捜査官は愛を語らない

sousakan wa ai wo kataranai

捜査官は愛を語らない
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×24
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
4
得点
34
評価数
13件
平均
2.9 / 5
神率
7.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
シリーズ
クロスノベルス(小説・笠倉出版社)
発売日
価格
¥890(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784773085884

あらすじ

査局に配属された櫂の前に現れたのは、野性的な風貌の男・久慈川。櫂は余裕の笑みで翻弄してくる男と体の関係を持ってしまい。

(出版社より)

表題作捜査官は愛を語らない

重大犯罪捜査局捜査官 久慈川旭匡
チームに配属された副局長の弟 桜小路櫂22歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

この気持ちをどうすれば…

残念感いっぱいです(>_<)
職業設定も人物も好みではあったのに…

受も攻も好きになれずぜんぜん萌えられませんでした。
ストーリー的にも、後半急にいろいと展開し過ぎな感じで、面白みが半減してしまいました。

架空の捜査機関やサイキックという設定はすごく良かったんだけどなぁ。
受の攻に惹かれていく過程がなんかしっくりこなくて、攻のビッチ感にもやもやしてしまっいました。

きっと、愛情や絆も表現されているのだろうけれど、私にはそれがわからなくて。
ラスト、攻の受への愛情も感じることができず…撃沈(T-T)

内容の良し悪しと言うよりは、物語の運びとか文体が自分には合わなかったのだと思います。

挿し絵が好きだっただけに残念感増でした…

0

曲者オヤジ的攻め

表紙の何とも言えないエロさに、ずっと気になっていて、購入しました。

ワイルドで、飄々として、男女みさかい無く関係を持ってしまうけど、
全く悪びれない久慈川と、その部下となった櫂の物語。

捜査局という重要事件の捜査をする架空の職業ですが、
事件を追っていきます。
そこは、義月さん!事件が何とも面白い。
でも、事件の方は、そういうオチか・・・。と少し残念になりました。

また、2人の関係性なのですが、
久慈川の困った奴っぷりがたまりませんね。
櫂と関係を持っているときも、
他の女性と関係を持っていたり。。。

こんな奴ですが、久慈川のカッコよさを楽しめる1冊でした。

0

器の小さいロクデナシの攻め様かも

ロクデナシの捜査官とサイキッカーの捜査官とのちょっとキチクな
大人の関係に殺人事件を背景に描かれている海外ドラマみたいな話
なかなかテンポよく読み進める事が出来るストーリーだったけど
後半は大急ぎ状態でちょっと物足りない感じがしましたね。
これも海外ドラマ風かな?(笑)

二人の関係もロクデナシに翻弄されてる一途な受け様がこれからも
きっとやるせない思いをしちゃうんだろうと思える内容でした。
ストーリーの設定は警視庁とは別物で捜査の範囲も広域に出来る
捜査局なんてところが舞台で、攻め様は警視庁上がりで副局長に
能力を評価されスカウトされて来た人物だけれど、違法捜査も
平気でしちゃう型に嵌りきらないロクデナシタイプの人
そして下半身もとてつもなく男女外婚関係なく節操がない
受け様は副局長の弟で能力者なんですがそれは極秘事項
攻め様達も知らない事なのです。
受け様は別の場所で研修を&実地をこなしてから兄のいる捜査局へ
そこで攻め様のチームの一員として捜査にあたることになるのです。
受け様は初めて攻め様と出会った時から捕らわれてしまったんです。
攻め様も見続き惚れたんですがそこはロクデナシさんですから・・・
セクハラ発言は挨拶代わりの攻め様に冷静沈着な受け様はかなり
ペースを乱される、それは受け様が惹かれてしまったためで
受け様は自分の力を制御するすべを心得ているのですが攻め様に
惹かれていくことで能力が高まり制御出来ないことが出てくる。
受け様は、大好きな兄の為に頑張っているのですがいつしか
兄から攻め様の助けになりたいと思うようになっていてそれが
能力を高めているようでした、やはり愛の力ですね。
そして殺人事件が発生し、困難な捜査になると思われた事件が
副局長の指示で難なく解決してしまう。
でも攻め様は何故か納得出来ない、初めから犯人を知っていたように
感じられ副局長の情報提供の元が何なのか疑問に。
まぁ、全て受け様の能力なんですが攻め様は知らないですからね。
そしてこの攻め様、なんかかなりどぶ臭い感じもあるんですよね。
権力や官僚嫌いで、副局長の事も出世をする為にはなんでも
やるようなヤツみたいに思ってて、そして受け様を出世させる為に
直ぐに解決できる事件にあたるようにしてるんじゃって邪推する
ようなところもあってちょっと偏った考え方もしちゃうんです。
そして誘拐事件をきっかけに受け様の能力を副局長に知らされるが
それも絶対信じない頭の変に硬いところもあってこの時には
既に受け様と身体の関係もあるのに受け様の力を信じてない事で
受け様兄弟は信用できない奴らだと受け様を切り捨てる。
う~んほんとバカでどうしようもないロクデナシな攻め様
そんな相手を好きになってしまった受け様はお気の毒でしたね。
後半で攻め様が意外に受け様に執着してることも判明するのですが
それもかなり身勝手なんです、絶対自分は弱い立場にならないみたいな
ずるい男でもありました。
ラストで受け様を必死で助けようとしてますが受け様の芯の強さを
感じさせるシーンもあり、続編でも出たら逆に受け様が振り回して
しまいそうな予感を感じささせる内容でもありました。

1

ろくでなし攻めが魅力だったり♪

朝南かつみ絵の魅力全開は、この表紙をめくったカラー口絵でいきなり沸騰します!!
エロス、エロス!何かエロスでときめいたの久しぶりかも?
また、自分好きなろくでなし野郎が攻めだったりするのでなおさらかもしれません♪
いつもお仕事がっつりの義月作品、今回は警察でもあるんですが、架空の部署設定にして、事件の謎を解くのもガッツリ☆
美麗な男達が活躍するのでワクワクして、そしてろくでなしのせいでハラハラして読めました。

誘拐や重篤な犯罪を取り扱う重大犯罪捜査局。
そこのチーフは男女かまわず節操無しの下半身ろくでなし男の久慈川なのだが、そこへ副局長の桜小路の弟・櫂が配属される。
彼は22歳にして、すでに新人ではなく過去捜査に協力していたり、FBIで訓練を受けていたり、医者の資格もあるようで常人ではなさそう。
仕事は優秀だが、無茶をしたりする久慈川の元に配属されたのは、何かわけがあると思いながら、その綺麗な容姿からどうせすぐにドロップアウトするかもと甘く見ていると、腐乱死体にも臆せず、最初の難事件があっという間に解決してしまう。
実は櫂には秘密があったのです。
櫂は久慈川を最続き初見た時に何か感じるものがあり、その節操無しな人柄にもぐいぐいと引き込まれて、欲情してしまうのです。
そして、久慈川との出張先でとうとう体を重ね、それから都合のいい男としての関係がつづいていくのですが・・・

櫂の秘密をバラしてしまうと楽しくないので秘密にしておきましょう♪
まあ、それがあるがゆえの仕事でもあり、久慈川との関係の進展でもあるので、それは設定ということで深く追求したりつっこまないほうが楽しめます。
しかし、事件もかなり悲惨でそして深刻で、手ごたえのある難事件だったりするので、その辺読み応えはあると思います。

さて、ろくでなし男との恋愛の進行について、櫂は健気なんですが、いかんせん久慈川、櫂と合っていても平気で女と2時間後の約束を取り付けたりと、まともなきちんとした向き合った恋愛を望む方にはかなりイラっとするどうしようもない男。
だけど、その意地悪な影に実は結構子供っぽいところが見え隠れしてたんですねww
これを言ったら身も蓋もないですが「オム・ファタル」ですから♪

また、この櫂が一途で健気なようでいて結構実は男前だったりするんでびっくりでした。
決してナヨっとはしてなくて、見えない男前ですね。
決してネガティブにならないで、かといってカラっと明るいポジティブでもないのですが、前向き。
何と言っても、久慈川にいわゆる一目惚れしてけっこうまっすぐにいるのですから。
割と気持ちのイイ奴だったと思います。
しかも久慈川のせいでエロい(w)

この櫂の家、どんだけ金持ちなんでしょう?
兄とその恋人の存在が登場しますが、それは他社から春にスピンオフで出るそうです。
すごく期待しちゃうぞ☆☆☆


4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ