天然王子と優しい野獣 書き下ろしSS

天然王子と優しい野獣 書き下ろしSS
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
アスキー・メディアワークス(角川グループパブリッシング)
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
天然王子と優しい野獣初版本・フェア店購入者限定配布

あらすじ

文庫発売記念・フェア店購入限定特典書き下ろしSS
本編では描かれなかった二人の出会い編になります♪
悠の家に花を届けに来た生花店の店員は目つきが鋭く大柄な男だった。そんな男にぶつかってしまい、もっていた花を傷ついてしまった悠は恐怖で背中がひやりとしてしまう。しかも男がとった行動は更に不可解で!?

表題作天然王子と優しい野獣 書き下ろしSS

花が似合わない雄々しい見た目の生花店店長・雨宮太一
王子様と噂されるほど品の良い名門私立高校二年・笹原悠

評価・レビューする

レビュー投稿数1

出会い編

『天然王子と優しい野獣』フェア開催店限定配布SS。
イラストカードの裏に、太一と悠、二人の出会い編SSが載っています。

二人の可愛い出会い編。
悠は自分の家へ配達に来た太一と玄関先でぶつかり、届けに来てくれた花に
傷をつけてしまいます。しかし「怒られてしまうのでは」とビクつく悠を気にも留めず
折れてしまった花を抜き取り、器用にアレンジメントを作って悠にプレゼントします。

本編でも少し触れられていますが、これはただ、咄嗟にとっただけの行動です。
そう、太一にとっては些細な出来事だった。
でも「傷がついたように思っても、そう簡単にはダメにならない」という太一の言葉は、
悠の胸に真っ直ぐ届いた。悠はその言葉にとても勇気づけられたんです。

初めて会った人なのに鼓動が高鳴る。どうしよう。とドキドキしている悠が
とても初々しくて可愛かったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ