眠りの森の、いばら姫

nemuri no mori no ibarahime

眠りの森の、いばら姫
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
28
評価数
9件
平均
3.3 / 5
神率
22.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784861345531

あらすじ

『この紳士からは、とても危うい香りがする??』スリの胴元に拾われ、それを生業にしてきた楓は、ある日、仲間のイチが懐を狙った男・四条貴臣に捕まってしまう。イチを助けようとした楓の白百合のような精練な顔立ちと、その高潔な心根に興味を抱いた四条から条件を出され、彼の屋敷に連れて行かれるが!? 大人気「うたかたの人魚姫」の蠱惑的で謎めいた子爵・四条編がついに登場!!

(出版社より)

表題作眠りの森の、いばら姫

四条貴臣 年若き子爵
楓 孤児でスリをする事で生きてきた

その他の収録作品

  • とある子爵の観察日記
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

面白かった!

まず、絵にひかれて買ったのですが期待を裏切りませんでした!
受け様があまり好きな設定ではなかったのですが・・・
攻め様は完璧でした!
ちょっとクールだけどヘンタイな攻め様には本当キュンキュンします。
受け様のスリ生活と口きき方などは最初、ちょっとなぁなんて思いましたが
攻め様の過去と受け様の過去がどこか似ていて、切ない気持ちになります。
内容的には読みごたえもあって、大変面白く見させていただきました。
買って損はないと思います。

2

『王道』は、キャラクターが好きになれないとただつまらない。

というのがよ~くわかりました。まさに実感。

前作の『うたかたの人魚姫』が好きだったんですが、スピンオフのこちらは読んでて目が滑ってしまって困りました。

どちらも『華族』『身分違い』と、時代ものの王道そのままではあるんですが、キャラクターのタイプがまったく違うんですね。
『うたかた~』のほうは、あまりにもベタベタで驚いたくらいでしたが、それでも結構面白かったんです。

ただ、こちらはとにかくメインキャラクターのどちらにもまったく魅力を感じませんでした。

四条(攻)は、もともと私のかなりキライなタイプの攻キャラクターでした。『ヘンタイ』はいいんですが、その方向性というか傾向が私の好みの真逆だったんです。『鬼畜・S気質の攻』がすごく苦手なので、コイツはどうしても無理でした。
『うたかた~』ではすごくいいキャラクターだったと思うのに(好きだったのに・・・)、とても残念です。

楓(受)も、ツンツンし過ぎの受は苦手なので、まったくいいと思えません。弓月さんの受は『不憫・不幸で健気、オプションに女装』というのがテンプレートですが、わざと外したのかな?
続き もちろん、型に嵌らないこと自体はいいんですが、こちらはそれで作家さんの持ち味・よさが半減(以下)だと感じました。←『女装がなくて残念』ではまったくありませんので。念のため。

好き作品のスピンオフで、しかも存在感のあるイイ男だった四条がメイン、ということで期待してしまって見事にハズしてしまいました。

2

やっぱり花嫁

 「うたかたの人魚姫」のスピンオフです。
 子爵・四条貴臣(攻)×孤児でスリの楓(受)

 退廃的で何事にも関心の薄い四条貴臣が、唯一執着を見せた少年楓。
 彼は孤児でスリを生業としていたが、四条へのスリに失敗した仲間を助けるため、
果敢に立ち向かってきた。
 一見その姿がまるで姫を助ける騎士のようだが、その姿は姫君のように端正な顔立ちをした少年だった。
 その容姿と自分の身を挺して仲間を助ける姿に興味を持った四条は、仲間を助ける交換条件として楓を自分の屋敷に連れて行くのだが…。


 あの四条がこんなに変態だったなんて…。と”にやにや”しつつ読んでしまいました。
 悲しい過去のせいか、もともとの性格だったのか、いい感じの変態、執着ぶりです。
 いつもの弓月作品に輪をかけて、いい感じに仕上がってます。
 ある意味「甘い蜜の褥」の秋良に通じるものがあるような…。
 受けもいつものようなかわいらしい素直なけなげではなく、勇ましい男の子のはずなのに、なぜか子猫にしか見えない可愛いらしさ。
 四条はきっとこのギャップの可愛さにやられたのでしょうが、変態もさることな続きがら完全に““楓バカ”に成り下がってる感は否めませんが、それもまたよしということで。
 いつも勇ましく、乱暴な言葉を発する楓ですが、屋敷を出て行こうとする楓が唯一持って行ったのは「楓という名はとても美しい」という言葉。
この言葉が大切な宝物なんていうところは、けなげでいじらしさがあふれていて、
弓月さんらしいなぁと思いました。

 一見、楓が四条に振り回されてる感がありますが、実は楓のほうが大きな心で四条を包んでいるので、これからも精神的には四条がしりに敷かれていくのではないでしょうか。
「いばら姫」というよりはやさしく勇敢な「花嫁」のほうが似合いそうな作品でした。

1

茨姫の王子様はちょっぴり被虐趣味がおありかも

心に見えない傷をおって、自分でも気が付かない子爵の攻め様と孤児でスリで生計を
立てていた受け様とのハートフルラブです。

何事にも本気になれず排他的な攻め様は、スリを働く少年を捕まえた時に
小さな仲間を救うべく自分に向かってきた受け様に興味を惹かれ、脅すように連れ帰る
スリの子供を盾に、マイペースに受け様の身の振り方を決めてしまう攻め様に
悪態をつき、なんとか逃れようとする受け様ですが、攻め様のペースに巻き込まれ
子爵家の客人としてもてなしを受けながら家庭教師まで付けられ・・・

攻め様は、まるで新しいオモチャでも与えられたように受け様の乱暴な口ぶりも
何故か可愛く見えて、そして孤児なのに、何故か気品があり、他者に思いやりを見せる
受け様に惹かれていく一方で、受け様の困り顔をみると気持ちが高揚してくるのです。

でも、攻め様には過去に手酷い裏切りで傷ついた過去があり、同じ過去で母親まで
精神的に病んでしまうと言う出来事があり・・・
それを知った受け様は攻め様に近づきすぎるとダメだと苦悩するように
攻め様からの戯れな優しさや淫らな一方的なスキンシップに逆に続き寂しさを覚える
それは一方的に服を乱され快楽を与えられながらも攻め様が服ひとつ乱すことなく
仕掛けてくる事で、受け様は身分の卑しい自分には触れたくないのだと・・・・
攻め様に、可愛い愛しいと言われるほどに心が冷えて寂しさや悲しみが溢れる受け様。
素直に気持ちを信じる事が出来なくて自分の気持ちに戸惑って茨に囲まれるように
棘を張り巡らして誰にも心を触れさせないように・・・

身分違いの恋に、誤解とすれ違い、過去のトラウマを絡めて描かれる意地っ張りな
受け様と、ちょっとサドが入った攻め様とのラブストーリーです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ