コールミーダーリン

call me darling

コールミーダーリン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
41
評価数
13件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784832267914

あらすじ

「あんたに一目惚れした」
深く慕っていた社長に売られ、まさかの性接待を強いられた不幸リーマン・古谷秋。彼を救ってくれたのは一見様お断りの旅館「菖沢庵」の主人・沢渡だった。恋に傷つく秋を、沢渡は包容力のある眼差しで熱く口説くのだが…。謎のイケメン旅館主人×不憫なリーマンの恋? 社会人のアダルトラブ作品集!描き下ろし付き★
(出版社より)

表題作コールミーダーリン

沢渡健生 本業を持つ宿屋の庵主
古屋秋 社長と関係のある経理社員

同時収録作品光追う夜

凛太

同時収録作品花咲く森の中

高峰(部下)
浄川課長

同時収録作品地獄の沙汰も彼次第

須永和巳(理事長)
佐倉冬也(営業マン)

同時収録作品ヘルプミーダーリン

沢渡健生
古屋秋

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

こんな男性が実際にいたら惚れる!

深井結己先生は大好きな作家さんです。
なので、深井先生の作品というだけでテンションが上がるのですが、今回の作品はかなり興奮しました!
なぜなら、攻めの男性がかなり男らしくてかっこいいから(●^o^●)
現実にいたら確実に惚れます(笑)

深井先生も書いていらっしゃいましたが、今回登場するキャラクターは深井先生の作品には珍しくへタレ(少し言葉が悪いですが、他に言葉が見つかりませんでした。すみません。)じゃありません。
個人的には、深井先生の描くウジウジ悩んでしまうようなキャラクターも人間らしくて大好きですが(*^。^*)

こういう男らしい男性が登場する深井先生の作品もぜひ読んでみたいと思いました。

1

短編

今回わりで軽目な短編集。
最初に重たいイメージ付けちゃった作家さんだったので
こぉいう甘めの作品でこられるとつい(*´∀`*)ホワンwという気持ちになります。
結局1度は強姦が組み込まれるんだなぁ・・と思っても見たりですが
パターンとか思わないことにします。

>>コルミーダーリン
[ 性接待 ] なお日の単語に思わずときめいたのですが、意思に反してですか。
そりゃそうですよねww
お話は、恋人に「頼りにしてる」と言われて送り出された大切な仕事の接待。
それが実は性接待を前提にしたもので・・!?
恋人に裏切られ、淫らな接待をさせるために派遣されたとか・・・
悲しい悲しい。それがきっかけで男前カレシをゲットしたわけですが。
お話短めなのでアッサリした話ではありますが、読み切りとしてならまあまあ

>>光追う夜
12年ぶりの再会。くすぶっていた想いと、相手の気持ちは・・・!?
つか、12年は長いよ!この前、あおいれびんサンの本でもそうでしたが、好きだった相手の前から突然消えて12年後に戻ってきた。
小さな子供を連れて・・・
いくら好きでも子供作って奥さ続きん抱いてとか思うとなんだか素直になれないのは私だけだろうか。自分が突っぱねたせいで・・・受の12年がなんだか切ない(´Д⊂よ

>>花咲く森の中
メガネな上司様がなんだか可愛い。
ちゃんと恋をしたことがなくて、キスもまだ。そんな奥手なww
な、ちょっとした携帯の行方。可愛かった。

>>地獄の沙汰も~
昔のヤンチャと今の~な巡り巡っての出会いから~なお話。
受は髪短い方が可愛いなw
好きな相手のために必死になっている姿が健気で可愛い。
まぁ、その好きな相手が客とらせてるんだから切なさあわあせ・・ですが

巻末、コールミーのその後。
ちょっとした作戦失敗wなドタバタっぷりが可愛かった。
シリアスもいいのだけれど、深井さんのコメディなラブコメも作品として読んでみたいな~と思える一面でした。

2

おとぎ話のような

甘~い気分になれる短編集。
表題作は、窮地に追い込まれた受け様を、王子様のような攻め様が颯爽と救い出してくれるおはなし。
きっかけは一目惚れで、展開も割とベタなんだけど、この絵にやられちゃう。
この受け様相手だったら、それもアリだって納得しちゃう。
深井さんの描く受け様って、一見、幸薄げなおとなしそうな地味顔なのに、上目遣いの目線からはフェロモンビームが大放出。
スーツに包まれた華奢な腕、シャツの下の敏感な乳首、硬そうな膝関節すらエロい。
こんな受け様相手に、一目で恋に落ちないようなら、そんな攻め様はBL世界に住む資格無しって言い切れるくらいにね。
極上のエロいスーツ、たっぷり堪能させていただきました。

0

攻め様はヒーロー

今回の単行本は短編集。
全部で4本入ってるのですが、
表題とラストの2本は、どちらかとういと受けのピンチを攻めが救うというヒーロー型。
2本目は幼馴染再会モノで回想はあれど現在のエチは無し
3本目は年上上司が何故かかわいいヘタレ攻め受けという組み合わせ。
痛さや切なさも程良い具合に、安定の深井品質って感じがします(?)
自分的に一番好きだったのは、3本目のリーマンの部下×上司もののヘタレ同士の物語かな?

表題は、社長に言われて経理の社員なのに、会社の宣伝に人気のタレントを使うためのプロダクション社長の接待に主人公・古谷は抜擢されて行く事になります。
訪れた先は、一見さんお断りの副業でやっているという旅館。
そこで、お酒に薬を盛られて古谷が襲われそうになっているところを助けてくれるのが、旅館の庵主。
催淫剤で興奮状態にある体をなだめてくれたのも庵主。
取引先も自分も、全てを治めてくれた庵主に礼を言い後にする古谷に庵主は役に立ちたいと名刺を渡そうとするのですが、断る古谷。
しかし、帰った古谷を待っていたのは・・・
という、割と王道の互いの一目惚れありきの進展で続きあり、善悪がはっきりしています。
一目惚れを持ってこられちゃうと、「こりゃ一本取られましたな、ワッハッハ、、、」になっちゃうんで、これまた頭掻いちゃうんですけどねww
その後についてもベタな結果が付いてきますので、ひょっとしたらこれはある意味安心・安全な御伽物語なんでしょうね♪
しかし、古谷のどこがいいのか?
考えるに、このモテぶりを見るに、どうもフェロモン系男子のような設定なのかもw

『光追う夜』高校生の時、親の事情で夜逃げ同然に村を出て行かなくてはならなかった夜、想いを抱いていた幼馴染に気持ちを伝えることなく、襲ってしまったそんな後悔を残した主人公が、子供を連れてこの村に帰ってくる。
そして、郵便配達員となっているその幼馴染と再会するのですが。。。
ラストの蛍と幼馴染を一緒にしているところが、情緒があっていいのですが、ありすぎて霊かと!?(爆)

『花咲く森の中』このリーマンものが大好きでした!
上司の奥さんが亡くなり、山奥の家へ弔問に出かけた帰りの課長と部下。
雪の中道に迷い、ガス欠を起こし、しかも互いの携帯電話を失くしたり充電が切れていたりでどうしようもなくなった車中。
部下はこの課長が好きで、この時間がいつまでも続けばいいのにと思っている。
このまま、この車の中で凍死してしまうのでは?という話から課長が、まだキスもしたことのない童貞だという真実が!?
好きな人がいても告白もできずにきてしまったという課長にキスをしかける部下。
そして「それは同情?」と誘惑めいた目付と言葉を出す課長。
もう、いわずもがな!!
彼等の車中の営みのおかげで、エンジンがかかる!(爆笑)
こんな古いネタがここにきてみられるなんて!!今の人は知らないだろうな~wwww
そんなクスっとする部分もありながら、ヘタレてる上司に、ヘタレてる部下が一か八かで仕掛けた事が成就するという、不器用な大人の恋愛をすごく短い時間と密封空間の中で表現した作品でしたv

『地獄の沙汰も彼次第』ちょっと痛い系の作品
新しく大学の理事長になった須永はシステム営業の佐倉と出会い名刺を交換する。
何となくあったことがあるかも?というデジャブ感もありながら、佐倉の真面目な態度に好感を持った須永は、彼と食事に出かけるのだが、そこで彼を待っていたのは・・・
たった一度のすれ違いのような出会いの過去が現在の再会に結びついて、しかもまだ短い期間だというのに、命を賭して互いを守ろうとするドラマティックな展開に仕上がっています。

深井さんの乳首表現が結構好きだったりするので、今回もそれを堪能させていただきました♪
ゴチソウサマでございましたw

1

包み込む愛に守られて

表題の作品は好きな上司に嵌められて知らぬ間に身体で接待を
する事になっていた受け様を泊まった宿の主人の攻め様に
助けられ、媚薬を盛られたこともあり弱っていた心ごと主人の
攻め様と関係を持ってしまう。
そして一夜の過ちとして忘れようとする受け様に攻め様は
とても優しく、いたわりの言葉を・・・
受け様はそれが何故なのかと・・・攻め様は受け様を好きになったと
それでも連絡先も聞かずに受け様は宿屋を後にするんです。
そしてあれほど好きだった上司が嫌悪の対象になる
思い出すのは宿屋の攻め様のことなんです。

後半はかなり受け様ピンチになるけれど攻め様に守られる。
ちょっぴり不幸な受け様と受け様に一目ぼれした攻め様との
大人のラブロマンスです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ