腐った教師の方程式 (4)

腐った教師の方程式 (4)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
廣済堂出版
シリーズ
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784331900680

あらすじ

まーちゃん一筋の透くんに彼女がっ!?
すれ違う二人の想いに雅美は兄を守ろうと頑なに…。
そんなまさみと雅美の間で敦はかつて自分を救った言葉を贈って…。
BL界にその名を刻んだ傑作第4弾、完全復刻!!

【帯おすすめコメント】
高河ゆん

『腐教』では、どのコも筋が通っていて、愛にあふれてる。こだか先生。おつかれさま、そしてありがとうv
世界にはこういう、おもろい漫画が必要なのです!!

表題作腐った教師の方程式 (4)

萩原透 高校教師
柴田まさみ 絵本作家

評価・レビューする

レビュー投稿数1

まさみと透先生メイン

この巻はなかなか進展しない透とまさみのカップルが多め。
前半では高校時代のまさみと透のなれそめ編が入っています。

それと、ずっと敦を追いかけていた稲垣と、カモフラージュ彼女(?)だった由里の関係も少し進展する一冊。こうやって皆最後は大団円になればいいですね。
稲垣は一巻目あたりはしつこく敦に付きまとっていましたが、段々敦のあしらい方が上手くなっていったというか、冷たくなってきたというか、報われないんだろうなあ感が最近強くてちょっと可哀想な感じもします。見ていて飽きないのでこれからも暴走を続けて欲しいですが。
それにしてもまさみと透が出かければ雅美が追っていって邪魔したのに、雅美と敦が出かければまさみは心配で付けて行く…というのは何だか似たもの兄弟だなあと思います。まさみは心情的には「兄」でなく「母」だと言っていますが。

後半はまさみと透がすれ違いから関係が破綻するというシリアスな展開です。ここまで読んだ中で一番重い話だった気が…。結果キス止まりだった2人がラストでやっと進展します。今まで色んな邪魔が入って長かったなあ。

この巻は何だか若干イライラしました。まさみ続きが嫉妬深いキャラクターだというのは分かっていますが、基本は健気で傷つきやすい性格なんだから、何度も泣かせる、泣かせたまま放っておくというのは、透がいくらヘタレキャラでもあんまりだと思います。浮気を誤解して飛び出して行ったまさみを追わない所も、雅美に「まさみに会わせない」と言われて引き下がった所も、何より誤解を解かないまま「許せないと言うなら諦めます」という所も。
諦めるって何だ?その程度なのか!と思ってしまいました。雅美でなくともそんな男に任せられない!って気分になりました…

まさみが言っていた「好きって気持ちが一番の武器だ」というのも「守れる勇気がないなら恋愛するな」というのも正にその通りだと思います。同級生の手前、「オレはホモじゃない」って言ったり、透の言動に一貫性がなくなんだかもやもやイライラしました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ