ハングリータイガー

ハングリータイガー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
35
評価数
10件
平均
3.5 / 5
神率
10%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784799711019

あらすじ

竜虎団から逃げ出す途中で大怪我を負ったリーを助けたのは、ハンバーグレストランを営むハングだった。
性欲魔人のハングに対して真面目なリーは、反発しつつも、野獣の優しさに触れて、次第に心と躰が惹かれ始め…!?
大人気「森のアニマルカンパニー」シリーズから、「ハングリータイガー」編、待望のコミックス化!

(出版社より)

表題作ハングリータイガー

ハンバーグレストランの店主 ハング
竜虎団から逃げてきた虎 リー

同時収録作品ハングリータイガー

黒毛団団長 黒牛
クロヒョウ

その他の収録作品

  • おまけマンガ ハングリータイガー
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

野獣の本気の恋

『森のアニマルカンパニー』の続編です。クロネコ君や白獅子会長、それに黒毛団のみんなも登場します。今回は、虎同士のお話です。ちび虎も加わって、可愛さ倍増です。

穴があったら何にでも突っ込むと評判のハングと、竜虎団を抜け出したリーと、ハングに拾われた大牙が家族になっていく様子も微笑ましくて好きです。

女でも男でも手が早いハングだけど、強くて男らしくて、リーを愛してからは一途なところにキュンとなります。
リーは青年で決して可愛い感じじゃないけど、大牙を守ろうと頑張ったり、ハングが好きで一生懸命になったりで可愛く見えます。
そして、大牙は存在だけで可愛いです。惚れっぽいところも微笑ましいし。

黒牛たちの過去も分かって、クロヒョウの襲い受けも見れて満足です。
相変わらず、気持ちを表してる耳とシッポが、可愛くて萌えます。

2

・・・「かわいこちゃん」?

私に萌えのパラダイムシフトを与えてくれた名作「森のアニマルカンパニー」の続編ですが、関係ありそうで関係ない。
しいて言うならば白獅子さんが本気でにらみ合いした黒毛団がらみの関係・・・かな?

一読して最初の方で道で拾ってきたどっちかというとゴツめなわかもんのリーをいきなり「美味そうなかわいこちゃん」よばわりし、しかも「意識が戻る前に犯っちゃおう」とするハングに対してものっ凄く違和感があり本を閉じそうになりました(苦笑)

でも、その違和感は違和感としてリーが抜けようとした悪軍団(こいつらはマジでタチ悪い・・・)竜虎団に対して、元伝説の悪魔であるハングが体張って守っていく・・・というか積極的に攻撃していくところが実に漢!な感じがします。
戦えるけど基本線紳士でほややんとした白獅子さんとは違うタイプの男らしさです。

それでもまだリーはハングを好きになっていることに気づかず、気づいたら気づいたでそれとあまりにもエロ&浮気性なハングに絶望するという、ジリジリした展開。ついには飛び出しちゃうし。

そこから後半に頻繁に登場する黒毛団、黒豹と黒牛の方が実は今回大いに見直した二続き人。
何がっていうと期待通りこの二人ができている!ということ。
さらには「ヒョウ」の名にふさわしく黒豹さんが淫乱な襲い受け!
バリバリ攻めの服を破って攻めていくしなやか受け、もう色っぽかっこよすぎ。

それに対して黒牛さんが豪快に見えて意外にヘタレで優しく、しかも元々は弁護士だとか!スーツ姿の黒牛さんとか!
そうか、だからこの人話しがわかる人だったのか・・・

のっけの巨大な違和感が「神」をつける事を躊躇させますが、
この本も嫌いじゃないです。

1

ハングリー

最近どうにも、暴走的なイメージな先生の作品だったりするのですが
今回はなんだかんだでピュア~なラブ~なナチュラルな作品に仕上がったのではないだろうかという感想であります。
ショタ、まぁショタはいるけども受がショタじゃないし。
今やショタは排他的なのだろうか。。。ショタ嫌いじゃないんだけどな・・・
おいといて

美形でも、ショタでもないのだけれど、なんだか普通な青年な受が好印象でした。
アニマル~な定番、耳としっぽ。
愛し合う身体。絡み合う尾っぽ←ココが良かった。
まぁ、毎度毎度なので繰り返されるとちょっと萌がマヒしてしまいますが。。。

いつか突っ込めるかと子供を拾ってくる攻。
それもどーよwwww穴ならなんでもな攻のヤンチャな時代のお話があっても面白いかなと思いました。

トータルで見れば可愛い作品なのだけれど
パンチが一つたりないかな~な雑感。

後半の黒牛×クロヒョウ。
ここってまだ合体してなかったのね(笑
でも、黒ヒョウを大事にしたいと顔に似合わずな牛さん
イイじゃないか*。(*´Д`)。グーv
ただ、ためて溜めて溜めたわりにエロスが弱続きくて淋しい

なんだか無性に旨いハンバーグが食いたいナリ

0

どうな攻だ(笑)

「森のアニマルカンパニー」の続編ということで、迷うことなく購入。

今回は、虎×虎のお話。
チンピラ的な竜虎団から脱退(脱走)したリーと
それを拾ったハンバーグ屋のハングのお話。
そして、なぜか、いきなり、ハングが捨て子(子虎)を拾ってくるので、
3人で家族になるお話です。

このシリーズはやはり、耳としっぽ萌です!

また、黒毛団も出てくるのですが、黒牛と黒豹の過去も
出てきます。

かわいいクロネコ君も出てきますよ!!

0

穴なら何でも挿れるって・・・(笑)

擬人化アニマルシリーズ第2弾は虎さんが主人公なんですねぇ~
虎と言いながら私はどうしてもクマに見えてしまう時が・・・
耳がどうしてもクマさん耳に見えてしまうのですよ(笑)
どうしてもイラストでデホルメされると虎さんの獰猛な感じが熊サン的な可愛さに
なりがちなんですよね、ネコ科の動物が好きな私はちょっぴり残念です。

お話は、ギャングっぽいお仲間から逃げ出して怪我をしてしまった受け様が
穴があったら性別も何もかも関係ないって言うくらい絶倫でセックスアニマルの
攻め様に助けられて、お礼は身体なんて言われながらも距離が近づく二人
昔の仲間に見つかり再び捕まりそうになった受け様を攻め様が助けて・・・
攻め様は今でこそ、ハンバーグ屋の店主なのですが昔はかなりの暴れん坊さんで
受け様に付きまとう輩を排除してくれるのです。

受け様はそんな攻め様を好きになっているのです、そして約束通り身体で・・・
でも怪我も治り、お礼もした受け様は攻め様の所にいる理由が無くなって
出て行こうとしていたら、攻め様が川で虎の赤ちゃんを拾ってきて?
それから始まる3人での生活なんです。
続き
二人が本当の意味での恋人&家族になるまでのお話でしたね。
コミカルだったりほのぼのだったり~、前作の主役の黒ネコさんも出ていたり
アニマル家族のハッピー物語でした。個人的には前作の方が好みでしたね。

0

まんまやんかーーー!(爆)

「ハングリータイガー」と聞いて、某ハンバーグレストランよね?
まさか、表紙はコック服着てるし、、とおもったらまんまでした(爆笑)
鹿も登場人物の名前が、ハングとリーとタイガ(また爆笑)
とことん、ハングリータイガーだよね、とよっぽどミチャさんはハングリータイガーのハンバーグが好きなんかと思ったりしてw
さて、「森のアニマルカンパニー」の動物たちの暮らす森のお話の2冊目の主人公は虎さん達。
1冊目の登場人物達も顔を出してますが、この1冊は独立してるので全然単品でいけます。

施設育ちだけど、真面目な青年・リーは、仲間が欲しくて入った竜虎団がアクドイことをやっているのに耐えられずに逃げるのですが、追い詰められて崖から転落します。
それを拾ったのが、森でハンバーグレストランを営むハングという虎。
怪我して寝てるリーを襲おうとしていたり、宿代を体で払えとか、かなりの絶倫虎みたいなww
だけど、彼の作るハンバーグは絶品でとても繁盛しているお店です。
そこで手伝うことになったリーですが、一見いい加減そうなハングに竜虎団に再び迫られたリーが助けられたことから、彼に体で宿代を払い続き出て行こうとします。
しかし!ハングが虎の赤ちゃんを拾ったことで、そのこの行く先が心配になったリーはハングの元にとどまることにします。

てな始まりのこのお話。
虎の赤ちゃんを拾ったのも、大きくなったら突っ込もうと思ってとか!!??
穴があったら見境なしに突っ込みたがる、セックスアニマルと言われているハングがひょうひょうとしていい味だします。
しかも彼の昔は伝説の総長!?
思わず特攻服に身を固め、ゾク特有のあの改造バイクがバックに出てきた暁にはまた笑ってしまった♪
やんちゃで男前で、いい加減そうだけど、強くて、優しくて面白い(?)
ひょっとしてオヤジ設定なのかな?

方やリーはハングに”かわいこちゃん”と呼ばれますが、とっても男子男子した外見。
髪も短いし、女性ぽくないし、いかにも男子って感じです。
とってもイイ子で、面倒見が良くて、お母さんって感じのキャラクター。
自分に過去があるから、捨て子の大牙に寂しい想いをさせたくないってとっても健気でした。

そして、そして、主人公達も魅力的だけど、とってもかわいいのが拾われた子虎の大牙。
彼がみょーん、みょーん、って言ってるところとか、怖がると尻尾が内側に巻き込んじゃうところとか、亀をペットにしてるところとか、美人が好きとか、なかなかに主役を食ってしまってます。
ちみっこモフモフは琥狗さんのが可愛くて定評がありますが、ミチャさんの子供もかわいい☆

そして、ハングを好きなんだと自覚したリーがハングの元を黙って去ってしまった時にお世話になるのが、黒毛団!
黒牛さんとか黒豹さんが登場しました。
リーを迎えにきたハングに刺激されて、黒牛さんが好きな黒豹さんは、ハングの元に家出!
牛さんは自分を迎えに着てくるか試すお話が。
いや~コワモテの牛さんが、意外にも誠実な愛情を示すちょっと恥ずかしがり屋さんだったなんてww

全体を通して、ハングとリーの愛の物語でもあるけど、家族を作る物語でもあったな、ってちょっとほっこり。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ