ヘブンノウズ

heaven knows

ヘブンノウズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神28
  • 萌×214
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない4

300

レビュー数
12
得点
217
評価数
53件
平均
4.2 / 5
神率
52.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813012474

あらすじ

「私はね、君の絵に恋をしたんだ」
ベストセラー作家の渋澤征武と知り合ったその日、旭はそう告げられた。半年前にある事件で母を亡くし、ショックから言葉を失った幼い弟と暮らしている旭は、もしあの日、もしあの時…… そんな後悔に囚われて毎日を送っていた。けれど、渋澤に会った日から、すべてが変わり始めた! 恋人は作らない主義と宣言する渋澤、男女問わず恋をする薫、執事の宇喜田を始め、個性豊かな渋澤邸の住人たちに、最初は反感を覚えた旭だったけれども!?

(出版社より)

表題作ヘブンノウズ

渋澤征武 売れっ子ミステリー作家
千野旭 イラストレーター志望のフリーター 21才

評価・レビューする

レビュー投稿数12

もう少し早く読めばよかった。

大洋図書の特集頁の表紙イラストでかなり気になっていたのですが、勝手に英国ものだと勘違いしていた所為で登場人物紹介が全く響かなかったので、ずっと買おうか買うまいか悩んでいた小説でした。
今回、「ダブルバインド」を読んだので、勢いで購入。

とっても読みやすいです!
もう少し早く読めばよかったなあ。
幽霊もの大好きなので、こういうのいいですね。
そして、「ダブルバインド」の謎解きは全く駄目でしたが、今回は途中の「女性が何故か来ない」「冷蔵庫が不調」ですぐ分かりました!(えへん)※そういう小説じゃありません。

ちょっと旭がモテすぎて、容姿端麗で完璧な生徒会長が凡庸な新入生に何でかいきなり一目惚れみたいな展開に疑問はありますが(まあ、絵に惚れ込んだというは可笑しくはないですが)シンデレラストーリーとしてはいいのかなあ。
一番の萌えキャラは宇喜田さんでした。
ああ、老年の執事。たまらない(めろめろ)

奈良さんは過去に比べたら絵が変わったらしくて、私はこの絵からしか知らないので「へえ」という感じですが、古い絵を見たらなるほど全然違う。まあ、このシリーズは最初からこの絵だ続きからいいんじゃないですかねえ。

色々謎は解けていないですが、「ダブルバインド」と違って読み切りなのでこういう形のが好きです。
内容だけだったら萌×2かなあと思うけれど、表紙が好きなので「神」で。
まとめて買ったので、続きがすぐ読める幸せ。
では二巻いってきます!!

3

面白い!

英田さんに奈良さんの挿絵と聞いたら読まねば!ということで手に取ってみました。さすが英田さん、BLの枠を超えてすっごく面白かったです。

内容は皆さま書いてくださっているので感想を。

英田さん作品はモノによっては痛い話も多いのですが、この作品は割とほのぼの系かなと思います。

とにかく受けの旭が一生懸命で可愛かった。ミツルを育てるために大学を辞めてしまったり、母親に対する懺悔の気持ちを持っていたり、そんなに頑張らなくてもいいんだよ、と母親目線で思ってしまった。ネガティブな子なのかなと思えば言いたいことはさらっと言ってしまう男気もあって、そのギャップに思わず萌えてしまいました。

対して攻めの渋澤さん。彼もミステリアスな不思議な魅力を持った男性です。「恋人は作らない」と断言する彼の過去に何があったのか、霊が視えるようになったのは何かきっかけがあったのか…。
そっけないようで、実は大きな懐を持った男性で、旭がだんだん惹かれていってしまうのも納得な素敵な男性でした。

母親の事件をきっかけに緘黙症になってしまったミツル。
ふしぎな魅力を持った薫。
ダンディな執事の宇続き喜多さんに若者らしい派手さを持った道朗。
出てくるキャラたちがみんな個性的かつ魅力的でした。

ミステリーとしての謎解きは早々に分かってしまいますが、このお話のもう一つの大きな柱である霊的現象と絡めて話が進んでいくので非常に楽しく読めました。

4巻(完結編)がこの12月末に発売されるそうで、そちらも楽しみにしています。

3

初英田さん作品

はじめて英田さんの本を読みました。
痛いイメージ英田さんだけれども、これは読めそうだったので、チャレンジ!!
奈良さんの表紙が本当に素敵で素敵で(*´ω`*)
挿絵もいいー(*´Д`)
ヘブンノウズの公式サイトで表紙の解説とか見られるのは嬉しい!!
最初は旭とミツルにイライラしていたんだけれども、旭とミツルが打ち解けていくところとかたまらなかった(´;ω;`)ウッ…
それとわかってるのに冷凍庫あたりはゾワッてしたw
あとはあのキスシーン。
キスシーンだけで、あんなにエロいとは。
酔っ払ってる旭は面白いねw
続刊も注文中。
続きが早く読みたい。
4巻目は10月頃?→12月30日発売予定だそうで・・・
待ち遠しい!!

1

ひじょうに読みやすいです

ずっと気になってはいたのですが、英田さんの作品は痛いものもあるので様子を見ていました。
子供が出る作品もあまり得意ではありませんし。
もうすぐ四巻かな?が発売ということなので、一巻だけとりあえず買ってみました。


受けの旭は21歳のアルバイター。
大学を中退し、弟(ミツル)を一人で育てながらイラストを描いてネットで公開しています。

攻めは(えっちはないけど)人気ミステリー作家の渋澤。
資産家で変人でゲイ。
ネットで旭のイラストを見、新作のイラストレーターに抜擢しました。


一応、ミステリー仕立てです。
序盤でわかっちゃいますけどね、仕掛けは。
そこに心霊を絡めている感じでしょうか。
旭は母親が殺害された経緯で、幽霊などまったく信じていません。
いるんだったら母親もいるのか、いるなら成仏できてないのか、いつまで成仏できないのか…と感情で否定しているんですね。
でも、渋澤によってミツルは霊が見えると知り、さらに自分も体験することでミツルを真の意味で理解できました。

渋澤とのラブ度はまだまだ低めですが、下半身の緩そうな渋澤と同居人で渋澤の友人で続きある薫(こちらも緩い)との良い感じの展開がありそうです。
まあ薫はね、噛ませなんでしょうけれども。
個人的に英田さんの作品はえっち重視でないというか「このシーン、エロ!」とは思わない淡々とした感じだと思っていたので、キスだけでここまで萌えーってすごいなあと。
渋澤も薫も男の色気ムンムンなのでね、これからが楽しみです。

最初の部分だけで、「これはわたしも読める英田さんだ!」とビビッときたためすぐに続刊も注文いたしました。
ちなみに『さよならを言う気はない』などは痛くてダメでした…
そういう意味では、ひじょうに読みやすい英田作品ではないでしょうか。
わたしのようなヘタレでも面白かったですし。
あー、はやく届かないかなあ。

4

優しい視点が心地よい

Heaven knows(神のみぞ知る)というタイトル通り、
どうにもならない運命や、それでも生きていく人々の姿が描かれます。
…と言ってもそれほどシリアスでなく、コージー・ミステリ(サスペンス?)という言葉が似合う、とても穏やかに進む物語です。

城のような洋館に住む、一癖もふた癖もある人々。
売れっ子ミステリ作家だが、節操なしのゲイで理屈屋の家主・渋澤。
バイで女装の占い師。ファンキーな大学生。
そんな屋敷に、イラストレーターの仕事をきっかけに通うようになる主人公・旭。
母親の死後心を閉ざしてしまった弟・ミノルと一緒に、風変わりだが居心地のよい空間に癒されていく。

人や犬猫だけでなく、幽霊も歓迎w
元々「見える」渋澤だけでなく、屋敷の住人皆が霊的存在を当たり前のように受け入れる。霊に限らず、何者にも偏見なしに接する懐の深さがあります。

この1巻では、まだ色んな謎が手つかず。
謎の失踪をとげた女性従業員(これは1巻で解決)。
半年前、何者かに殺された母と、その現場にいたミノル。
ラブ面では、恋人はつくらない主義の渋澤(家族のことが関係?)に、恋をし続きた旭の行く末が気になる。そして、旭にアプローチをかける女装の麗人・薫がとてもいいキャラですv

生きていく上で真実を知り、後悔することは避けられないが、
無理に過去を暴いたり、人を変えようとする必要はない。
そんなメッセージが伝わってくるような、優しい視点が心地よい作品でした。

2

読みやすい!!

小難しい話なのかもしれない…となぜか先入観を持ってしまって
(たぶん重厚感のあるような色彩と
奈良さんの濃密なイラストだからかも)
更にシリーズものという事で
ゲットしてもなかなか読むには至りませんでしたが。

読み始めたら面白い!!
BLとして楽しめたのは勿論後半の
澁澤とでれんでれんに酔った旭のキス(&自慰)シーンですが
全体的に旭の気持ちの変化に感情移入しました。

母親の事件の為口をきかず家に閉じこもりになってしまったミツルを
案じながらも自分でもどうしようもない思いになる。
どれだけ色々考えても、結局どうにもならないと悪循環で
また明日同じ事を繰り返すだけ。

そんな中、イラストレーターとして成功するチャンスが訪れ
その作家がテレビで見た胡散臭い男・澁澤だった…。

ミツルは澁澤にはすぐ懐いて家に行くのも嫌がらない。
一生懸命世話をしてきたのに
今までの自分がバカみたいに思えてしまう旭、わかる!
そして澁澤のあまりにも度を超すような親切に対して戸惑うも、
ミツルを引き合いに出され、甘えざるを得なくなり…。

澁澤とミツル、不思続き議な能力を持つ者同士の交流であったけれど
理解の範疇を超える事にも、のちにミツルと向き合って、素直に認めるとか
健気な面もあり、旭はとても可愛らしかったです。

薫とのお戯れキッス、…かーらーの!澁澤との濃厚キス!!!
この、酔うと大胆になるようなのはとにかく大・好・物です!!!w
薫も良い当て馬になりそうだし…。
下心があるにしても優しいから嬉しい。

事件については、「もしや…」と思わなくもなかったのですが
この度はプロローグという事もあり、
とにかく登場人物が知り合い一緒に住んで
旭が澁澤を気になってしまうところまで…で充分だと思いました。
まだ母親の事件も解明されていませんし、
今後も楽しみです!

奈良さんのイラスト、今は賛否両論あるようですが
確固たる“奈良ワールド”があるような気がして私は昔も今も好きです♪

4

心霊ミステリーなんだけど

ミステリー部分は、ほぼ予想出来てしまう内容です。
人間関係や今後のラブの行方がきりなるので、自作に期待してます。

1

新シリーズは心霊+謎解き☆

待望の新シリーズが始まりましたね~♪

作家・渋澤先生とイラストレーター志望のフリーター旭の心霊と謎解きを中心にしたお話でした。
初回のためか、心霊の部分や謎解きの部分はそんなに難しい内容ではありませんでした。

脇役に旭の弟や、渋澤邸の住人(女装占い師の薫、従弟の道明、執事の宇喜多、甥の永一)が登場しますが、
脇役たちもそれぞれに何か抱えている人達で、今後の展開や活躍が期待できそうなキャラクターたちでした!

渋澤先生、恋人は作らない主義だそうですが、
旭のような子は面白半分に手を出してはいけない子だっていう事は分かってはいると思うんですよね~。でもキスしたくなっちゃったんでしょうね(キュン♪)

作家先生のくせに、気に入っているという感情は、言葉にするより行動に出てしまうようです^^*
もちろん、言葉にもよーく注意して読んでいると、好きという感情が見え隠れしていて、
発見できた人はキュンとくるでしょう。

さて、今後も謎解きや幽霊絡みや渋澤先生×旭の恋の行方などなど、
見逃せないところがたくさんあります!ぜひぜひ読んで見てください!!

3

続きが楽しみ

とても面白かったです!
登場人物が多彩で、それぞれキャラが立っています。
奈良千春さんのイラストがまた良いんです!お話に本当にピッタリで、特に表紙は素晴らしいの一言に尽きます。旭のイラストもかくあるのかなと想像させられます。
渋澤先生が文章を書いて旭がイラストを描く児童文学も実際に読んでみたくなりますね。

評価が神ではないのは、事件の犯人が読んでいて早い段階で予想がついてしまったから。その点以外は、イラストも含めて新しいシリーズの幕開けとして本当に文句なしの作品だと思います。

1

その先が気になる!!

また1冊、とりこになってしまったシリーズものと出会ってしまいました。
引き込まれるようにして読み進めた1冊。読み応え満足度抜群です。
また前回に続きマズイ1冊と出会ってしまった。。。と内心嬉しい悲鳴をあげたりするのです。

登場人物それぞれ皆とっても気になる人達ばかり。

旭・渋澤先生の今後の展開も気になるのは勿論なのですが
それ以上に気になる存在になったのがミツル。

BL的観点でいくとまったくの無関係の位置に存在するかとが思うのですが
今後ミツルはどうなるの?きちんとしゃべれるようになるの?
それにはきっと、母親の事件解決が不可欠なわけであって・・・。

次作ではもっと踏み込んだん形のストーリーになると期待しています。
早く次が読みたいです!



2

面白かった~!!

「神のみぞ知る」和約すればその言葉があてはまるのですが、何と今回の新作は心霊現象を盛り込んだ謎解き風なお話。
冒頭、主人公の「千野旭の一番嫌いなものは後悔だ」の一文から始まるプロローグからぐいぐい引き込まれる様は、久々によみごたえのある超ヒットの予感♪
色々な言葉の引用や展開に、一瞬、榎田尤利作品なのか?と頭が混乱するような錯覚に陥ったりもしたけど、その個性的な登場人物達はあまりに魅力的でした。

父親を早くに亡くし、母と歳の離れた弟との3人家族だった旭は、母親が殺された事で話せなくなりひきこもりになってしまった6歳の弟・ミツルと二人暮らし。
大学も中退して、イタリアンレストランの接客のバイトをしながらミツルの面倒をみている。
旭は趣味でイラストを描いてネットにそれを発表しているのですが、それを見染められて、ミステリーの人気作家・澁澤の新しく書く児童書の挿絵を描くことになる。
外へ出たがらないミツルが珍しく自ら澁澤の家に行くと言い、何か通じるものがあったらしいミツルは澁澤に懐き、彼の家で昼間はお世話になることに。

先ず旭の事。
彼はとても頑固で融通がきかなくて、一続き人で頑張って頑張ってしょいこんじゃう人。
それはミツルの事を思ってのことだけど、母親の死に対しての後悔もある。
小さい弟、しかも外へ出られない話せない事で、身内や頼る人が誰もいない中、彼は元来の性格もあり、一人で自分で壁を作って内へ内へウップンをためてしまう人のようでした。

そして、澁澤の事。
とてもひょうひょうとして、つかみどころのない人な雰囲気が漂います。
詭弁をふるい、屁理屈のようでもあるのに、あまりに自信に満ちたそのモノ言いにそれが正しいのだと錯覚させるような(多分それも正論ではあろう)不思議な魅力を持つ人です。
34歳という年齢設定なのですが、非常に落ち着いた大人でした。
彼は幽霊が見えるということで、またひょっとして家族にも色々あったのでしょうか、不眠症も持っているようで、ひょっとして寂しい人なのかな?という印象を受けました。
誰も愛さない、本気の恋はしないという澁澤。
一体どんな本気の恋をしてしまうのでしょうか♪

旭の弟のミツルも実は幽霊が見えると言う霊感の強い子です。
ひきこもりなのも、どうもそれが関係しているようです。
澁澤の家に同居している、澁澤の同級生でバイだという女装占い師の薫、澁澤の従弟で親と折り合いが悪くこちらに同居しているという道明。
澁澤の家の執事の宇喜多は72歳のとても人のよさそうなおじいさん(?)そしてその甥で厨房を担当する永一。
澁澤の家にはこれだけの人がいて、そこへ旭とミツルも入ることになり、人間関係は一体どんな風になるのでしょう?
薫がちょっと旭にちょっかいかける風を見せているし、何かある?

今回は、旭の勤めるレストンの同僚の女性が行方不明になった事が一つの鍵として、主人公達の近づいていく様が展開されました。
誰にも頼ろうとしない、ひとりで抱え込む旭が、澁澤に本音をだんだんと漏らすようになり、その胸で涙をこぼすシーンや
ミツルが澁澤に懐いているのを見て自分は必死で頑張っているのに、こんなに簡単に打ち解けられるなんてとショックと感動を受けて涙を流すシーンなど、その複雑な心境にちょっとキュンとしちゃいました。
澁澤はゲイです。
旭が澁澤に心を少し開いて、彼に包まれる事で恋の心が芽生えてきたような部分で終わっています。
澁澤は旭を恋人として本気になるには、一体どういう過程がこれから待っているのでしょう?
何気に、母親の事件の解決がそのゴールになるのか?
2巻へ続くではありますが、次を待つまでこの1巻を読まないのはもったいない!
これだけでも、充分に堪能できる結末を持ってきているので、これを読んで楽しみに次を待ちましょう!

奈良さんのイラスト、確かに澁澤の顔が描かれているのですが、自分には何となくぼんやりしています。
彼の人となりにまだ未知の部分があるからでしょうか?
34歳イケメン(?)作家というには、少しくたびれているような。。。カッコイイ澁澤もみたいかも?

7

新シリーズスタートですよ~

英田サキ先生のシリーズ1作目になるプロローグ的なサスペンス色の物語です。
出てくるキャラも非常に濃いめの人ばかりで皆さんが主役級かも~
主役の一人は母子家庭で育った千野旭で、何者かに母親が殺され、その殺人現場に
歳の離れた弟が目撃者として・・・でもその事件から弟は言葉を発しなくなる。
そんな幼い弟の面倒を見る為に、大学を中退してアルバイトで生計を立ててる健気な
旭くん、そして母親に優しく出来なかったことをずっと後悔し続けてもいるのです。

そしてもう一人が由緒ある家の出で大きな旧家に住んでるミステリー作家の渋澤征武
なにやら一癖も二癖もあるような御仁なんですよね。
態度がデカくて傲慢ではないが、のほほんとしてる感じなのにふてぶてしさを感じる
妙に理詰めぽい感じがして見せない感じはあるけどかなり我が強そうな雰囲気かな。
そんな二人の出会い編から、事件が絡み、そして仄かに恋の匂いがするような初回編
ラブな感じはシリーズが進めば次第に出てくるでしょうが今回はキャラの紹介かな

二人の出会いは、旭のイラストを見かけて一目惚れした渋澤の依頼で初コンタクト
そして旭の続き引きこもりの弟が何故か一緒に出掛けるんですが、後にその行動の意味が
分かってきます。
そして渋澤の家での対面ですが、旭が感じる印象は変人なんです(笑)
かなり言動も行動も浮世離れした感があるのでまさにそんな雰囲気でした。
でも、人見知りで事件後旭以外とは目も合わせない弟が何故か渋澤には懐くんです。
これも後に何となく弟の心理が理解出来る展開でしたね。

そして渋澤は筋金入りのゲイなんですが、結構節操なしでもあるのですが
本人は自分が節操なしだなんて欠片も思ってないのです。

そして今回は見えざる者がバシバシ見える展開でもあります。
渋澤さんもそうですが何やら女装をして占いをする友人の薫さんもそして旭の弟
何だかみなさん見えるんですっ!!怖いです~~
それが事件を解決に導く事になるのですが・・・
次回作も絶対見逃せないって思えるミステリーな作品で読み応え抜群です!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ