ひとりじめマイヒーロー

hitorijime my hero

ひとりじめマイヒーロー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神73
  • 萌×237
  • 萌29
  • 中立20
  • しゅみじゃない16

--

レビュー数
37
得点
620
評価数
175件
平均
3.7 / 5
神率
41.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784758071789

あらすじ

ヘタレヤンキーの勢多川は、不良高校教師のコースケさんの生徒であり舎弟だったりする・・・
憧れのコースケさんの言葉に、態度に、容赦なく振りまわされる勢多川。
絶対に想ってはいけない24時!!・・・だけど、気づけば四六時中・・・//////
ガマンすればするほど欲しくなる、マイヒーロー――この気持ちはどうしよう?
笑ってはしゃいで、ちょっぴり涙する・・・教師×生徒の恋のお話、できました!
(カバーより)

表題作ひとりじめマイヒーロー

大柴康介  熊殺しと不良に恐れられる高校教師
勢多川正広 パシリでヘタレ高校生

その他の収録作品

  • 書下ろし
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数37

アニメ化企画進行中!

めでたいですね〜!
可愛い絵にポップでコミカルなお話なのでアニメ化しやすいかもですね(﹡´◡`﹡ )まだ「企画進行中」とのことなので続報が楽しみです。

さて。肝心の内容ですが。
俺様数学教師×ヘタレヤンキーの年の差ラブです。
受け・正広はヘタレヤンキー…?というより【周囲全員のオカンで、康介さんの妻で、大柴家の主婦】が正しいのかも(^^;; ネグレクトな親を持つ頑張り屋で苦労性な子です。
攻め・康介さんは正広を自分の腕の中で甘やかして幸せにしてあげたいと思い、日々ちょっかいかけてます。
そんな2人を中心に、恋だけでなく友情や家庭の悩みなどなどにもスポットを当てて進んでいくお話です。

一応スピンオフの立ち位置なので、【ひとりじめボーイフレンド】が元となります。読んで無くても大丈夫ですが、ボーイフレンドカップルもかなり登場して脇でアレコレしてるので、読んでおいた方が2人の関係性がわかりやすいです。(ボーイフレンドは「好き」の温度差があるカップルなので色々微妙なのです…。)


以下、1巻のレビューなのですが。。。

うううーん。何度読んでも1巻の前半は全く萌続きえない…。
告白されたわけでもないのに「お前の気持ちには応えられない」宣言しだして、唐突な展開に はぁ?(゚Д゚)? なのです…。
心も体も強い康介さんに憧れてた正広さんは舎弟愛と恋愛感情が混同してたので、康介さん的には恋愛感情を自覚させたかったようなのですがねー。自覚のさせ方が無理あるなぁ…と。

そんなこんなで、くっつくまでは首を傾げながら読んでたのですが、
くっついた後の甘々な2人はほのぼのニヤニヤで大好きです(∩´///`∩)

いつも周囲を優先で自分の気持ちを真っ先に我慢しちゃう正広さんが泣きながら自分の気持ちを口にして、康介さんがすごく嬉しそうな顔で抱きとめてるのにキュンキュン( ´艸`) ♪舎弟から恋人に昇格して、キスしたりエッチぃことをするのにギクシャクしてる正広さんが可愛いのなんのってw

良くも悪くもガトーさんらしい作品で、可愛くポップにゆるりと楽しめます。2巻以降はどんどん甘くなっていくので甘々スキーさんは是非☆彡

1

勢多川がヘタレだけどやっぱり可愛い!

ほんとにほんとにオススメします!!
個人的に、先生×生徒が大好きなんですが、この作品はほんとに神。
ちなみに、ひとりじめボーイフレンドも一緒に読むとわかりやすいです!
順番的には、ボーイフレンド→マイヒーロー1→マイヒーロー2→マイヒーロー3→マイヒーロー4 みたいな感じです!
勢多川が康介さんに恋してることに気付いてなくても行動がもう好き好きってなってるのも超可愛いしずっとそれ見てて気付いても何も言わなかった康介さんが痺れ切らして勢多川にショック療法するのも康介さんなりの愛情(?)なのかな?とか思ったり!もうほんときゅんきゅんしっぱなしでした!
ヤンキーなのにヤンキーらしくないところも可愛いし、勢多川のほんわか具合で康介さんの気苦労が絶えないのも萌える。
ちょっと悩んだときに、支倉に相談しちゃうのも、問題抱えても康介さんに相談しないで自分でなんとかしようとして結局怒られたりするのも全部可愛い。
オススメです。

1

ショック療法がショック死レベル

『ひとりじめボーイフレンド』で健介(受)を父親のように見守っていた(誤)勢多川とブラコン兄がメインの話。
1巻だけど…『ひとりじめボーイフレンド』読んでからの方がキャラ関係が分かりやすいかも…。

見た目はヤンキーだけど勢多川ほんまいい子だわー!
ってか先生のショック療法ショック過ぎてショック死するわっ(_・ω・)_バァン!!!
確かに先生の言動のおかげで勢多川は自分の気持ちを認識できたけども…けどもだー!
認識する前に盛大に振られたら…頼れねぇよ(o≧口≦)o
あーでも幸せになってくれて良かった。

シリアス場面なのに“育児放棄”という表現に(´゚ω゚):;*.ブッとなった。
健介、確かにちっちゃい子みたいよね。
同級生なのに。
そして復活してから、食事担当外されたと思って泣いちゃう勢多川可愛い(*´Δ`*)
そして新メンバーのイタリアンに必死で対抗している様も可愛いwww

あと勢多川をパシリまくってたトオルさんも…単にパシリ要員としてだけじゃなく、割と気に入ってたんだなぁというのも良かった。
親愛表現下手すぎー。

バイト先のラーメン屋は微続き笑ましい、特に店長Σd(´∀`*)

先生の背中が凄まじい爪痕にまみれてるのにニヨニヨ( ̄∀ ̄)
箍が外れた勢多川を見てみたい♥
絶対可愛いよね(´Д`三´Д`*)hshs

0

世話焼き体質の不良、好きです。

評判がよいので読んでみました。
康介がなんで最初に気持ちには応えられないと言ったのか、あんまりよくわからなかったのですが、読み進んでいくうちに、早く自分の気持ちに気づいてほしかったとか、自分の腕のなかで泣かせたかったとか言っていたので、まぁ、康介なりの荒療治なんだろうなぁと思いました。でも、あんまり、優しくない。もっと違うアプローチにしてほしかったですね。

康介は、先生としてはかなり駄目ですね。未成年に手は出すは、校内でキスするわ。でも、まぁ、漫画なのでそこは良しとして、世話焼き体質の勢多川くん、ピュアで可愛い。支倉くんに全部見透かされちゃってるとことか、何だかんだと支倉くんに打ち明けちゃうとことか、いいですよね。

欲を言えば、勢多川くんと支倉くんの髪形もしくは色味を変えてほしかった。よく似ていて、一回読んだだけでは、なかなか区別がつきにくいです。

早くもくっついたので、これからの巻で、どんな展開が待ち受けているのか楽しみです。

0

「憧れ」と「救いの光」。やがてそれらは恋となる。

■プロローグ
自分の居場所なんか無い・・・。
ヤンキーとつるむ事で自分の「居場所」を求めていた勢多川正広(せたがわまさひろ)。
日々、ヤンキーのパシリとして使われていた勢多川は、最近「熊殺し」の異名を持つ大柄な男がヤンキーを潰して回っているという噂を耳にする。
そんなある日、近所の公園で小学校の頃の同級生「大柴健介(おおしばけんすけ)」と偶然再会する。
公園に捨てられていた猫の介抱をするため大柴家に出向く勢多川と健介。
しかし、そこに帰ってきたのは噂の「熊殺し」の異名を持つ健介の兄「大柴康介(おおしばこうすけ)」だった・・・!
ヤンキー高校生と不良高校教師が織りなす、甘くも切ない純愛ラプソディー。

■感想
ひとりじめマイヒーローの話の主軸は勢多川と康介なのですが、個人的にはこの頃の健介の描写がとても可愛くて好きです。
別巻「ひとりじめボーイフレンド」のレビューにも書きましたが、ひとりじめマイヒーロー側で登場する健介は幼い動作や描写が多く、
ひとりじめボーイフレンド側での健介は割りとしっかりと自分の意見を持つ一面が描写されています。

と、話が逸れましたが勢続き多川と康介の関係は作中で支倉が言っている通りまさに「駆け引き」と言えます。
勢多川の中では幼い頃に助けてもらったという「憧れ」が。片や、康介の中ではブレていた自分を勢多川が救ってくれたという「救いの光」が。
時間が経つに連れ、それらの想いは惹かれ合い、形を変えて、いつの間にか恋に落ちる。

期待していた展開が全て盛り込まれた全部入りの一冊と言っても過言では無い!と感じたため、評価を「神」とさせて頂きました(もう、お腹いっぱいです)。
並行して出版されている「ひとりじめボーイフレンド」を読んでからの方が、本作の流れに馴染みやすいと思いますので、そちらも併せてオススメの一冊です。

3

まーくん最高

最初は、なーんか絵もごちゃっとしてて話もよく分からなくて(ボーイフレンドを読んでなかった私が悪い)どうかなーと思ったが、すぐにまーくんの健気さに心臓を射抜かれました…!可愛い!とにかくかわいがりたい!

こーすけさんの攻め方は、正直下策も下策というかどうしたいの?って感じだが、それに翻弄されるまーくんが見れたので超満足。家庭訪問からの告白シーンは絶品です。強いて言えばエロが足りないが、まーくん免疫ないから仕方ないね☆

周りのキャラもみんな楽しくて、青春漫画としても楽しめる。委員長とゆんげの活躍に期待したい(笑)

1

え・・・


前々から気になっていた作品、
読む前から楽しみにしてました。
人気作だし、きっと面白いだろうと・・・

あれ?
なんだこれ、ものすごくBL初心者向けの漫画だ~
「ひとりじめボーイフレンド」が丁寧な作りで面白かったので買ったんですが。

これはちょっとあまりに安易にくっつきすぎたと言いますか、
スピンオフとはいえ少し雑じゃありませんか?
まるで少女漫画を見ているような気がしました。

期待していた分、がっかりしました。
怖くて続巻に手が出ないのですが、2巻以降は面白いのかもしれませんね。
機会があったら読んでみたいと思います。

2

ランキングには入ってましたが…

「このBLがヤバい2014」の10位だったこの作品。
わたしはそれを知る前にこの本を購入しました。

「なんかこの本、本屋で平積みにしてあるなー、
面白いんかなー」
ぐらいな好奇心で。

物語は明るかったです。
キャラも個性的。
ふつうで言えば、私の好みのはず……なんですがっ!!

のりきれませんでした。

うーん、何がダメだったんでしょう…。

正直、ストーリーが良く分からなくて、
どこが萌えか、さっぱり分からなかった……

というのが感想というところでしょうか。

「ストーリーが分かりづらかった」っていうのが
ちょっとネックになったかなー…。

絵柄とかもきらいじゃないんですけどね……。

うーん、これはシリーズ物みたいですけど、
他のものもやっぱり読まないかなぁ…って
思ってしまいました。

スミマセン!

3

やっぱりダメだった…。

1度手放して、次に友人にお借りして読んだのですが、
やはりわからんかったー!
ご免なさいっ!ファンの皆様、友人サマ!
前作も読んでるはずなのですが、まったく思い出せず。

まずですね、勢多川の髪が最初と途中からが違ってこんがらがります。支倉とごっちゃになるのは、私だけ(^_^;)?
髪形変えるならそう言って欲しい。読者に易しくないデス。
そう、全体的に色々と説明不足な気が致します。

勢多川ですが、多分十人並みのルックス設定なんだと思われ、本人もアヒルの子だと思ってる風なんですけど、実のところ彼の外的印象がイマイチわからない。
わかる情報は皆からパシり扱いされてることとだけ。うーん、そこは行間読むべきなのかな?

そして対する康介は突っ込み所満載な人物でして、まず教師として暴力はいかんし、勢多川に対して理不尽すぎて、興味引くためといわれてもそれはちょっと…と思われる行動をするんですよね。
彼のルックス自体は、非常に私好みなんですが!(笑)

でもこの勢いのある画面と、ポップでいい意味でふわふわ軽~くシリアスな部分を包み込む感じが、ウケる要素なのかなと思い続きます。
1巻はこんな印象になってしまいましたが、次巻は結構よかったですよ♪

4

この2人大好きです

最近限定版3巻も発売され、読み返したくなったので読んでみましたー。私の大好きなCP康介さんと勢多川くんのお話。3巻までいけばもう2人は恋人同士なので、ラブラブしてますが、片思いの時期もあったんだと実感させられましたー笑

一巻はわりと切なめのお話。ですが、高いギャグセンのおかげでわりとすんなりと読めると思います。ここが、ありいめめこ先生の魅力!
とりあえずひたすら勢多川くんがかわいいです♡もう嫁にしたいくらい笑
そして教師と恋愛っていうシチュが私大好きなんでほんとまるごと一冊美味しいです。

なんか続きものが読みたいとかあまり長く巻が出てない連載物が読みたいという方におすすめの一冊です。ぜひ読んでみてくださいー

1

萌×1評価↑がちょうどいい

ありいめめこ先生の作品でいつも思うのは
どのタイミングで2人はくっついたのだろう…
ということです。

いや、なんとなくは分かりますが
明確でない分ドコを好きになったのかも
なにがきっかけなのかも分からない。

これがもしNLだったとするならば
それは成り立つように思うのですが
同姓ということで何かしらのつっかえがある中で
好きになるのには、理由はともかく
きっかけがいるのではないかと感じます。

ですがお話は絵柄通りかわいらしく
私は気に入っています。ので萌×1<(_ _)>

5

こっちの方が好き!

「ひとりじめボーイフレンド」のスピンオフなんですが、私は断然こっちの方が好きでした!
キャラクターが魅力的で、脇役たちも可愛くてとにかく好きです。

受けの子が可愛いです。
他の人の世話をしたり、相談に乗ったりしているんですが、自分のことはため込んでしまうタイプ。
一人で抱え込んでぐるぐるしちゃう受けが可愛い!とにかくかわいい!

ただ攻めは少し理解できませんでした。
どうして最初に受けを振ってしまったのかがよくわからず……意識させるためみたいだったけど、普通に考えたら自分のことを振った相手は避けるだろう……・
まぁ、そんな攻めの理解できなさはあるんですがそれを差し引いてもお気に入りの作品です!

3

リトマス紙で私は何色?青?ピンク?もしや…、ババ色!?

この作品を昨年より読んでいたのだが、どうレビューすればいいのかわからず放置していたら「BLアワード2012」でなるほど!という謳い文句があり腑に落ちた。

『支持ユーザーの平均年齢は最年少 萌えか萎えか? BL界のリトマス試験紙』

私は完全にこの作品は「ごめんなさい」だった。
まず読み進めて絵柄が完全に好みじゃない。
「好みじゃない」と言ってしまえる絵師さんは少ないと思っているが、この攻めの先生が好みじゃない。不良から恐れられる程の人なのに、その絵からは線が細くて先生の中身も背景も見えてこない。

受けは受けでありだと思うのだが、作者のストーリーの作りこみ方が私には合わなかった。
終盤の大事な見せ場で、受けの勢多川の家に自分をパシリにするグループが押し寄せてきて、でも勢多川はもう疲れきっていて逃げたいという気持ちに駆られている。
助けてほしい!
一番苦しい時に先生の登場。
不良グループ撃退。

なんとも安易。

もっと違う道を見せてほしかった。
だって現実はあんな時、誰も助けてくれないもの。
助けてといくら思ったって願い続けてたって、誰も助けてくれ続きないもの。
助けてと思い続けて思い続けて思い続けていき、汚泥の中をを這っていくように生きていく。
そのうちに、困難に直面した時の処世術・困難を予めさける方法を自ら見つけて何とか生きていく。
そして気がつけば、それなりの時間が経過して人は年を重ねるのではないかと思うのだ。

こんなことを言ってしまっている時点でアウトだと分かっているのだけど、あまりにも夢見てしまうだろう展開に腹が立ってしまったのだ。

7

支倉が光ってました!

『ひとりじめボーイフレンド』の大柴の兄と、大柴の同級生勢多川のスピンオフ。

昔。
勢多川は、不良グループのパシリをやっていた。
康介は、『熊殺し』の通り名で不良を更生させる世直しごっこをやっていた。
そんな二人が大柴を介して出会い、勢多川は康介の舎弟になります。

勢多川にとって、康介は憧れのヒーロー的存在。
ところがある日康介から「お前の気持には応えられない」と、
一方的に突き放されてしまいます。
訳が分からず戸惑い迷う勢多川ですが・・・

勢多川は、自分が康介に恋をしている事に、全く気づいてなかった訳ですが。
で、どうやら康介は勢多川にそれを自覚させたくて、わざと遠回しに煽ったらしい。
でもそのやり方が、私的には?ん~・・・?、って感じなんです。
分かりにくいと言うか、相手任せと言うか、逃げ腰と言うか。
なんか、優しさを感じなかった。勢多川が可哀そう・・・
結局、他人に無関心なハズの支倉にまで、
「何やってんの?とっとと何とかしてやれば?」と言われる始末。
私もそう思う!高校生の支倉の方が、康介よりよっぽど大人の男です!!

最後も結局、続き気弱だった勢多川が康介を庇って、
自ら不良グループに決別を申し出ます。康介、いいとこ無し(笑)
ところで、不良グループのトオルも、決して悪いヤツじゃなかったですよね?
彼らは彼らなりに勢多川を仲間として可愛がってたんだなって思いました。

攻め様としての康介は、全く私の好みではなかったですが、お話は面白かったです。
勢多川の作った食事、私も食べてみたいです!
あと、もやし大もりのラーメンも(笑)

2

すみません、モヤモヤしました。

BLアワードノミネート作品で既読のものは、せっかくだからレビューしよう♪
ということで、こちらもさせていただきます。
といっても、あまり加点にならない評価ですが・・・

こちらの本、一度手放した後、誤ってもう一度買ってしまった本です。
おかげで「ひとりじめボーイフレンド」を読む前と、読んでからとを味わえました。
やっぱりちゃんと順番に読むべきですね~
でも読んでもやっぱり・・・な気持ちになってしまって、この評価・・・すみません。

なんでこんなにこの本、評価が高いの??
と正直思ってしまいまして(ホント申し訳ない・・・)、皆さんのレビューを読ませていただき、
感じるのは、自分の脳が歳食ってるせい??ということ。

な~んか心に響かないのですよ・・・。
ヘタレヤンキーで健気って可愛いよねぇ~と思うのですが、
頭で思っているだけで、心がイマイチ動いてくれないというか・・・
あ、絵が見にくいなぁと感じているせいもあると思います。

でも、面白くない!っていうのとはまた違って、ヘンな気持ちなのです。
2回買っちゃうくらいですから、魅力を感じているのも間違い続きないはずなんですが。
自分でもよくわからないモヤモヤ感が印象に残った、という本でした。

8

ちょっと家庭訪問に

コースケ先生の愛あふれる説教にやられちゃいました☆
変な柄のTシャツを愛用コースケさん×見た目はヤンキーだけど超いい子!の勢多川くん

前作「ひとりじめボーイフレンド」も読みましたが
こちらの作品の方が断然萌え萌えしました(^w^)
コースケさんの恋の駆け引きが上手くいってよかったねw
先生の告白にはキュンキュンさせられましたよ☆
相手のために我慢しちゃうようないい子だから
これからはコースケさんの腕の中で思いっきり
甘えてほしい!そしてそれを見たい!!

涙流しながらの告白 く~っ、かわいかー!
気づいてなかっただけでちゃんと勢多川くんのそばには
ヒーローがいたんです。よかったよかった!

0

コミカルなお話です

 ちるちるのランキングでよく目にするのがありい先生だと思って、このコミックを手にしてみました。

 ぱしりをしている弱気な正広が、数学教師、康介先生と恋仲になるまでを描いた作品です。勢多川の家はあまり上手く行ってはいませんが、それを前面に出して「不幸」としているのではありません。それに、勢多川の「不良」といっても使いっ走り程度なので、かえってストーリーにパンチをつける要素がないかと思われていましたが、ありきたりの設定こそが、かえってこの世界に入って生きやすかったのかなと思います。 

 正広が康介を好きになってしまい、康介は一度は断り、正広が康介を避けるようになります。この手のお話だと、いつまでもひっぱって、再会を意図的に盛り上げようとするようなじれったさがあるのですが、今回は、すごくテンポがよくて、自然に両思いになれて、ほっとしました。

 CPの二人を、周りの友人達が突っ込んだり冷やかしたりするのが一番萌えました。すごくテンポがいいし、エロ少なめで読んでいてほっとできる作品だと思います。

 さて、へたれな勢多川、強気な攻めの康介ですが、本編中ではそんなに攻め、受け続きを実感できなかったのですが、カバー下を見ると、納得できます。(笑)

0

以外にもシリアスなお話

ありいめめこにやられた!と思ってしまった作品でした。前2作がとても可愛らしいコミカルテイスト強めの作品だったので、今回はどうかなと思ってたのですが、まさかこんなにシリアスな展開になるとは思わなかった。

前作「ひとりじめボーイフレンド」でメイン2人の恋愛に巻き込まれ毎回被害を被りながらも健介のパパ的存在として支えたへタレヤンキー勢多川と健介の兄で高校教師の康介がメインのお話です。

家庭環境は崩壊気味、小さいころからなにかと我慢を強いられてきて我慢することに慣れながら過ごしていた。ヤンキーからパシられるのも自分の居場所が欲しくて、そのためだったら何でも我慢できた勢多川は中学の頃健介と出会い、健介の兄・康介と出会い自分の拠り所を見つけることができた。
康介と出会い、康介の強さに魅かれていくと同時に心の中に生まれた感情に気付きながらも気づかれないふりをして同じ時間を過ごすことになりますが、自分の幸せより他人の幸せを願い自分の感情には蓋をして我慢し生きている勢多川の姿を見ていて胸が締め付けられた。

康介への想いを抱えながらも言えない勢多川に「欲しいものは欲しい」と言って欲しく続きて康介がとった行動が2人の関係を悪化させる結果となりすれ違う日々が続く中で、勢多川はある事件に巻き込まれて行きます。

とにもかくにも胸がギュッと締め付けられて、最近涙もろいせいもあるんですが泣いてしまいました。久々にBL作品で泣いたわ~。こういう受は大好物です。
シリアスなテイスト強めですが、シリアスなジーンにも笑いがありそれがなんかよかったな。ドシリアスシーンに笑い要素なんかあるとなし崩しになることもありますが、めめこさんは許せる!めめこさんの力量を見せつけられた作品でした。

0

続き

一応まるごとひとつのストーリー。

・・・という感じだけど、関連作品である
「ひとりじめボーイフレンド」を読んでいないと
人間関係が解らなくて???となるかもです。

自分としては、面白くなかったわけではないのだけど、
面白かった~とも思えなかったわけで・・・。

なぜだろう?と考えてみると・・・受け様が
あまりにもヘタレだから?かも。。。

ただ、ヘタレな受け様の作品なんかも
今まで読んでないわけじゃないし、
それが全然ダメだった!という事もない。
今回の、ヤンキーという設定なんだけど
パシリさせられてる・・・とか、そこまでヘタレなのが
受け入れられないのかも。。。

と言うことで、自分の趣味に合わなかっただけで、
面白くないわけでは無いと思います(^^;

1

ヤンキーなヘタレに萌えました


ひとりじめボーイフレンドを読んでから、これを読んだ方がいいと思います^^

見た目とは裏腹に家庭的で友達思いの勢田川の受けがとてもかわいかったです!!
康介さんを慕う気持ちとか、康介さんが勢田川を想う気持ちとか
きゅんきゅんしました><

康介さんのTシャツの柄も見どころです。

1

ヘタレなのにーヤンキーっていうのがポイントです。

まず初めにこのお話の前作「ひとりじめボーイフレンド」を読んでから読むと支倉くんの良さとこのお話の雰囲気がよりわかります。

先生×パシリ体質のヘタレヤンキーです。
俺様な攻めな先生×ヘタレでパシられるヤンキーってすごいいい相性ですね。
もうなんだかんだ言って攻めは受けがとても大好きで自分のものを傷つけられるのも勝手に傷ついてる姿を見るのも物凄く嫌だっていう攻めがかっこいいいいいい! って思います。
頼って欲しくて見守っていたけど放っておいたらとことん自分を追い込んでしまって攻めが「頼れ!」って無理やり言わせるかんじが凄いよかったです。お前のこと救ってやるよ、っていう本当にこの人、ヒーローだなって思いました。タイトルのどおり!

0

読むときに…

ひとりじめボーイフレンドの続編?別ストーリー?です。
この話は「ひとりじめボーイフレンド」を読んでいないと、
人物関係とかよく分からないと思います。
友達に、最初からこの話を借りて読んだのでイマイチ良く分からず…><
頭に ? が浮かびました。
なので、前作から読み始める事をお勧めします。
…一応人物紹介みたいなのがちょこっとありますが。

話自体は良かったと思います☆

0

最後がよかった

最初のうちは主人こうが少し惨めなかんじで
読んでいくと少し可哀相な感じで、感情挿入できなかったが。

だんだん読んでいくとありがちな家族の問題を抱えており、
外見では予想のしない性格だがそこが攻めとのいいかんじに
絡み合い最後の方はいいかんじにカップル成立。
主人公の攻めへの想いの大きさが伝わり最後はよかった

自分的には、受けが告白する時の泣がよかった
とても絵柄は可愛く話もたんたんと読めるかんじで
最初より最後の方が楽しみな作品だった

0

なんかよくわからんかった...。

毎度好評価なありい先生の作品。
これだけ神や萌評価がありながら、一部中立やしゅみじゃない方がおられるのは、私同様に感じた人が少数だけどいらっしゃるってことなのかな?
いや、同様に感じたかまではわかんないんですけど、勝手にちょっとほっとしてますw

どこがどう良かったか駄目だったか、自分でもよくわかってるわけではないのですが。
話は多分面白いんだと思う!コミカル&シュールなお話は私の大好物!!!
さらにオレ様×弱気な不良ってキャラ設定でおもしろくないわけないんだよ!ありい先生なんだし!!!

なのに、なのに...、
なんでなんだろうなあ。話がどういうふうに展開してんのかとか、なんで受くんは攻さんを受け入れたんだとかわかんない...。(←ほんとに攻を好きなのか?ってこと)
そんなことをぐるぐるぐるぐる考えてたら、なんか全く萌えなかったー(;Д;)!!!泣
ありい先生のお話で萌ポイントがないなんてことは無いと思うんですよ、今までの経験上!←
なのになんでかな(;ω;)??楽しみにしてた分がっくり感が大きいです。

あとは、登場人物多すぎてふきだしがごった返してたイ続きメージが。
その点からもちょっと読みづらかったかなあ;;

でもでも、ありい作品好きですし絶対また読むだろうなあ。
評価はともかく、やっぱどうしても手にとっちゃうありい作品、おそるべし!!!

7

萌えた

私的に一人占めシリーズ一作目よりもこちらのほうが好きかも
受け様に関して、彼のバックグラウンドに同情したし、自分の気持ちになかなか気づかないところも良かった
彼を取り巻く周りの人々も面白かったです
攻め様に関しては、先生と生徒の恋は許されないと思いつつ先に降参してしまうという‥
そこらへんめっちゃ萌えた
その仲介者となったのが支倉だったというのも楽しかったし、 なにより
12歳差という禁断の愛に激萌えっす!
笑いあり涙ありのアクセントもよいですよ~
全然飽きなかったし
話の展開もグット


1

すごくよかったです!

前作(ひとりじめボーイフレンド)から読んでいたのですが、前回同様、ギャグあり、涙あり、トキメキありですばらしい作品でした!
個人的に正広の振り回され加減と焦らされ加減がよかったです^^
あと私は一番ラストで悶えましたw
所々に支倉も健介も関わっているので、前回を買っていて今回は買っていない・・・という方にもおすすめです!

悩んでいる方は買ったほうがいいですよ!
私の中でも一位、二位を争う作品でした!最高です!

1

パリッパリのルックス+びっくりする位の優しさ

目の光に惹かれる自分としては(それで何度も表紙買いをしくじってる)
ルックス的には勢多川って自分的には「ありえない」級の子なんですよ。
だから表紙買いしたわけじゃなく、ここでのレビューがあまりにも高評価なので!というのと
「大丈夫、ガトーだから」
というレーベルへの信頼感です。

そしてこの本に感じたのはガキんちょたち(健介とか)のおとうちゃんとおかあちゃんになってしまったかのようなコースケさんの包容力とセッティーの世話焼き能力でした。
パシリだなんだかんだ言ってセッティー、求められる子なんだな、と。表層に暴力的な表現とか荒っぽいルックスとかが入るから目立たないけど
「胸の中で泣いてるセッティー」
を見て抱きしめかえさないわけがないw

1

萌え過ぎて悶える!!

この本は、私が今までで一番萌えた本です!
ギャグで笑えるところと、シリアスなところのギャップがたまりません(^u^)
かわいいぞ!!ヒヨコプリン!!

この本を買うなら、『ひとりじめボーイフレンド』も読んだ方がいいですね♡

0

心がほっこり

まず表紙が可愛いです!読む前から楽しい気持ちになれます。
そしてタイトルもいいですね~。

そしてこの作品、なんといってもキャラが個性的。
受けのセッティー(笑)は、愛すべきヘタレというか、ヤンキーなのですが、
ヘタレでパシリ体質で世話やきおかん。しかし家庭環境も少々複雑のようで、実は
心優しい子なのですよ!可愛い~!頑張れ勢多川くん!とおもわず応援したくなります。

攻めの『熊殺し』こと康介先生は、ヘンな柄Tシャツを着た(メソポタージュ文明のって!)学校の先生で、喧嘩がめちゃくちゃ強くて、勢多川くんにとって憧れの存在。

そんな2人の恋物語なのですが、勢多川くんが先生への恋を自覚するのは、
実は先生からのショック療法(笑)によるもので、悶々悩んで、振り回されて、
いろいろ抱えて一生懸命な勢多川くんの姿は微笑ましく、心がほんわかしました。
読んでいておもわずニヤニヤです。
勢多川くんの働くラーメン屋の店長たちもいい味出してました。いい人!

描き下ろしもよかったです。先生の背中が…!(笑)
そしてあとがき、思わずフッ!と笑ってしまいました。

丁寧続きで可愛らしい作品で、疲れたときに読むと癒されます。ほっこり!
2人のじれったい恋を応援したくなりますし、『ひとりじめボーイフレンド』の
2人・支倉と健介も可愛いです。その他モブキャラもいいですね~。

0

幸せな気持ちになれるBL

だと思います…!!

前回の作品『ひとりじめボーイフレンド』に続き、今度は健介の兄である数学教師の康介さんと、みんなのオカン(笑)な苦労性ヤンキー勢田川がメインなわけですが・・
ラストは本当に感動で、勢田川を抱きしめて康介さんが呟くセリフに思わずほろりとしてしまいます…!!
これまでに数々の作品を読んで来ましたが、この作品は私にとって五本の指に入るほどでした(*^▽^*)

まだお読みになられていない方には是非お勧めしたい一作です。

0

ヘタレヤンキー受け!

ありいめめこさんといったら、格好いい攻め様に可愛いらしい受け。そして個性豊かなモブキャラ。そんな登場人物が描かれているカバー画がポップで可愛いくて見ているだけで楽しくなります!
前作ひとりじめボーイフレンドを読んだときに、勢多川が私好みのヘタレヤンキーで「この子の話が読みたい!」と思っていたのでとても嬉しかっです!

感想としてはもっとイチャついて欲しかったなーと思いました。前作のボーイフレンドではエロありギャグありでメイン2人の絡みが多く甘々だったので勢多川と康介の絡みを期待していたのですがあまりなく、シリアスというわけではないのですが、前作よりはギャグもあまりなかったような気がします。何よりエロが少ない!なのでエロを求めている人はあまり期待しない方がいいかもしれません。私は物足りなさを感じました。

ですが、勢多川のヘタレ具合はとても可愛いらしかったです!カバー裏に注目です!

0

待ってました!

やっと来たか!と思わず叫んでしまいました。
前作を読んでからずっとこの二人のお話を読みたいと思っていたので出たと知った時は思わずガッツポーズ。

前作の主人公の友人であるヘタレ不良ひよこプリン(そしてオカン!)の受けと
その兄である教師にもカタギにも見えない不良を潰して回っていた攻めのお話。

まさかアレで付き合ってなかったとは!と衝撃を受けましたが、
最終的にはハッピーエンドでよかったです。
勢多川の家の事情が結構暗いのかなぁ?と思っていたんですがそうでもなく。
康介さんのピンチに思わず飛び出して行っちゃう勢多川健気かわいい。
じれったさに読んでるこっちがもだもだしたり、叫んだり。

前作の二人も勿論出てくるのでそこも嬉しかった!支倉いい奴!

1

変な柄のTシャツを着たヒーロー

前作の存在を知らず、手にとってしまったため、
最初は、入りづらさはあったのですが、
ちゃんと追いつきました。

それぞれの登場人物が曲者なのに、憎めないのが不思議です。
受をいじめる??ぱしりに使ってるヤンキーたちも
なんか純な感じで、受が「熊殺し」につかまったと考え、
結構本気で心配しててくれたり。。。
本来最悪なことをしている受の母も、なんか憎めない。

そこが面白い所以かな?

とりあえず、前作を入手し、再度本作を読む予定です。

0

ツボ過ぎる!!

疲れてた時にもうとにかく面白いBLに癒されたい!と思って衝動買いしたこの作品。
もう大当たりでした!!!

何がいいってもう勢田川のパシリで弱気で容姿ヤンキーなのにオカンなところが本当にいい!!
こんな旦那様をちゃんと尊敬してて、夫の一歩後ろを歩く奥さんそうそういません!(笑)
そしてそんな彼をちゃーんと愛しててくれる康介さん。
最後の康介さんの妻発言に本片手に悶えるくらい萌え尽きました!!

ギャグもテンポ良くて、安心して楽しく読めます。
前作がありますが、私は前作知らずに買ったけど全然問題ありませんでした。
でもちゃんと後日前作も購入。
二冊合わせて私のバイブルです!!

愛ある鬼畜野獣攻めとヘたれオカン受けが大好物な方にはお勧めの逸品です。

1

たっ、たまらん…。

もうもう可愛過ぎました!!
前作の「ひとりじめボーイフレンド」に出ていた勢田川が主人公のこの本。

前作程ギャグは激しくなかったがそれでも面白くて笑えました。
不良の方達もなんか憎めなくて可愛かった(笑)

見ていてずっとニヤニヤニヤニヤww
途中で叫びました(笑)

久しぶりに漫画一冊読んだ!スッキリ!って感じで終えれた作品です。
買っても全然損なし。おススメです!

0

一家に一羽?欲しい受け…かわええw

とりあえず、勢田川はヤンキーではない。パシリでオカンでヒヨコである。ただただ可愛い生き物である。

前作、ひとりじめボーイフレンド でも気になっていた勢田川くんのお話w
予想通り、カワイイ子である!!とにかくカワイイ!!
作中では、名犬セッティーなんて呼ばれてたけど、どう見てもヒヨコプリンですw

表紙見て書店でにやけてしまったっっw
クマ × ヒヨコプリンw 弱肉強食甚だしいwww
テンパったときに出たヒヨコの可愛さは異常ですよ///

基本的に、鬼畜のコースケさんと鬼畜の支倉と天然天使鬼畜のオーシバに振り回されるお話ですが、この勢い!! 大好きだ!!!

最後に、可愛い勢田川ですが、実は彼はとても前向きで強い精神を持ってる子だと思います。ヘタレというより、自分に自信が無いだけだと思うし。一生懸命、自分で考えて解決しようとするし、ヒーローを待っていなくても、いつか、ヒーローになっちゃうタイプですよ。彼はw 現におーしばを助けたりしてるしね!
まぁ、自分でそれに気づいていない所がまたカワイイんだけどw
それは、コースケさんがいるから(たぶん)大丈夫だろう!続き

ぜひご一読を!

1

ヒーローは破壊神?!

かなり酷い環境で暮らしてる受け様は根性も無くてヘタレ全開でいつも不良に
パシリをさせられてるのですがそのパシリぶりはパシリの王様クラス
基本的に結構繊細で細かい事まで気のまわる弱虫くんなんです。
そして昔からヒーローものが嫌いで・・・それは誰も自分を劣悪な環境から
助け出してくれないこと、いつも一人で我慢する事を覚えてしまった哀れちゃん

そんないつものパシリ人生に突如持ち上がった噂、それは不良どもをシメて
連れ去る熊殺しと言われる人物が最近現われるというもので
受け様がいつもパシらされているグループもその生贄になっていて・・・
そんな時にクラスメイトに出会い(前作の受け様)捨て猫を前に困ってる様子
その子猫の飼い方を伝授したおかげで受け様は、クラスメイトの家で噂の
熊殺しに出会ってしまう?!
なんとその熊殺しの攻め様はクラスメイトの兄で教師だった!
受け様はそんなヒーローみたいに強い攻め様に舎弟として傍にいる事に・・・

教師と言っても真面目ではなけれど生徒に人気がある攻め様そんな攻め様から
ある日、お前の気持ちには答えられないと訳もわからぬうちにフラ続きれる?!
そんな気持ちを考えた事もなかった受け様が攻め様のその言葉で突如意識しだす
う~んこれは攻め様が放った罠です(笑)

でもヘタレ弱虫で諦め癖も付いてる受け様との恋愛は攻め様の思惑通りに
行かなくて、攻め様もちょっぴり焦るけど、そんな時に受け様にはピンチが?
攻め様を守ろうと弱虫受け様の健気な振る舞いが始まる。

前作の受け様の兄とその親友のラブなのです、前作のカップルも登場して
その後も解かるお楽しみ×2の作品になってます。
弱虫だけど結構意地っ張りの受け様のヒーロー誕生物語?!
なかなか楽しめる作品です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ