とろける半熟友情クエスト

torokeru hanjuku yuujou quest

とろける半熟友情クエスト
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×217
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
97
評価数
27件
平均
3.7 / 5
神率
7.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784344824713

あらすじ

地味な高校生・夕樹は、クラスの人気者・司から突然声を掛けられ彼の家で勉強することに。しかし、なぜかいきなりキスされて!?

表題作とろける半熟友情クエスト

クラスの人気者同級生 晴海司
地味で目立たない高校生 紺野夕樹

同時収録作品最強のふかふかモンスター

ヒット作を生んだぬいぐるみデザイナー・槙野
攻様と上司の板挟みに苦しむ営業マン・要田智

同時収録作品彼と彼の楽しい憂鬱のすごし方

受様の同期で同僚で独占欲の強い先生27千歳京太郎
受様の同期で同僚でほんわかな先生27河原井歩

同時収録作品明日もおいしくめしあがれ

受様のパンが大好きな高校生16佐貫睦
世界一のパン職人を目指す高校生16八木沢純人

評価・レビューする

レビュー投稿数10

ギャグセンス(ボケツッコミのテンポ)◎


いやもう、本当に「久保田って誰なんだよ…!」
その通りです。
誰ですか。変態なこと間違いなしです。
世間知らずではなく間違った今時知らずで流され受な夕樹が可愛く、おじいちゃんも凄くいいことを言っていて感動しました。ギャグばかりじゃない。
二作目は口絵から綺麗で、まさかのおじさん攻!そうは見えないけれど、要田くんは可哀想だけれど、きっと好きになってしまうのでしょう。ちゃんとベッドに寝かせていたぬいぐるみ可愛かったです。
三作目は先生同士。初めはスナエハタさんにしては珍しいカップルだな〜と思っていたのですが、やはりこの攻がイケていました。深刻に捉えるとそりゃ深刻なのですが、歩が自分より千歳の不安を心配したり、何よりギャグになるとこうも面白く変貌するのかという切り替えが凄かった…!
「はいさよなら‼︎‼︎」には噴き出さずにいられない…。ああしてずっと生徒との闘いを繰り広げてほしい。切実に。
面白すぎました。
四作目。最後まで魅せられます。何かを失って、でもそのお陰で何かを得ることができて、良かった。シリアスではありません!
後書きも相変わらずのスナエハタさんで笑いばかり続き。確か一冊目のコミックスで後書きについて心配されていたのですが、全然心配ないです。面白い後書きで読んでいて楽しい。

カバー下……

久保田……!!!

1

残念なイケメンでしょうか?


そんなことさらっと言っちゃいます?
赤くなる夕樹を見て「俺、勃起しちゃったよー」なんて、爽やかに言っちゃいます?

残念なイケメンの部類でしょうか(笑)
天然なのか、素直なのか、計算なのか、……だんだん腹黒く見えてきたw

ちょっと世間知らずな夕樹が言いくるめられていて、可愛いやら可哀想やらです!

でも、やっぱり、可哀想です…。
司が一人で突っ走ってるように思えます。
特に学校の教室でのバイブで責めちゃうところ。
学校にそんな物持ってきたら駄目だと思います!
夕樹が困ってます!

0

これはもう好みの問題なので、何とも云えないですが。

スナエハタさんは「ベイビーリーフ」のあほ攻め(褒め言葉)がツボに入って大好きです。占い師の話もよかったし、と躊躇なく購入。

結果、これは合わなかったかも(汗)

表題作が、響かなかったです。
何ででしょうか。
受けが流され過ぎるのが駄目な気がします。
これはもう好みの問題なので、何とも云えないですが。
ぬいぐるみの話とパン屋さんになりたい子の話は好きです。
やはりどうしようもないテンション高い子にまともな感覚の子が振り回される話が好きなようです。

次回作に期待!

0

明るいおはなし

ちょっと重たくて変わった性格の攻めが好きなので、とても楽しく読むことが出来ました♪
どの作品も明るくコミカルで表題作は結構エロくて、作者様のあとがきのそれぞれのテーマを読んだ時は大爆笑してしまいました!!

一番好きだったのは、心配性で心配性でどうしようもない攻めの千歳さん(名前が可愛い!)
受けの歩が朝ゴミを捨てにマンションを出たら、その間に起きた千歳は、歩が、え・・・エイリアンに連れて行かれたかもしれない!そのあと、こうなってしまって・・・もしかしたら・・・など、どんな妄想ですか!と思う程、心配して心配しすぎてヤキモキしてる話。

この人、心配性っていうよりも妄想癖なんじゃ・・・とか思ってしまうほど、奇抜な展開の心配っぷりを披露してくれるので、面白過ぎて大変でしたー!受けの歩がこのままじゃいけない、と思うのですが距離を取られたら干からびた魚の様に元気をなくし、でも心配なので追いかける(笑)

両方とも学校の先生だけど、歩に近づく生徒には容赦なく、生徒にお父さんみたい!と言われて傷ついたり(笑)実際にいたら相当面倒くさいと思うのですけど、なんか憎めないし・・・可愛いな続きーと思ってしまいます。

絵柄がとても可愛いので、先生と学生の顔が同い年くらいに見えますが(汗)そんなのが気にならないくらい、コミカルでギャグが満載で楽しめました。

他の収録作もどれもツッコミが追いつかない・・・という攻め達なので、受けの苦労を考えると、にやにやした笑いしか出ません。ごめんなさい。暑苦しいくらい重たい人って素敵ですよね!

1

見た目も性格も真逆な二人

社交的でキラキラオーラをまき散らしているような人気者の攻め様と
方や大人しくて地味で目立たないけど真面目な受け様との恋のお話。
見た目や性格が真逆でも恋する男の悩みは同じかもしれないなんて思ってしまう。
まぁ、これは男女でも同じことが言えるのかも知れないが・・・

この受け様はH方面もかなり奥手で、攻め様に宿題なんて口実で誘われ、
半分騙されるような感じでエロされちゃって、天然系みたいで、友達なら普通の行為、
そんな嘘に騙されて、ご奉仕させられ、お返しされて、箍が外れた攻め様に押し倒され
そこまで来て、やっと気が付くお間抜けさん、でもやっぱり怖くて逃げを打つけど、
そこで攻め様も潔く受け様に告白しちゃってお付き合い。
自分に自信がない受け様はきらびやかな攻め様とでは釣り合わないなんて悩むけど
恋する攻め様だって、同じように不安なんだよねって伝わるのです。
心も身体もすっかり相愛になった二人、でも受け様の更なる受難は攻め様の猿ブリ(笑)
ヤリたいお年頃感が満載でコミカル風で楽しめました。
同時収録の作品もほんわかしてくるような作品ばかりで丸ごと1冊おススメでし続きた。

2

いろんな意味で期待を裏切る(笑)

表紙買い。短編4作。
ちょっと暇つぶしに気楽にラブコメが読みたい方にはいいと思います。

■とろける半熟友情クエスト
表題作。
このイラストだし、かわいいエッチなんだろーなーと思いきや、
意外とバンバン直接的な表現が出てきます(笑)
男の子があっけらかんと「勃起しちゃった」って言うの、意外といいね…(*´エ`*)萌

お馬鹿な口実で強引にエッチに持ち込む攻めも攻めだけど、
対人能力が低くて、それを鵜呑みにしちゃう受けも受けだ。

あ~おバカっぷるだわーと、呆れ半分、面白半分で読み進めていくと、
これまた意外なことに、受けの子がちょっと頭働かせたするどいツッコミを入れたりして
なかなかテンポいい展開になっていくのが魅力です。

予想外に受けはバカじゃなかった…!(*゚Д゚*)
という驚きがあり、うまいこと期待を裏切られましたw

■最強のふかふかモンスター
売れっ子むいぐるみデザイナー×営業社員の話。
我侭なデザイナーと、会社の上司の間で振り回される受けが健気です。
プレミア感をあおりたいという会社の営利目的でヒット商品のくまのぬいぐるみの再販続き
受け入れてもらえないデザイナーがハンストしてしまい、その説得にあたるという苦しい立場の受け。
子供のためのむいぐるみ製作なんだから、子供の行き渡らせないでどうすんだ!
というデザイナーの至極まともな主張とか、人間味があっていいなぁと思いました。

命あるキャラクターを描ける作家さんなんだなあと、今後の作品に期待したい感じです。


■彼と彼の楽しい憂鬱のすごし方
ちょー心配性で束縛体質な攻×気の優しい器のでかい同僚である受のカプです。
いろんなキャラを描いていてそのバリエーションはすごいと思いました。
ただ、個人的にこの攻の束縛体質がウザすぎてイラッ…としました。。。
好き嫌い分かれる作品かもですね。
読んでて「別れてしまえ…」と何度か思ってしまった。。。
束縛好きな人にはいいとおもいます。


■明日もおいしくめしあがれ
ワンコ体質の受が好きすぎる高校生×パン作りが趣味の高校生。
日常会話で「将来結婚するもんね~」みたいなことを言ってくる攻の子の一途な愛をかわいいと思えるかどうかにかかっている話。
この作家さんらしいキャラというかノリというか、まあかわいんですが、個人的にはタイプじゃなかったです。
残パン(飯)処理もかねて受の作るパンを食し、評価したりとなかなかな献身ぶりなんですが、
パンを食べるために事故にまで合うのは大げさ・・・と思ったりも。
ワンコ系が好きなら楽しめると思います。

総合的にはエロは少なめ。
表題作が一番エロい。あのくらいのエロスがほかの作品にもあればもっと楽しかったに…(・∀・)
でも、意外とキャラ設定とかちゃんとしてるので、思いのほか楽しめました!
こういう気軽に読めるラブコメはいいですね☆


《個人的 好感度》
★★★・・ :ストーリー
★・・・・ :エロス
★★★・・ :キャラ
★★・・・ :設定/シチュ
★★★・・ :構成

1

好きだから

さて、この作家さん、
この作家さんの本が可愛くて好きなのですが
いい加減放置しすぎてしまったこの作品。
カワイイ短編集詰め合わせでございました(ノ∀`)きゅぅん
最初と、最後のお話が一番好き。
読み返したのは最初かな。エロスもここくらいだしなw←結局

■とろける半熟~
「仲のいい友達はみんなやっている」の言葉を巧みにつかい
好きな子を手篭にしてしまおうという、カワイイ青少年のお話であります。
地味なあの子が好きで、どうにかして触りたい、エロいことしたい
まだまだ青い。けれど、それはひたすらまっすぐで~な気持ちがカワイイ。
最終的に~なオチも、テンポあって面白かったです。
ちゅぅか、一度許すとずるずるハードルが上がっていくパターンだなw

■明日もおいしくめしあがれ~
これも若い二人ですね。
一生懸命「好き」をアピールするも、友情以上のものは。。
そこから~なお話。
一生懸命で、切なくて。
最終的には~なオチなのですが、信じれば報われる。
若さってイイ!キュン。なんだかホンワカな作品。

他2作。
とにかく必死に恋する人間多め。

1

久保田って誰だよ!!爆笑

今回の単行本、はじけ飛んでいて面白かったー☆☆☆
あとがきで作者さん書かれてるんですが、「攻めの受けに対する重すぎる愛情」4パターンだそうでw
それがぶっ飛んでるから受けが「やれやれ、、」って感じになる。
するとまた凝りなくて調子に乗って、なんて、憎めないおバカさん攻めが勢ぞろい?
或る意味、受けの受難ですかねwww

表題は「ちんちん大爆発」←作者さんいわく
クラスでも地味で目立たない紺野に声をかけてきて、勉強を教えてくれないかと誘うクラスの人気者・司
だけど、ほんとうは司は紺野が好きでそれが即物的すぎるので、友達はこんなことはしない!という紺野の言葉を逆手にとって、じゃぁ恋人になろう!
要は司がおこちゃまなんですよねw
でもそれだけに好きな気持ちは真剣で純粋で、グルグル悩む紺野もありだけど、結局ほだされちゃう。
一度許すとタガがはずれる、それが「ちんちん大爆発」なんだと(爆)
要所要所で、司が大久保に教えてもらって、礼を言わなくっちゃ。って言うんだけど、紺野じゃなくても突っ込むよ!
大久保って誰なんじゃーーー!?

そして『最強のふかふか~』は、「セク続きハラ大爆発」だそうで←作者いわくw
憧れの会社に入社して、大好きなぬいぐるみに携わることができるようになった営業の要は、デザイン室のモンスター(?)会社の救世主・槙野に、新しい企画デザインのぬいぐるみをデザインさせる仕事を負っている。
だけど、全く首を縦に振らない槙野にセクハラされまくり、これは嫌がらせなんじゃないかと怒る要。
結局、槙野の愛情表現だったんですけどねw
わかりにくいわー!お前!と読者も突っ込みます(爆)

『彼と彼の~』は心配性大爆発←作者いわくw
学校の教師で同僚で恋人同士の河原井と千歳。
河原井の目下の悩みは、ゴミ捨てやちょっとコンビに出かけるにも誇大な妄想で心配しまくる千歳がうっとうしい、、、いやあまり心配しないでほしいこと。
この千歳の宇宙人並みの(?)心配性が愉快でたまりません!

『明日もおいしく~』は無邪気大爆発←作者いわく
幼馴染の純人が大好きで、ことあるごとに結婚しようといいまくる睦は、純人の夢が世界一のパン屋になることなので、それをサポートする形で一緒にパン屋をやりたいと思っている天然野郎w
そんな睦がちょっとうっとうしく思う純人だけど、睦がおいしいと行って食べてくれるからパン屋を目指したし、パンを焼きたいとおもっている自分に気がつく。
ラスト近辺で、ちょっと切ない展開が待ち受けるが、所詮天然でした(爆)

コメディなんだけど、キャラクターがとても生き生きしているのが魅力的でした。

2

キャラクターの立った攻めさんたち

スナエハタさんの可愛い絵とどっかネジのはずれた可愛い人たちの描写が気に入ってます。

この本もただのクラスメイトだと思ってた子が友情とはこういうもんだとか言いながらエッチしちゃったり、過剰に嫉妬深かったりする様子が可愛いのです。
振り回される方も多分逢わなけりゃふつう&平凡な流れだったのを引っ掻き回されてついつい本性出してくる所が生き生きしてる感じ。

そして、もちろんこれが大前提ですが受けの子が大好きで、しかもその受けの子たちは自分ではなぜこんなに過剰に!という意味で振り回されるんですが
「そりゃぁ振り回されるだろうよ」
と思うくらいかわいらしい奴揃いなわけです。

あ、そうだ。この本は読み終わったらカバーを外してくださいね。
もう一つ美味しい漫画が出てきます。

3

重ーい攻め特集

スナエハタさんらしい、コミカルでノリのいいお話満載でした。
作者さん曰く、攻めの重すぎる愛情がテーマとなってる一冊だそうです。
たしかに、攻めがどエロ、セクハラ魔、超心配性など、常識人な受けに比べてかなり個性的な人たちばかり。そしてみんな受け大好きすぎる!!そういう攻めが好きな人には大満足な一冊になると思います。
絵もお話も受けもかわいらしいのに、攻めはかなり変態ちっく。このギャップがいいですね。とってもキュートでおもしろかったです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ