「愛だけをうつす瞳」初回特典ペーパー書下ろし

「愛だけをうつす瞳」初回特典ペーパー書下ろし
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
大誠社
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
愛だけをうつす瞳

あらすじ

本編の攻め・稔幸の弟・秀幸視点のお話。
猫のカイと遊びながら、どうして兄は家事もできない、我儘で自分勝手な陸が好きなのか考える

表題作「愛だけをうつす瞳」初回特典ペーパー書下ろし

プロカメラマン 三浦稔幸・28歳
稔幸に養われる恋人 澤村陸

評価・レビューする

レビュー投稿数1

攻め様の弟の疑問

本編で多少ブラコンの気があった攻め様の弟の独り言です。       
部屋で一人兄の写真集を見ながら兄から譲り受けた(陸の)
ネコに遊んでるんだか遊ばれてるんだか判らない中で         
ふと思うのがあれほど優秀で完璧な兄の相手が何故陸なのかと     
一人つらつら考えている弟。                    
そして、どう考えても陸よりも兄の方がベタ惚れで甘やかして
そこにいるだけで愛しいと言ってるような様子を思い浮かべ・・・
現在自分のペットである愛らしいネコと陸が似ているのではと
有りえないと思いつつも・・・やはりネコはそこにいるだけで
愛らしいし、気が向いた時だけ甘えてきたり、時には牙や爪を
出したりする様子がやはり似ていると・・・
そして大変失礼な納得をする。
そうか、ペットだと、それも知能は高いが扱いにくい猿
手乗り猿だと一人で爆笑し、あまりにハマってしまう小猿と
陸を思い浮かべ、納得する失礼な弟。
そしてふと思う、自分にもいつかそんな相手が現われるだろうかと・・・
そんな思いでいる時ネコに引っかかれ、
自分には恋愛はまだ無続き理だと感じる弟の日常の話でした。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ