潔癖、完璧、ドSな不破と、ゆるキャラ大学生・三谷。ふたりの恋のはじまりは・・・?

金のフォークに銀の匙

kin no fork ni gin no saji

金のフォークに銀の匙
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×215
  • 萌11
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
112
評価数
34件
平均
3.4 / 5
神率
8.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ムービック
シリーズ
LUNA NOVELS(小説・ムービック)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784896018356

あらすじ

プライドが高く傍若無人な公認会計士の不破は、交通事故に巻き込まれ顔見知りの大学生・三谷を骨折させてしまった。世間体から仕方なく面倒をみる不破だったが、天然おバカな三谷に苛々しっぱなし。だけど一緒にいると楽ちんで・・・。
(出版社より)

表題作金のフォークに銀の匙

エリート公認会計士 不破克彦・33歳
カフェでバイトをする大学生 三谷熙武

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数10

周囲の力あればだけど

二人の関係が進展するのには、周囲の力がかなりあります。

交通事故の被害者と加害者になった後、不破が三谷と食事をとるようになったのは、カフェの仲間や客であるクライアントからの圧力ですし、不破が三谷を追いかける羽目になる状況を作ったのは、三谷に手を出した不破の友人です。

三谷は控えめですし、不破は人を受け入れるより拒絶するタイプなので、彼らだけだとそういう関係にはならなかったと思います。そのせいか、二人が親しくなるきっかけとなった一緒に食事をとるようになるまでの場面はちょっとくどく感じました。不破が三谷になんとなく好感を持って、というのじゃなく世間体のためだというのが甘さ皆無でしたね。

こういう系統の本は、全般的にエロが散りばめられ数回あるものと、恋人同士になるまでの過程がメインでエロは終盤の1回のみ、の二通りが主なのですが、この作品は後者でした。初エッチの翌朝、下肢を嬲る場面が甘くて好きです。

三谷がほのぼのしていて可愛かったです。不破が弁護士じゃなくて公認会計士だというのも、暗算は強いのに法律にうとい理由になった気がして納得でした。

この作者の作品の中では続き、一番好きな作品です。

1

大きな萌えはないけれど……

事故の加害者と被害者として出会った二人。
最初は全然違うものと思っていたのに、知り合ううちに互いを意識し
戸惑いながら共感して心が繋がって行く……、そんなお話。

父親の倒産後、苦労して公認会計士になった実力主義の不破。
方や、大学生のカフェバイト君の三谷。
事故でひっかけたこをきっかけに、
不本意ながら三谷に食事を作ったりと世話をしてやることになった不破。
まずは、不破が心の中で毒づいている本音がおかしい。

全てを損得を軸に合理的に考える人間に囲まれた不破にとって、
三谷はは理解できないバカだとしか言えない存在だったが、
次第にその素直で優しい、誰とでも仲良くできるあり方に
鎧を被っていた心が溶かされていく……。

年齢も性格も境遇も違うノンケの二人が、徐々に惹かれあう様子が
リアリティを持って無理なく描かれているのは、流石に上手い。
突然恋に落ちるという感じではなくて、相手の人間性への敬意が
さらに深まって恋になったという感じ。
ファンタジックなタイトルにも、ちゃんとちょっといい感じの意味がある。

全体にはヒューマスティックでピュアなお続き話なのだが、
気持ちが通じた後の、不破のエロさやちょっといじわるな感じがいいな。


2

萌えられず…

攻めキャラが苦手でした。
こういう設定なのはわかっていましたが、かわいさんは作家買いしていますので購入してみましたが、むむむ、かわいさんの作品の中ではこちらは個人的には萌えませんでした。


攻めは公認会計士の不破。
性格は唯我独尊、合理的で自分の立場や仕事が大事なムカつく(個人的な感想ですが)タイプ。

受けはカフェでバイトする大学生の三谷。
こちらは不破とはまるきり正反対の癒し系天然青年です。


ふたりの出会いは不破が起こした交通事故。
三谷は自転車に乗っている時に事故にあい、その加害者が不破でした。
不破は仕事のお得意様にあおられ仕方なく怪我をした三谷の世話をすることになったのですが、最初は三谷の天然ぶりにイライラしていた不破も、彼の存在に癒されいつの間にか……といった感じです。
三谷の方は最初から、カフェの常連だった不破に好意を持っていました。
でもちょっと安易かなあ。

不破は家庭の事情で苦労し、自分自身に自信をつけるために努力し資格をとったりしたわけで、それならなーんで銀のスプーンを気にするのかな。
生まれた時から差がつく家柄というやつ続きはないよりある方がスタートは良いけれど、そのあとどう生きるかで逆転勝利も夢じゃないわけです。
タイトルは後づけなのか、先にありきだったのかはわかりませんが、イマイチ不破が気にするようなことだろうかと首を傾げました。

1

可もなく不可もなく

設定も悪くなく文章も読みやすかったのですが、どうしても物語の世界に入り込めず、私にとって最後まで萌えたところがありませんでした。。。
ただ、全くつまらないというわけでもなかったので、『萌』よりの『中立』でしょうか(汗)
攻め視点オンリーで、攻めの心境の変化をもっと掘り下げてくれたら良かったかなぁ、と思います。

1

[努力]は[恵まれた環境]に勝る

交通事故でケガをさせてしまったことをきっかけに、世間体を保つために誠意を見せるふりをしていた不破は流れで、事故で手が不自由な三谷の晩御飯を週に数回つくることになって・・・。
不破は合理的で冷たく見えるけれど、「腹黒」とはまた違う印象を受けました。
苦労をして地位を手に入れた努力型。そして極度のきれい好きw
三谷はやはりどこか育ちの良さがにじみ出る。穏やかで打算のない性格。
そんなふたりが徐々に惹かれあうのです。ちょっとじれったいほどのふたりの関係は、終盤のとんでもないトラブルから急速に進展します!

タイトルになっている、金のフォークと銀のスプーンについてのシーンがとても印象的でした。
「銀のスプーンを持って生まれた子」は慣用句ですが、「金のフォーク」は今作の、三谷の言葉。
三谷が「銀のスプーンを持って生まれた子」なら、不破は自力で「金のフォーク」を手に入れることができる人間だと。

終盤、ハラハラの展開がありつつも、全体としてはしっとりとしたお話でした。

2

どんな恥ずかしい言葉を言わせてやろうか?

きゃー(´Д`)あんた堅物人間じゃなかったのー?
でも萌えるー!
かわい先生の書く世界はやっぱりなんか好きです

Hのときの視点が攻めで、普段はエリート&完璧主義な攻めが
受けに対してだけ甘々なのがどうにも萌えます!

童話チックな表紙もとっても素敵です!

0

しっとり

しっとり読ませていただきました。
「銀のスプーンを持って生まれてくる子」というような表現が、
何ともいいなと思いました。

合理的な考え方を第一とする公認会計士の不破は、
不慮の事故で、大学生の三谷に怪我を負わせてしまう。
三谷の軽いけがであったものの、
不破は「体面良く処理したい」という想いから、対応をする。
ひょんな流れから、三谷の怪我が治るまで、
不破が晩御飯を作ることになり・・・というストーリーです。

読んでいると
「一流」と見える不破が、本当は、
誰よりも人一倍努力して手に入れた地位や名誉を
必死で守っているように見えました。
そんな不破だったからこそ、ぼんやりさんの打算のない三谷のことが
心にとまったんでしょうね。

銀のスプーンを持って生まれてこれなくても、自分で取りに行くって
素敵だと思います。

1

これでいいんだ

ほのぼのというのともちょっと違うけど、このふわっとした感じ。
主人公の心根の上品さ、魂の良さ。かわいさんのお話の魅力ってそこだなあって、

0

雀影

セルフつっこみ
未読箱から発掘して読み始めたら、、、
既読でした、、、
前回のレビュー、書きかけだったのね。
まあ、でも、この作品の感想としては、やっぱりこれに尽きる感じかな。

金のフォークは努力の証

なかなか素敵なタイトルでそれだけでも心惹かれる感じなのです。
銀の匙なんてヨーロッパ圏の慣用句を文字ってるお話だと思っていたら
作者曰く、寓話をイメージしての作品だとのことです。
出産のお祝いに銀のスプーンなんかプレゼントする時があるので
金のフォークなんて聞きなれない言葉に好奇心を掻き立てられました。

それに新刊の帯・・・腹黒×天然なんて銘打ってるけど、攻め様は腹黒と言うより
徹底した合理化主義で対人関係でも無駄嫌いみたいで腹黒とは違うかも。
そして受け様は天然と言うよりも高貴なお育ちで浮世離れしているイメージのような
気がしますね。
でも、浮世離れしてるようで、案外人を心眼で見てるところもあって
とっても人に好かれていそうな雰囲気なんです。

そんな二人は交通事故の加害者と被害者として出会いますが、攻め様は初めて
そこで認識しますが、実は受け様のバイト先の常連さんなんです。
受け様は知っているけど、攻め様は知らないってところからも攻め様の
他人への関心のなさが伺えるエピソードです。

そしてその事故から徐々に攻め様の意思と反してどんどん受け様の続き浮世離れした
言動や態度に自分のペースを崩されていく過程が丁寧に攻め様視点で描写されてます。
攻め様の受け様に対する印象がどんどん変わって行く過程がリアルかも(笑)
対する受け様は攻め様に対する印象は初めから良いみたいで、更に好意に拍車です。

タイトルの銀の匙部分には攻め様の微妙なコンプレックスが見え隠れしているのですが
金のフォークはそれを受けた受け様の攻め様に対する精一杯の褒め言葉的な思いです。
他人に煩わされる事を厭う攻め様が、ちょっと出来が悪くて何にも下心のない受け様を
ワンコやペットにでも懐かれている感じで存在を受け入れて行く様子は
思わず動物の癒し効果かもなんて思うような感じでもあります(笑)

偶然の出会いで人が変わって行く過程みたいな感じが伝わって前半は淡々としてるけど
後半でかなり惹きこまれていくような展開でもありました。
受け様が、生死を分けるようなトラブルに巻き込まれてしまった時は
かなりハラハラしちゃいましたね。
そしてその頃の攻め様の初めとは違う人間らしい感じがとても素敵に描かれてました。
最終的に逆玉の輿みたいになってしまった攻め様とこれからの受け様に
どんな事が起こるんだろうなぁ、なんてラストはほんわかするストーリーでした。

3

大人のための寓話

表紙にフォークとスプーンを持った主人公達がいますが、小人さんじゃありませんw
でもね、お話は後書きに作者さんが触れられているように確かに寓話なんです。
グリムというよりはイソップかな?それともアンデルセン童話のほうかな?
そこそこ裕福な家に生まれながら、突然の境遇の逆転により苦労した主人公の攻めが、世を拗ねるまではいかないですが、冷徹でシビアなリアリストになってしまい
それが人を疑うことをしない天然ともとれるような性格の優しさに出会った事で、人としての優しさを得るというお話。
BLはファンタジーという看板のような言葉がありますが、これはまさに大人のための寓話でした。

父親が工場の社長をしている家に生まれた不破は、大学の時工場が倒産したことで苦学生になり、自力で頑張ってその借金を返し、キャリアを積む為に会社に就職しMBAを取得し、そして現在の監査法人において公認会計士をしているエリート。
その彼が、クライアントを送った帰りに起こしてしまった事故に巻き込まれたのが苦学生の三谷。
怪我をしたのに、不破を思いやり彼の事を知り合いだと言う。
実は不破がたびたびランチに訪れる続きカフェのバイトをしている青年で、不破の事を知っていたのですが、不破は全く気がつかなかったのです。
そんな縁もあり、ただ不破は自己の保身と体面を保つために三谷に義理の優しさを見せるのを、三谷はほんとうに嬉しそうに受け入れる。
手が不自由な三谷に食事を世話することになった不破。
そこで少しずつ、三谷の頭が足りないかと思うほどの天然具合を最初は小馬鹿にしていたのが、だんだんと癒されていくようになるのでした。

題名の「金のフォークと銀の匙」ですが
普通、銀の匙はわかりますよねw
生まれながらに色々なものをもって生まれてくる子供の事を”銀の匙を持って生まれた”と比喩しますし、西洋で赤ちゃんが恵まれるように御祝いに銀製のスプーンを送ったりしますよね。
実はそれは三谷のことではあるのですが、それをやっかみで漏らした不破に返す三谷の言葉が「金のフォーク」なんです♪
勢い思いつきの言葉でしょうが、何かかわいらしい発想でもあり、三谷は不破をちゃんと見て評価しているんだな、という言葉です。

銀のスプーンを持って生まれても、それを有効に使うのか使わないのか、
それにあぐらをかくのか、そうでないのか。
そんな対比もされており、そんな点も寓話っぽさを表現している点でした。

二人の愛がなかなか進行しないので、ちょっとヤキモキはしましたが、このラスト怒涛のエッチに、普段なら違和感を覚えるところ、このお話はとても納得できるものでした。
三谷にはその気配がありましたし、、、w

久々に麻生海さんのイラストでした。
御病気でしょうか?しばらく商業はお休みと言われていましたので、拝見出来て嬉しかったです。
そして、三谷が襲われて不破が助けるシーンのイラスト、臨床感があって、胸が痛くなりました。
早く商業で復帰されることを願って、、、

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ