距離 不安 嘘 孤独 愛することは切なくて難しい……

優しくて切ない

優しくて切ない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×210
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
81
評価数
24件
平均
3.5 / 5
神率
12.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ムービック
シリーズ
DolceNovels(ドルチェノベルズ・ムービック)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784896018288

あらすじ

智樹には遠距離恋愛をしている恋人がいる。その恋人・章吾は女の影を隠そうとはせず、智樹は自分が頑張るだけの恋愛に疲れていた。連絡を減らし、会いに行く回数を減らし――智樹は章吾から離れることを決めて・・・。
(出版社より)

表題作優しくて切ない

同期入社の営業部員 羽住省吾
総務課勤務の社長の息子 村瀬智樹

その他の収録作品

  • あとがき
  • 優しくて切ない それから

評価・レビューする

レビュー投稿数8

先生の筆力?

おんなじような評価の方がいらっしゃるとわかってとっても嬉しいです。
北沢きょう先生の挿絵たどりでこの本に到達したのが1年ぐらい前。
以来 本棚の整理をするたびに読み返してます。
じみーになんか残る本なんですよね。
おんなじような本っていくつかあるんじゃないかという王道なお話なんですが、なんでだろう。。。先生の筆力なのかなあ???

御曹司とはいえ平凡な人間が受けで 
割とできるイケメン営業マン攻め
(でも国内製菓メーカーでグローバル企業ではない)で、
地味な内容だと思うんですが、なんか萌えー。
どんくさすぎる受けに イラっとし
くず男攻めが浮気するたびに むきー と怒り
でもなんか切ない。
もう駄目なんだろうなあ と思って少しずつ離れる努力を受けさんが
しようとしているところは切なすぎる。。。

うっかり神評価してしまいそうなぐらい好きなんですが
黙っていつでもにっこり受け入れてくれるから って、
そりゃ攻めは嬉しいけど、でもあんた男だろ!なんかやり遂げろよ!(to受け)とつい怒ってしまう部分もあり、それでしぶしぶ★-1です(笑)

0

...(not) too late

前半は脳天気なほど身勝手な攻・省吾とひたすら耐える受・智樹、そして後半はこれまでの言動を悔いる省吾の様子に、胸がギュッとなりました。やっぱり名倉和希さんの筆致が好きだな~と実感しながら最後まで面白く読みました。

が、如何せん省吾がヒドい。智樹を傷つけようとか陥れようという悪意があるわけではないので最低な男というほどの印象はないものの、どう考えても大阪の女こと真由子さんは悪くないし、私が真由子さんの友達だったらビンタしてやろうと思う程度にはヒドい男でした。

一方の智樹も、ただ我慢強いだけの日蔭体質で男性としての魅力が正直分かりませんでした…。先輩に苛められても言い返さないのは百歩譲って仕方ないとしても、自分から周囲と仲良くしていこうという姿勢が一切見られなかったのは残念でした。智樹のそういう隠れエゴなところを省吾は知っているのでしょうか。ちょっと心配です。二人はもっと喧嘩して内面を曝け出すべきで、そのスタート地点に至るまでの物語なのかもなぁと感じました。

自分の傲慢さのしっぺ返しを喰らう攻というのはBL作品におけるテンプレの一つで、その面白さを十分に味わえる作品ですが、続きたまには it's too late なオチの作品も読んでみたいなーと思います。

0

怒りながら泣く

攻めの省吾が酷すぎて怒り、受けの智樹が愚か過ぎて泣けてきました。

省吾は、入社式で出会った同期入社の社長の息子である智樹と出会い、お互いひと目惚れでお付き合いが始まるわけですが、据え膳はありがたくいただく派のエリートイケメンくんは寄って来た女は断らず去っていくまで遊びで付き合うことを隠しません。浮気を目撃した智樹に『だから何?』的な態度が許しがたいです。

浮気攻めの物語は結構好んで読む方です。
受けへの仕打ちが酷くてこいつめ~と思わせ、耐える受けの健気さにキュン。
でも受けに離れられたり反撃された攻めが打ちひしがれて後悔するところで、すっとして最後は甘々、という路線が大半ですがその反撃方法や攻めへの決着のつけ方が萌える萎えるかの分かれ目だと思ってます。

この作品の攻めは、顔良し頭良しコミュニケーション能力高しでモテモテ要素満載。
ただし人間性は最低。そんな男のご多分に漏れず寄ってくる女はとりあえず断らない、本命がいると最初に宣言しているのだからそのうち離れていくまでの遊び相手で、智樹には本心から君だけが特別だ本命だと言い一緒に居る間は優しい最高にいい恋人なわけで続きす。
それでも愚かにも、自分が男を本気で相手にするなんてと同性を相手にすることを認められず女を抱けることで自分自身に同性愛者じゃないことを証明しようとするなんて幼稚過ぎ。

智樹はというと、そんなイケメンだけど人間としてだめだめな男に対して、浮気や二股を許容しそれでも僕を捨てないでと追い縋る愚かな男なんです。
愚かなんだけど耐え忍ぶ姿に涙を誘われました。

印象に残ったシーンは、智樹の誕生日に仕事で会えないからと省吾から宅急便で送られてきた手袋を見て、いつでも寄り添っているみたいに感じてしまうことが悲しくて使えないんです。冷たい手を彼自身に温めてほしいのに彼の手は今別の人の手に繋がれているかもしれないと思い涙ながらにクローゼットの奥にしまってしまうところです。

省吾は智樹から距離を置かれて、初めて自分の感情に向き合うことになります。
一番大事で離れたくないと思いながらも浮気を繰り返す理由。
智樹が他の誰かの物になってしまうことへの恐れ。
愛されていることに傲慢になっていたことを反省し最後のチャンスを求めます。
もうしないから許して、というのはどうも胡散臭いしこの浮気性は治らんぞとは思うのですが、とりあえずまあ試してみれば、と思わせる流れではあります。

ここであっさり赦しちゃうところが智樹のいいところでもあるのですが
出来ればもうちょっと痛い目に合わせてもいいような気がしました。

この後めでたく退職し、省吾の転勤先に転居しアルバイト生活しながら次の転勤先にもついて行くつもりらしいのですが、いっそパートで働く主婦になったら?と思いました。
そしていつの日か、家族にもカムアウトして婿として村瀬家に入り経営陣に加わるっていうのはどうでしょうか。

2

号泣~(TOT)

受様の気持ちが切なすぎて、泣いた泣いた。
攻様の気持ちの変化にも泣かされた~
愚か者の最後の恋ってやつですね。★4つでもいい感じですが、攻様の前半が酷すぎてダメージが大きいので★3つで。
何が酷いかというと、受様と付き合いながらも、女性とは関係を持つ所です。
しかも、本当に好きなのは受様だけと、浮気する男が発言しそうなことを豪語している所がまた・・・
まあ、これがですね、逆に受様と付き合いながら、他の男と遊んでるとかなら、即ポイ捨てですよ。
まだ、女だから読めるというか。そこはBLの不思議な所です。
もう、社長令息というのに、控えめでおとなしい受様なんですよ。健気で。
もとからゲイではあるものの、付き合ったのが攻様が初めてで、大好きなんですよ。
それを、この攻は・・・
会社では受様にいやがらせをするやつがおるわ、東京から大阪まで攻様に会いにいけば
あっちの彼女と鉢合わせするわで・・・
酷すぎるっ
そして、因果応報ですよ。受様から距離をとられ、初めて受様のことが本当に好きだったと
気づいたときにはもう、受様は別れを決意していて。
どんだけ無様でも受様と別れた続きくないと、必死になる攻様はよかったですよ~
すがればいいよ。とことん。
自分の気持ちに気がついてしまえば、受様のことが大好きで、可愛くてしょうがないっていう展開はいいですよね~
最後は本当に甘ラブで良かったです!

3

せつない気持ち、だけど・・・

健気受け大好き人間の自分にとって、智樹はお腹満腹になるぐらい、
一途に想い愛し耐え忍びます。最初はそれだけで十分満足でした。

でも次第に、なんで?どうして?そこまで我慢するの?
一度ぐらい、自分気持ちぶつけてみればいいのにって。。。
読み進めていくうちに智樹の気持ちが辛く、元凶である省吾へは苛立ちが。
そして、遂にある決心をした智樹が従兄弟に自分の正直な思いを伝える時は
涙がとまらなかったです。

一層のこと、
智樹は省吾の前から姿を消し、一度離れ別れるぐらいしてほしかったかも。
そこで省吾はこれまでの自分の身勝手さや傲慢さを自覚し智樹を追いかける、みたいな。

今回、2人の視点で話が交互にすすんでいたので、
智樹の切なさをより感じるからこそ省吾の身勝手さが
私には目についてしまったかもしれないですが。

満腹だけど消化不良。。。そんな読後感な1冊となりました。

1

双方がかなり愚か者で似た者同士

浮気攻め様と何処までも耐え忍ぶ受け様とのラブストーリーなんですが
どっちもどっちって言う感じである意味似た者同士な感じがしちゃう。
話の流れで行くと、受け様が可哀そうなんて思うのがセオリーかもしれないけど
ここまで、自虐的で攻め様に嫌われたくない捨てられたくないって思う時点で
かなりうんざりするタイプかも、健気とは少し違う気がするのです。
何をしても責められないから攻め様もそれが当たり前みたいに勘違いしてるし
それに、攻め様も変なプライドがあってゲイじゃないって思いもあるから
余計女に走って、男としての常識なんかを守りたいタイプですね。
受け様の態度が攻め様が恋愛について真剣に考える事を結果的に邪魔してる
一歩間違えば受け様は愛人向けの性格なんですよね。
まぁ、途中で気がついて、逃げないで向かおうとすることが出来たからの
ハッピーエンドだと思うので、受け様の性格上は数年の忍耐が必要だったかも
なんて思ってしまいます。
攻め様はありがちですよねぇ~、逃げられそうになって初めて気持ちを自覚して
反省しまくり受け様に愛を願う。
愚か者同士の遠回りな恋愛ストーリー続きって感じでしたね。

2

思い切り泣くもよし、怒るもよしw

最近の愉快な名倉作品に馴染んでいたため、こんな切ない話も!と驚きました。
多分受けの心情に100%肩入れして読むと、彼の健気さ辛いことがあってもぎりぎりまで自我を出さずに耐え忍ぶ姿に後半涙失くして読めないものがありました。
そして、攻めがこれまた狡い奴なんですが・・・以前何かの本に「一番タチが悪いのはバイよ」・・・まさに愛情にあぐらを掻いて、受けを都合よく扱う姿への腹立ちが優先してしまうと、そしてそれに耐えている受けに腹がたってしまうと、こんな話嫌い!
となる、実に評価が分かれそうな、意見も二分しそうなお話でありました。
自分的には、文章中受け目線、攻め目線の両方があったために、それぞれの気持ちを推測しながら攻めの気持ちになってみたり、受けの気持ちになってみたり、また第三者的に客観的になってみたり、としたことで楽しめました。
一応ハッピーエンドではありますが、この先の不安は隠せないかもしれません。

製菓会社の社長の息子として入社したものの、適正がないとして総務に配属された智樹。
入社式で出会い、研修で更に引き寄せられ付き合うことになった営業配属の同期・省吾。
だけど続き、省吾は長続きしないけど女性ともつきあっており、智樹はそれをしって傷付くのですが、見て見ぬふりをして恋人であり続ける努力をしている。
そんな時に省吾が大阪転勤になって始まる遠距離恋愛。
智樹が省吾の元へ出向いた時に鉢合わせした女性とは、実は1年半も続いていて、とうとう智樹も心折れるのですが、、、、

実に出会ってから5年も続く不毛でやりきれない関係。
智樹が恋愛に耐えて忍ぶ姿は、まるで古風で奥ゆかしい昔のヤマトナデシコをほうふつとさせますが、嫌われたくない一心の無理した姿だったんですよね。
省吾はモテるようで、女性から言い寄られて、恋人がいると念押ししても女性がいつか自分に振り向かせられるのでは?みたいな期待を持ってそれでもいいといって付き合っているという、据膳喰わぬは男の恥みたいな(?)
で、省吾が本気にならないから女性から去っていくというスタンスのお付合いの様です。
ここで女性と比較するのもなんですが、こうしたしたたかな部分が智樹にないから、智樹との体の相性もあれど、智樹が一番心地よいし別れられない理由だったとは思います。
だけど、それは智樹の努力があればこそ、というのに気が付かないあたり、傲慢野郎だぜ!

どうして、智樹こんな奴がいいんだろう?とすごく思います。
自分の憶測ですが、智樹は社長の息子なのに無能評価されている。
誰かに必要と思われたかったのと、会社で智樹に対する苛めと、それを見て見ぬふりする部の状態があります。
その辛さから逃げる避難所に省吾がなっていて、だから省吾をあきらめきれなかったのかな?と思います。
そう考えると、遠距離恋愛があって、女性の事で疎遠になって、決定的な怪我を伴う事件があって、初めて会社の事、家の事、省吾の事、正面から向き直る事ができたんだろうな、、って。

智樹の従兄弟・宗司、彼がいい人でよかったです。

智樹に肩入れして思いっきり切なさを感じるもよし、
省吾に、智樹にイライラして怒るもよし、
それすらも楽しめる要素なんでは?と思いつつ、、、
でもやっぱり名倉さんのはオヤジがすきよ♪と、次回はオヤジを期待するのですw

2

ガチ浮気攻め

浮気相手の女性と受けが対面してしまうシーンがあるほどの
浮気攻めです。
私、結構浮気攻めって最近嫌いじゃないほうなんですけど、
でもこれはいまいち満足しなかったなぁ・・・。
なにがいけなかったかって、あらすじ読むと攻めの浮気に
気づいた受けが、距離をとるのかなって思うじゃないですか。
確かにそのとき攻めと遠距離になってたので半年ほど顔を
合わせていないのですが、でも攻めはぎりぎりまで受けに
距離をとられてると気づかずにその間も女性と遊んでたので、
その辺もうちょっときちんと距離があって一度別れるとかだった
ほうが自分的にすっきりと読めたんですよね~。
攻めはすき放題遊んでいい思いだけして最後も自分の思い通りに
したって印象が強くてそこがどうもおもしろくなかったんだな。

本当に浮気攻めが好きだって人はもしかしたらこの展開で
満足なのかもしれないけど、私のように最近浮気攻めも
読み出してみた→攻めには一度受けから別れられるなどして
痛い目を見て欲しいとか思ってる人には好みと違うんだと
思います。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ