殺人事件に潜む影――。またしても巻き込まれたトムとアルバートの行く末は・・・。

Comet Halley

Comet Halley

Comet Halley
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ムービック
シリーズ
DolceNovels(ドルチェノベルズ・ムービック)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784896018400

あらすじ

殺人事件に潜む影――。
またしても巻き込まれたトムとアルバートの行く末は……。

取材する度に影のちらつくマフィアを調べていたアルバートに、ある日毒入りの菓子が届く。アルバートの命が狙われていると知り、トムも取材に協力することになるが……。協力していく中で距離が近づく二人がついに――!

(出版社より)

表題作Comet Halley

アルバート・タウンゼント タイムス社の記者
ト-マス・クレイグ デイリー者の見習い記者

評価・レビューする

レビュー投稿数2

発展途上の街で

「Newspaper Row」の続編で、事件もので一話完結ですが、恋の進展は順を追っているのであちらを先に呼んだほうが内容が分かり易いと思います。

舞台は100年ほどまえのアメリカで、主役のトムとアルバートはそれぞれ別の新聞社に勤める新聞記者。
いつでも全力疾走のトムと、お金持ちで頭もいいのに気取ったところのないアルバート。
前回はまだ記者見習いだったトムは今回無事本採用になるのですが、アルバートのもとに毒入りのお菓子が届けられるという不穏な事件が起こります。

事件といっても現代と違って指紋やルミノール反応など科学捜査が普及していなくて地道な聞き込みが主体といった感じです。
挿絵に街全体が描かれていなくても、まだこれから発展していくであろうNYの街全体が文章から思い描ける雰囲気の作品です。

今は地下鉄が張り巡らされているNYも、このころはまだビルの建設ラッシュで、その間を高架線が張り巡らされて列車が走っていたとか、電話がやっと普及されたとか、車と馬が半々くらいで走っていたとか、女装や男装するだけで逮捕だとか。こんな親しみのない舞台のBLも面白いなぁと思います。
続き

事件解決に新聞記者2人が走り回るというお話ですので、恋愛メインよりお仕事メイン・事件メインです。
ミステリーやサスペンス好きの方には楽しめると思いますが、恋愛要素はもっと多くてもよかったかも。

前回は互い好意をもったくらいで終わっていたけど、今回は最後までいくのが結構早くてもう最後まで…という気がしないでもないですが、初めてなのにトムのほうが積極的です。

ただ、抱き合っていても何だかこの2人は欲情の匂いがしないというか、私には親愛のように見えてしまうというか…。
もう少し愛を語らうシーンや、仕事を通じてかっこいいと思った以上に恋人としてドキっとなったシーンなどがちりばめられていたらよかったと思います。

これ以上先は出ていないみたいですが、一応これで終わりなのでしょうか。やはりこの作者さんの文章が好みですので、続きが出るなら是非読みたいと思うシリーズです。

1

ハレー彗星が巻き起こす事件とは?

前作での二人のお話は、序章的な流れで、その時代の男装女装重罪で同性同士の
恋愛もタブー視されていた事が描かれていて、そんな時代に新聞記者同士が惹かれあい
そして事件の真相に迫って行く推理もののストーリーでしたが、ラブ的には今後を
匂わせる程度で終わっていたのですが、今回の二人の仲は・・・進展しました!

今回のお話のメインはハレー彗星、言わずと知れた76年周期で地球に接近する
彗星ですが、その彗星にまつわる噂での不可解な事件に攻め様が巻き込まれ
受け様もそんな攻め様を守りたいなんて思いと記者としての好奇心もあり、二人で
またもや事件の真相を突き詰めていくような推理ものです。

1910年のハレー彗星の時期の話で、この時代のハレー彗星は猛毒のシアンが
確認されたことで世界中が混乱した年でもあります。
人類滅亡説なんて事が信じられていた時代ですから、事件はその猛毒の被害を防ぐ
特効薬なるものを巡るお話で、特効薬を飲まなかった家の当主一人だけが亡くなって
しまった事から、事件が起こるのです。

ハレー彗星の通過で亡くなった人はいなかったのに、その家の当主は毒で続き亡くなり
その家族が当主だけが薬が1錠足りなかった為に飲まず、家族や使用人に薬を与え
自分が犠牲になったなんて言う美談的な話を家族がしたために、一斉に記事に・・・
でも、そんな荒唐無稽な事を言う家族の思惑を確認するために、攻め様は取材する。

そんな時に、攻め様宛の菓子から毒物が検出されてしまい、それを知った受け様と
二人で真相を探していくのです。
ラブ的には・・・あれっ?なんでここでくっ付く?なんてくらい簡単に禁忌の関係に
なってしまうんですよね。
それも、受け様の方が積極的でした(笑)攻め様はビックリしちゃう展開でしたね。

このお話はラブ度は低めな感じだと思うのですが、事件性の意外な展開はかなり
意表を突くような展開で楽しめるのです。
今回の攻め様が狙われた事件も、なるほど!ってラスト近くで感心させられるのです。
一味違った推理ものを楽しめる作品でもあります。


時代背景の設定で、男装女装は重罪で同性同士の恋愛も同じようにタブー
そんな時代の中で今回作品に

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ