたwww 何度も好きと告白する攻め様と、それに気づかない受け様の攻防戦www
子どもだった攻めを、かわいぃ、かわいぃ天使! と言って甘やかしてギュッっとするところとか/// 二人ともかわいぃよ!天使だよ!!

甘党ならぜひご一読を!

1

真夜中って甘いの食べたくなるの・・なんででしょ

猫田さんの作品は、最初の単行本以来です。
かわいらしいお話を描かれる作家さん。のイメージ。
可愛かったので何冊か買ってはいるんですが放置ちゅぅ
申し訳ない。
おいといて、
今回は、可愛かったあの子が、イケメン攻に変身!?
ちゅぅか、俺の貞操ピンチ!?ちょっ
なお話なのであります。
かわいいゴリ攻が、大きくなって受をペロリンチョな展開。
個人的に、設定は好きです。
今ではわりと良くある設定だからかどーかしらないのですが
あんまりこれといってのインパクトが無かったかなという印象。
さらっと読むのにはかわいいのだけれど、特別
コレ!と思えるエピソードもなかった。
「弟食われるな」と、
子孫残すためにもう一人子作りした姉には完敗ですがwwww

攻を「かわいいかわいい」な受と
受を「たべたいたべたい」な攻の攻防戦。
あまいおやつみたいなお話でした。 

2

かわいい、かわいい、かわいい、かわいい、、、、

この本を一言でいいあらわすなら、「~心」シリーズと同じく甘い!
そして特徴は、かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい・・・エンドレスかわいいですっ!(爆)
神田さんって、こういうデロ甘スイーツなラブを飽きさせずに描くのが本当うまいですね♪
この甘さも、甘いの苦手自分にはイケちゃうw

お話は至極単純なんです。
昔からかわいくて溺愛していた甥っ子が、離れて4年、
突然カッコイイイケメンに、デカく成長して現れて
小さい頃のかわいい甥っ子が大好きだったのに、今度はこの甥っ子に
好きだ好きだ好きだ、と迫られて
デカくなっちゃったけど、やっぱりかわいいという
互いが互いを「かわいい」と褒め殺す(?)ラブラブアマアマ物語なんですね☆

まるっと一冊、この二人のお話なのに、全然飽きなくて中だるみしない。
戸惑いを隠せない叔父の姿はあれど、上手くいくのはわかっているけど
一途で健気なワンコ甥っ子がいいのですv

2

一途な健気攻め☆★

神田猫先生は大好きなので新刊発売で内容も知らず速攻買いに走りました(笑)
攻めは最初中学生の可愛い系から話が始まるんですが、見た目可愛くても態度と心は攻めでした^^
それにまっっったく気付かない受けの叔父さんww天然ですww
意思表示は最初から思いっきりしてるんですけど、声が被ったりサラッと受け流されたり(笑)
小さい時の平良はホントに可愛いんですけど叔父さんを守る時とか攻め態度になった時とかホントカッコイイんです≧▽≦小さいのにww

で、4年後大きくなった平良を見た時の吾妻の反応が面白いww
可愛い姿にメロンメロンだったからカッコイイ系のイケメンになっている事に大ショックww
言葉を隠したりせずストレートに言いたい事を言い合うのが私的には清々しくて好きです^^
大きくなった平良はかなり積極的っていうか遠慮せずに落としに掛かってるから、言葉でも、態度でも、可愛い甥っ子って想われてる吾妻に「男」って意識して貰いたくて四苦八苦してなんかすっごく健気なんですww

一冊丸ごとこの話なので読み応えはあると思いますよ^^
一途な健気攻めが好きな人にはオススメです☆★
続き
あと、余談なんですが吾妻の何気ない言葉にショックを受けて髪の毛切りに行くんですが、私的には髪型微妙です^^;

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ