WILD ADAPTER 6巻(限定版)

WILD ADAPTER 6巻(限定版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
ZERO-SUMコミックス(コミック・一迅社 )
発売日
価格
¥1,333(税抜)  ¥1,440(税込)
ISBN
9784758056526

表題作WILD ADAPTER 6巻(限定版)

その他の収録作品

  • STAFF LIST

評価・レビューする

レビュー投稿数1

修羅となる久保田

この巻はすさまじさがあります!
そしていつもつきまとう悲しみも少年達であるだけに尚一層切なく迫ります。

W.Aの謎を知っているかもしれないと出雲組が目を付けたのは時任。
久保田が元いた年少組に時任の拉致を命じます。
時任を奪還する久保田の凄まじい鬼となった姿。
修司を亡くし、その死にこだわりながらも向う先に違いができてしまった年少組の治と龍之介。

修司と治と龍之介はいつも3人でつるんでるダチだった。
修司が亡くなったことで治はのしあがって、その死を無駄にしたくないと考え
龍之介はその死によって、自分達の求めていたものを本当にこれでいいのかと考え直しはじめている。
この二人の差が修司という一人がなくなっただけで、こんなにもバランスを欠いてしまうほどに、とてもシビアな世界なのです。

久保田は、一人で時任の拉致されているタンカーに乗り込み、そして一人で全てをやっつけてしまう。
そこにはいつも時任に魅せる優しさのかけらは微塵もない。
年少組で一緒だった龍之介にも治にも。
ただひとつ、時任だけ。

無事逃げ延びた二人が「どうして俺達いきているんだろう」と続きいう時任の問いかけに、久保田はじゃあ、このまま沈んじゃおうかというが、時任が生きたいと願う限り久保田は生きて時任をまもるのだろうな~
時任は久保田の命そのものなのかもしれない。

この6巻でENDになっていますが、「To be NEXT」の文字が気になります。。。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ