書店員のオススメは

shotenin no osusume wa

给心中的主角的情歌

書店員のオススメは
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
25
評価数
11件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784199605086

あらすじ

ケンカ上等の元ヤンが、書店員にまさかの転職!? 肉体労働しか知らない天地(てんち)は、付録を組めばゴミの山、レジに回れば客に凄む、と失敗ばかり。何より、天地の一挙一動に目を光らせて厳しく指導してくる店長の桜井(さくらい)が気に食わない。けれど偶然、意外にも桜井の泣き顔を目撃してしまい!?
ヤンキー男子×インテリ店長の異文化交流ラブ!!

(出版社より)

表題作書店員のオススメは

元建設業の新人書店員 天地 
書店店長 桜井

その他の収録作品

  • 王子100%
  • ヒーローのうた。
  • 草食系恋心
  • 書店員のオススメは 番外編 明日、本屋で
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

「放しがたい。」

相容れなかったふたりが、最後はラブラブのカップルに。

ガテン系攻めが、全バイトの社長の頼みでなぜか本屋で働くことに!
ここで何やら気に食わない眼鏡の真面目男子と出会う。

なぜか気になるこのメガネ君・・・
でもこのメガネ君には忘れられない人が・・・

何度も何度もぶつかり合い、報われるのかと思ったこの恋。
最後は二人ラブラブに結ばれてよかったな~と^^
お互い忙しいのでなかなか時間が取れないですが、
少しの時間も惜しい攻め(笑)

「放しがたい。」

そう言っては受けから離れたくないのです(笑)
なにそれブーム?と言いつつも嬉しい受け(*´ω`*)
いやーよかったねえ。円満解決っすわ!!

サブストーリーもガッツリなので。一度で何度もおいしい。

んー設定は良かったんですが、なぜかツボにはいらなかったなあ・・・
おそらくメインのメガネ君は私の萌えツボには入らなかったようです(^^;

1

何となく親近感が(笑)

自分が古本屋でバイトしてるからか、本屋さんの話はすごく親近感がわきました(笑)
…と言っても、新刊書店と古本屋ではやる事全然違いますが、それはさておき。

全体的にピュアラブな感じでした。
友達以上恋人未満、的な。
エッチシーンがほとんどないので、エロいのが苦手な方にはいいかも。
個人的にはすこーし物足りなかったですが、後の妄想が膨らむのでそれはそれでよし!(笑)
エロエロなのもいいですが、偶にはこんな健全な話もいいですね^^

1

お前がエロいからwww

「フェティシズム同盟」が初読みだった作家さん。
・・・ということをすっかり忘れていた!?
確か前作はフェチがテーマだっただけに、そこそこエッチがあったとおもうのだが、この本は番外意外ないんですよ!
でもそれが却って新鮮でその後の妄想が楽しくてなくても充分楽しめました。
絵はね、すごくきれいで好みなんですよ。
表題は元ヤンのごっついお兄ちゃんがでてくるんですが、それもガタイのよさが格好良さにつながっていいのに加え、眼鏡男子が、ストイックさを前面出ししていて、これもまたいい!
ただ4本作品入ってるのですが、どれもちょっと登場人物の顔が似ているのが。。。
物語は、キャラクターが愉快で特徴があって好きなんですが、この絵が似ているのが災いして何となくどれも同じに見えてしまうと言う。。。全然タイプは違うのに。。。
前作を読んでいるのにすっかり忘れているという印象の薄さも、これにあるんじゃないかな?
腹黒王子の話なんかおもしろかったので、できればがっつり1本で1冊とか、2本構成にしてほしかったかも?

表題は、元々ガテン系の仕事をしていた天地が、会社が倒産するために社長に紹介さ続きれて入社したのが、なんと!考えてもいなかった畑違いの書店。
ガサツな天地にちくちくと文句を垂れて、厳しくするのが店長の桜井。
イケスカナイ奴なんだけど、彼がある作家にこだわってそれでショックを受けているのを見て何故か気になる存在に。
ノンケのはずの天地が、桜井に血迷った(爆)ような変化ぶりが、無骨ながらかなり楽しい。
こういう、男っぽい一見ガサツだけど、やるとなると情に厚いというか、そんな男気がこいつイイ男じゃん♪って魅力的に見える。
桜井のクーデレもデレ要素がかなり少なくて、まとまった後でも甘くならないのが、この天地によく似合うカプぶりなのです。

この本の中で一番好きだったのが『王子10パーセント』
ここの高校は普通科と工業科があるんでしょうね。
工業科は不良っぽいのが多いらしくて、そこでも目立って突っ張っているのが三浦。
ある日、生徒会室で抱き合っている生徒がいるのを見るのだが、それは特進クラスで風紀委員でさわやか王子と呼ばれている高堂なのを知る。
何故かだ彼の推薦で三浦は体育祭の委員に指名され、いやいやながらも委員会に参加することになるのだが。
何かと三浦を構う高堂にひょっとして裏があるのでは?
と思いながらも、何となく律儀に委員の仕事をする三浦。
しかし!?
この王子、ブラック風味満載。
単純なヤンキーはすっかり騙されてしまい、うっかり彼のペースに巻き込まれている。
エッチはないけど、明らかなヤンキー受けの誕生ですw

『ヒーローのうた。』は表題の書店にバイトする大学生のお話。
文学青年で作家になりたい夢を持っていながらも挫折していた大学生が、ストリートミュージシャンをしている会社員と出会うことで、もう一度やる気をもらうというお話。

『草食系恋心』これも比較的好きだった、高校の同級生同士のお話。
日頃会話したり接点のない同級生、影由の視線を時々感じる坂上。
彼の変わりに合コンに出たことで、影由との接点ができ話すようになる。
そんな時映画同好会のドキュメンタリー撮影に坂上が協力することになりカメラを渡される。
普段の日常を撮ってくれというリクエストに坂上がファインダーで覗くのは・・・
きになる存在になっていくというのが、一つの四角い窓を通して判明する、それが何となく新鮮だな、なんて思いました。

3

本を売るのは元カレの為?

第一印象からなんとなく敬遠気味の相手を知るうちに何故か気になって目が
離せなくなってしまっていて、いつの間にか心が相手に囚われてしまう
そんな感じの作品3篇の作品+番外編のラブストーリー
エロは番外編に多少あるだけなのでエロが苦手な人には読みやすい作品かも

書店員のオススメは、土建関係の会社が倒産してその社長の紹介と言う名の
お願いで、畑違いの世界で働くことになったガテン系の攻め様と本を売る事が
夢だと思い詰めるようなインテリ系メガネ店長とのラブバトルです。
初めから水と油みたいな関係の二人なんですがある作家の本を見て時たま見せる
今にも泣き出してしまうんじゃないかと思う表情が気になりだして敬遠してた
店長の受け様の事を知りたいと思うようになる攻め様。
初めはその作家が受け様の離婚した元妻だと勘違いして、未練があるのかと
思っていた攻め様ですが、同じ未練でも相手は元妻ではなく、女だと思っていた
男の作家への未練と知り、その作家と、少しでも接点を持っていたいと一途に
手書きポップにラブレターのような熱い紹介分を書く受け様にいつのまにか
気持ちを持っていかれ続きた攻め様。
そしてその作家がデキ婚をすると知った事から受け様は情緒不安からの疲労で
倒れてしまう。
そして攻め様がその後に取った行動で受け様の呪縛めいた気持ちが消えていく
ツンデレ系の受け様と体力勝負のような正反対の二人の恋が始まるまでの話

2

本屋さんラブ

元ヤン×真面目本屋店長というのに、惹かれて購入。
やはり、こういう性質が違う2人の話って、
気になってしまうんですよね。

ガテン系で働いていた攻は、会社の倒産により、
全く興味もない本屋へ就職。
そこには、真面目店長が。
当然2人はぶつかるんですが、店長が実はゲイで、
昔の恋を引きずっていることに攻が気づくことで、
ストーリが展開していきます。

設定は、好みだったのですが、いまひとつだったような。。。

個人的には、本編よりも、後半の短編の方が好みでした。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ