小説ショコラweb 2011年秋号

小説ショコラweb 2011年秋号
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%

あらすじ

 人気作家5人の小説を収録。洸「運び屋恋愛事情」、浅見茉莉「愛憎の縁」、いとう由貴「恋の匂い 前編」、犬居のすけ「優しい人はずるい人」、さとむら緑「ハローマイドッグ、ハローマイサンシャイン」。特別付録「ショコラアフターストーリー」は如月静、成瀬かの、ひのもとうみ、水杜サトル、本宮榎南。

(※ このタイトルに収録している小説5作品は、それぞれ単品で購入することもできます)

【期間限定配信】
こちらの作品は2012年1月25日までの期間限定配信となります。

表題作小説ショコラweb 2011年秋号

複数
複数

その他の収録作品

  • 洸  /葛西リカコ「運び屋恋愛事情」
  • いとう由貴  /御園えりい「恋の匂い 前編」
  • 犬居のすけ  /我守丸「優しい人はずるい人」
  • さとむら緑  /.山田2丁目「ハローマイドッグ、ハローマイサンシャイン」
  • ◆特別ふろく◆文庫アフターストーリー
  • 如月 静「tea spoon」from『万年筆とチョコレート』
  • 成瀬かの「イドリースの鳥籠」from『砂の国の鳥籠』
  • ひのもとうみ「ギフト」from『それが愛だとするならば』
  • 水杜サトル「月夜に愛でる恋桜」from『月夜に眠る恋の花』
  • 本宮榎南「コタのおやつ制限」from『狸といっしょ』

評価・レビューする

レビュー投稿数1

狸といっしょの番外編がgood

洸 ill.葛西リカコ「運び屋恋愛事情」

カラダもココロも運びます!

会社が倒産してしまった安藤恭吾は、怪しい「運び屋」という仕事をすることに。だが恭吾の相方となった小野寺和哉は、見た目こそはカッコいいものの中身は他人に無関心の冷血漢。恭吾は毎日罵倒されながらも運び屋業を頑張るのだが、ある日とんでもない仕事が舞い込んできて――!?

浅見茉莉 ill.周防佑未「愛憎の縁(えにし)」

傷つけることでしか守れない……

高校生の降幡 漣は、中学時代に極道だった両親を、敵対する組織により失っていた。現在は、同じ系統の藤堂組で世話になりながらもいつか両親の復讐をと誓っている。早く家を出たい漣だったが、藤堂組の次男・耿輔に好意を寄せられいつしか自分も惹かれていることに気づく。耿輔との未来と、復讐という目的の間で迷う漣は――

いとう由貴 ill.御園えりい「恋の匂い(前編)」

この気持ちは気の迷い?それとも……。

出勤途中に痴漢と間違えられ困っていた聡(さとし)は、その場に居合わせた男の証言によって助けられる。改めてお礼をしたいと思っていたある雨の日、傘続きがなくて困っていた彼に聡は声をかけ、それをきっかけに友人として付き合うようになる。だが聡が酔いつぶれてしまった日の翌日から彼、松永(まつなが)の様子が急におかしくなり……。

犬居のすけ ill.我守丸「優しい人はずるい」

ダメ元だろ、だったら試してみたらどうだ?

野島は過労で倒れたところを偶然、高校時代の後輩である日崎によって助けられる。そして日崎の趣味が料理で苦学生をしていると知った野島は、思いつきから同居を持ちかける。なし崩しに同居する事になったものの、日崎は戸惑っていた。なぜなら野島は、日崎がずっと忘れる事のできなかった初恋の人で――。

さとむら緑 ill.山田2丁目「ハローマイドッグ、ハローマイサンシャイン」

お坊ちゃんになつかれました。

区役所で働く陣内一博は、転居届を出しに来た高本舳に親切にしてから、やたらと懐かれている。人付き合いが極端に苦手な陣内だが、育ちが良く天真爛漫な舳との付き合いは意外にも苦痛ではなかった。だが陣内には、自分に舳を惹きつける要素があるとは信じられず――。

本宮榎南「コタのおやつ制限」from『狸といっしょ』
特別付録版のショートであの愛くるしい狸のコタがピンチに!!
食べる事が唯一の楽しみと言っても過言でないコタが
ある日朱音に言われおやつ制限をする事に・・・
まん丸いお腹で愛らしいコタですが狸生活習慣病を心配した朱音が
おやつは一日一個までと制限します。
コタを思えばこそなのですが、コタは愕然としてしまう(笑)
紫苑はわれ関せずで朱音に任せ切りでしたが次第にコタの元気が
無くなって来てそのうちコタが人型の変化を出来なくなって・・・
紫苑の慌てブリとコタの焦燥ブリは笑えます。
朱音の苦労は水の泡になるのか?!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ