黒衣の皇子に囚われて

黒衣の皇子に囚われて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
21
評価数
7件
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
ISBN
9784199006500

あらすじ

王位継承権を奪われ、不遇をかこつ孤高の皇子・サディク。そんな彼にピアノを教えるのが、音楽教師の志弦(しずる)だ。軟禁状態でも紳士的なサディクに、志弦は惹かれていく。ところがある日、大規模なクーデターが勃発!! しかもサディクが共謀していた!? 志弦が問いつめると「そなたは私の所有物だ」と冷徹に豹変して!? 高潔な愛情か残酷な策略か――微笑の下に真実を隠した皇子と命がけの恋!!

(出版社より)

表題作黒衣の皇子に囚われて

サディク/王位継承権を剥奪された皇子
真山志弦/ヴァイオリニストだった音楽教師/23才

評価・レビューする

レビュー投稿数1

裏切られても憎み切れない思い

アラブが舞台で王位継承を巡ってのクーデターを背景ににした
切なくも強い思いが感じられるストーリーでした。
攻め様である王子は17才の時はから国を裏切るものだと
濡れ衣を着せられ何度も命を狙われ、今は王宮の使われなくなった
ハレムに閉じ込められている日々を送っている。
受け様はヴァイオリニストとして活躍の場を広げようと日々努力を
していたが、亡き両親譲りの美貌が、逆に受け様のヴァイオリニスト
としての栄光に影を差すことになるのです。
受け様はスキャンダルに巻き込まれ、更に左耳が聞こえなくなり
ヴァイオリニストとしての道を断念し、攻め様の国の学校で教師に
受け様と攻め様は1度だけ出会っているんですよね。
その出会いがまさにこれから始まる運命の序曲だったんです。
攻め様の不遇の生い立ちもあり、受け様はピアノの個人レッスンを
攻め様に教えている中で二人は互いに心を寄せ合っていくのです。
しかし、信じていた攻め様に受け様は利用され裏切られることに
受け様は攻め様から新国王への貢物として利用されそうになる。
攻め様と新国王に侮蔑と憎しみを持ちながらも何故かどうしても続き
攻め様を憎み切れない受け様の切なさが伝わります。
攻め様の受け様には言えない苦悩もあるんです。
人を信じる、愛を信じるそんな設定のラブストーリーでした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ