カラメル

カラメル
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×29
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
86
評価数
21件
平均
4.1 / 5
神率
33.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
ミリオンコミックス CRAFT Series(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784813053545

あらすじ

四人兄弟の長男、小林庵は進学のため上京することになった。住む所を探していた庵は、幼い弟や妹の面倒を見てきたこともあり、家事をする代わりに家賃タダという募集を見つけ、そこに決める。ルームシェアの相手は、10歳年上の会社経営者、東堂六。けれど、会って早々子供扱いされ、第一印象は最悪。その上、メシの礼だと突然キスされて!? 前途多難な共同生活スタート!

(出版社より)

表題作カラメル

ルームシェア相手の会社経営者 東堂六
面倒見のよい専門学校生 小林庵・18歳

その他の収録作品

  • カラメル~その後~
  • お風呂でカラメル

評価・レビューする

レビュー投稿数5

ほのぼの かわいい

家政婦代わりのルームシェアって、そもそもの出会いがちょっと無理がある感じだし、
最初の晩からいきなり庵の寝ているソファに入ってくるし、
だいたい、先ず、こんな六みたいな、傲慢な俺様男は嫌いだし、

と、
いろいろ文句はあるけれど、

それらをみんな凌駕する、庵のかわいさ。
身体こそちんまいけど、中身は立派なお兄ちゃん。
世話焼き長男体質で、手のかかる相手にこそ、うっかりはまっちゃう。
お互い好きあっているなら、それでいいのね。

とにかく、庵の弟妹のチビちゃん達をはじめ、ちんまい絵のかわいい事。
庵の独特のファッションセンスも、味がある。
ということで、庵の魅力に萌+1

1

可愛い同棲

可愛いし癒される~このカプとても可愛いです。もっと続きが読みたくなりました。お子様舌で我儘で夜寝れない六も世話焼きな庵も可愛い。ぷくさんの作品で初めてエッチシーンみたけど、エロくないのに初々しくってドキドキしました。

2

ほのぼのテイスト。

友人に借りました。
初読みの作家さん。

専門学校に通うために上京した庵がルームシェアで一緒に住むことになった会社社長・六と仲良くなっていくお話。

全体的にかわいい感じでのほほんというかほのぼのテイスト。
庵が特に癒し系とでもいうか。
雰囲気がほんわりあたたかい。
そんな庵のかわいさに密かにだんだん惹かれていくような六。
素直に言葉にするような人ではないんだけども、なんか六みたいな人って好きです。
かわいい絵柄だったのでえちとかもあっさりなんだろうなと思ってたんですが、ガッツリってわけでもないけどなんか色気はありました。
もっとガッツリ見たかった気もする。
そして、出来あがってからの2人が驚くほどイチャイチャでした。
庵の方に遠慮がなくなったというか、全身で「好き」を表現しているような。
若干、ウザイくらいにラブラブしてる庵ってすごい。

あとは滝沢がなかなかのキャラでした。
そして、なかなかのファッションセンスでした(笑)

1

とってもかわいい!

ぷく先生らしい、ほんわか可愛いお話でした!
表紙も幸せそうな2人で、いいですね~。
主人公の髪型が女子ちっくで、最初は「んん!?」と思ったのですが、
読み進めていくとそれにも慣れ、楽しく最後まで読ませていただきました。

〈受け〉の庵は4兄弟の長男で、下に小さい子ばかりなのと、両親が共働きなことも
あって、家事もできて面倒見もよい、とってもいい子です。
進学のためルームシェアを考えていたところ、『家事全般できるなら家賃不要』と
庵にピッタリな好条件の先を発見して、そこで〈攻め〉の六と出会います。

俺様態度で、しかもご飯のお礼に軽くキスをしてきた六に第一印象最悪な庵でしたが、
からあげが好きで、おいしそうにもりもりご飯を食べ、しかし実は淋しがり屋の六に、
『子供みたいだ』と心を許し、なんだかんだで一緒に暮らすことになります。

そこから庵は六に惹かれ始め、また六も庵を大切な必要な存在として、
お互い『これが好きってやつなのか』と自覚し、結ばれます。
そこにいくまで、お互いがお互いを心配したり、お互い胸キュンしたり…
ちっくしょ、わたしも胸キュンしちゃっ続きたぜ!

庵が本当にいい子で…!
いつでも明るく一生懸命で、健気で家族想いで、こんな嫁欲しい!(笑)
そして俺様・六も、子供のような大人なのですが、実は優しかったり、庵からもらった
タイピンをクールビズなのに、暑い中無理矢理ネクタイしたり(しかも家に帰る直前に
はずしているという!)。とっても微笑ましいカップルでした!

心がほんわか優しくなれる、本当に丁寧な作品でした。
絵も丁寧で、読みやすいお話です。
読み終わった後、甘いプリンが食べたくなりました(笑)

3

いやん、エッチ。な感じ

ぷくさんといえば、つい学園ものでエチなしキスもあるかないか、そして元気いっぱいでかわいい作品、というイメージなんですが、
今回もかわいらしいのは間違いなんですけど・・・エッチがあるーーーー!!!
意外なんだけど、やけにそれが意外だけに「いやん、エッチ」な風をかもしているのは、受けちゃんが少し女子っぽい外見とかわいさをもっているからだろうか?
今回は設定が大人×専門学校生という組み合わせですが、とても前向きな設定にユニークな登場人物達と描き方という手法はいつも通りなので、少し大人なぷく作品という感じ。
受けちゃんが外見や性格に女子っぽい雰囲気を兼ね備えているという部分が苦手でなければ、かなり楽しめるほっこりする作品になっていると思いますよ。

主人公・庵は小さい弟や妹達の面倒を見て家事もこなすいいお兄ちゃんです。
春から専門学校に入学し一人暮らしをするのだが、なるべく安くあげたいということでシェアハウスを探しているところ、家事が条件でただで住める物件を見つけてそこに住むことに。
都心の一等地に立つマンションに暮らすその同居相手は会社経営の六という男性。
まったく家事能力続きがなく、部屋に来た庵に一番に言いつけたことは「飯!」
傲慢だが、庵の作ったご飯をおいしそうに食べてくれる姿に気をよくしていると、お礼だといっていきなりキスされちゃう!?
そして、庵の為の部屋は何も要らないと言われていた為家具一切持ち込まなかったのだが何もない部屋。
仕方ないので、一晩ソファで寝て翌日にはもう出て行こうと思っていたのですが、いつの間にか庵の隣に六が一人では寝られないと潜りこんできた。
手がかかる、一人で寝られない、まるで家の小さい弟達みたいだと、思わずほっこりする庵は、結局部屋を出て行かずに六の家政婦のような事をこなす同居人として、夜は六のベッドで一緒に寝る同居人として、暮らすことになるのです。

庵の外見が女の子みたいで、面倒見の良さはお母さんみたいで、男っぽい女の子という感じもしないでもないですが、両性的で中性的な雰囲気です。
かといって、決してなよっとしてるわけではなくて、六に振り回されてもへこたれてない明るい強い子です。
六があまりにくっついて寝るので、思わず勃ってしまった時、六が抜いてやってしまうのですが、その時の思考もうじうじというよりは、悩み方が愉快だったり、そのせいで家を出てしまっても六の生活をちらっと心配してみたりと、すごくイイ子なんです。

かえって、六がユニークなキャラかもしれませんね。
あまり会社経営者という雰囲気はしないんですが、更に言うと大人げない(爆)部分が庵といると満載で、庵に甘えきっている子供。
何より、プリンが好きという設定が、妙にツボだったりするのですが♪
そして、庵に意地張って意地悪してる、苛めっ子な雰囲気が愉快だったり。
一見庵より優位にいるようでいて、完全に甘やかされた甘えん坊になってるのかも?(別の言い方をすると無自覚のメロメロ)
そして恋愛をにおわす部分や性的な部分になると、そこだけ大人を見せるちょいズルい奴かもwwwま、子供ってことよね(爆)

六に同居人を進めた同僚の滝沢という男もぷく作品によくあるわけ知りの必殺仕掛人(w)とても愉快なキャラでたまにチャチャを入れてみたり、六の軌道修正をしたりと、中々にいい活躍しますよ。
結構、本人が六を弄って遊んで楽しんでる風があるのかもしれませんんね。
他に冒頭と中間に少し出てきますが、庵の妹弟がかわいいんだ☆

二人がすれ違ってまとまるまでが本編なら、初挿入エッチがあるのがその後。
そして「お風呂でカラメル」で何と!お風呂いちゃいちゃが♪
エッチ薄目のぷくさん作品、よくぞここまで頑張ったーーーwww
このお風呂のシーンの庵に1カットとても男らしい顔の描写があります。
そして、眼鏡をとった六の顔は若いかもw

楽しくてかわいくて、ウキウキして、ほっこりする、ちょっと大人な作品もとてもよかったのでした。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ