やがて愛しきテーブルクロス

yagate itoshiki tablecloth

やがて愛しきテーブルクロス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×25
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
49
評価数
12件
平均
4.2 / 5
神率
41.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344824300

あらすじ

自分の性癖のせいで家族と絶縁状態の黒田は、ワケあって恋人の旭の家に居候することになるが、そこは3世代同居の仲良し一家で!?
(出版社より)

表題作やがて愛しきテーブルクロス

恋人の会社員 黒田
家族と実家暮らしの大学生 旭

同時収録作品ナポリタンエチュード

増川 システム管理課
小谷 経理課

その他の収録作品

  • てのひらからはじまる
  • とうに愛しきテーブルクロス
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

ホームドラマでヒューマンドラマ

社会人×大学生。
家族ぐるみのお話で、ラブストーリーがメインというよりヒューマンドラマに近い作品だと思いました。

黒田は今までそれなりに軽いお付き合いしかしてこなかったのに、現在お付き合い中の大学生・旭の実家にしばらく居候することに。

ゲイであることで家族から縁を切られている黒田は、旭の家族と触れ合うことで旭の家族に対し後ろめたさが湧いてきて旭と別れることを決心する、というお話です。 

旭の家族は弟、父親、祖父と男しかいないので普通の家庭ともまたちょっと違う感じですね。でも基本的に皆いい人なので、そこまでシリアスで重たいものではありませんでした。
逆に言うと、黒田が申し訳ないと家族に頭を下げるシーンが本当に感動したので、あと一歩!踏み込んでシリアス度が高かったら泣けただろうなあ~という感じでした。

黒田が年上だからかわからないけど、旭をゲイにして申し訳ないとか、同性同士の恋愛をしてしまったという責任を一身に背負おうとしてるのがちょっと気になりました。
なんだか女の人に手を出した責任をとろうとしてる男性のような…
これは二人で分け合うものじゃないのかな?と続きも。
「黒田さんと別れても俺はゲイのままだよ」という旭の台詞が印象的でした。

クールな黒田と可愛い旭で、結構会話してるとちぐはぐな印象があるんですが、この二人は家族公認で仲良くやっていくんだろうなあという感じです。
ただ、ほほえましいカップルだけど、カップリングとしての萌えはあんまりなかったかな?お話がよかったので星4で。

1

旭くん、いい家庭に育ってよかったね。

何とも理想的なゲイのお話。
旭くんの家庭が理解あり過ぎて泣けます。
もし自分がそうだったらと考えると、我が家は黒田さんの家タイプだと思うので、勘当コースです。
セクシャルマイノリティを個性って認めてくれるのは、本当涙が出ます。

BLがファンタジーたる由縁は、現実ではゲイは受け入れてもらえる事が少ない訳で。
自分はゲイである葛藤はあって欲しいけれど、その先に幸せが待ってる話を読みたい訳であって、例え現実的でも最後まで気持ち悪いと拒絶される話は読みたくないです。
そういう意味では、色々ほろりとさせられるお話でした。
旭くん、いい家庭に育ってよかったね。

0

推してる作家さんです!

表紙がナゼ黒田の単体だったのか。優等生メガネ風だから受けだろうと思ってしまいますよね。
私はその辺メガネはどっちでも構わん派なので、なんの引っかかりもなかったのですが、やっぱし受け攻めのイメージが逆だと、かなり違和感あるまま読んでしまうというものです。
もったいない。ツーショットの扉絵(裏表紙も同じ)が表紙だったらよかったのになあ。

BLでは割とおなじみなではありますが、家族にゲイだと知られて拒絶された過去を持ち、そのせいで誰とも本気の恋ができなくなってしまっていた黒田。
そんな黒田が軽い調子で付き合っている恋人の旭が、なんともまあ可愛いコなのです。旭の実家に居候する羽目になって、しかも相手がこのコだったからこそ、黒田は変わることができたんだろうなあと思えるようないい子。悲しい思いをさせたら絶対ダメだよ!というコだったので、ちょっと気が気じゃなかった母の気持ち。いや祖父の気持ち。
だんだんと黒田がデレて旭にメロメロになっていて、ほんとホッとしました。

もう一本のナポリタンのお話は、最後にデビュー作と知ってびっくり。
まあでもそうだよね。まだデビュー浅い作家さんだも続きの、デビュー作と言ってもほんの2.5年前だったら、絵も変わりなくて当たり前か。
内容も切なくて可愛らしいキュキューンなお話でした。
今後も追っかけますよ~!

2

温かいHOME

体だけの付き合いしかしてこなかった攻の家が
火事により、住めない状況に。
そのとき付き合っていた受の家に急きょ
住むことになるのですが、なんと、受の家は実家だったのです。

おじいちゃん、お父さん、弟までいるという実家に
仮暮らしをすることになったしまった攻め。

この攻自身は、自分がゲイということで、両親から見放されていることから、
受の家庭が温かいばかりに、ゲイとばれて、
その家庭から追放されてしまうことを恐れてしまうのです。

なんだか、ほっとするお話でした。

0

愛情に満ちたあったかい家族の食卓

この題名の意味・・・家族の食卓を表わしているんですね!
ゲイであることで自分が家族から否定されたと思い、付き合いに積極的になれない男性が、住んでいるアパートが火事になったことで、まだ付き合い始めて2週間の恋人の家に同居することになって、紆余曲折ありながら、恋人の家族の在り方と、恋人の真摯な気持ちによって、自信をつけるというお話が表題。

これがですね、実にあったかくて、ほのぼのとして、そして少しキュンとさせて、実にイイ話だなーって思えたのです。
主人公・黒田が恋人・旭の家にお世話になるために行くと、なんと!祖父、父母(母親は海外出張中)弟、と家族と住んでる実家だったのです。
そこで仲睦まじい家族の様子を見て、家族からその性癖を否定された黒田は、ここに自分はいてはいけないんじゃないか?って思いだすのです。
こんなに家族に愛されている旭を自分みたいな目に会わせたくないという愛情もあったかもしれないけれど、きっとそれは黒田のコンプレックスをチクチクと刺激もしたんじゃないかな?
だけど、旭の家族は違ったんです!
おじいちゃんが、これまたとてもいい人で孫を愛してるから、旭には幸せ続きになって欲しいと思ってる。
この、マイノリティを認めるというより、孫を人間としてみとめているという部分がかいま見えて、いいのです♪
だから旭が好きな人なら黒田も認めてくれて、そして初めて黒田も旭と前向きに向き合える事ができる!
こうした家族の登場って、都合いいよな、、って思う部分もあるけど、これがあって欲しい姿なので、とても好ましいのです。
その後の黒田が、すっかり甘くなって、旭にメロメロのラブラブになってる姿に、ますますニヤケるのですよ。
こんな家族の元に育ったから、旭はイイ子なんだね♪

『ナポリタン・エチュード』
何と!梅松さんのデビュー作品なんだそうです!?
確かにwww現在と思うと書き込みも細かくて、何となくウイウイしいかも?
残業の喫煙室で主人公と一緒になる経理の新入社員。
実は、この新入社員はずっと彼を見ていたという、リーマンもののほだされ愛の物語。
全然話は違うけど、カプの印象が「どうしても触れたくない」とかのイメージをほうふつとさせ、時々草間さかえさんの絵をほうふつとさせる。
デビュー作品らしい雰囲気に満ちていました。

基本、あったかくてほのぼのとした作風は安心して、癒される感じの作品だと思います。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ