恋するカラダ

koisuru karada

爱的躯壳

恋するカラダ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
ミリオンコミックス HertZ Series(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784813053569

あらすじ

志貴は見た目は美人だが中身は誰よりも男らしい大学生。目下の悩みは2年前海外から帰ってきた従兄弟・尊の存在だ。昔は可愛かった尊だが、今では「これからは俺がしーちゃんを守る」と豪語し、束縛する超過保護っぷり。ある日、志貴は先輩に襲われているところを尊に助けられる。だが、興奮した尊に押し倒されてしまい…!!

(出版社より)

表題作恋するカラダ

有坂尊 従兄弟で帰国子女の大学生
有坂志貴 剣道場の息子で大学生 

その他の収録作品

  • 恋するアタマv

評価・レビューする

レビュー投稿数2

溺愛執着大型ワンコ

従兄弟同士の恋だけど一方の気持ちが生半可で無いくらい溺愛しちゃってる。
それを受ける側は気持ちの整理もつかないままに始終押され気味で絆される話。

子供の頃は小さくて弱くて志貴が守ってあげないとダメだった尊が外国へ引っ越して
それでも従兄弟同士だからいつも連絡のやり取りはしていて、尊が帰国してくると
知った時は嬉しかったのに、いざ帰って来た尊は守るべき相手では無く逆に
どこかで成長が留まってしまったような可愛い見た目と伸びなかった身長で、
護られる側になり、さらにベッタリといつも大きな身体でくっ付いてくる姿は
まるで大型ワンコそのものなんです。

綺麗な顔しているのに強気で乱暴な志貴に邪険にされたも足蹴にされてもそれすら
嬉しいと思っている姿はかなり一途だけど危険な感じ。
そしてとうとう暴走ワンコは飼い主に手を出してしまうような展開です。
志貴に近寄る者は全て威嚇して排除、この辺は狂犬みたいな雰囲気。
結局は大型ワンコみたいにおバカで志貴しか見えない尊に絆されてのハッピーです。
それに志貴はとても感じやすい身体の持ち主だから愛されることがきっと向いている!続き
読み終えるとそんな風に納得してしまう展開でした。

1

ワンコ→バカワンコ→やっぱりバカワンコw

ああー、何か久々にBLは少女漫画から派生したんだって、改めて実感しましたw
Heartzって守備範囲が広いので、たまにビックリするような作品が出版されたりするけれど、島あさひさんの作品達も間違いなく自分的にはそちらに入る方です。

小さくて可愛かったはずの守りたいと思えたほどの従兄弟が帰国して再会すると、自分より背は大きくなってるし、モテモテだし、
なのに、自分が好きだと周囲のアマタ誘いを蹴ってまで自分にべったり。
その温度差と、主人公の意地っ張りがちょっとしたトラブルを呼んで、改めて従兄弟の真摯な気持ちにきがついて、自分にもまた特別だった、
という、大まかにいえばそんなお話。

最初に言ってしまうと、この攻めになる尊、好きだ好きだ好きだの連発で、押し倒してみちゃったりもするけれど、全体を見ると実は影の薄い攻めだった!?
ま、主人公は志貴なので、彼に関係してくる人はこの尊だけではないけれども、若干存在感は大きくていいはずなんだけど、志貴の心に占める存在感は大きくても、紙面上の存在感は薄いという(?)不思議な感覚が!!

志貴は痴漢に狙われたりとか、今回も執拗な先輩続きに襲われかかったりとか、かわいくて(見た目だけw)男にモテる設定のようです。
それを今まで親友の真崎が助けてきたという関係もある。
尊は自分意外の男に志貴が、、というのでべったりのストーカーまがい番犬ワンコ状態で、志貴は今までだってうまくやっていけてるんだからとそんな尊がうっとうしいと思う。
志貴が尊の本気を感じて、意識し始めるのが、初めて尊に襲われた時。
それでも彼を否定するんだけど、そののらりくらりが、尊を好きでいいる後輩の嫉妬を呼び、志貴のピンチを生み、
そして、真崎が志貴を試す場面があるのですが、これって本気?それとも試練?(w)
ま、志貴のほだされ受けというところでしょうか?
一緒にいて、しかも従兄弟だから身近すぎて考えられなかったという部分はわかるけど、性愛対象としての恋人として志貴が尊を認めるのは、何だか、、、
しかし、これがマンガ展開なんだ!っていう御約束なのかな?

いや、自分尊より真崎のほうが好きです!
いつもむっつりした表情で笑わなくて、彼のほうが番犬に近いかも?
出番はそうおおくないけど、存在感は尊を上回ってましたよ!
自分的には、真崎とくっついて、尊振られる展開で全然ありだと思いました!

この作品の魅力は乳首でした(爆)
ぷっくりが嫌らしかったですw
ち◎このようなぷっくりおっぱいをご堪能ください♪

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ