ご主人さまペロペロ!

ご主人さまペロペロ!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
38
評価数
11件
平均
3.5 / 5
神率
9.1%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775518151

あらすじ

私バッハは、犬なのでございます。優しいご主人さまはエロ漫画家という重要なお仕事をなさっていて、少しでもお役に立ちたいと思うのですが、犬の姿ではそれもままならず…。そんな私めの願いが天に通じたのか、ついに、ついにご主人さまと同じ姿になれたのです!張り切ってご恩返しをいたします! …そのハズが、ご主人さまのそばに居りますと、体の奥から突き上げるような熱い疼きがこみ上げてきてたまりません──!!

表題作ご主人さまペロペロ!

ご主人思いの元犬? バッハ(?)
エロ漫画家 神田(ご主人様)(?)

その他の収録作品

  • 俺のミーコ
  • ふあふあびっち
  • ゴリ男の片想い
  • ミミモエ☆部長

評価・レビューする

レビュー投稿数7

スリッパは、食べ物ではありません

元飼い犬のバッハ(攻め)の話し方があまりにも可笑しくて
笑えます。
一人称が、「わたくしめ」で、語尾が「ございます」なので、
まるで、できそこないの執事のようです。

物語全編を通して、この話し方と甲斐甲斐しさなのですから、
爆笑もするし、ご主人様思いで優しいなぁ…と思います。

それに対し、飼い主のご主人様(受け)は、
バッハをまるで犬を見るように(いや、実際犬なのですが!)
冷静沈着に見ています。

ストーリーは人間になりたいと願っていた飼い犬のバッハが
ひょんなことから人間になり、ご主人様に尽くしまくるという話です。
しかし、人間の性欲がどんどん突き上げてきて、
それを我慢できず、スリッパを犬の頃のように
ガジガジとかじって我慢しまくるバッハ…。

「ご主人様を犯してしまいたい!」という衝動が
なんの気持ちか理解できないバッハ…。
ああ、もうじれったいなぁ、恋だと早く気付けよっ!
って言いたくなります。

エロシーンがすっごく色っぽい吉池マスコさん。
エッチシーン来るかなー来るかなーって待ってたんですが、
最後まで来ませんでした!続き><

うああああ、残念すぎる!

短篇集なので、他の話ではエッチシーンがあるのですが、
バッハの話が一番好きだったので、この話で
エッチシーン見たかったなぁ……。

1

これは・・・!!

なんというか、なかなかにインパクトの強い作品です。
タイトルからして直球というか、そのまますぎる。

犬、猫、兎と姿は違えどご主人さまへの一途な愛は皆同じです。
でもその愛が斜め上すぎて、おかしな行動をとって飼い主を困らせてしまうのが笑えます。
喋り方、思考回路、行動・・・すべておもしろくてクスクスしながら読みました。

表題作の犬カプのHシーンがないのが少し残念でしたね。
あと、バッハが人間の姿で汚いボロボロのスリッパをガジガジ噛んでるのがシュールでした。

1

きなこに陥落

幼児体形で淫乱なアホっ子に萌える日が来るなんて、思いもよりませんでした。

吉池先生の漫画をいくつか読むうちに、好みでないはずの幼げな受がだんだん可愛く見えるようになっていたのですが、遂に『ふあふあびっち』の受、ウサギ小僧のきなこに落ちてしまいました。

ウサギしっぽがぴょこんと突き出たショートパンツに、ニーハイソックスといういでたちで、お菓子をぽりぽり食べながら漫画を読んでごろごろしていたくせに、飼い主のたかしくんが帰ってくるとばったり倒れて、「ウサギは寂しいと…死んじゃうんだヨ…」なんて泣くんです。

叱られたのが不満で、足をどんどん踏み鳴らすところも、ウサギらしくてとても可愛い。

エロ場面で慎みや恥じらいのない受には萌えない私が、「びっち」とタイトルにはあるけれど、気持ちはたかしくん一筋、素直で一所懸命な、きなこの開放的で明るいエッチには萌え萌えでした。

1

表題作にエロなしたあどういう了見だ

マスコさんのアクアといえば『犬日記』だよなっ!というわけで、また主従関係ものかと思いきや、ホンモノの犬と飼い主だったという…意外すぎておののいた(笑)
もっと意外だったのが、マスコさんだというのに、アクアだというのに、エロなしで終了
ってどゆことだよえええっ?ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!どっちが上なんだかわかんないままじゃまいか!
獣姦ものってことで規制でもあんのかしらとプリプリしながら次のお話に進むと、今度は猫と飼い主のお話って、もうなんでしょうかこれ(笑)
こっちはしっかりいつものマスコさんらしく、開始8ページで濡れ場突入でした。
このミーコなる黒ブチ猫ちゃん、トムとジェリーに出てくるブッチに似ていてとても好し。私こんな子供アニメでも、ちっさい頃から脇キャラ好きだったんだな~トホホ…そんな話はいいんですけど、ワンコのときにもちょい役で出てきていたミーコが、主役になったこっちの話ではアゴにヒゲまで蓄えて、三白眼だしひとつもイケメンじゃないし、マニア向けとしか思えんとこが、好きすぎる(褒めてますよもちろん)
そのあとは兎と飼い主、ゴリラと後輩というラインナップ…マスコさ続きんのすごいところは、ショタとしか思えないのに高校生設定だもんだから、あれ?おかしいなこの二本の線曲がって見えるのにほんとは真っ直ぐなの?みたいなトリックアートのようなところですよ。喩えが余計にわからんか。
裏表紙なんて、ほんわか癒し系の漫画としか思えないもの。そのギャップが素敵です。

2

萌え要素満載なんだけど・・・

う~ん萌え要素てんこ盛りで本来なら好きなはずの設定なんだけれど・・・
タイトルも動物ネタ好きの私の琴線に触れての購入だったけど、絵がねぇ
やっぱり好みの問題なんですよね、ケモノ耳もシッポも・・・萌えないっ
これはイカンです!なんてこったいって感じです。
内容は健気なワンコのバッハも最高に可愛いし発情期を必死で耐える感じもいい
ニャンコのミー子も猫らしい気まぐれさがあって、でもご主人様大好きで
これも凄く良いのです、そしてウサギの寂しくて死んじゃうのきなこちゃんも
とっても良いんだけど・・・萌えない
何故なんだぁ~~と思いながら読み進めた1冊
唯一萌え心を擽られたのが「ゴリ男の片想い」のエロカワ受け様でした。。。

0

とにかくミー子

作家買いです。
このマスコワールドに慣れたからなのかどーなのか
衝撃がちょっと薄目だったような気がしなくもない。
そうか、そうだよ、表題カップルが合体してないからだ
きっとそ〜に違いない(´-Д-`*)ぅん

さて、今回は、獣特集!!!
ある意味BLなんて野獣の巣窟!なわけですが
今回はホンモノのケモノ特集であります。
表題作「ご主人様ペロペロ」はワンコ。お犬さまであります
大好きなご主人様のピンチ!!そんな時に突如、人間の姿に変わったバッハ。
さて、ご主人のために何かできないか。。。と奮闘はするが
奮闘していると思っているのは自分だけwwwな迷惑ワンコ
それが可愛く見えるかどーかなところであります。

自分の構想とは裏腹に酷い有様な姿が可愛くいとおしかった。
なによりも、売られていたショーケースの中でのつまり具合がツボでしたw
エロはないのだが、これはこれで案外幸せでいいのかなと思います。
何事もラブだけじゃないってことよ。

>>俺のミー子
すいません・・・ミー子が気持ちわるいです(・∀・)アヒャ!!
マスコ作品の真骨頂と言えなくもないの続きですけどww
犬のバッハの時とは逆ですね。
小さくて可愛い可愛い子猫。だったはずなのに
人間の姿になったら・・・・・爆
まぁ、見た目があぁなだけで一生懸命で可愛い子だとは思う。
インパクトという意味ではいろいろありますが(顔的にv
あ、ご主人心配してぐるぐるしている姿は可愛かったw

>>ふあふあびっち
うさぎ・・・万年発情期・・・はぁはぁ

>>ミミモエ部長
猫耳プレイですな。

もしかしたら、バッハは続編とかあるのかな?な今作でした。
ミー子含めてもう少しさきがあっても面白いかなとは思います。

1

何とストレートな題名www

小椋ムクさんの代表作に猫が人間化する「センチメンタルガーデンラバー」がありましたが、あちらのワンコ版?というかダイレクト表現版というか、赤裸々版というかwww
やっぱりマスコさん♪という実に楽しい本でした。
ワンコの他に猫もあるんですが、ワンコがワンコなら猫は・・・(爆)
表紙のワンコもかわいいじゃないですかv

エロマンガ家の神田が彼女とペットショップで見つけた仔犬がバッハ。
でも彼女は神田の職業を理由にバッハを置いて出て行ってしまい、以来バッハと二人暮らし。
寂しい神田の涙を見てからバッハはご主人様の役に立ちたいと願うのですが、いかんせん犬。
ある日ご主人様が車にひかれそうになったところを助けると何とバッハは犬耳尻尾のついた人間に!?
ご主人様思いのバッハのその姿に感動・・・・いや・・・笑います!!!
バッハはしょっちゅうスリッパをかじるんですが、それは何と発情期!
モヤモヤするその気分が何だか分からずに人間の姿のまま、ご主人さまの上に乗って腰振ってる姿に笑いがとまらんデス!!
そんな面白い風景なのは、元はバッハは犬だからで、
それが人間の姿で健気で不器用続きな姿をみせるから、とってもいいのです!
その健気さはご主人様の神田でなくてもちょっとウルっとしちゃうくらい。
マンガの事で落ち込む神田を慰めようとするバッハに字もよめないくせに!と八つ当たりするんですが、実はバッハは字の読み書きの練習をしていたとかね、
ちょっとイイ話っていうのになってますよ、ほんとう。
さて、この二人どちらが受け攻めか朝チュンになってるんでわからんのですが、間違いなくワンコ攻めです♪
それ以来スリッパをかじらなくなったって。。。

『ぼくのミーコ』はバッハ編で、バッハに色々とアドバイスをしてくれる猫又のミーコが主人公。
彼もまた自分を拾ってくれたご主人様が大好きで、ご主人様がお風呂で溺れそうになっているのを助けた時に人間に!?
このミーコ、すごい腹黒そうな顔してけっしてかわいくないんですけど、妙にかわいいんです。
やんちゃで、自分勝手だけど、でも、でも、ご主人様だ~い好き!のラブが溢れてる。
ヒゲがあってワイルドな外見に似合わない名前ミーコがツンデレ発動してご主人様に尽くす姿もまた一興です。
もちろん、こちらはミーコが攻めです♪

『ふあふあびっち』はうさぎーーー!しかもショタ風味女装デスw
やくざの下っ端・隆が飼ってるうさぎがきなこ。
部屋で彼女とエッチしてる時、突然「ぼくの前でそんな女とエッチしないでー!」と叫んで人間の姿になったきなこが現れるw
きなこはエロくて淫乱なんですが(受け)、これうさぎって一度やると止まらないっていう設定をもってきてるのかな?
きなこは、バッハやミーコと違って健気だけど生活能勅はなくて、かわいい専門(爆)
魔性のうさぎというのが彼なりの健気の証かも?ですねw

『ゴリ男の片想い』と『ミミモエ部長』はマスコさんらしい一作。
柔道部の岩城部長が密かに恋してるマネージャーのゆきお。
結論からすると両思いだったんですが、ゴリ男とショタ風味の組み合わせ萌えデス
後半は母親が町内旅行に出るからとゆきおをお泊りに読んだ岩城部長が、寝ているゆきおに猫耳つけてエッチするってそれだけなんですが(w)
ゆきおのパジャマにーーー!!いくらかわいいからって、ショタ風味だからって、、、これはーこれはーー大爆笑してしまったのでした。

基本どの作品も、相手を好きで好きでしようがないというLOVEにあふれた作品。
特にバッハとミーコの話は笑いの中にも切なさがあったりして、マスコ作品が好きな所以である特徴が出ている作品だと想いました。
絵的に好みの別れる作家さんだけど、ハマるとすごくいい作家さんなんですよ♪


3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ