僕らのセプテンバー輪舞―新・聖ミラン学園物語 5

僕らのセプテンバー輪舞―新・聖ミラン学園物語 5
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
小学館
シリーズ
パレット文庫(小説・小学館)
発売日
価格
¥429(税抜)  ¥463(税込)
ISBN
9784094211528

あらすじ

高三の夏休みに入った東大寺優、ジュリアン、西音寺の仲良しトリオにも、進学、受験という難関が迫っていた。3人は、それぞれの道を見極め、未来を切り開くべく、前へと進む。3人にはどんな未来が…?感動の最終回

表題作僕らのセプテンバー輪舞―新・聖ミラン学園物語 5

ヘタレ御曹司・東大寺優
天然天才ピアニスト・早瀬ジュリアン歩

評価・レビューする

レビュー投稿数1

Happy End

「聖ミラン学園物語」シリーズの最終巻。
ストーリーは、過去のトラウマからコンクールの舞台でピアノの演奏ができなくなってしまったジュリアンのリベンジが中心です。
コンクールの最後の最後まで波乱が続き、ジュリアンの苦難は続きます。
優の苦悩も続きます。
そして、高校3年生になった優たちは、進路にも悩み始めます。
志望する方向は、優もジュリアンも西園寺もばらばらで、恋人や親友と別れることに対して、優は葛藤します。
高校生らしい、心の葛藤と、それを乗り越えようとする戦いの爽やかさが感動を誘います。

シリーズ最終巻だけあって、すべてがうまくいくようになってはいますが、そのためLoveの部分はカットされてしまった感じです。
いつものラブラブな二人を見ることができません。
その部分だけが少し残念でした。
ティーンズものにありがちな性急さはないのですが、
もう少ししっとりとした部分も読んでみたかったです。

最後の最後に、全員が成長した未来の様子が描かれている部分があって、それぞれが生き生きと青年になっている様子が伺えます。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ