読んじゃいけないBL童話♂R指定-オトナの赤ずきん(1)

yonjyaikenai BL douwa

読んじゃいけないBL童話♂R指定-オトナの赤ずきん(1)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
フューチャーコミックス(未来少年)
シリーズ
発売日
価格
ISBN

あらすじ

今は昔。とある森の中に、赤ずきんちゃんを探し回る狼さんが1人いました。昔、修行のために置き去りにしたかわいいかわいい赤ずきんちゃん…。「会いてーな、赤ずきん…きっと今頃は食べごろに成長してるはず…」なんて馬鹿な妄想をしながら、ヨダレを垂らしながら思い出の場所へと向かう狼さん。まさか、自分があんなかわいかった赤ずきんちゃんにおいしくいただかれるハメになるなんて思いもせずに―。読んじゃいけないBL童話シリーズに待望の赤ずきんちゃんが登場!!ぜひご覧ください!

読んじゃいけないBL童話♂R指定-オトナの赤ずきん(1) 14ページ
読んじゃいけないBL童話♂R指定-オトナの赤ずきん(2) 13ページ
読んじゃいけないBL童話♂R指定-オトナの赤ずきん(3) 13ページ

表題作読んじゃいけないBL童話♂R指定-オトナの赤ずきん(1)

赤ずきん(領主)
狼(のリーダー)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

表紙を見りゃわかるでしょうが

このお話の赤ずきんはいい大人です。
いや、むしろ狼より背も肩幅も胸板も分厚い立派な領主様です。

ほよほよ赤ずきんちゃんをおいしくパックンしたら
大人になったら赤ずきんに逆にがっつりごちそうさまされちゃった狼さんの話。
というか、擬人化ものの狼の受け率、異様に高いですよね・・・。
意外性を狙おうとしてみんなが逆突きすぎて、逆に王道になっているような。

というわけで、これは王道になってしまったけもの道なお話です。
仲間内で「赤ずきんには気をつけろ!」と言われているのにもかかわらず「人間なんて」と大たかをくくってたら、銃を突き付けられた赤ずきんに「死ぬかオナ○ーしろ」と脅迫されて、仕方なく擦ってたら「教えてくれたのはあなたなのに」(押し倒す)→「うええっ!」とw

でも狼さんも仲間内では修行の旅を終えて帰ってきた英雄で、リーダー。
だけど森に鉄道を通す計画を身を張って阻止している領主、赤ずきんには頭が上がらんのです。たとえ「話が違う!」になっていても。

でもちびっこ時代の赤ずきん君のかわいらしさのエッセンスはちゃんと残したままガッチリしたイケメンになっている続き(しいて言うなら目つきが大人になっただけ)のが非常によく分かるのはやはり作者さんの画力でしょう。
これだけ変われば「誰それ?」になっても何らおかしくないのです。

狼たちを守るために時には銃で撃たれるほどに体を張る姿に耐えきれず狼さんはまた赤ずきんのもとを去ろうとしますが、大人になった赤ずきんにそんなのは通用しないw

なんにせよ赤フードは少女でなくても意外と似合うというのがツボでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ