倫紀の家を訪ねた作原は、倫紀大好きな弟・尚季に冷たくされる。惹かれあう倫紀と作原を邪魔する尚季だが…!? 待望の文庫化!

ジグソー・ジャングル

jigsaw jungle

ジグソー・ジャングル
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784344824188

あらすじ

第一あけぼの荘という名前のボロアパートを、作原光はおそるおそる訪ねた。大学に入ったばかりの彼に、体育の授業に必要なジャージを貸してくれた男・前野倫紀にそれを返すために。ところが作原が最初に会ったのは、無愛想なその弟・尚季で…。大学のキャンパス&ラテンアメリカ研究会(通称ラメ研)を舞台に展開する、よみきり連作の新シリーズ。

(出版社より)

表題作ジグソー・ジャングル

前野倫紀/極度のブラコンの弟がいる大学4年
作原光/木が大好きな地味な大学1年

その他の収録作品

  • トラブル・ジャングル
  • トライアングル・ジャングル
  • ジェラシー・ジャングル

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ジャングルに例えた内気な心

16年前の作品の文庫化再出版の作品になります。
読みはじめはほのぼのテイストのスローなお話なのかと
思ったら、とっても呑気な気分で読んでいられないお話
ふとしたきっかけで知り合った同じ学部の先輩後輩同士
その先輩の家に借りていたジャージを返しに行った時に
剣呑な態度の攻め様の弟と出会う、それが後にトラブルに

かなり危ない弟君なんですよね、兄弟の独占欲と恋愛が
解っていない感じで、兄に近づく人は全て排除するような感じ

そして受け様は内向的で周りに必要以上に気を遣い、知らず
ストレスを抱え込んでしまうようなタイプで、唯一緑の中に
いる時にリラックス出来るんです。
そして攻め様の事を大好きな安心できる木のようだと思い
自分でも気がつかないうちに頼ってしまっていたんです。
両人とも攻め様に依存的な感じなんですが違いはやはり
攻め様が受け様に一目ぼれしていた事なんですよね。
攻め様は初めから恋愛的に見てるけど受け様はそこまで
気持ちが育っていないんです、臆病で緑のジャングルに
一人で隠れている感じかな、そして攻め様はその緑の木の
ようだと感じてしまう事続きで二人の気持ちにはズレが有るんです。

でも弟と受け様のトラブルで大きく受け様の気持ちも
変化していきます。
自分に自信が無くてネガティブな受け様ですが
攻め様の真摯な告白に、攻め様を頼ることなく自分の世界から
飛び出して独り立ち出来るまで待って欲しいと伝える受け様。
ジャングルから連れ出してやろうと思っていた攻め様ですが
受け様が自分から出てこようとしていることを知り、待つ攻め様

主人公が抱える悩みや思いをジャングルになぞらえて綴られる
ストーリなんですが古さを感じさせない内容です。
表題の二人の他に、2編目はブラコンの弟と兄の親友との話で
3編目がその二人の甘々な番外編になります。
続刊のジングル・ジャングルも4月に発売されるようなので
また、楽しみに待ちたいと思います。


2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ