リアリストによるロマンチシズム

realist niyoru romanticism

リアリストによるロマンチシズム
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×221
  • 萌14
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
13
得点
136
評価数
38件
平均
3.6 / 5
神率
5.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784403663376

あらすじ

家事以外、並の能力しか持っていない大学生・佑希は、就職活動がうまくいかずに焦っていた。 そんなある日、大学教授をしている父のつてで、コメンテーターとしても活躍する准教授・戸高のアシスタントの面接を受けることになるが……?  ドSな准教授×平凡な大学生の、プレシャス・ラブ・ストーリー!

表題作リアリストによるロマンチシズム

戸高啓一朗 人気の経済学部准教授
名波祐希・大学生 家事の得意な友人教授の息子

その他の収録作品

  • 恋愛における需要と供給

評価・レビューする

レビュー投稿数13

偏屈インテリ眼鏡…なのに可愛く思えてくるのは本質が甘えん坊だから?

頭良すぎて周りから遠巻きにされてきた偏屈な先生が助手に望む条件が“普通に接してくれるひと”ってのが可愛い(*´Δ`*)

利口ぶりを主張してくる女性に対してのキッパリとした対応にスカッとした!
もう戸高先生に拍手喝采!
この女性、初対面の時から祐希に嫌味っぽい対応していたから好きじゃなかったんですよねー!
スッキリ( ̄ー ̄)bグッ!

祐希パパいい味だしてる(≧m≦*)ムプ
でも最初、戸高さんってば祐希パパに片思いしていて、祐希にパパを重ねているんじゃ?とか思って焦ったけど(;´Д`)
そんな切ない展開はございませんでした。
戸高先生大爆笑www

キスした翌日にツンデレキャラよろしく「別にそんなんじゃないんだからねっ!!!」的な発言かましてくれている戸高先生www
だがしかーしタイミングわろし!
オレみたいな助手必要なんかなー?って落ち込んでいる時に「きみはアシスタントであってそれ以上でもそれ以下でもないから」なーんて言っちゃうもんだから佑希の自虐度刺激して「知ってます」になっちゃう罠。
怒りながら落ち込んでる佑希くんよしよししたい←

描き下ろ続きしのこたつ破壊…ぜひ詳しくっ(*´Д`)ハァハァ!!!

1

受け様のパパが良い味出してます

ストーリーも面白かったんですが、とにかくこういう攻め様大好きです!!!

でも、実際に相手にするとすんごく根気も根性も、そしてコツも必要で大変だろうけれども、第三者的立場から見ている分には、大変好みのキャラクターです。

最初はかわいそうなぐらい翻弄されていた受け様も、コツを掴んだようなので、これからは幸せで楽しそうです。
いまやもう攻め様が受け様にしっかり翻弄されています。

物語においてはこういうやっかいなタイプほどコツを掴むと案外簡単に手の平で転がせるようになると相場が決まっていたり、あと実は攻め様の方が受け様にご執心・・・と相場が決まっていて安心です。

0

堅物攻めが陥落させられるのがたまらないっ

理屈っぽい攻めと常識人の受けのカップリングです。
途中まで完全に攻めは父親のことが好きだと思っていたので、報われない思いを似ている息子に重ねて解消しているのか・・・ともの悲しくさせられましたが、そんなシリアスなことはありませんでした。見事に騙されました。
受けが苦労性で常識人で、攻めに連れられた先の仕事の人に嫌みを言われるんですが、さらりとかわして苛立たせるシーンはすかっとしました。攻めの外側だけを見て、自分こそがお似合いだとアピールしてくるような女性はこっちから願い下げです。攻めと食事をとる場面で、賢いと主張してくる女性は好きではないとはっきりと口に出す攻めも清々しかったです。
段々とふたりの距離が縮んでいき、攻めに受けがキスされるんですが、それまでそういう素振りを全く感じなかったために、受けと同様呆気にとられました。本当に突然のことでした。
後日、攻めが受けにそのことについてツンデレ全開で「意味なんかないんだからね!」のようなことを言うんですが、勘違いしてしまっている受けは、「わかってます」と普段のように反論せずに素直に言葉を受け取ります。その時の攻めの表情や動きが面白かっ続きたです。こういう気持ちのすれ違っている場面というのは、どんな作品であったとしても萌えますね。
恋愛初心者か、というくらいに分かりづらい行動をとる攻めとそれに振り回される受け。木下さんらしい独特の世界観で、素敵に描かれています。明るいんですけれど、締めるところはきちんとする、そんな話の持って行き方がたまらなく面白い作品でした。

1

甘えん坊さんとオカン気質のラブストーリー(笑)

仕事面でもプライベートでもいいコンビ&カップルで、読んでいてコントを見ているような、2人のやり取りがほんわか楽しませてくれる作品でした。
ただ、いつもの木下作品に比べると、終わり方が駆け足気味だったので…もう少し攻めの甘えん坊ぶりが読みたかったなあと心残りでした。

内容は、ドSな准教授•戸高×平凡な大学生•名波のほんわかラブストーリーのお話。

名波は父親の紹介で、偏屈な准教授、戸高のアシスタントをすることに。
大学も二流で、特に秀でたところもないけれど、人の世話を焼く事は好きだという、オカン気質な名波。
なんでも完璧な戸高には、自分はお気に召さないだろうと、面接は落ちたものだと思っていたのに…名波の普通さを気に入った戸高は採用します。
戸高はただ、自分を特別視しない普通の人がよかったんです。

戸高はドSってなってますけど、ワガママで偏屈で横暴さが目立って分かりにくいんですけど、その本質は甘えん坊さんでした♡
なかなかへこたれない…しかもオカン気質な名波に癒しを感じながら、ついつい甘えちゃうみたいな感じが美味しいんです。
特別視される人は、その人なりに苦悩し続きてたんですよね…だから普通の…普通に接してくれる名波の存在は、戸高には新鮮で、愛しいんです。
でも、素直な人ではないから、偏屈な言い回しが、頭がいい人らしいというか…悪くいえば大人気ないというか…でも可愛くて見えちゃうから仕方がないなあ…みたいな感じでした(笑)

名波は、愛ある家庭で育てられたんだろうなあと思える、温かくて、心地良い可愛らしいキャラでした。
何にでも一生懸命で、いいたい事はハッキリいう性格も微笑ましかったです。

2人の間で、いい感じにボケっぷりを発揮する、名波父の存在も楽しくて面白かったです。

2人が恋人になるまでのやり取りが、本当にニヤニヤ楽しめる作品でした。
続編があるなら、カップルになってからの、日常場面をもっと読んでみたいなあと思わせるお話でした。

偏屈年上攻めはやっぱり好きでした(笑)
楽しい会話のやり取りを読みたい方にはオススメです。

0

屈折は嫌いじゃない

片方が好きになれないは、相変わらずなのですが
カップルとして成立している状態は
好きです

ドS設定なのですが、ドSというよりは
小うるさいめんどくさい人といった感じでした
お父さんが可愛いです
お父さんとくっついたほうが
萌えとしては高かった気がします
これは、自分の感想ですが
でも、そうなると、おじさま同志のカップルかぁ
それはちょっとかも

お父さんめっちゃ可愛ですし
その息子ももったいないほど可愛い
もったいないというのは、カップルになる

小うるさくめんどくさい助教授です
好きなら仕方ないと思いながら
自分を納得させました

0

オレ様すぎて…

分かりにくいよ、戸高さん!…と思わず心の中で叫んでしまいました(笑)。
ここまで徹底して攻め様がオレ様なのも珍しい…大抵途中で受け様にデレッとなる作品が多いと思うのですが、この作品はその欠片もない…目につくところでは(笑)。
それだけに、ふと垣間見せるホッとした表情や、攻め様が受け様をちょっと褒めたり意地悪をするころでキュンとしちゃう。いわゆるギャップ萌ですね。
天才で、人付き合いが苦手で不愛想、いつもロボットみたいに表情のない攻め様が垣間見せる人間的な表情がいい。
受け様もそんな攻め様に心の中では反発したりするけれど、基本的には従順で素直。
でも近づきがたく堅い雰囲気の攻め様に対しても萎縮はしない。そこがなよなよしてなくていい。
派手な展開やものすごくキュンとすることはないんですが、ちょっとずつ、ちょっとずつキュンを小出しにしてくれるところがこの作品の好きな所でした。

0

偏屈なインテリ眼鏡攻めが良い

インテリで大人で意地悪な攻め×嫁スキルの高いちょっとドジな受けという組み合わせに、ちょっと『由利先生』シリーズを思い出す作品(現代モノですが)。
攻めは可愛いところもあるけど基本的に態度がでかく、受けが翻弄され気味なところも似ているなと思いました。ああいうカップリング好きな方にはオススメ♪

就職口のない大学生・佑希。
父親の友人で経済学者・戸高のアシスタントとして働くことに。理屈っぽく嫌味な戸高にイラッとしたり呆れたりしながらも世話を焼くうちに、戸高のことが気になりだす佑希。
父親と仲の良い戸高に嫉妬したり、いきなりキスされて戸惑ったりと、心中を乱される佑希。そこでウジウジせず、何とも思ってないのにキスとかすんじゃねーよ!と毅然とした態度に出る佑希はなかなかいいキャラですv

ただやっぱり戸高の方が一枚も二枚も上手で、言い負かされちゃって身体上もいいようにされちゃうんですがw
あの行動はこういう意図だ!という戸高の告白があって誤解が解け、そのままスルっと身体の関係にもってっちゃうラストは個人的に少し張り合いがないのですが(佑希にはもう少し言い返してほしかった…)、二人続きの性格や経験値の差を思えばこの力関係には納得。

後日談はコタツでイチャイチャする二人v
佑希をいじめてるようで可愛がっている、戸高の分かりにくい愛情表現がかわいいですw
常人離れした才能ある人ってどこか子供っぽい部分があるかもね…と佑希視点で天才を観察しているような面白さがある作品でした。

1

俺様と、今時流行の男子

どこかぼけた味わいの、癒されるおはなし。
天才俺様な准教授×性格のいい大学生のアシスタントの、年の差カップルです。

受けの名波くんは、父子二人暮らし。家事全般に有能だが他はとりたてて特技なし。
二流大学の卒業を控えているが、就職浪人になりそうな気配だったところ、
父の友人の経済学者のアシスタントにめでたく採用される。

この先生、ちゃんと自覚はあるんだけれどすごい俺様。
でも本当はただの甘えたがりなんだって、わかっちゃう名波くん若いのにすごいなぁ。
なんて懐が広いんだ!君、うちにも来てほしいぞ。で80度の珈琲入れてくれ~
今や三高は時代遅れ、こういう男子は実は引き手数多だと思うんだけれどな。
     ↑
 かたや俺様戸高先生は、典型的な三高だな。
そんな二人の会話が楽しいです。

そして、出色のキャラは名波父。
おーい、父、「ケツ気をつけろ」て言ってたのにね、ダメみたいよ?
それとも、嫁じゃなくて婿に出すならばいいw?

という楽しくほのぼの、ちょっとキュンとするお話でした。
それぞれの幼稚園時代の姿が(片方は妄想バージョンですが)可愛い♡
続き


3

なんだかんだで相性バッチリ

待ってました!けい子先生の最新刊~。
1冊まるまるのお話です。

全体的に可愛らしいほのぼのした恋のお話で、特に当て馬が登場するでもなく、
さらっと読みやすい作品でした。

攻めの戸高はいわゆる天才で、受けの佑希の父が勤める大学の准教授で、
綺麗な顔してズケズケ物を言うドS(実はそこまででもなかったり)。
佑希が抱く第一印象も『性格悪そう』
しかし、ゴキブリを怖がったり、『普通』に憧れていたり、淋しん坊で甘えん坊だったり、実は可愛いのです!
そんな戸高に佑希は徐々に徐々に惹かれていき、また、戸高も佑希が特別で必要な存在と
なっていきます。

屈折王子様・戸高のお世話をする受け・佑希は家事以外は並みという子なのですが、
人の世話を焼くのが好きというおかん体質の可愛い子なのです。
2人の出会いは、佑希が就職活動に悩んでいた時、父の紹介で戸高のアシスタントとして
働くことになったことからスタートします。

そこから2人は、いろいろ勘違いしたり、ぶつかり合いながらも結ばれていくのですが、
素直に『好きだ』とか言うのではなく、『不快か?苦痛か!?嫌なのか!?続き』と佑希に
詰め寄る戸高に笑いました。

理屈っぽくて実は隠れ甘えん坊な戸高に、それを面倒みる佑希。相性バッチリ!
なんだかんだ可愛い2人の恋を応援したくなります。お父さんもいいキャラ!

2

足りない部分を埋めてくれる相手

研究職に就いている人は一般人から見たら変わり者が多いんだと思う。
ごくごく平凡な大学生の祐希の父親(大学教授)だって浮世離れした感じだし。
そんな父親の世話で磨かれた嫁気質を活かし(?)戸高のアシスタントとして働くのですが…
天才ゆえに「普通」に飢えている攻めが
ごくごく普通、家庭的な受けに惹かれるのはもはや王道。
祐希の子どもの頃のアルバムを見ている戸高が優しげで。
いつも傲慢偏屈さんのそんなとこを見たらほだされるわ~。
父の寝言がナイス!

1

ひょっとして嫁募集だった?

実に軽くて口あたりのよいサクサクしたスナックみたいなお話でした。
ポーカーフェイスでしれっと意地悪(?)する准教授も愉快なら、何となくほんわりした感じで彼に振り回される青年のその反応も愉快で、
木ノ下さん流のコメディが何となくかわいい感じがします。

大学教授を父に持つ、父子家庭の息子の得意なものは人の世話と家事w
そんな主人公が父の友人で、マスコミに引っ張りだこの准教授のアシスタントのバイトをすることになります。
さらっと嫌味を言うわ、物事にうるさいわ、ちょっと苦手~と思う主人公だけど、父親には笑顔を見せて、自分の事を褒めている!?
色々だぐりよせると、ひょっとして准教授は父親を好き!?
そんな勘違いがあってみたり、
突然キスしてくる准教授に翻弄される主人公。

最初から最後まで准教授に振り回される主人公に、かわいそうとか思うより、彼自信のヘコタレ度がそんなに感じられないから、
そして意外にも真面目で健気な姿は、さすが!世話好きというだけある!!
という、実にオカンなキャラクターがいいですね。
准教授も全然甘い顔ひとつもしないで、その態度はまるで
お前の続きものはオレのもの、オレのモノはオレのモノみたいに、傲慢で不敵で主人公を手の上で転がして喜んでる(喜んでるように見えるw)
彼が主人公を特別に思うのは、彼が普通すぎるほど普通で自分を特別視しなくて、そしてなにより、世話を焼かれたいとおもってるからなようなひねくれ者な感じが♪
甘えたちゃんなんですよねwww

准教授は、アシスタントは嫁である
その募集条件は嫁の条件で、友人である主人公の父親から彼の事を聞いていて、ひょっとしたら元から嫁に欲しいとおもっていたのかも!
きっとその決め手はゴキブリ退治だったに違いない!(爆)

嫁、頑張れwwwww

1

かなり性格が悪い攻め様の解かりにくい求愛

傲慢偏屈な准教授、ドSなのにゴキブリが怖かったり、コーヒーの温度や量まで
決まっていないとダメで面倒な攻め様と、そんな攻め様の友人の息子で二流大で
成績から何からなにまで普通の受け様とのラブストーリー

攻め様は天才故の傲慢さもあり、人付き合いも普通に出来ないようなタイプ
そして大学でも唯一の友人が受け様の父親なんです。
その父親に攻め様のアシスタントとして薦められ、働く事になった受け様
でもTVなどにも出てる有名な人でかなりの毒舌で第一印象から好感は持てなかった
受け様、そして働くようになっても、要求の細かさや態度なのでも初めの印象が
良くなる要素は見つからないのです。
ある日、父親と色違いの万年筆を見つけ、更に父に対する時に見せる笑顔が何故か
引っかかる、そして父から何気なく言われた攻め様はバイだから気を付けるようにと
言われ、更に昔攻め様に寝ぼけて襲われそうになったと笑いながら告げられ・・・
受け様は攻め様が父親を好きなのではと?微妙な気持ちになるんです。

でもそれは何やら誤解で?話の流れでもしや自分に?なんて思ってから
性格の悪い攻め様の事が気続きになったり、可愛く思える態度が見えたりと・・・
でも、性格が最高に悪くて子供みたいな攻め様ですから愛の言葉を囁くなんて
絶対有りえないんですよね。
受け様がほだされていくような感じで好きになるけれど、甘々な感じはないです(笑)
でも、態度や言動でなんとなく愛が伝わってくるような不器用な攻め様
受け様のお世話は永遠に続いて行きそうなほのぼのシュールなストーリーでした。

0

偏屈男のかわいさ

ドSというよりも、偏屈准教授と平凡大学生の
ほのぼのロマンスでした。

偏屈准教授は、自分が、賢くできる人間であることから、
人から遠巻きにされがちであることを憂いており
(偏屈なので、そんな言い方はしてませんが)、
自分に普通に接してくれるアシスタントを探してました。
それが、受となる平凡大学生なのです。

この受は、偏屈で我ままな准教授をなんだかんだ世話していることで、
単なる甘えたなのだと気づき、かわいく見えてしまうんですね。

なんとも、あったまるお話でした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ