振り返ってみてみれば?

furikaette mitemireba

可以回头看看我吗

振り返ってみてみれば?
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×214
  • 萌6
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
98
評価数
28件
平均
3.6 / 5
神率
14.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784403663383

あらすじ

大学生の政己は幼なじみの賢朔と寮で同居中。 自分にべったりな賢朔が成長するにつれて周囲から騒がれ出したのが気に食わず、高二の夏に政己が彼の童貞を奪ってからはセフレでもある。 しかし、賢朔に「こういうのをやめにしたい」とセックスを拒否されて……?  桃色ラブ・デスティニー 「愛おしいってそれだけで」も収録!

表題作振り返ってみてみれば?

幼馴染の大学生 賢朔
大学寮に一緒に住む大学生 政巳

同時収録作品愛おしいってそれだけで

宮田の部屋の居候 小沢
大学寮に住んでいる宮田

その他の収録作品

  • 男・宮田君
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

今回のテーマは「ヘタレ」なの?

「愛おしいってそれだけで」
こちらが巻頭です。
「奪われることまるごと全部」の鷹緒の友達、小沢と宮田の話。
美長が捨てたベッドがココで有効活用(?)されてます(笑)
ほぼ、半分がこちらの話ですが、表題作にしなかったのは、
短髪同士のカプでビジュアル的に弱かったからだとか。
誰かに夢中になるなんて信じられないとか言っていた小沢が、
初恋(?)にあたふたしているのがほほえましいです。
「愛があるならいじゃない」でその後の二人が見られます。

「振り返ってみてみれば?」
ビジュアルがふわふわしている賢朔が意外にも計算高かったって話です。
前半、「俺様」をバリバリ出していた政巳が
賢朔に睨まれてしおしおとなっていく過程がおもしろかったです。
結局は、賢朔の手の上で遊ばれてたのかな。

「男・宮田君」
ビビッて手ぇだせないって、どこまでウブになったんだ、小沢!
タイトル通り、受様の宮田の方が、よっぽど男前だよ。

0

血迷ったのか

愛しいってそれだけで の小沢と宮田。
小沢が誰のことも好きになれない欠陥人間だ悩んで、宮田に優しくされて宮田が可愛く見えちゃうのには笑ってしまった。単純な小沢の方がアホで可愛いく見える。

酒の飲ませ方(笑)そんなんで酒は飲めないはずw

泣いてる宮田がさらに可愛かった。

なんか、空気の読めない脇役がいっぱいいて笑えた。

表題作の方は賢朔が怖かった。本当にあのブラック賢朔の後であのメールは呪いかと思うよね。んなの、怖くてビクビクしちゃうわ。

1

素敵な親友

表題作よりも冒頭収録の作品がとても好きなのでそちら多く書きたいですが・・

表題作は、高校に入りモテ出した親友に嫉妬し身体の関係を持った。
女に取られるまえに、お前の童貞はもらうぜ!って気持ちがかわいい。

それからも身体の関係は続けている。しかし突然身体の関係をやめたいと言われる。好きな子としかしたくないと・・・・
好きな女は誰だともんもんしまくる。
結局は恋人になりたいってサインだったのです。

愛おしいってそれだけで
の作品の2人もめちゃ素敵です。


大学生で同じ寮で暮らしている
2人は寮の部屋をラブリーな部屋にしたて、2時間千円でかしている・・・

なんともなんともな始まり。

2人のは親友。親友である片方には彼女がいる。
小さくてかわいいと彼女。
そんな2人を直接見ていると
虚しくなってくる。

それは自分が親友を好きだから。
それを自覚してからは彼女のイメージが脳内処理されどんどん消去されていくさまが面白い。

友達に親友を好きなことを伝えてしまうが、引くことなく
聞いてもらえる。

勢いあまって告白したものの
続き受け入れられないと言われて
ギクシャクし、このままじゃ生活ができないと思い
寮を出る決心をする。

親友が引越しをすることが現実となった時に激しく動揺し・・

2人はくっつくのだけど。
なんとも男同士らしい会話
泣いているけど女々しく思えないのは、イラストの迫力かな。

彼女にとってはびっくりだろうけれど仕方ない。

2

友達から恋人へ

表題作と同時収録作の2作品が入っています。

『愛おしいってそれだけで』
巻頭~に入っている作品です。全体の2分の1のページ数を占める割合で入っているお話でした。
この作品は同室同士の友達が、『友達』から『恋人』になるというパターンのお話でした。
この手の題材を意識したストーリーにしている割には、
そこの所の葛藤が薄かったかな、という印象です。
あっさりしすぎているのがノンケ×ノンケの醍醐味を感じられず惜しいと思いました。
受も攻めも二人とも適度にリアルな男の子らしさがあって、阿部先生のそういうキャラの描き方は好きなんですけどね。
でも内容的には突き抜けたアホバカでもないし、ぬる~い印象でした。


『振り返ってみれば?』
ブラック賢朔は男らしくて良い!!
ただ優しいだけの草食動物よりはこういうブラックさがあるとキュンと来ます。
ブラックが苦手な人でも多分読める内容だと思います。
そのブラックの理由がちゃんとあるからです。
しかしあんまり好きなパターンではないです。
なぜならこの手のパターンって回りくどく感じるからです。

0

ブラック賢朔がツボったーーー!!

大学の学寮を舞台にした2シリーズのうちの後半カプが表題。
前編カプがとってもかわいい(!?)初恋の話なら(爆!)
後半は傲慢なご主人様(女王様?)がワンコの逆襲にあってヘタレるお話。
どっちも一筋縄でいかなくて、思わずクスクス笑いすることこの上なし♪
やっぱりね、阿部さんといえば長髪キャラ!
これがその女王様一転ヘタレにまたハマるんですよv
しかも更にその上を行くのがワンコ!!
従順なだけかと思ったらある日突然反旗を翻して、ブラックワンコに変身するから(それで女王様がオロオロしちゃうw)それがまた愉快♪♪♪
何だかいつもの阿部さんの得意キャラをまるでくじびきのように混合ミックスして編成したみたいで楽しめました。

馴染の賢朔が高校に入ってモテはじめたのが面白くなくて、彼に乗っかってから始まった政己と賢朔の関係は、大学に入っても同じ寮で同居してセフレの状態を続けてる。
だけど、ある日突然賢朔が「もうまーくんとはこういう事しない。好きな人としかしたくない」と言いだしたから、さあ大変!
いつも従順なワンコだったはずの賢朔が!?
寝込みを襲えば蹴り飛ばされ、でも翌朝に続きは普通にいつも通り。
そんな賢朔が怖くて拗ねたりおびえたりしてると、「何びびってるの」
そしてとうとう、政己は・・・
政己の独占欲に決して辟易したわけではなくて、その所在をはっきりさせて欲しいという、賢朔の抗議ではあったんだけど、、、あんた怖いよ!www
しっかし、まるで子供みたいになったあの女王様の政己がねぇ~www
キスだけでイっちゃうとかw何か二人ともすごい可愛くなっちゃって、何だこの!って突っ込ませていだただきましたwww
バカップルの誕生の瞬間でした♪

そして、その寮でレンタル部屋をやってる同級生のお話が冒頭なんですが
友人からド派手な寝具を譲り受けた為、「やり部屋」2時間1000円で提供している宮田と小沢。
実はですね、このフリフリのラブリーな寝具を提供したのは、あのアホ鷹緒です(爆)
鷹緒の同級生のお話だったんですね♪
ということで、同級生モブの役で鷹緒登場して番外で美長をのろけてましたwww
気持ちが重くてすぐ彼女に振られるという宮田と
本気の恋をしたことのない小沢。
宮田に彼女ができたことで、何と小沢がそれに嫉妬を覚え、その気持ちが好きということに気がつき、というなんともおいおいおい、、、小沢よ!
と呼びかけたくなる、拙い恋心w
周囲も初恋なら仕方ないねーって思わず協力をもし出てみたり。
かくして宮田は、、、なんですが。
ここに宮田おかしくね?なんで?なんて突っ込むと面白くないので
宮田は人が良くて情にもろいということで自分の中で手を打ちました(爆)
或る意味流され侍だな、うん(?)
しかし、出来あがった二人は何だか初心くて、ラブラブで、かわいいぞっ!
何も手が出せない小沢が、見栄張ってる小沢が可愛かったですv
それにしても、宮田の服の模様が・・・w

1冊終わってみると、とってもかわいいバカップル話だったのでした♪

2

初めて本気の恋をしたならば

大学の石川寮でのラブストーリーで、幼なじみ同士でモテ初めた攻め様に
独占欲からいきなり高校生の頃に乗っかってしまい、そのまま生活の一部のように
セックスしていた二人が、攻め様の、もう、好きな人としかしないと言うセリフで
今までの関係が変わってしまうお話でした。
攻め様に拒否られてから、今まで強気の態度で接していた受け様ですが
本気で拒否されて、でも攻め様の普段の態度は変わりなくて・・・
でも拒否された時の攻め様の様子が真剣で下僕状態だと思っていた攻め様に
無意識で怯えてしまう受け様。
すれ違っていく二人の関係に攻め様が・・・
惰性的な関係から恋人同士になるまでのストーリーです。

愛おしいってそれだけでは、こちらも大学の石川寮が舞台のお話です。
大学の同級生同士で、同居している友人同士の二人が互いの思いに気づき
恋人同士になるまでのラブストーリー。
攻め様は淡泊無感動なタイプなんですが、友人の受け様も同じタイプだと思ってたら
かなりの情熱家だと判明し、何故かわからず焦る攻め様
そんな二人は攻め様の部屋を愛のお部屋を2時間千円の格安で提供してるので
受け続き様の部屋で同居してるんですよね。
そしてその部屋で愛を語ると一生離れないなんて言う話まで噂になってて・・・

受け様は彼女が出来て、メロメロ状態、そんな受け様を見ている攻め様は
何故かイライラしちゃう。
そしてナンパした女の子に付き合おうと言ったら、つまんなそうだからと断られ
がっくり凹んでしまった時に、受け様に優しくされて、何故か心がときめく。
でも勢いで告白したら玉砕してしまい、フラれたショックから引っ越す事に
今度は受け様が攻め様と会えなくなると・・・
友人から恋人同士になるまでの紆余曲折なストーリーでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ