君の知らない大切なこと

君の知らない大切なこと
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
竹書房
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
キスは痛いくらいがちょうどいい

あらすじ

「キスは痛いくらいがちょうどいい」初回特典番外編ss+限定カラーイラスト付きリーフレット

本編、純太とハコイチさんが初めてキスをしたその直後の、純太とハコイチのお話

表題作君の知らない大切なこと

デザイン事務所バイトの留年美大生 小菅純太・24歳
デザイン事務所の雑務担当 波古一貴・28歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

まさかこんなに甘かったなんて!

本編中、純太がハコイチにキスをした時、ハコイチにほっぺを噛まれて傷ができるエピソードがありましたね。
その後から、何度かデートをしてという、その様子がここにあります。
最初のキスは思わず衝動でしてしまったけど、そこにどんな気持ちがあるのか、どうなりたいのか、純太はそれなりに考えているようです。
でも、ハコイチはどう思っているのかさっぱりわからない。
仕事終わりに待ち合わせて、美術展にいった帰り、
ハコイチをトイレに誘って目をつぶってもなにもしてこない。
ちょっとがっかりしたんだけど、その帰り。。。

二人の想いは通じてるんだね。
ハコイチ解ってるのかな?
嬉しい様な悲しい様な切ない様な、、、
だけど幸せで甘酸っぱい気持ちがいっぱいで、かわいらしいカプだな、って思えた場面でした。
ハコイチ・・・本当にそれでヤクザやってたなんて、つくづく信じられないです!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ