別れさせ屋の恋

wakaresaseya no koi

別れさせ屋の恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
34
評価数
11件
平均
3.3 / 5
神率
9.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775518311

あらすじ

「これ、落としませんでしたか?」
都会の片隅でひっそりと営業する探偵事務所。
そこで拓海は『別れさせ屋』のアルバイトをやっている。
ターゲットに近づき、惚れさせ、対象者と別れさせたあとは
ドロンと消え去る。
しかも、相手と寝たりすることも一切なく、
惚れさせて、虜にしてしまうのだった。

天職かと思うくらいの100%の成功率を誇っていた拓海だが、
今回のターゲットはなんと男で―――…!? 

そのほか、美人局や天才的ヒモ男など、
クズなのにどうしようもなく残酷でピュアな男たちが
心をゆさぶる短篇集。

表題作別れさせ屋の恋

別れさせ屋バイトの大学生 拓海
依頼のターゲット大学生 常葉亮

その他の収録作品

  • 俺って正直クズだと思う
  • こんなはずじゃなかった
  • je 't aime
  • je 't aime 番外編
  • そんな愛しらない
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

クズの話の方が奥深い

表題作よりも「俺って正直クズだと思う」のシリーズの方が面白かったです。
結局誰が一番クズなのか、誰が誰を好きなのか、誰を利用してるのか、最初の話だけでは分かりにくくて、誤解してしまうようなお話でした。でも、ジュテーム番外編まで読むと、なるほどなるほどって、わかります。
個人的には暴力とか利用するとか好きな人以外の人としちゃうのは好きじゃないので中立ですが、恋煩シビトワールドな作風が好きな人にはたまらないんだろうと思われます。

0

幸せな恋の結末なのか

短編集でした。

私は、王道と言われても
やっぱりハッピーエンドが好きです。

バッドエンドや報われない物語は、やはり見てて
悲しいですし、キャラクターたちが可哀想でなりません。

この一冊にも
●ハッピーエンド
●アンハッピーエンド
2つがありました。

やはり私はハッピーエンドが好きなので、
その物語を中心にレビューしたいと思います。

-------------------
   ◆◆  別れさせ屋の恋   ◆◆

別れさせ屋でバイトをしている主人公の拓海(攻め)。
勝率は100%を誇り、連戦連勝です。
しかし、今までのターゲットは女性。
つまり女性を自分に振り向かせ、別れさせるのです。

しかし!!
今回のターゲットは男性!
大学生の常葉(受け)です。

しかし、拓海は金の亡者。
誰と誰とを別れさせようと、全く心が痛みません。
うー…、この拓海ってヤロウ。
ったく、最低ヤローだな!
こんな奴が地獄にでも落ちればいいんだよっ、けっ。

しかしその後も拓海の仕事は連戦連勝。
どんどんカップルを別れさせていきます。続き
もう、ホント最低だな!
ドブ川にでもハマって、一生出てくんなよ。

ただ、社長からは
「相手に本気になるなよ」
とだけは釘を差されます。

常葉は医大生。
教授と不倫しているから、
奥さんから別れさせてくれとの依頼でした。

拓海は自分が大学生なだけに、常葉とは
普通の大学生と話すように話してしまいます。
そして、だんだんと
「常葉を騙したくはない…」という気持ちが
大きくなってきます。
罪な商売してるから悪いんだよ、はぁ。

そしてついに常葉と教授との不倫現場である
キスシーンを目撃。
拓海はひどくショックを受けます。

そして、拓海(攻め)ついに常葉(受け)を
押し倒してしまいます。
激情に流され、常葉とキスをし、常葉を抱きます。

拓海は今までターゲットの誰ともキスをしたこともなく
もちろん、抱いたことすらありませんでした。
まー、そりゃ別れさせ屋として
最低限のマナーだよなー。
身体まで使ってたら、マジ、キレるよ?

そして拓海(攻め)が常葉(受け)を抱いた後に
常葉の入った言葉…
「助けてくれ…」
この常葉の言葉が切なくて…。

騙されてるんだぞ、オイ! 常葉!!
そいつ、別れさせ屋だ!
サイテーヤローなんだよ!
信じるなよ。
海の底に、頭でも沈めてやれよ!!
そう言いたくなりました。


しかし、結局、教授と常葉は別れることになり、
奥さんから多額の報酬を受け取ることになる拓海。

しかし、社長から意外な一言が。
「おまえ、クビだから」

そうです!
ターゲットと寝たら、別れさせ屋はクビという掟が
あったのです。

しかし、めでたく拓海と常葉はハッピーエンドに。
良かった良かった。

-------------------
   ◆◆  そんな愛しらない   ◆◆

短いお話でした。
(受け攻め不明)

世の中、「金」。
「金」しか信じない青年、倉真。
事件をキッカケに、都会を追われ、
見知らぬ田舎にやってきます。

そこで出会った袖師。
袖師は、見ず知らずの倉真を食事に招き、
風呂に入らせ、家に泊まらせます。
村人たちの無償の愛、そして袖師の無償の愛…。

「金」しか信じられなかった倉真は、袖師に
今まで受けた施しを身体で返そうとします。
しかし、「そういうことは好きな人とするものだ」と
諭されてしまいます。

倉真は村を逃げ出そうとしますが、
袖師に、「(セックスの)続きがしたい」と
引き止められて、ハッピーエンド。

村がもう、ほんわかしていて、牛やら畑やら
出てくるし、
気のいいおばちゃんとかも出てくるし、
田舎ってほんとにこんなにいい人ばかりだったら
いいなぁとか思ってしまう話でした。

-------------------

やっぱり、どんな時も
愛にまさるものは無いんだね、
と感じた短編集でした。

1

ただ純粋に

なんだかんだでの短編集でした(ノ∀`)
買ってからずっと放置していたのですが、ようやくお披露目。
わりと、シビト作品って、ズシっとくる印象だった気がしていたのですが
案外、今回はシンプルというか、あっさりめの話が多かったかなな
印象です。
形は違えども、人を好きになるっていうのは。。な今回。
巻末のお話が好き。
終わりよければじゃないのだが、最後の話がすごく
すんなり、いい話だったもんで、思わずホッコリしてしまいました。
愛なんか無縁。全ては金次第。そんな男が全てを失って出会ったのは
無償の愛をくれる男。頼んでもいないのに、お金も払っていないのに
お礼なんて、見返りなんて求めない。ただ自分だけを。
純粋でピュアな気持ちにほだされて。そんな姿がなんだか愛おしい。

表題の、別れさせや。
これもある意味同じテイストですな。
人の心を弄ぶなんてなんない。心は変わるもの。
自分に惹きつけて別れさせたらはいサヨウナラ。
それなのに、思いがけない相手にみるみるほだされて。
それはそれで良いお話なのであります。

俺だって正直~からの二人。
お互いに好きな続き気持ちはあるのに不安定。
離れては近づいて。もう一度読み返したらわかるのかしらと
思うのだけれど、複雑な男ゴコロは難しい

1

チクっと痛い

そうそう!この感じ。この痛み。
短編集ですが、シビトさんの特徴がよく出ている♪
なんかね、大人のグリム童話って感じがするんですよ。。。
教訓っていうのがあるわけじゃないんだけど、人間の汚い部分を見せるというか、そういう部分も含めて肯定しているっていうか。
そうそう、綺麗事ばかりじゃないよって、部分も含めながらそれでも、救われてみたり救われなかったりと。
だからこのこの作家さんの魅力なんだと思うんですね。

表題は至ってシンプルなお話。
別れさせ屋の仕事で成功している主人公。
会社の社長は、こんな仕事はマトモな人じゃできない仕事だからね~と、主人公を若干心配している部分もある。
そして、ターゲットが男性だった主人公は、彼が同じ学生であったこともあり、仲間意識が芽生えてそして本気に・・・
彼もマトモな人間だったね、というお話。
これは世界が特殊であるだけに、すごく救われる話であり、良心にほっとさせられる。

真逆の救いようがない話が【俺って正直クズだと思う】と【こんなはずじゃなかった】
お互い好きでいるはずなのに、どう見ても両思いなはずなのに、互いに執着するあ続きまり、不安をこじらせて、他へ浮気をしてみせる関係。
ああー、、切ない(涙)
この2人に巻き込まれるようにして、片方へ執着を見せてしまったいわゆるアテ馬の恋人の話が【je 't aime】
この主人公は彼が好きなのに、彼には本当の好きな人がいる(前作参照)そんなかわいそうな立場なのですが、その主人公が好きになって一途に追いかけてくる留学生がいて、彼によって、少しずつ、ゆっくりと心は埋められていくだろうというお話。
ここで彼は救われますが、前作のカプとそのアテ馬の三角関係は一体?
・・・と考えると、やぱり切ないねーーー。

【そんな愛しらない】
何でも割り切って金のためやってきた男が田舎に放り出されて、無償で優しくしてくれる好意に出会って、人を信じるということをしてもいいかな?と思える話。
これは夢があります。

シビトさんの作品は男だからとか女だからとか性別を超越して、人間としてどうか?みたいな部分の物語のような気がしています。
でも、これが女性主人公だったらまた違ってくるんでしょうね。
この独特の世界観は、ずっと支持していたいですね。

1

じんわりくる

表題作がメインだと思っていたら
俺って正直クズだと思う・こんなはずじゃなかった・je t'aime の3作が
リンクされていて印象に残りました。

明るいハッピーエンド好きな私は1つ1つは正直あまり好みではないのですが、
3作読むとなんだかじんわりと心にきて癖になります。

0

シビト劇団健在

今回変態クンがいなかったのが残念でしたが、不憫なコばかりでした。
表題作は、別れさせ屋をやってても心が痛まないコ。ゲーム感覚で人を別れさせ、その勝率10割を誇る巧海君が、とうとうターゲットに恋してしまうというお話で、まあこれはほのぼのした感じ。あれ?どったのシビトさん…とうろたえたほど。

大丈夫です。きましたきましたよ~人でなしを描いたら右にでる人がいないかもな~と思えるようなビッチたん登場です。
「俺って正直クズだと思う」「こんなはずじゃなかった」の2話は、君たちいったい何を間違ってそうなった?と思うような三角関係。いや…原因は、はっきりしてるか。
中学時代からの先輩の銀に「俺、男が好き」とカミングアウトされた岡田。銀は岡田と同じ美術部の桐哉に思いを寄せているという告白までされた。
あっという間に親密になっていく二人を見ながら、自分はヘテロなので関係ないと思っていた岡田だが、桐哉に部室でキスをされ困惑する。
完全に巻き込まれちゃいました岡田くん。お気の毒としか言いようがありません。
仲の良かった3人の関係が、桐哉の不可解な行動によっておかしくなり、銀も岡田も性癖を狂続きわされてしまうのですよ恐ろしい。こういうのこそが魔性の男といえるでしょう桐哉…。
桐哉を自分のものにしようとした銀が悪いのか、自分の気持ちに気づくのが遅かった岡田が悪いのか…否。やっぱりどう考えてもおかしいのは桐哉だな。

そのあとに続く「ジュテーム」では、25歳になった岡田が付き合っている、5歳年下の大学生の大介のお話。
この子にまで岡田経由で桐哉のドロドロしたものがまとわりつきそうになってますが、愛の国おフランスから来たシャルルくんによって、救われそうです。よかったよかった。

最後のお話「そんな愛しらない」もまた、痛々しいコです。
子供の頃の生活環境のせいで愛を知らず、この世で大事なものはお金だと信じて冷酷に生きている倉間が、田舎で無償の慈愛を受け、人を信じてみようかと思い始めるお話でした。
ちょっと救いがあります。

シビトさんのお話って、過去の作品や一緒に収録されているお話とリンクされていることもあるので、ついつい同一人物を探してしまうのですが、そのひとつの原因は、登場人物が似ている(言っちゃだめだったか)
シビト劇団は5人の役者で運営してますって感じがします。そこが好きなんですけどね。
もしかして、別れさせ屋の社長も…名前が出てこなかったけど30年後の岡田のだったりして…なんて思いながら読むのも楽しかったです。

2

ミイラ取りがミイラの典型ラブなのだ

別れさせ屋って結構、BLにお馴染みの設定だと思うのですが個人的には
端から騙す系のお話はいまいちのらないんだけど・・・
今回のお話は結構ほのぼの感があってドロドロしてなくていい感じかも。
相手にバレて修羅場って・・・なんて言う典型なのは苦手なんだけどその辺は
さらってしてる感があるんです。
まぁ、物足りないって逆に思う人もいるかもなんですが・・・

俺って正直クズだと思う と こんなはずじゃなかった は
屈折した恋人同士の愛を確かめる行動と、愛に縋りつく為に愚かな行為に走る
カップルとその二人の恋愛に巻き込まれてしまう後輩との三角関係です。
誰が1番酷いのか?何がいけなかったのか?
悩める恋人たちの愛憎ってお話ですね。

je 't aime / je 't aime 番外編
この受け様も上のお話のトライアングル関係に巻き込まれた人なんですが
好きな相手には別に好きな人がいて・・・知っていても別れたくない
そんな辛い時に金髪碧眼の相手に求愛されて~
諦めきれない思いと新しい出会いのなかで揺れ動く切ない思いを描いてます。

そんな愛しらない は
続きい時からの育った環境のせいで、愛なんて信じられなくて全てはお金と
思って冷酷に生きてきた男が無償の優しさに疑心暗鬼になりながらも
人間らしい心を取り戻して愛に目覚めるお話です。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ