闇狩人にて候(上巻)

yami karyuudo nite sourou

闇狩人にて候(上巻)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
いるかネットブックス
シリーズ
発売日
ISBN

あらすじ

枕絵師である兎月は旗本の榊の屋敷で夜毎無残絵を描かされていた。
勘当され今は陰間茶屋の用心棒をしている蘭之介は、色子の彰太郎から姉美和の行方を捜してくれと頼まれていた。
兎月が絵を描きに通っている榊の屋敷に美和がいるらしいと二人は知るが、彰太郎は殺される。
誰とも肌を合わせたくないと言っていた兎月と漸く結ばれたばかりの蘭之介も何者かに命を狙われ、美和の行方を捜すために榊の屋敷に通い続けていた兎月も榊に執心され、媚薬を飲まされたうえ捕らえられてしまった。

表題作闇狩人にて候(上巻)

蘭之介,陰間茶屋の用心棒
鬼堂兎月,枕絵師

評価・レビューする

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ