お前を生かすためなら、俺はなんでもする

天狗の花帰り

天狗の花帰り
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神19
  • 萌×220
  • 萌10
  • 中立2
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
11
得点
207
評価数
54件
平均
3.9 / 5
神率
35.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576120331

あらすじ

狗への転成が適った雪宥は、剛籟坊の伴侶として祝いの席を設けられる。
そこで大天狗たちから祝いの品をもらうのだが…。

不動山の大天狗・剛籟坊の一途な愛を受け、無事に天狗へ転成した雪宥。他山の大天狗たちを招いたお披露目や、
剛籟坊と二人きりの新婚旅行など、めでたいこと続きの日々。そんな中、ご伴侶様とあがめられ、剛籟坊の愛情に
守られてばかりな自分を振り返った雪宥は、彼の伴侶として相応しい自分になるため、神通力の修行に励むように。
しかし、見たいものを見せてくれるという水鏡で生き別れの母親を覗き見た雪宥は、鏡の中へ吸いこまれてしまう。
闇の中、必死で剛籟坊に助けを求める雪宥だが――。

(出版社より)

表題作天狗の花帰り

不動山の主の大天狗 剛籟坊・385歳
伴侶になった人間の青年 雪宥・21歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数11

角砂糖齧ってます

というわけで天狗様もの二作目!
今回はただひたすら甘味成分を撒き散らせてましたね。
最初から最後まで全部余すことなく甘かったです。はい。
一気買いをしたので次作に続く為に著者が人間界の気持ち悪いとかどうなったの?と思っている点を払拭してくれたのではないかと思っております。
これで天狗界でのお話に集中できますね。
受けの不器用ながら努力して修行に励んだりするシーンも楽しかったのですが、なかなか思うようにいかず最終的にやっぱり攻めに甘やかされてるのが良かったです。
正直によによ顔を止めることができませんでしたw
前作よりも格段に攻めの剛籟坊との会話が増えたためか剛籟坊の頓珍漢な受け答えが読んでいて楽しくて仕方がありませんでした。
さ、次作はついにややこが誕生ですよー!
ってなノリで勢いよく読まれるのがいいでしょうw

2

出会いからの新婚編

前作品からめでたく恋仲になって今回は結婚式ということで
他の天狗様達が沢山登場してくれます
攻め様にけっこう仲のいい天狗さんがいたんだな~と感心しましたw
日ごろ無口だし、友達的にはいない感じですが
けっこういるもんですねw

今回はとにかく天狗として攻め様は、人間とすこしずれているために
好きという行動や発言がいまいちつかめていませんでしたが
もうノロケの嵐で甘い甘い (*´∀`*)
本当に大好きなんだな~と感心するほどです

攻め様は受け様に対して、嫉妬していても嬉しくて仕方ない時でも
攻めた押してメロメロにさせていますw

結局は・・・溺愛物ですよねw

大好物です!

2

しばらく甘いものいりません。笑

っつーぐらいあまーーーーーーーい二人です。
なんだこれは、ノロケ大会か!

と叫んだところで。シリーズ第二弾です。

うん。この巻を一言で表すと…羞恥プレイ。笑

剛籟坊の精を飲まなければ生きていけない雪宥。
夜の営みについて天狗からのドストレートな質問に悶える。
どのくらいの感覚で飲むだの、濃いほうがいいのかだの、薄ければお代わりしたらだの、浅いとこか深いとこかどっちがいいだの。

「口から飲むのと、つながれてなかに注がれるの、どっちが好き?」って聞かれてもね。
「濃いのを一回と、薄いのを何回もお代わりするのと、どっちがいいんだ?」って聞かれてもね。

……悶えるよね。

悶えたところで天狗は食の好みを聞いてるかのごとくあっけらかんとしているわけで。
「……こ、濃いのを、奥の深いところに出してもらうのが、好き、みたいです」
頑張った!
いっそのこと剛籟坊、雪宥はお代わりも好き、だとばらしてしまえば良かったのに。笑

あと乳首ですよ。何がって、ナニでね。攻め込むんですけどね。
ノリノリです、旦那様。

一波乱はありますが、それが霞むぐらい続きふたりはラブラブでした。
いよっ、溺愛!

さぁて次はややこですよ!ややこ!
剛籟坊、乳がよく出るように毎日揉んだり吸ったりしてあげてくださいね。



天狗と人間の感性の違いが際立ってたんだけどさー。
耳栓にどんぐりはそんなに引くぐらい残酷なんだね……。
烏天狗に会ってもそれは言わないようにするよ、うん。

4

しばらく甘いもの食べなくでも大丈夫そうですw

最近一人で高尾理一さん祭りやってます。
「天狗の嫁取り」と「天狗の花帰り」一気に読ませていただきました!

甘いです!w
旦那様かっこよすぎて惚れ惚れです。
受け様は前作と違って、成長したなぁと思います。
すでに人間ではなく天狗に転成した受け様は、天狗の習慣や考え方を受け入れ、大変ですね。
最初は自ら天狗になりたいわけじゃないから、恐いと思うのが人間として当たり前のことだと思います。
でも愛してくれた大切な旦那様のために、旦那様に甘えず、自分も伴侶として何かやりたい手助けをしたいと思って、頑張って修練して、旦那様の子を産みたい受け様はとても好きです。
早く子産み編見たいです!是非続編宜しく頼みます!

1

新婚ラブラブ編

前作の「天狗の嫁取り」は恋愛成就編なら、今回は「新婚ラブラブ編」、そして次作は「赤ちゃん誕生編」なはず!

いやー・・・BL商業誌でこんなに自分たちの未来の赤ちゃんについて話し合う描写を見たのは初めてです。
同人でならファンタジーものならよく見かけますが^^

今回のお話は、天狗の世界に仲間入り出来た主人公の雪宥が天狗の世界と自分の価値観とのギャップに悩みつつも新婚だからお盛んになるわよねというお話でした。

いや本当に。

このお二人周りに人がいようがいまいがお互いのことを惚気まくってます。
人がいない場合は即睦み合いになだれ込んじゃうのですが、まぁそこは新婚さんだからw


お話を通じて起承転結でいうところの転はあまり見受けられません。
雪宥が元いた自分の世界や家族の現在の姿を見るあたりが相当すると思いますが、既に天狗の世界で生きると覚悟を決め済みですので「もう世界が違うんだな」程度しかありません。ヤマというヤマはなかったなぁ。

全編通してお惚気たっぷり、愛情たっぷりのお話でした。
良く言えば安心して読める、悪く言えばマンネリ・・・かな?

3

1年分くらいの糖分補給率

萌。(MAX:萌萌萌:神に近い)
男の天狗に嫁入りする少年の話が出版されてしかも支持されちゃう現代日本の平和さに、感謝します。と、妙な感慨にふけってしまった前作。
なんだかんだで、ややこ♪ややこ♪と続編楽しみにしておりました。でへ。

それはおいといて。
お前さんらのろけすぎなんじゃーー!と全身タックルかましたいくらい、お二人さんずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと惚気てます。まじで。
甘いものが食べたいなと思ってケーキセットを注文したら、ホールででてきちゃった。笑
でも、高尾さんの文章はそこはかとなく真面目さが漂うので、エロ描写がエローッってならないように、不思議と砂吐くまでには至らないんですよね、私的に。だって真面目に惚気るんだもんな。なんか憎めん(?)のです。
高尾さん自身から、ほんのり天然臭を感じるのは私だけでしょうか。

しかーし、この夢のご都合主義設定の中で仲違いの一つもしてくれないとなると、さすがに盛り上がりに欠けるし、受けを甘やかすにもほどがありますぜ。あと、家族のエピソードは説明台詞が多すぎて違和感が…。
そんなこんなで続き、最後の最後まで中立と迷ったのですが、高尾さんの乳首へのこだわりがあまりにも光り輝いておりましたので、萌評価とさせていただきました。笑
いよっ、さすがチクビスト!ちくび万歳!

ということで、3作目は更なる高尾さんの乳首愛が拝めそうなので、喜んで買わせていただきます。ややこと乳首強奪戦を繰り広げる剛籟坊なんての、こっそり期待してます。笑

4

次作も楽しみです

「天狗の嫁取り」「天狗の花帰り」と一気に読了。

人間だった雪宥も、剛籟坊との甘甘な日々で天狗に無事転生した雪宥。
今度は天狗の伴侶として、剛籟坊の力になるべく、そして二人のややこを産むべく修行に励みます。

大きな波乱もないまま、後半に入ると、ちょっとした出来事が雪宥に降りかかります。
離れ離れとなってしまた母・家族のこと。
ここでは少し涙腺がゆるんでしまいました。
母・弟の後悔と息子、義兄である雪宥への思い。
これも剛籟坊が雪宥を思っての配慮がもたらした結果でした。
多少ぶっきらぼうで言葉は足りないけれど、剛籟坊の雪宥への想いがつまった結果ですね。

あとがきでややこが授かったとさらっと触れられていましたが
欲をいうならもう少しガッツリと授かる話も読みたかったかな。
誕生・子育ては次作になりそうなので、早く読みたいです!

1

あまあま

前作で、人と天狗との間の価値観の違いなど
色々あったものの、
ついに天狗として剛籟坊と一緒に生きていく覚悟をした雪宥。

ついに、雪宥も天狗として転生し、天狗として
剛籟坊のために天狗としての修業をすることになります。

特に大きな問題がおこるわけではありませんが、
1冊まるまるいちゃいちゃ、ラブラブな物語となっています。
子供をつくれることがわかったりして、あったかくなるストーリー。

本作を読む前には、必ず前作を読んでいただきたいと思います。

3

ややこ誕生に期待したいっ!

天狗シリーズの第2弾は、受け様がいよいよ天狗になり、あらためて
攻め様との伴侶としての自覚が育つ甘い展開のお話になっていました。
前作では紆余曲折ありながらも思いを通わせ逢った二人でしたが
今回は受け様が天狗になり、それを攻め様の友人たち、他のお山の大天狗たちに
お披露目するところから始まるお話でした。
受け様が天狗になったと言っても性格がかわる訳でもないので受け様は天狗界の
常識に戸惑うばかりなんですよね。

受け様にとっては羞恥プレイに近いやり取りが大天狗たちにとっては
大真面目だったりして、結構笑える感じで楽しめるお話になっていました。
今回ももちろん事件は起こるのですが、前作程血なまぐさい争いではないけれど
受け様のライバル?なんて大天狗が現れて、目が離せない展開になってます。
そして受け様が天狗として攻め様にふさわしい力を備える為に自ら修業も
始めるのですが・・・受け様は追い詰められないと開花しないタイプでしたね(笑)

受け様は今回の事件の後に、攻め様のややこが欲しいと心から思えるように
なるのも一つの見どころだと思います。
神通力でややこ続きを孕ますことが出来る!う~ん良いです!
出来れば、シリーズ第三弾はマタニティー受け様が見たいですねぇ~
攻め様にお乳のお手入れをしてもらってる姿・・・萌えます(笑)
是非再度の続編希望を願う作品です。

1

おのろけ編

『天狗の嫁取り』の続編。
家族に色々あった人間の雪宥が子供の頃に出会った天狗の剛籟坊と再会して色々ありながらも彼の伴侶となったお話のその先は、
雪宥が天狗の精を糧としてそれを摂取しなければ死んでしまうという設定もあり、
番外も同人もなかなかに甘くてエロいお話だったので、さすがに今回はやっと”ややこ”の話しだろう!と超期待していたんですが・・・

剛籟坊の元に来て人間界の時間で20年(天狗界で140日)、雪宥は毎日剛籟坊の精を受けて天狗に転生することができました。
といっても変化は雪宥の体も感じず目にも見えなくて神通力のある天狗にしかわからない状態ではありますが。
それでやっと伴侶として他の山々の天狗達にお披露目することになるのです。
いわゆる結婚式と披露宴みたいなwww
それが3日程続くのですが、もう、ほんとうに大ノロケ大会!!
それには、他の天狗達に雪宥を取られたくないというけん制も混じっているようですが。
何百年ぶりの人間の伴侶ということで、皆が雪宥に興味津津。
宴席でもいちゃいちゃしまくる剛籟坊と雪宥。
他の天狗に、お前はどんな風に精を摂るのが好きかと聞続きかれて、中に注ぐほうが、という雪宥にビックリ仰天したのは自分だけではあるまい(笑)
そしてお披露目が終わって雪宥はすっかりややこを生む気満々!(凄い適応力)
しかし、ややこを育てるにはそれなりの力が必要で、それにはまだ天狗に転生したばかりで力を何も使えていないからと、一日も早く子供を授かりたい雪宥は修行に励むのです。
御山の見回りなどで剛籟坊が不在の間を縫って修行している時に、無理をして雪宥は怪我をしてしまう。
天狗館に帰り治療し、剛籟坊の帰りを待っている時に、剛籟坊の幼馴染という銀籟坊に貰った見たいものを見られる「水鏡」を思い出し、少し自分がいなくなった後の家族の様子を覗いてみたのですが・・・

ベースはラブラブのエロ甘の号籟坊と雪宥の話しと、子供を産む為の修行の話しがメイン。
だけど雪宥は人間界から来ていますから、やっぱり気になるということで、その後の家族の様子を見せながら、銀籟坊の悲しい片想いの話しが少し色を添えてそこで緩急を入れている様子。
全体としては全編番外編のアマアマを読まされているような感覚はいなめない。
ややこの為に修行というのはわかったけど。
だから、エロ描写に鼻息荒くすることもあるけど、それだけでは物足りない感じが大きいのです。

ネタバレすみません!

ラストで天狗年齢70歳でやっと雪宥はややこを授かることができたところで終わっております。
どうも、出産と子育ては3巻になるようです(涙)
先延ばししないで、もうちょっと出産くらいまでは書いて欲しかったかな?というのが本音です。
それにしても、ほんとうに甘くてごちそうさまなのですw

5

早く読みたいなぁ

剛籟坊さま、すてき。早く会いたいです。
楽しみ過ぎて、先走り「萌」〜!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ