追いかけようか?

oikakeyouka

追いかけようか?
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×214
  • 萌12
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
12
得点
108
評価数
31件
平均
3.5 / 5
神率
9.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784829625286

あらすじ

無愛想なカフェ店員・立花に告白された西条。驚いたものの、その後も態度を変えず淡々と接してくる立花が逆に気になり始めて……。

(出版社より)

表題作追いかけようか?

カフェの常連の会社員 西条守・27歳
ローテンションなカフェ店員 立花尚太・23歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数12

とーっても可愛い

カフェの若手店員さんと、常連のお客さんという一見なんの変哲もない組み合わせ、ですが、知り合いになる冒頭部分から、深みにはまっていくまでの展開がとても丁寧です。
作風はかわいらしくて暖かい、ほっこりする感じでした。

ツンデレというわけではないけど、頑固で無愛想な立花が、その無愛想の下に隠した一途な恋心が可愛いと思います。
クマのぬいぐるみに色んな出来事を報告したりとちょっと乙女なところもあるのですが、それもなんだか普段の無愛想をひっくり返して可愛いんです。報われないとわかっていながら無理に押しまくるわけではなく、どちらかというとかなり消極的。
そのせいですれ違いものになっていますが、とても苦しいような展開はないのでこのくらいがちょうど良いかな、という感じでした。
立花と西条の視点が交互なのも良かったと思います。

西条も最初は仕事人間すぎてクール過ぎるように感じるのですが、次第に立花に向ける目線が暖かいものになっていくのにとてもキュンとなりました。
肝心のストーリーは…というと、説明するような起伏の大きな内容ではないのです。顔見知りになったカフェの店員さんとお客さんか続きら、距離をつめていく、というだけの内容なのに、唐突過ぎず、とても丁寧。
ノンケの男性が男性相手に恋心を抱いていくという王道ですが無理なく共感できるお話でした。

0

出発点の違い

1冊丸ごと表題作です。

西条(攻め)と立花(受け)、両者の目線から語られます。そのくせ、場面をなぞるうっとうしさを感じず、片方の目から語られなくても相手が何故そのような言動をしたのかが読者には分かるという見事な書き方だと思いました。

二人の出発点の違いから起こる、擦れ違いモノです。
恋に決着をつけるつもりで告白した立花(受け)と、告白から相手を知ることをスタートした西条(攻め)。お互いどんどん好意を抱いていくのに、立花は良い思い出にしようとし、西条はこれからの二人の歴史の一つだと考えます。結果、立花は西条の前から姿を消してしまうのですが…。

立花が健気で可愛らしく、片思いだと決めてかかった自己完結を、ワガママだと感じてイラつくことがなかったです。
西条の、無自覚な立花に振り回されるというわけでなく、知れば知るほど可愛らしくて惹かれていくといった有り様も微笑ましかったです。
読んでいて応援したくなるカップルでした。

年上攻め×年下受けの可愛らしい社会人カップルがお好きな方にお勧めです。カラーイラストの立花の困惑顔が可愛らしかったので、元ハルヒラ先生のファンの続き方にもぜひお勧めします。

1

ベアが取り持つ縁?!

とても可愛らしいお話。
ベアダックカフェの社員立花は研修で店舗で店員として就業していた。カフェによく訪れる会社員の西条に恋心を寄せているが、研修が終われば本社へ戻り会えなってしまうので思い切って声をかける…

切羽詰まって思い余って告白してしまうのが初々しくて、あわあわし過ぎなのはちょっと幼い感じもありますが、可愛らしいです。
カフェのベアをこよなく愛していてクマと呼ばれるのを嫌がってベアですといちいち言い直すのがやっぱり可愛らしいとともにウザいw

そんな立花ですが、告白後西条は気があるのかないのか相手が男だからと引くわけでもなしかと言って応えるわけでもなしかなり曖昧な、それでいて出かけようと誘ったり、立花とっては逆に辛い展開です。
ちょっとそれはかわいそうだよ、もうちょっとわかってあげてよと思いましたヨ。

研修が終わって会えなくなってしまってお互いやっぱり気持ちが募ってという流れですが、西条がちゃんと言葉で伝えていなかったことと立花も鈍感すぎて最後の最後までもどかしいふたりでした。

が、かなりのほのぼの度でほっこりさせられます。

0

グッズ販売されたら買うのに。

…か…可愛いー(*´Д`*)
何これ、めちゃくちゃドツボった。
最初は淡々と読んでいたんですよ。
でもね、じわじわーっとくるんですよ!!!

西条が「割と酷い人」設定で書かれていたらしいですが、攻め・受け視点が交互で書かれていた影響かそこまで酷い男には感じませんでした。
立花くんから見たら酷いのかもしれませんが…後半で振り回されまくっている西条さんは楽しいです←
懐くまで長期戦でいくか~と考え始めた途端の逃亡とかねwww

もう立花くんがマジで可愛すぎるー!!!
地味可愛いε=(///ω///)=33
あれだなー、普段ローテンションで余り表情に出ない子なので余計に可愛く思えるんでしょうねー。
何かこうね、西条の前だといっぱいいっぱいな感じがねw

再会した時、嬉しそうな笑顔を浮かべたと思えば「(西城の顔が)こ、怖い!」と本気で逃げ出しちゃって追いかけっこ状態になったり、Hの際に抱き付く相手が西城じゃなくてベアだったりね!!!
そいで、やんわり取り上げられそうになって「クマじゃなくて、俺にしておいて(困り顔)」のやりとりとかマジで好きです。

西条は西条続きでベアの前に正座で「尚太を俺にください」とかいいつつ、ぬいぐるみ相手に嫉妬してチョップ繰り出したりwww

もう本当に可愛かったー!!!

ってか元ハルヒラさんデザインでベアダックのグッズが欲しいO(◦♥///Δ///♥◦)O
と終始思いながら読み終わって、あとがきでベアダックカフェという店名とベアのデザインは鈴倉温さんだと知りました。
もともとは漫画用の原作として書かれたもので没になってしまった作品だったのですねー。
「小説として書きませんか?」と声をかけた編集さんGood JobΣd(´∀`*)

1

両視点が良かったです

わたしの大好きな日常系です。
しかも、攻めと受けの両視点。

攻めの西條は仕事の出来るノンケリーマン。
受けの職場であるカフェの常連さんです。
年齢設定が27歳ですがあまりそうは見えない…全然女子社員にガツガツしてないし、30くらいでもアリかな。

受けの立花は存在感の薄い地味男くんで、勤めるカフェのマスコットキャラが大好き。
絶賛西條へ片想い中。
マスコットキャラが引き起こした勘違いのために、自分でも予定外に西條へ告白してしまいウオサオしてしまいます。

西條が始めの頃、嫌味な感じを醸し出していたので、なんでこんな男に惚れるかなぁと思っていました。
ノンケで自信溢れる西條が、本当に立花を好きになったりするんだろうかと半信半疑でしたが、両視点のため西條が急に好きになった感がなくて「うまいなー」と。
ノンケが振り向くという作品は、読者置いてけぼり感がある物も多いので。
追いかけっこも可愛かったです。

この作品を機に渡海さんの作品を読み始めましたが、今のところわたしはこれが一番かな。

1

渡海先生らしい作品ですね

ゆっくりとストーリーが進んで行くので、全体的に見てもせかせかしておらず、読者が取り残されることもなかったです。ゆっくりしたストーリーは大好きなので凄く好みでした。

すれ違いものなのですが、読んでいてイライラすることもなく、がんばれーと応援したくなる2人でした。
攻めもこの程度なら全然嫌なやつとは思いません。
あーこういうタイプいるなーって感じで自然と感情移入できました。
受けはネガティブだけど嫌なネガティブではなく、がんばれ!もうちょっとがんばれ!と応援したくなる可愛いタイプ。

ただちょっとラブ度は低めかな…?
もう少しくっついてから甘いシーンが多ければ嬉しかった〜

1

逃げれば追うのは

人の性。

逃げることばっかり考えて全然相手のことは考えない身勝手なネガティブな子に片思いされちゃっていた西條。
日々の仕事に追われて、すっかり自分でも忘れていたけれど、実は大の恋愛体質で、
逃げる者ほど追いたくなるのは、もうこれは本能的なモノとしか、、、

この二人、実はけっこう年が近いのですが、立花の恋愛スキルがあまりにも低いので、その恋愛スキルの差が、実際の設定年齢以上の差になって、立花は実年齢よりコドモっぽく
、西條はむしろオッさんくさい。
いきなり大人の本気のエロをぶちかまされちゃう立花が、エロ可愛かったよ。

1

イライラしないすれ違い。

すごく渡海さんらしい作品だと思います。もう作者名伏せられて読んでもわかるくらいに。特にキャラクターですね。渡海さんのキャラクターって、コメディでも明るいいい人ってあまりいないのに、たとえ陰気なキャラクターの地味な日常でも(・・・あんまりな括り方ですが)、イヤな気分にならないんですよ、私は。
あ、でもキャラクターそのものがキライな場合は別です(陰気とか地味とか関係なく)。

あとがきでも書かれてましたが、この西条(攻)は別にひどくないと思いましたね。『イイヒト』かどうかはともかくとして、私は結構好感持てました。この程度ならまったくOKです。

立花(受)は、これ以上ないくらいネガティブですが、それも別にマイナス感情はなかったですね。自虐的なのも後ろ向きなのも(そもそも苦手要素ですらないんですが)、とても自然に受け止められました。

とにかく2人の意思の疎通がまったくないから、お互いが相手を理解できてないんですよ。だから、たとえば立花から見た西条は無神経でひどいヤツかもしれませんが、作中では両視点が切り替わって2人の心情がわかるので、読み手からすれば西条は立花が見てる(感じて続きる)のとは全く違うのが読み取れるんです。

もう見事な気持ちのすれ違いなんですが、そのじれったさも楽しめました。事件も何もなく、すごく『普通』なんですが、私は渡海さんのこういう感じ、すごく好きです。すれ違いぶりも、近付いて行く心の動きも、とても丁寧に描写されていて、この上もなく地味なストーリーなのに逸らせないんですよね。

それにしても、西条ってものすごい『恋愛体質』でしたね。そこが作中いちばん意外だったかもしれません。ますますひどくなんかないよ、可愛いくらいだ。
これ、もう少し西条の年齢が高くてもよかったんじゃないかなあ。27歳なんですが、中身はもっとオヤジだな~と感じたんですよ。

ラスト、立花の部屋を訪れた西条の、ベアへの台詞とその後のチョップが最高でした。

1

ときめく!!

渡海奈穂さんの一番好きな作品は
「正しい恋の悩み方」だったのですが、
これも良かった!!

なんでしょう、一部始終ドキドキして、
自分が恋をしているような気持ちになってしまいました。

両視点のお話なので先を急がずゆっくり安心して読めたし。
(私は片方視点だと先が気になって気になって落ち着かなくなるのです…)

卑屈で対人スキルが低い立花くんと
恋を意識的にしばらくしていない西条さん。

二人の温度が低い所から、徐々に上がってくるわけなんですけども、
エピソードに無理もないし、
多少お約束なシーンはあるとしても
とても自然に感情移入できました。

普通の人間なら、好きな人に話しかけられたり
ご飯誘われたりしたら絶対嬉しくて飛び上っちゃうであろう時も
立花くんは表情にも態度にも表さず、
ただ淡々としているんです。
それが西条さんは腑に落ちないというか。
「本当に俺を好きなんだろうか」と不安になるのもわかります。

ただ、立花くんは何も期待せず
自分で恋を終わらせようと必死なだけで
内心では動揺しまくりだし、戸惑ってしまうわけです。
続きこれがきゅーんとしました。
ちょっと頑固な面もあったりして、可愛らしい。

西条さんが最初、ただの好奇心で立花くんにかまうのも
「…なんか嫌なヤツかも」と思いましたが
ちゃんと恋心になってくれて嬉しかったです。
(そうじゃなきゃ最後まで読めないけど)

突飛なエピソードがあるわけじゃなく、
キャラクターもものすごく個性的ではなかったですが
自分とは違う解釈の仕方に「なるほど、そうきたか」と思わせられました。

静かにじわじわ温かくなるお話です。

私的に元ハルヒラさんのリーマンは、とにかくドストライク!
かっこいい西条さんが、本当に素敵でした♪

2

渡海さんらしい

渡海さんらしい作品で、ゆっくり読めるものでした。

カフェ店員の立花は、コミュニケーション力があまりない。
カフェに来るお客さんの西条のことが気になるのだけれど、
なかなか、話しかけたりなんてできず、
予期せぬタイミングで告白してしまう。
本当は、カフェの店舗研修が終わるタイミングで告白して、
「良い思い出」にしたかったのに・・・。

そして、恋愛なんて。と
恋愛離れ気味の20代後半会社員の西条は、
驚くのと、そんな立花を気にしてしまう自分にびっくり。

じりじり、すれ違いながらも距離を縮めていく2人なのですが、
もうちょっと、ラブが見れたらもっと良かったかなと思います。

2

萌えるすれ違い

 これはかなり、自分的萌えツボに入りました!

 思いは通じ合ってるはずなのに、片思いしてる話って好きだわ。

1

終わらせた恋と始まる恋

不細工キャラのマスコットキャラでチェーン展開するカフェの本社社員で
店舗研修していた受け様と、カフェの常連客でリーマンの攻め様との
すれ違いラブストーリーでした。

このお話のポイントは片思いで見ているだけで十分だった受け様がちょっと勇気を
出して、研修終了日に思いだけでも伝えて、片思いの恋を終わらせようとして
でも、自分が大好きで思い入れのあるマスコットキャラを可愛いと言った攻め様の
言葉が嬉しくて、思いがけず予定日より3週間も早く思いを告げてしまったことから
始まるのです、そしてそれを聞いた攻め様はちょっとした好奇心から始まり
次第に受け様の事が気になりいつの間にか攻め様自身が恋をし始めた事に気が付く。

片思いの恋を終わらせる為に告白した受け様と、これから知り合って恋になって
と思っていた攻め様との勘違い&擦れ違いのような初めからズレている二人。
受け様は自分の気持ちだけ伝えれば良かったみたいな、まるで学生みたいに
好きでしたで自身の仲では終わってると言うか終わらせようとしていた相手から
その後に声を掛けられ、二人で帰るようになって食事をして・・・
続き
受け様にしたら終わらせようとしたのに、親しげにされて、かえって辛いなんて状況

でも、攻め様にしたら、仕事が忙しくて恋なんて面倒だと思っているけれど
告白したのに、その後にかなり素っ気ない態度で、告白前と変わらない受け様に
逆に興味が湧いて、いつの間にか受け様と会う事が楽しくなってる・・・

でも、相手に答えを求めていない一方的な告白だったと攻め様は気が付いていない。
攻め様は恋を始めようとしてるけど、色々なやり取りの中で受け様は少しも脈は無いと
思い込んでる、思い込んでしまう程、攻め様の天然的な酷さが見えるのです。
でも、攻め様にすると受け様もかなり酷いんですよね。
始めの思惑が双方違い過ぎてズレまくってしまったまま時間だけが過ぎてしまう。

読み進めて、いったいどこで修正するんだろうなんて思ってしまう。
そして二人のキューピット的なベアくん、大きなベアくんを抱きしめる受け様が
妙に萌えツボに入りました。攻め様のベアに対抗してる感じも笑えます。
後半結構、胸キュンしちゃう展開で楽しめました。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ