駆け引きはバーにて

kakehiki wa bar nite

駆け引きはバーにて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×28
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
71
評価数
19件
平均
3.8 / 5
神率
21.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラ文庫(小説・心交社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784778112721

あらすじ

バーテンダーの水嶋暁人の店に高校時代の片想いの相手、設楽佑司が訪れる。当時から大人びた雰囲気だった彼は、さらに洗練され独特の色気を漂わせていた。今まで忘れていたのに、自分に引き抜きをかけるため度々店に現れる設楽に再び惹かれていく。だが彼の瞳は未だ元恋人へと注がれていることにも気付いてしまう。気持ちを断ち切ろうと、断られることを見越して引き抜きの条件に「俺と寝てもいいなら」と持ちかけたのだが……。

表題作駆け引きはバーにて

片想いの相手で経営者 設楽佑司
バーテンダー 水嶋暁人

その他の収録作品

  • 駆け引きはベッドにて
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

健気にも程がある

元彼が忘れられない経営者×健気なバーテンダーの話です。
表題作と続編の2本が収録されています。

「駆け引きはバーにて」
水嶋(受け)の目線で進んでいきます。
水嶋は高校時代の片思い相手の後輩・設楽(攻め)に請われてバーテンダーとして店を手伝うことになります。相手の弱味につけこむ形でセフレになるも、設楽が別れた恋人・鳴瀬を高校時代からずっと好きでいると思い知らされる日々に疲れます。好きだと告げてもふざけるなと一蹴される始末で…。

「駆け引きはベッドにて」
設楽の目線です。表題作を設楽目線で振り返った後、後日談として軽い嫉妬と甘いエッチ、それに鳴瀬が工藤を好きになるというおまけつきでした。

水嶋がとにかく健気です。設楽に内緒で今井の窮地を救ったり、鳴瀬のために負傷するなど、涙の出そうな健気っぷりです。好きだと告げても信じてもらえない場面では胸が痛かったです。

一方、「ベッドにて」の設楽の目線で振り返ると更に顕著なのですが、設楽は子供っぽい一面があります。独占欲はともかく、水嶋への暴言は辞めるとはいえ仕事相手に対する社会人の態度ではありません。

そこが、続きできた人間ばかりじゃない登場人物に、物語として厚みを出してはいますが、水嶋ほどの男が惚れる相手としてはちょっと物足りなくも感じました。独占欲だけでなく、水嶋だけに甘えてキツくあたってしまうとか、もう一押し欲しかったです。

水嶋を健気と好意的に取れるか、設楽を工藤や笹本という男前より水嶋に相応しい魅力的な男だと感じられるか、恋敵ともいえる鳴瀬を可愛く思えるかが、作品を楽しめるかどうかだと思います。

0

大人の駆け引きは好きですが…

バーってだけでテンション上がってしまいますけどもw
高校の頃、自分は美人で高嶺の花にもかかわらず
密かに一学年下のテニス部・設楽へ惹かれていた水嶋は
雇われ店長という肩書でバーテンをしていたところ
その水嶋が訪れ、数年ぶりに想いが蘇り……。

学生の頃のかなわなかった恋って甘酸っぱいもんです。
再会した事によって期待もしてしまったりしますよね。
でも、当時ほぼ公認だった設楽の恋人の鳴瀬との睦まじい様子と
今では鳴瀬に他の恋人がいるというのに
あの頃と同じ愛おしい目をしている設楽の表情を見る水嶋が切なかったです…。

そこへ持ちかけてきた、設楽の新しく経営するバーへ引き抜く話。
交換条件として寝ることを提案した水嶋は
体を重ねることで喜びもあるし相性は良いのに
自分自身を見てくれない設楽に苦しくなります。
設楽の共同経営者・今井の大きいミスを救ったり
鳴瀬のろくでもない彼氏の為に大金を用立てるとか
健気過ぎるくせに、決して設楽には媚を売るようなこともしないクールさ。

そんな水嶋と高校時代から仲が良い工藤と一緒にいる姿を見て
ひたすら面白くない様続き子の設楽、嫉妬全開で正直「ふっ」って思いました。

1つだろうが、年下攻めが年上受けを独り占めしたくなるお話は大好きなのですが
いちいち口調は遠慮ない感じだし、
水嶋を大事にしたい気持ちが伝わってこなかったんです…。
心情を明かす設楽視点でも、つい八つ当たりにしても私も傷つきましたよー;;

ベッドを共にしても溺れてはいけないと自制しながら
やっぱり好きな気持ちは抑えられられない水嶋が気の毒でした。
店の引き抜きの為だった時はレストランで食事とかもしていたのに
その後は寝るだけとか、愛を感じない(泣)
それでいて、設楽は今井と水嶋との仲を疑ったり工藤にも嫉妬したり。
俺様っぽい設定にしても、勝手すぎる印象を受けました。
私は受けに優しい攻めがわりと好きなので尚更だったかもしれません。
後半では水嶋にメロメロな設楽ですから結果オーライでしょうけども…。

そして、イラッときたのが、設楽の元カレの鳴瀬!!!
ろくでもなく怪しい彼氏の為に金を借りるとか
水嶋が貸した大金を持って姿をくらました男をまだどこかで信じているとか
おっまえはバカか!!??となじりたくなりましたよ!!
こういう人物もいないと、物語にメリハリつかないかもしれないのですが
なんでそういうヤツを設楽は好きだったのかとか釈然としませんでした…。
そのせいで水嶋が胸を痛めるなんてかわいそうだし!!

あと、ちょっと細かいですが、設楽が水嶋を「あんた」呼ばわりするのはまぁいいとして
水嶋が設楽を「あんた」呼ばわりするのは違和感がありました;;
私だけかもですがw
仮にも後輩なんだから、「お前」で良くないかなー…なんて。

しかし、義月さんはほとんどお飲みになれないというのに
バーのお話を書けるとは凄いですね!!
憧れるお気持ちもわかりましたw
(私は酒好きですが酔えればいいという真の酒飲みではないので;)

距離をはかりつつも設楽に恋焦がれる水嶋の想いが成就して良かったです。
でも、私は設楽を好ましく思えなかったので中立とさせていただきます…。

3

精神的三角関係は辛いよね

テーマは片思いって言うくらい大人の切なさが感じられるストーリーでしたね。
高校時代の恋人がいる後輩に片思いしていたバーテンダーの受け様。
卒業していい加減大人になった頃の再会は、その後輩の攻め様の恋人だった
相手との出会いから始まる、受け様の店にその恋人が飲みに来るようになって
でも、攻め様とは一緒ではない事で、期待と困惑が一緒になっているような思いを
感じてる受け様は、まだ攻め様に片思いしてるのかも知れないなんて思わせる。

そして、期待なんて虚しいなと思っていた頃に元恋人と攻め様と攻め様の共同経営者が
3人で現れてから、頻繁に店にくるようになるんです。
でも、元恋人と一緒に来ると攻め様のその眼は学生時代と変わらずに元恋人が
今でも好きだと切なく成る程わかってしまう受け様なんです。
それは受け様もまた、攻め様を見つめているから解るのですよね。

そんな時に、攻め様の会社で、受け様の店と同じようなバーを経営する企画があり
受け様は攻め様からスカウトされてしまうのです。
でも、受け様は表面的には雇われ店長なのですが本当は実質のオーナーでもあり
始めはその誘続きいを簡単にあしらっていたのですが、ふと魔がさして受け様は
抱いてくれたら考えてみても良いと・・・
自虐的な思いにかられながらも、告げてしまい、攻め様はあっさりOK。
そこからセフレみたいな関係になってしまうのです。

相手に好きな相手がいるのがわかっていながらも、それでも少しでも傍にいたいとか
相手の役にたちたいなんてクールで経営的にも全てが優秀な受け様なのに
恋した相手に、見返りを求めない愛を注いでいる姿はかなり切ないです。
そして小悪魔的な攻め様の元彼の存在、この彼も恋に溺れた愚か者でした。
前編受け様視点で描かれていて、受け様の心の動きが伝わってとても良かったです。

書下ろし部分は攻め様視点で描かれていて、学生時代に攻め様が受け様に
憧れていた事実なんかもあって面白いです。
攻め様が受け様と出会って受け様とは違う視点で気持ちが揺れ動く様子がわかり
2倍楽しめる作品になっていました。

2

まさにタイトルのままの如くです

義月さんといえば”酷い攻め”という面が最近ちょくちょく登場しておりますが、今回もまあ、酷いっていいえば酷いかも?
だけど、主人公(受け)がとても頭の良い男前な人物であったために、その攻めの酷さは年下ゆえの傲慢さとか、とどのつまり無意識の嫉妬の行為にも見えて、胸が苦しく締めつけられるような酷さは余り感じませんでした。
そんな点で、すごく大人な話しに出来あがっていたんじゃないかな?
そして、この主人公がとても魅力的でした。

水嶋が高校の時気になっていた設楽という下級生。
彼は、水嶋の所属する図書委員の成瀬とできているのを知ってしまい、その時点で失恋をしているのだが、
水嶋が半分オーナーとしてバーテンをしているバーにて十年ぶりくらいに再会してしまう。
おりしも、設楽は事業経営の中でバーを開店させる計画をもっており、水嶋のバーテンぶりを認め彼を引きぬこうと口説くために通ってくるようになるのです。
すげなく断る水嶋だが、彼が元カレである成瀬とまだ仲好くしているのを見て、思わず自分の相手をしてくれるなら、という言葉を口にしてしまい、
そして関係を持つと共に設楽の新店にも携わる続きことになる。
あくまでもセフレ的関係であり、ビジネスの関係であったはずが、
会社の経営に口をはさむのを好まない設楽が、水嶋が設楽の共同経営者の今井のピンチを救ったことを、彼が余計な口出ししたと勘違いしたことから、二人は決別。
また、鳴瀬のトラブルが絡んで、もうこの関係さえも全く切れたと思われていたのが・・・

水嶋は最初に設楽に「好きだった」と告白しています。
でも、関係を持ったその後は本当にセフレで、設楽はその奔放なセックスを楽しんでいる。
恋人でないくせに、水嶋に知らず知らず独占欲を発揮しているのを、友人に指摘されても、否定するほどの、自分の鈍感・傲慢を知らないわがままな部分が、何か他の人々にくらべて子供だな~ていうか、年下を思わせる箇所でした。

一方水嶋はとてもクールで醒めているようでいて、時々茶化しながら本音を漏らすあたり、とても大人な感じがします。
彼が設楽の態度を理解しているから、本気であることを悟られないように、彼のプライドを傷つけないように、気を遣っている部分、ある意味健気で謙遜という風にみえなくもないですが、それは彼のバーテンとして培ってきた賢い部分だと思います。
少し恋をあきらめてしまっているのが悲しいが、彼の内に秘めた恋とか情熱は、低い温度ながら感じることはできます。

結局は設楽はその水嶋の魅力に堕ちたことになるのかな?
しかし、後のSSにおいて設楽目線で物語が語られると、高校時代から注目していたお互いがあったりして、少なからず意識しあっていたという過去がわかります。
そして、水嶋との駆け引きの中で設楽がどう思っていたのかもw
このお話は、ある種ネタバレ要素満載のものでしょうね♪♪

設楽と水嶋を散々ひっかきまわす原因となった鳴瀬。
彼は恋多き男といったらいいのでしょうか?
素直といっていいのか、懲りないと言っていいのか、、、思わずため息ですよw

まさに題名の如くの駆け引きは、年上・水嶋に軍配が上がったようです。
とても大人な激しい盛り上がりはないにしろ、心をつかむのが上手い展開と心情描写で、最初読み始めた時のやりきれなさは払しょくされ、お、なかなかよかったぞ♪と思える仕上がりのお話になっておりました。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ