願ったり叶ったり

negattarikanattari

願ったり叶ったり
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×24
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
42
評価数
13件
平均
3.4 / 5
神率
15.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ホーム社
シリーズ
EYE'S COMICS BLink(アイズコミックスブリンク・ホーム社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784834262032

あらすじ

平凡な大学生の晴は、幼馴染の篤也に小さいころから想いを寄せていた。女の子に囲まれる篤也を見て、「自分も女の子だったら…」と切なくなる晴。すると翌朝、晴の体にある「異変」が魔法のように起こって…? 遊び人大学生×能天気ワンコの「嘘から出た何とか!」シリーズも同時収録。

(出版社より)

表題作願ったり叶ったり

篤也・大学生
児島晴・大学生

同時収録作品嘘から出た何とか!

大学生 津田
大学生 神埼

その他の収録作品

  • 願ったり叶ったり~その後のふたり
  • 嘘から出た何とか!~その後のふたり
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

一途な受けが可愛い

初読みの作家さんです。
どちらの作品も何処か暖かさを感じるような作風ですが、一途な受けの切ない思いがこちらにまで伝わってくる心情表現の上手さも感じる作家さんです。

「願ったり叶ったり」
昔から幼馴染の事が好きだった受け。
「自分が女の子だったら良かったのに」
そう何度願ったことか、と思っていたら本当に女の子になってしまったという少しSFチックなお話。
女の子だったら良かったのにとあれ程願っていたのに、男のままの自分を愛して欲しいと葛藤する受けの切ない気持ちが痛いほど伝わってきて、前後編でもとても読み応えのある作品でした。

「嘘から出たなんとか!」
表題作よりもこちらの方が何故か話数が多く、そして個人的にもこちらの作品の方が好きでした。
攻めは典型的な遊び人で受けは洋服の趣味がおかしいちょっと変わった子。
ある勘違いから二人の恋は始まるのですが、一途な受けに対して、攻めがまあちょっとひどい男です。
素直で積極的で変わり者でおバカな受けかと思いきや、攻めが本当は始め自分のことが好きではなかったこと、浮気していたことなど全て知っている上で馬鹿な振りをしていたとい続きうまさかのどんでん返し、そしてギャップがとても面白かったです。
ただ、それでも一途に攻めを思う受けにギューっと胸が締め付けられるような萌えと切なさを感じました。
また攻めもいつのまにか受けのことが大好きになっていて、これからは攻めの方が受けに依存するような関係になっていくのかも。

2

暖かい絵が好き

読んで見たいと思う作家さんの一人がオオヒラヨウさんです。

コメディなのか、ファンタジーなのか、なんなのかな。

幼馴染な2人の出会いは幼少期の柔道道場にて。
幼馴染に彼女ができた時に自分の気持ちに気がついた。

伝えてはいけない思い。親友としてそれからも過ごしていた。
2人は大学生になっていた

自分も女性だったら相手にしてもらえたのだろうか・・と
1度くらいは。。。と想像をして目覚めた朝。
なんと体が女性になっていた。

なんだかんだで結ばれますが
女性の体でだかれるのではなく
男性の体がでだかれるのが
やはり良かった。

1

BLの境目はここ?

女になって片想いの相手の気持ちが手に入ったらいいのに・・・
そんな風に願ったら、なんとホントに女の子の体になっちゃった!!という大学生のお話。

「は? BLなのに女になるの?」って最初は思いましたが、
その主人公は至ってマジメだし、思いつめてのことなので、なんか引き込まれちゃいました。
だって、
片想いをしている幼馴染は女好き、
もし俺が女だったら、一度くらい相手にしてくれた?
柔道が強い逞しいところもある子なのに(見た目はかわいいけど)、
そんな風に思うなんて応援したくなっちゃう。

主人公を女の体にさせちゃっても、
この本はちゃんとBLを意識して描かれていて、なんかそれも面白かったです。
しっかりリアルな女の子の胸は描かれてない、とかね。
女の子の体でエッチはしない、とかね。
あ、あと、変化に気付いてすぐに、主人公が片想い相手のところに飛んで行って、
ガバっと上半身ハダカになって膨らんだ胸を見せて、ビックリ!
でも考えてみれば、男の子の感覚だとそれって恥ずかしくないのかもね?
そんなとこなんかが、ちょっと興味深かったです

お風呂で湯船に浸続きかると浮いちゃうほどのサイズの(だいぶ大きいと思う)胸があったら、
包帯を巻いたところで男と柔道はムリだよ!と思ったけれど、そんなツッコミ所もかわいいw

表題作はそんな感じでBLとしては変わったシチュではあるけれど、
絵柄も相まって全体的にかわいく面白いお話。

で、もうひとつの方「嘘から出た何とか」は、
攻めの誠実じゃないところや、それでも彼のことが好きな受けが、すごくありそうなお話。
BLっぽい最後のハッピーエンドが、
現実はなかなかこうはいかないよ~~なんて思いがよぎっちゃうほど。
表題作が現実離れしているお話なので、引っ張られちゃったかなw

サラッと読むのには楽しめる一冊でした。

3

ありえないが真実になる

最初読んだ時は、単に面白いなって思っただけだったんですが、何度も読みかえしてしまいまして、そのたびにここに収録されている2本とも、こういうのってそうだよね、あるよね、って味わい深く感じるように。
別に感動系のお話でもないのに、主人公とシンクロしてジーンとしてしまったり。
やっぱりよかった☆☆☆
ただ、表題は主人公の女体化があったりするので苦手な方には・・・?

主人公の晴は幼馴染の篤也が女子に告白されているのを見た時に好きだと自覚したと同時に失恋したと思っているのです。
でもやっぱり忘れらなくて、彼の自由人さに一喜一憂してる。
そして、篤也が女子とキスしているのを見た時に、もし自分が女子だったら付き合ってもらえるのかな?って考えると翌朝、体が女子になっていて!?
同性に恋をした時、こういう思考ってひょっとしてあるんじゃないかな?
女子になった晴に好きだったと言ってくれる篤也だけど、それは自分の身体が女だからと思うと少し哀しいし。
篤也にとっては晴が好きということは男でも女でもどっちでもいいということなんだけど、やっぱり晴にとっては本当は男の自分を好きになってもらいた続きい。
そこの気持ちが上手く表現されていたと思うのです。
その後日談で、篤也は男でないと晴は晴じゃないとちゃんと認識してくれている部分がみられてほっとしました。

もう一本の『嘘から出た何とか』も、受けがずぼらででも攻めを愛していて、好きという言葉もないままの、少し惰性の関係なのが、やっぱりこの人でないと、という部分に持って行ってる部分がやけにリアルさを感じさせられました。
サークルの呑み会の席で隣に座った女子に告ったはずの津田だったのですが、OKの返事をしたのは、その一つ先の席に座っていた神崎。
女子は席を立っていてしまって不在だったのです。
神崎の強引に何となく流されて、勢いで抱いてしまい、それに興奮してしまった事と、神崎がやけに可愛く見えた事で二人は付き合い始め同居も始めちゃうのだけど。。。
この津田、結構よくある一般の男。
神崎はちょっとばかでずぼらで、津田はあんまり優しくなくて。
でも神崎は津田が優しい時は浮気してきた時って知ってるんです。
津田を失いたくなくて結構健気な神崎なんです。
彼が意地張ってるのも津田の為だったり、それには本当は付き合い始める時のきっかけが自分ではなかったことを知っていると言う後ろめたさもあったという、何だか神崎に切なくなっちゃう展開。
お互いに本音をさらけ出してなかったから、すれ違いを生んでしまったお話だけど、雨降って地固まるなお話でした。

どちらも受けの男子がかわいかったです。
始まりはビックリな設定だけど、その中身は意外にもきちんとしています。

2

買ってよかった!

オオヒラヨウさんは作家買いする作家さんの一人なんですが、
今回もとてもよかったです!

表題作は、受けが女の子になってしまうというファンタジーもの。
好き嫌い別れそうですが、女の子として好かれたい、抱かれたいんじゃなくて、男としてのそのままの自分を受け入れて欲しい、という受けの気持ちがかかれていて、ちゃんとBLだと思いました。
オオヒラさんはそういうアイデンティティ的葛藤みたいなのを描きたかったそうです。

しかし、そんな表題作よりも、同時収録の「嘘から出た何とか!」のほうが私は面白かったです!
脳天気ワンコ受けかわいい~(^O^)
普段おちゃらけた感じなのに、攻めの浮気になんにも言えなくて黙って気づかないフリする健気さっていうギャップ。
きっかけは誤解からはじまった二人。攻めは最初はなんとなーく受けとの付き合いを続けてただけだったけど、最終的になくてはならない存在になっていたとこがとてもよかったです。
書き下ろしの嫉妬をなんとか抑えてるとこ笑えました。

2

片思いの願いを叶えるアイテム?!

幼なじみ同士のファンタジーラブストーリー
受け様は柔道をしていて、通ってる同情は幼なじみの攻め様の家なんです。
その攻め様は、大学にもなかなか来ないで海外を放浪しているワイルド系
そして今回の放浪で、受け様に願いが叶うと言う人形のお土産を持ってくる
受け様は実は攻め様に片思いしているのですが、同性であるが故に思いを告げる事も
出来ず、攻め様が親しく話しかけてくれても意識しすぎてうまく話せない。
そんな時に攻め様が女の子とキスしてる姿を目撃し、受け様は女だったら良かったと・・
翌日受け様はなんと女の子になっていたのです!!

受け様は驚き困惑して攻め様に貰った人形が願いを叶えたと、攻め様に助けを求める
しかし、戻りかたが分からないので、攻め様は自分が受け様を守ると
受け様は女になったから攻め様に守ってもらえる事に複雑な思いを感じるのです。
ちょっとしたトラブルで受け様が襲われそうになった時、攻め様は人形を貰った
海外へ元に戻す方法を探してくると・・・
受け様はそんな攻め様を押し止め、諦めから女として生きていくと
それを聞いた攻め様は自分と結婚して欲しいと・・続き
相愛なのにすれ違う二人が本当に結ばれるまでのお話なんです。
かなり甘めのストーリーかも知れませんね。

嘘から出た何とか!は、隣に座ってた女の子に告白したはずが間違って
その隣に座っていた男子学生に告白した事になった攻め様と受け様との
嘘から始まった真実の愛になるお話です。
初めから攻め様を好きだった受け様は、勘違いをモノとせずに好き好きオーラ
攻め様は勘違いを訂正しようとするのですが、何故か出来ないまま・・・
そんな直ぐに別れてしまうだろう的な関係の二人がその後何年も共にいる事に
身勝手傲慢系の攻め様と天然一途系の受け様との運命の相手になる話。

ショートは表題作品でラストに子供になった受け様のその後のお話で
攻め様のどんな受けさまでも大好き感が出てる感じです。
そして嘘から出た何とか!のその後のショートも
攻め様の妙なプライドが出てるような嫉妬を隠す意地っ張りぶりが笑えます。

1

BLではなかなかないテーマ

女の子になれば篤也に気持ちを伝えられるんだろうかとか思った
晴の願いが叶って女の子になってしまう!

・・・どっちかというとエロ漫画で見るようなストーリーだなぁ。
でもお互いの気持ちが通じた後で「女の子のままでのエッチはいや」という所が
BLらしさ。しかし、実に力技だなぁ・・・とも思ってしまう所でもある。
ぶっちゃけ、男同士のエッチの方が遥かに怖いぞ?

でもそこはオオヒラさんなので許そうか。

カップリングの告白した女の子がすこっと席を開けていたことから始まった
お付き合い開始・・・というのもなんというか非常にまぬけな開始。
そのまぬけな開始をしょうがないと受け入れそこからどんどん本気になっていき、
・・・おいおいおい!な感じがすごくします。

誰が読んでも面白いってわけじゃないと思う(ヘタすっとなんじゃこりゃあ!といいかねない)すっとびっぷりですが、私は面白かったよ?ということで。

でもそれは奇抜さが大部分で「味わうほど味が出る」という話でもないので「萌」としときます。

2

読みやすかったかな

大きくは2CPのお話が入っています。
表題作の1CPのは、「女のこになれば、攻に見てもらえるかも・・・」
と願ったことで、それが叶ってしまうという
ファンタジーなお話。

個人的には、2CP目の方が好きでした。
遊び人大学生が、女の子に告白したものの、
その隣にいた受が自分に言われたと思って、
OKしてしまうお話。

このお話は、社会人になっても展開されていて、
受、攻それぞれ視点でのストーリがあるので、その点が面白かったです。

絵もかわいいですし、どちらも軽い感じで読めます。
ただ、私にとっては、もう1回読みたい!とまではいけなかったので、
中立とさせていただきます・・・。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ