優しい歌が歌えない。 前編

優しい歌が歌えない。 前編
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
オシノビー〈サークル〉
ジャンル
銀魂(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
84ページ
版型
B5

あらすじ

※18禁

表題作優しい歌が歌えない。 前編

土方十四郎
坂田銀時

評価・レビューする

レビュー投稿数1

過去の痛みも温もりも全部しょいこんで今を生きる。

山田パピコさんの土銀作品の中では私のお気に入りベスト3に入るくらい大好きなお話です。

土銀でシリアスなお話です。今を生きる銀時は辛く苦しい過去に囚われています。それを気付かれないよう、見せないよう土方との逢瀬を繰り返します。
身体を重ねた翌日銀時は土方の目が覚める前に姿を消すようにしている。
恋人である土方には心の深淵まではさらけ出してないんです。

そんな銀時と同じ時間を過ごす中で時々見せる今すぐにでも消えてしまいそうな儚げな銀時の姿を目の当たりにし、土方は本当の銀時をさらけ出して欲しいと強く願っています。しかし、実際どうしてそうまで自分自身を隠そうとしているのか肝心なところもわからないし、そう簡単に踏み込めない。
銀時を知る術がないのです。

前編では銀時の過去・松陽先生とのエピソードも描かれています。松陽先生の温もりを知ってしまったからこそ銀時はもう誰も傷つけたくなくて、失いたくないと乞うているのではないのかなとひしひしと感じられました。
土方が銀時の過去にはじめて触れ、気付いたところで前編は終わっています。

中編に続きます…。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ