拾ってきた恋人

拾ってきた恋人
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラ文庫(小説・心交社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784778112295

あらすじ

弁護士×記憶喪失の青年、失われた記憶が二人を引きつける――。

目覚めると見知らぬ公園にいた――。なぜここにいるのか、自分が誰なのかすら分からない。偶然出会った弁護士の鷹島佳吾のおかげで唯一身に付けていた腕時計から『シュン』という名前だけが分かる。行く当てのないシュンを引き取り身元調査まで約束してくれた鷹島は、口は悪いが表情や態度は優しかった。ある夜、なくした記憶の断片が甦り動揺したシュンを鷹島は慰めてくれる。だがシュンはそれ以降、鷹島を意識してしまい…。

葉月宮子先生、ショコラ文庫初登場!!
<ペーパー付き>
(出版社より)

表題作拾ってきた恋人

鷹島佳吾/弁護士
資産家の隠し子で記憶喪失(中之森峻/23才)

その他の収録作品

  • 天邪鬼な恋人

評価・レビューする

レビュー投稿数2

あっさり

なんともあっさりです……
決められたイベントがさらさらっと淡白に綴られている感じ。
二人の設定はとても面白そうなのですが……

多分二人の性格とか口調のせいなのかも知れませんが、記憶喪失物のわりに全然悲壮感とかは無いです。
細かいところで面白そうな設定はあるんです、攻めの過去とか。
それが結局のところ、食べ物の嗜好とかダッシュボードにお菓子を詰め込んでるって事にしか触れられていなくてなんとももったいない。
(車にお菓子って、冬場でもパッケージ内でドロドロになっちゃいそうだけど)

あとこれは完璧に個人的な好き嫌いなのですが、
眠れない受け→じゃぁ眠れるようにしてやるぜ、からのHが好きではありません。
でも他でもこの流れは見た事あるような気がするので、一種の王道なのかもしれません……

ただ読む時の気分次第で感じ方は変わるかもしれないです。
ドロドロしたものやハードなものの後に読みたくなるかも。

0

記憶が無くても本質はかわらない

ずばり記憶喪失ものです、公園で一人目覚めた受け様は
自分が何者か判らない事に恐怖し、公園を飛び出した時に
危うく攻め様の車に轢かれそうに・・・そして攻め様に
記憶が無い事を話し病院へ行くが、入院に不安を感じた
受け様を見て、攻め様が身元引受人として攻め様の自宅に連れ帰る
この受け様は記憶喪失ものなのにあんまり悲壮感がないです。
攻め様との会話もお互い口が悪いみたいでぽんぽん言い合う感じ
あんまりシリアスな設定になっていませんのであっさり読みやすい
記憶喪失って設定がなければ、行く当てのない子猫でも拾ってきて
思った以上に飼い主として愛情を持ってしまい、子猫ちゃんも
ツンツンしながらも構って状態な感じのストーリーです。
受け様が何故記憶喪失になったのかもかなり早い段階で分かるし
思い出すのも早い&事件解決も簡単です。
二人とも素直じゃない天の邪鬼で攻め様は弁護士なのに
かなり子供じみてる攻め様なんですがそれも味があって良かったです。
攻め様もかなり金銭的に苦労してた感じですがそれもあっさり
流してる感じで話としては軽めの作品でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ