劣情の棘

劣情の棘
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×25
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
36
評価数
11件
平均
3.4 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775518298

あらすじ

仕事ができて人受けもいい自分を、平均以上だと自負する中条。ある日の通勤中、痴漢に間違われたところを松田という男に助けられ、御礼を兼ねて飲みに行く。すると初対面だと思っていた松田は、中学の頃、中条からいじめられていたと驚きの告白をしはじめて──。縺れる劣情、高まる執着心の行き着く先は……。

(出版社より)

表題作劣情の棘

中学時代の後輩 松田優
中学時代の先輩 中条 

その他の収録作品

  • 縁側ラプソディ

評価・レビューする

レビュー投稿数7

はじまりよりおわり!

痴漢を疑われたところを助けてくれたサラリーマンに、お礼の夕飯をご馳走したら、一服盛られてホテルでいたずらされ…しかも、中学時代に自分がイジメていた後輩だったことも判明!その後も写真をネタに脅され、呼び出されては性欲の捌け口にされる先輩。

後輩はイジメられていたにも関わらず、先輩の視線に囚われたまま、ストーカー的に先輩を追い続けていて、脅して抱いてるくせに抱き方に気持ちが溢れてしまってる。
先輩も脅しと復讐でこんなことされていると頭ではわかっているのに、カラダは後輩からの愛情を感じ取っているのか、だんだん惹かれていってしまう。

お互い惹かれ合いながら負い目があって素直になれなかったり、どうしようもなく気持ちを自覚するきっかけが一緒に寝た時のぬくもりだったり、二人の始まりはひどいんだけど、オチは切ない純愛ストーリーでした。

桜井りょう先生の描く裸体がセクシーで大好きです。本作も鎖骨の綺麗なラインに見惚れてます。

0

受けがえろい


他のレビュアーさまたちと同様表紙に惹かれて購入致しました…!
眼鏡受け。リーマン。そしてツンデレ。その設定がたまりませんでした。

桜井先生のエロシーンは溜め息が出るほどエロくて個人的にとても好きです。
犯罪すれすれだけど男前な攻めもかっこいい…!わがままを言うともっと受けの葛藤とか嫉妬とか他の感情を露わにしてほしかった…!ただでさえ最萌スペックなのでもっといろんなえろい受けの姿をみてみたかったです^^とても気に入りました~!

0

表紙に一目惚れ

表紙の美しくもあり暗い群青を背景と、二人のどこか張り詰めた雰囲気とタイトルの置き方に思わず手に取りました。よく見ると攻めは、黒い手袋をしていて、いびつさ、というか暗さが増して見えます。

お話は、痴漢に間違われた主人公(受け)が攻めに助けて貰うところから始まるのですが、痴漢にあっていたのは主人公でした・・・(笑)
お礼も兼ねて食事をするのですが、合わせてその時の証拠写真を消して貰おうと思ったら、攻めに襲われてしまい、襲われた時の写真を使ってその後も身体の関係を求めて来ます。
しかし攻めは、ずっと受けが好きで・・・その関係が辛くなり距離を取るのですが・・。

全ての始まりは、受けが元不良で、学校で攻めがいじめを受けてる所をどこか冷めた目で見てる。
それの復讐だったはずが、何がどうなっていつの間にか惹かれてしまったのか、そもそも学生時代から惹かれる何かがあって、だからこそ主人公を許せないと思って追いかけはじめたのか・・。

ストーカーしていた攻めの告白部分は、凄い執着が伝わってきました。(隠れて写真を撮り溜めしてるのは、個人的にツボです。)お話自体は面白いですし、イラスト続きも素敵でした。

ただちょっと手が止まってしまったのが、自分は男性では無いので、思春期によくあることなのか分からないのですが、複数によるそういったいじめというのは、その・・・。フィクション、BLと思っても受け入れられませんでした・・すみません・・・。
それが違う種類のまだ暴力的な物なら、フィクションとして大丈夫だった気もしますが・・・うーん。。。やるせない気持ちになりました。

あと優しい雰囲気の絵柄だからでしょうか。ドロドロとした暗い感情や、恨みの様なビリビリとした部分は、あまり伝わってこず、良い意味で、受けが無理やり抱かれるシーンもいじめのシーンも圧迫される感覚をあじあわずに済んだ気もします。

と表題作は、ちょっと苦しい部分もあったのですが、もう1本のお話、「縁側ラプソディ」は、作者様の可愛い絵にあった、コミカルで暖かくもあり、優しいお話だったと思います。
純粋に楽しむことが出来ました!ワンコ可愛い!
受けもワンコみたいで可愛い。攻めは、ワンコをだしに受けを美味しくゲットする余裕ある大人で格好良かったです。

0

一途とストーカーの境目について。

意地悪なキャラというか…なにかしら、ひとクセあるキャラを描くのがとても上手な作家さんで、個人的に結構長い間お慕いしている作家さん。

厚めの唇とやや太めの輪郭が特徴のイラストで、ちょっと好みがわかれるかもしれませんが、ストーリーはなかなかです!
今回も期待を裏切らないクセのあるキャラが活躍しており、とても楽しませていただきました!!

二組のカップルからなる短篇集。
どちらのカップルにも松田さんが出てきますが、おそらく偶然だと思われます。
松田って名前にハマっていたのかしら…?笑

■劣情の棘
表題作。
中学時代のいじめっ子といじめられっ子の下克上もの。
チビで弱虫だったいじめられっ子は、いじめのリーダー格の男に惚れており、その後も密かに同じ大学に通い、同じ通勤電車を利用するなどストーカーに近い行為を行なっていたが、あるとき彼が痴漢行為に合うのを目撃し、助けたことから接点ができ…
その後、痴漢行為の証拠写真を脅しの材料にして、長年の想い人と強制的に体の関係を作るも、相手の体温を知って愛しさが増すにつれ、本気で相手を囲いたくなる衝動を抑えるために、自ら身を引く…続き
という片恋のあいだは別として、最終的な局面での攻めキャラの理性的かつ紳士的な対応が、とても好感が持てたため楽しく読めた作品。

一度距離をおいた攻に情が湧いていた受が、自分から距離を縮めようとするのに対して、攻めキャラが自虐的に自らの密かな恋情やストーカーに近い行いをしていたことを告白するシーンが、なんだか健気でよかったです。
正直、ストーカーに近い行為とか苦手で、束縛キャラも嫌いなんですが、この作品のキャラはとても強い理性を持っていて、激しく自分を律している姿が逆にモエましたvv
好きすぎて犯罪ギリギリまでいっちゃうけど、際どいところで必死に耐えている攻めがイイ!!このキャラ好きです…!(*・∀・)ノ

1つ難点をあげるとすると、昔いじめっ子でなかなかなヒールキャラだった(とみうけられる)受キャラが、昔の面影をまったく残しておらず、流されやすい優等生キャラになっていたのが残念でした。。
そこまで性格が変わってしまった相手であっても、攻キャラは変わらず好きだといえるものなのか……「うーん…」な気もするし、そんな相手の内面の変化すら理解できるくらい、ずーっと見続けていた結果なのかも…という気もするし…
でも、個人的にはもう少し昔の面影が残っていてほしかったなと思ったり。
だって、別人に恋してるみたいなんだもん…。
同じ人間を相手にしてると思わせる何かがほしかったかなと。

■縁側ラプソディ
口は意地悪だけどほんとは優しい大家さん×ちょっと天然な真面目メガネの住人の話。
受けの愛犬を昼間預かってくれる大家さんはおそらくゲイで、実は前から受けのことを狙っており、からかって遊んだりしながらも、意外と頼れる男であることをアピールするというノンケの受けに配慮した遠まわしなやり方でアプローチし、押しに弱い善良な市民である受けをまんまと落とす話。

これも攻めキャラが恐ろしく私好みだった…!!!ヾ(*゚∀゚*)ノ
ちょー好き!!!
狙った獲物は絶対逃さない獣王のごとく余裕がある口説き方というか…
100%落とせると確信しているから、無駄にからかって怒らせたりとか、憎らしいこと言って怒らせたりとか…いろいろちょっかいかけて受けの反応を楽しんでいるフシがある攻めキャラ。
そういう余裕がある攻めキャラってちょー好きです!!ヽ(*>∀<*)ノ
ガツガツしてないけど、隙あらばキスしちゃうようなちゃっかりした抜け目なさもあったりしてね。
恋愛を楽しんでいる大人の男って感じで、色気あってツボなのです!
ニヤっとしたシタリ顔とか、小バカにしたような視線とか、こっちの気もしらないでグイグイくる押しの強さとか、ぜーんぶツボ!!
あ~~ちょー好きだった~~!!(=ω=*)v


どっちもタイプは全然ちがうけど、クセのある攻めキャラが堪能できる1冊で大満足でした!!(*´▽`o)o゛―♪
ストーリーしっかりしてて、キャラ設定もバッチリで、なおかつエロシーンもけっこう具体的vvvそんなところもステキです!!
これからもこの作家さんならではのこーゆー個性的なキャラが活躍する話を沢山描いて欲しいですvv
今回も短編にしてはちょっと長めでよかったですが、今後は1カップルで1冊くらいの長編もみたいな~と期待してます☆

《個人的 好感度》
★★★★・ :ストーリー
★★★★・ :エロス
★★★★★ :キャラ
★★★★・ :設定/シチュ
★★★★・ :構成

3

トラウマ?なのかな

電車内での痴漢冤罪を助けてくれた人は、
学生時代いじめてた相手だった・・・。という物語。

個人的に面白いのは、
学生時代はハデ気味にみえた、いじめてた方が、
普通の眼鏡サラリーマン(受)になっているところでしょうか。

いじめられてた仕返しのように、受を抱く攻ですが、
要は、受を好き?というより執着してしまっている。
そんな執着?トラウマ?も気になるのですが、
それよりも個人的に気になるのは、
受がどうやって、今の真面目な感じに移行していったかですね。

こういう執着ものって、ドロっとした後味があるのですが、
何故か、「こんな2人もいいな」と思わされました。

0

短く刈り込まれた襟足がリーマンの色気

多少のあたりはずれはあるものの、総じて大好き作家の桜井りょうさんです。
題名はおどろおどろしいフォントに何やら淫靡さが!?裏表紙も・・・なんで、ついシリアスものかとおもうんですが、そこが桜井さん!
表題は前・中・後と進んで行くうちにあれれれ~?
主人公がさすが年上、惚れられた強みみたいの発揮しちゃって思わずクスクスする結末が。
この上手さがやっぱり好きだな~と思うのですが、やはり今回も男の体の描き方を堪能させてもらいました。
この作家さんの魅力はしっかりした骨格と共に特徴は短く刈り上げた襟足なんですよ!
襟足がぞろぞろしてない!だからとってもスーツが似合って「リーマン」っていう雰囲気がプンプン漂うからいいのだと、今更ながら表紙を、中身を見て改めて気づいたのです♪

表題は、電車内で女性に痴漢と間違われ駅員に突き出されこまっている中条(主人公)に、彼が嫉妬を覚える程のイイ男が証拠写真と共に、ほんとうは中条を痴漢していた男をつきだして無実を証明してくれる。
その男・松田にお礼と写真の削除をお願いせねばと、夕食を一緒に摂る約束を取り付けて話始めると、なんと中学が一緒だったと続きいう。
しかし、お酒に一服盛られて中条が気がつくとホテルのベッドに縛られて、そして松田の手でイかされ、そして写真をネタにこれからも呼び出したら出てこいと脅されるのです。
断れない中条は松田の呼び出しに応じて不本意ながら体を重ねるようになると、松田は実は中学時代中条がいた不良仲間に苛められていたチビな下級生だった!?
松田はその時の復讐をしているのか?

な、シリアス展開で運ぶ前半なんですが、松田が本音をこぼしたことで実は立場が逆転してるんですw
そして本当のことがうっすらと解った時、優位に立っていたはずの松田が逃げ腰になって中条が逆に追う立場になる。
ちょっと松田M気があるのかもしれませんねwww
中条は結果ほだされ、快感にはあらがえない形になってしまったかもしれませんが、自分を空いていてくれる存在というのにS気が芽生えたのかもww
それは描きおろしにて、多分決定づけられていると思います。
ワンコ×女王様になってるかも?
そんなシリアス一転、逆転劇の楽しいお話になったのは実に面白かったです。

『縁側ラプソディ』は犬を飼い始めた主人公・太郎が、ついうっかりゲージも家の窓もあけぱなしだったことで、大家さんに犬を保護される。
飼い主失格だと、きちんとしつけし直せと、指導されるはめになる主人公。
これは大家さんが、犬のしつけと共にもう一匹ワンコを手に入れるお話になってるのだと思いますwww
犬の名前が二朗で、飼い主が太朗(爆)二人ともいい名前だ♪
そして、何気に萌えをもよおすシーンは、題名になってる縁側に、二人で並んで腰掛けてるシーン。
別にただ座ってるだけなんだけど、男二人(それがじいさんであってもw)縁側にいるって、仲良しの印みたいに見えてほほえましいのです。

表紙から中身をそれ風かと期待すると裏切られるけど、基本暗い話しの作家さんでないと思うので、絵も堪能できるいい作品だったと思いますヨv

1

苛められっこがいじめっ子に恋をした?

これってどんな心理なんだろう?ってマジ考えながら読んでしまった。
中学時代に性的いたずらをされていた攻め様、それを苛めグループの中心的存在で
いつもその様子を眺めているだけだった受け様。

大人になっての偶然の再会は、受け様が痴漢と間違われた事でその瞬間を携帯カメラに
納めていた攻め様が証言したことで助けられると言う出来事で。
受け様はお礼をするために改めて食事をと・・・そして二人で飲んだ時にクスリを
盛られ、攻め様に学生時代に自分たちがした悪戯みたいな事をされ返され
その淫らな画像をまた撮られる受け様。
その画像を脅迫材料に何度も身体をむさぼられる受け様・・・
そして復讐を受けていると思っている受け様は何故か攻め様の事が気になり
その感情に困惑をしてしまう。

ある日を境に受け様の前から姿を消した攻め様、でも受け様は何故か気になって
偶然見かけた姿を追ってしまう程に、そして攻め様の帰宅を待つことに。
攻めさまに気持ちを問い詰めはじめる受け様、そして攻め様は受け様に対する
今までの思いを告げるのです。

中学時代の受け様の視線に見せられた攻め様、その続き執着具合はかなり重いですね。
ストーカーも軽く入ってますし、年期もありましたよ(笑)
受け様もまた、既に攻め様に落とされてます。
ある意味マニアックな長年の片思いが実るお話でしたね。
なかなかよかったのではないかと思えるストーリーでした。

縁側ラプソディ は
初めて犬を飼う事になった受け様と大家さんとのほのぼのラブでした。
受け様は可愛い子犬が可愛くて、でも仕事でお留守番をさせなくては・・・
泣く泣く、別れを告げながら会社へ・・・そこで大家に挨拶をされ、変な人だと・・・
あまり係り合いになりたくないタイプの人だったのですが
会社から帰ろうとしていた受け様は携帯着信を見て唖然、大家さんからの着歴だらけで
そして思っていた矢先に再度電話、お前の犬は預かってると?!

受け様は犬のサークルも開けたまま、挙句窓まで開けて留守にしていた為に
子犬が抜け出し、危ない所を大家さんに保護してもらっていて・・・
次の日から大家さんに仕事中は預ける事になっていたのです。

知らない内に愛犬を通して仲良くなって行く二人、でもそんな時に攻め様から
キスされて、からかわれているのかなんなのか混乱しながらも惹かれて・・・
ほのぼのとした愛犬が取り持つラブストーリーでした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ