キスは痛いくらいがちょうどいい

kiss wa itaikurai ga choudoii

キスは痛いくらいがちょうどいい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×29
  • 萌13
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
9
得点
130
評価数
35件
平均
3.8 / 5
神率
31.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784812448809

あらすじ

金もない、夢もない、したい事もない…。堕落した生活を送っている美大生の小菅純太は、新しく決まったアルバイト先のデザイン事務所で、妙な男と出会う。誰とも口をきかず、目も合わせない、だけどとても綺麗な男。小菅は一瞬にして、この波古一貴(通称ハコイチ)の、神秘的な魅力に惹かれていくのを感じた。
誰よりも孤独で、何にも染まらない純真なハコイチを、独り占めしたい。小菅は少しずつ近づいていくことにするが、ある日偶然、ハコイチの驚くべき秘密を知ってしまい……!!

表題作キスは痛いくらいがちょうどいい

小菅純太,24歳,デザイン会社バイトの留年美大生
波古一貴,28歳,デザイン事務所の雑務担当

評価・レビューする

レビュー投稿数9

はじめての作品でした!

前からなんとなく表紙が印象的で気になっていた作品。
でも何も下調べしないで、もちろんレビューどころかちるちるで見ることもなかったので、途中衝撃的でした。
自分としては結構BL読んでるつもりだったのに、今まで王道しか手を出してこなかったみたい…。

攻め受け体格差あるのに、受けが…大きい方…⁉︎Σ(゚д゚lll)
え?だって腕っぷしも強くて元やくざで年上で虎に例えられるくらいの獣感満載で噛みぐせもあるんだよ?獲物狙ってる目で見てくるし…そっちが攻めと思いますよ!思いましたよ!つながる直前までそう思ってましたよ!

うわぁ〜やられた〜騙された〜。
でもそれが逆に面白い!
期待を裏切られたわけではなく、期待以上の展開で騙された!すごく良いHシーンです。
萌えだけでなくやさしさが心に染み入る場面です。

その後の展開とか、攻めのダメダメさとか受けの設定とかあれ?って思うようなこともあるけれど、だからこそここのシーンがとても輝いていました。

1

人間模様として、面白い

才能はあるのにずるずるとした生活を送っているだめんず美大生の小菅、
そんな彼がバイト先のデザイン事務所で出会ったのは、
誰とも口を聞かず目も合わせない不思議で迫力のある美形ハコイチ。

千地さんの話の、スタイリッシュで、ニューマンドラマな
不思議なリアリティの感覚はこのデビュー作から特徴的。

受け攻め(ってこれがどっちか分からないのも魅力?)のどちらも
ダメさや不器用さも含めて人間としては可愛いと思うものの、
好きだったり想い入れたりできないので、
その分どうしてもサラーッと読んでしまうのかもしれない。

ハコイチの過去話や、ツッコミどころは色々あるのだけれど
奈良さんのポップな絵柄もあって、ファンタジーとして楽しめる。

一癖ある脇キャラが魅力的。
バイト先の社長、借金取り、ハコイチの親代わり……
世の中という道の真ん中をどこかはずれて歩いている男達だが
みな芯に暖かな心を持っている。
社長のいずみさんと花村さんの関係にも、興味津々。


2

あとがき

「あとがき」にあるように、小菅のダメっぷりに嫌悪感を通り越して、可愛らしく思えてきました。
 
反面、不器用なハコイチにはもう親心の様なものすら感じ、応援したくなります。
個人的に小菅×ハコイチ=受×攻 と考えていたのですが、真逆だったので驚きました。

2

どっちも素直

美大生の小菅純太は、大学を二年留年し、プロを目指しているわけでもないけれどベーシストとしてライブをし、ギャンブルにはまり借金をし、卒業も就職も見込みのないまま日々をただだらだらしながら生きていた。
そんな時、大学の先輩の紹介で向かった新しいアルバイト先で、少し変わった男と出会う。
彼は、誰とも口をきかず目も合わせないが、とてもきれいな男だった。
小菅は一瞬にして、この波古一貴(通称:ハコイチ)の瞳に魅せられてしまう。
当初、小菅の言うことにも誰の言うことにも答えてくれなかったハコイチだったけれど、小菅が彼の隣で悩みや辛さを話すのにそっと耳を傾けてくれていた。
そしてある日、たまたまコンビニにいた小菅がハコイチを見つけたことから、二人の関係が変わり始める。
初めて職場の外で会ったハコイチに小菅が必死になって話しかけると、初めてハコイチがその言葉に声を返してくれたのだった。
聞けば今年ほど、 2人の勤めるデザイン会社の社長の命令で、社長以外の人とは口をきいたことがなかったらしい。
その5年ぶりの相手が自分だったことに、喜びを覚えた小菅だったけれど、ハコイチの言葉はいつでも飾続きり気がなくまっすぐで、時々小菅の心を酷くえぐるものだった。
そんなハコイチをいじめたい気持ちになったり、独り占めしたい気持ちになったりと小菅の心は乱れまくる。
ハコイチのお陰で、せっかくもう一度デザイナーになりたいと思えたはずなのに、自業自得の借金により、その道が再び閉ざされようとしていた。

という話でした。
ハコイチは「バカがばれるから黙ってろ」と言われた約束を律儀にも守り続ける基本的には自分の気持ちに嘘もつけない正直者で、約束もちゃんと守る。
だからこそ、恵まれない子供時代を送っていたために、漢字も読めない、いろいろな経験が少ないことで間違った道に進んでしまったこともあったりもする。
一方の主人公の小菅は受験にすべてのエネルギーを使い果たし、そこでエネルギーの切れてしまったダメ学生。
自分以外の同級生の凄さや才能に、打ちのめされて何もかものやる気を失ってしまい、落ちるところまで落ちてしまっている。
そんな彼に、ハコイチのかける言葉は、お世辞や嘘を含まない分だけまっすぐに刺さってくる。
小菅はそんなハコイチのまっすぐなところに惹かれ、ハコイチはそんな小菅の頼りない部分を守ってあげたいと感じるようになる……

という話でした。
いろんな感情が溢れて、ジーンとなってしまいました。
私の場合は、それが高校だったのかもしれなかったけれど、入ったら思いもよらずに特進クラスにいて、でも自分の力が及ばなくて、ずるずる下がってくる感覚。
そういうのを味わされるのはいやですよね……
多分、小菅くんが味わってきたのはこんな感情。
でも、この物語中で何度も言われていたように、他の人の気持ちを想像することができても実際に感じることはできないので、それを安易に口にするのは確かによくないかもしれないなぁと思います。
ただ、聞いているよとう空気やオーラを出しておき続けるのはやっぱり必要なことなんだと思います。

驚きの1冊目の単行本でこのクオリティーで、こんなに少し切ない話が書けるなんてすばらしいと思います。
この話の続きではなくて構いませんが、次の本を読むのを楽しみにしています。

2

これもピュア受け?

外見は男らしくて凄く格好いいのに全く喋らないハコイチ。
バイトの面接に来た小菅は、ドアを開けた最初に目と目があって、その瞳の奥にある物に目を奪われて。
もう、そこから恋は始まっていたのね。
ハコイチが喋らなすぎて、ちっともそんな雰囲気はないけれど。

育ってきた境遇のせいで、ヤクザの世界に身を置いていたのに、逆にむしろ純粋無垢のままだった箱入りのハコイチ。
小菅は、借金に追われて、将来への希望も、自分の才能への自信も削がれて、日々の生活を何とか流していくのに精一杯だけど、根は真面目ないい子。
ハコイチに選んで貰って、小菅はきっとこれからどんどんよくなる。
ハコイチってきっとアゲマン(アゲチン?)だろうね。

ハコイチ受けって言うのがちょっと意外なようでもあり、当然のようでもあり。
でも、きっと二人は幸せ。
なかなか感涙物でした。

1

奈良千春さんのイラスト買い!

個人的に選ばない類(特にタイトル)なのですが、奈良さんのイラストがキレイすぎて手に取りました。

作者さんのデビュー作ということですが、クオリティ高いと思います。
BLという枠じゃなくてもいい位。

主人公の小菅はどうしようもないのですが、何とか助けてあげて!と思っていました。
ハコイチがいてくれてよかった。事務所のみんなも優しくてよかった。
ヤクザの取立てシーンとか、読んでいて痛々しいのって苦手で
ヤクザ物は好んで読まないのですが、ハコイチが助けてにきてくれてかっこよかった。

小菅×ハコイチだから仕方ないとは思うのですがエロの場面はあまり甘くない。
しかし、ラストシーン動物園に誘うところが萌えるので今後の二人は甘いのだろうと
期待します。


1

ハコイチさんが可愛すぎて生きているのが辛いw

萌えもあったけど良い話で小説として上手いなあ~という読後感。
小菅の中でハコイチさんが特別な存在になり、惹かれていく過程がとても丁寧に書かれていた。
全体的に地に足が着いた作風で構成も整理されていて好き。フラッシュバックのように過去が細切れに語られるシーンも自然。ラストもきれいにまとまってた。

主人公はもちろん小菅ですけどこの小説の魅力は何と言っても小菅を通して見るハコイチさん。
ギャップ萌え属性なのでハコイチさんの新たな面が見える度転がりたいほ萌え悶えた。
ハコイチさんの「バカだけど子供じゃない」にローリング萌え、やっと思いが通じ合ったと思った行為の翌朝、ハコイチさんが「好きだから疑ったんだ」って言うシーンで萌えながら切なくて泣きそうになった。

小菅はバカだけど彼の焦りや諦観も理解できた。その部分のリアルさが物語の奥行きになっていたと思う。
小菅の人生にハコイチさんが寄り添ってくれてギリギリで踏み留まれて良かった。
小菅には心の底まで覗いて暗闇に手を差し伸べてくれるハコイチさんが必要だったのだから。彼のリアルな存在感を指や腕の体温が表しているのだろう。

続きまあ小菅にハコイチさんは正直もったいないけど本物を見抜くハコイチさんの目を信じることにするw

花村や和泉もハコイチさんをとても大事にしてるのが伝わってきた。そして花村達も多分そんなハコイチに救われているんだろう。
ばーちゃんや刑事さんも伝聞でしか出てこないけど素敵だった。

基本的にはダメっ子は攻のが好きなのでこの左右で良かった!優しい男前受ってのもツボ。
受が攻をおんぶするってのもとてもいいなあ…。

小菅はハコイチさんと同棲しちゃえば借金返すのも楽になると思うんで続編同棲編とか出ないでしょうかw
スピンオフにしても「和泉×花村」でも「花村×逆井」でもどちらも美味しくいただきますよ!

作者さんは文体や比喩表現、練られた構成に宮部みゆき氏に似たものを感じるので小説文法をちゃんと学んだ人ではないかと思いました。あとラノベもよく読む人かと。
っていうかデビューにしてはあんまり達者なので一般作家さんのBL用PNじゃないかと疑っていますw

ただタイトルがイマイチだと思うのよ…ラノベ風じゃなくもっと簡潔でさらっとしたのがいいのに。

3

傷を負ったピュアな猛獣が守るものは

自分の将来も何もかも投げやり気味の攻め様が出会ったのは
強烈なまなざしで人を射抜くような目をした受け様

攻め様は、美大在学中なんですが、己のデザイナーとしての才能に悲観的で
難関の美大に入る為に努力したが、その後は燃え尽き症候群にでもなったように
自堕落な生活や遊びを覚え、借金でクビが回らなくなってるんです。
紹介されて、アルバイトに来たデザイン事務所で受け様と出会うのですが
受け様は誰とも一言も話さない変わった人。
でも、攻め様は物言わぬ受け様にいつも一人で一方的に話しかけてしまう。
いつの間にか、物言わぬ受け様に話すことで癒されている攻め様なんです。

でも、偶然会社以外の場所で出会った受け様を見かけ、借金でヤクザに追われていた
攻め様は、受け様を引き留め一緒にいて欲しいと思ってしまうのです。
そして、受け様が初めて話を返してくれて・・・話さない理由も知り
その理不尽とも思える理由に嫉妬めいた思いを覚えてしまう攻め様。

この二人って攻め受けがいつ逆転してもおかしくない感じなんですよね。
年上で、かなり壮絶な過去を持っている受け様、でも心根は優し続きくて少年のようで
学校にまともに行ったことがないので勉強が全然出来ない、それでも何かを
目的を見つける為に地道な努力をしてる。
攻め様は目的はあったけれど、その目的を見失っている。
そこに、受け様を取り巻く人間関係や、攻め様の借金問題などをうまく絡めて
二人の心のふれあいから始まるスローな感じの恋のお話になっているように思います。

3

ぼくはバカだから。。。

ラヴァーズで新人さんって、自分は初めてお目にかかるかもしれません。
絵が奈良千春さんで、すごく期待していました♪
表紙にネコが隠れてるんだけど、ひょっとして登場人物の比喩なのかな?とも思ったのですが、自分の印象はワンコだった(!?)
そして、最初に一番びっくりした事を描いてしまうんですが、攻め受けのポジションが年下攻めだったことです!
しかも体格差あり♪
この意外性が、ほんとうに意外だったんで萌えたんですが~♪

主人公の純太は有名美大に受かった途端に燃え尽き症候群(?)で学業に身が入らず、目標もやる気も失くしてしまって、他ごとや遊びで2年も留年している大学在学6年の24歳。
奨学金で大学に通っているものの、悪徳金融に借金をこさえてしまいヤクザの取り立ても来る有り様な為、デザイン事務所でバイトをすることになる。
そこには所長である元ヤン風な和泉、ラガーマン風な岡本、同じバイトの海老沢、そしてモデルのような外見なのに、一言も話さない事務雑務をしているハコイチがいた。
純太は話さないハコイチに何かと話しかけているうちに、とうとうハコイチの声を聞くことができる。
こうや続きって、ハコイチに懐く純太、純太になつくハコイチ、
純太の借金問題とハコイチの過去がリンクして、それぞれが好きになっていくお話でした。

純太が学業を真面目にこなさない、遊びやギャンブルや酒やたばこや薬や、そんなもので借金をつくるという設定に、いい加減で軽い奴なのかな?という印象を持ったのだが
それは見事に裏切られる。
デザイン会社でどんな働き方をしているのか詳細な描写はないが、それなりに真面目にやっているようなのである。
ハコイチに話かけるのも単純に純粋な気持ちで、彼をバカにするでもなく、最初から素直な人なつこい様子を見せるのです。
う~ん、、純太と言う子は一体どういう子なんだろう?
ただ目的を見失って単にデザインに情熱が向けられない、デザインに関してだけ余りやる気がない子なんだろうか?
そんな違和感に、結局借金を作った理由が暴かれる時、彼は人を疑うことをしない騙されやすい人だったのか!?
・・・と、ほんとうはイイ子なんだけど浅はかで楽な方に流される子という解釈でいいのかな?頭もいいみたいだし、、
余りかんがえすぎないほうがいいのかな?(ちょっとこだわってしまった)

ハコイチがしゃべらない設定だけにとても魅力的です。
彼は自分で、自分はバカだからと言っているのは、彼の過去が関係あるのですが
彼のその過去の話しはエピソードとして他の人から語られるだけなので、彼がどういう気持ちでそこにいたのかはよくわかりません。
ただ、バカと言っているからきっとすごく純粋で、素直で、大好きな人には命がけだったんだと思います。
純太に対してもそうです。
それが自分には犬に見えたんですよね・・・背中には虎の刺青ありましたけどwww
このハコイチが受けなのが意外だっただけに、それが何かかわいいんですよ♪

ハコイチは皆に大事にされていました。
それがとてもよくわかるお話でした。
純太が主人公なんだけど、純太視点なんだけど、自分にはハコイチが主人公のような気がします。
ハコイチのおばあちゃんが残したハコイチあての手紙に思わずジーンとしてしまった。
お話を読み終わってみると、とても優しい話しだったことに気が付きました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ