基本的には、昨日も今日も……もういいってくらい、愛されてます!

戦う!セバスチャン♯ (2)

tatakau sebastian

戦う!セバスチャン♯ (2)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784403621376

あらすじ

フラン○フルトの裏社会と、デーデマン家をぎゅーぎゅー牛耳る超執事・セバスチャン。
ただでも仕事嫌いのご主人様や、少女型妖怪(?)ヘイヂや、
使えるゲイのコック・デイビッドにふりまわされているのに、
ご先祖様の霊まであらわれて……!!?

永遠のNo.1の執事コメディ、今日も元気に第二弾!!

(出版社より)

表題作戦う!セバスチャン♯ (2)

その他の収録作品

  • 戦う!セバスチャン♯ショート
  • 戦う!セバスチャン スキマスペシャル
  • デーデマン家仕様人日誌

評価・レビューする

レビュー投稿数1

Bくんの逞しさを垣間見る。

タイトルこそセバスチャンですが、どっちかというと今回は(というかこのごろ)インパクト的にはずっともっと濃い人たちに圧倒されてて突っ込み役に終始しているのがこのシリーズ。

・・・ですが、今回その常識を覆してくれます、カーストの最下層にいると思われていたBくんが。しかも「アイスを食われた」という実にしょーもない理由でw
次々新しい人を登場させてマンネリを防ぐというのもありといやありなのですが、「こいつはどうかんがえても蹂躙される側」だと思ってたキャラクターがぶちきれてかたっぱしから怒鳴り込みに行き最後には犯人を奈落の底にたたき起こす逆転劇も面白いものです。

そしてセバスチャンと並んでカーストのほぼ最上位にいると思われるユーゼフを困らせる(そして同情される)彼を屁とも恐れないサンジェルマンとラスプーチンという二匹の幽霊の存在もw

でもこの物語に登場する人たち、大なり小なり必殺技持ってるからなぁ。
薙刀をぶんぶん振り回す上に闇文章でほほほとひっそり牛耳ってるツネッテとか。
なかなかあなどれない。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ