部長の男

buchou no otoko

部長の男
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×219
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
127
評価数
35件
平均
3.7 / 5
神率
11.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784796403030

あらすじ

印刷会社広報部部長の日下部は男盛りのゲイ。仕事も恋愛も思いのままだったが、社内研修生・水科との出会いで思わぬ展開に…!?

(出版社より)

表題作部長の男

印刷会社の広報部部長で受様の直属上司39・日下部渉
工場から広報課に配属された若手社員23・水科康太

その他の収録作品

  • 可愛い男

評価・レビューする

レビュー投稿数10

男のシゴト。

仕事にアツイ男は素敵です。主人公は業界3位の大手印刷会社に勤める広報部長の日下部。彼は仕事にも色事にも貪欲なんです。仕事の能力を買われて納得のいく役職につければ、転職に躊躇はない。どこでもやっていけるデキる男なのは確かだけれど、フットワークが軽いもう一つの理由には、彼の性的指向によるところもありまして。

日下部は社長直々の指示により、工場勤務の若い作業員、水科の教育係に任命される。オドオドして自信がなさそうな水科の中にアンビバレントな魅力を見出した日下部が、指導者として冷静なアドバイスを与えながら、その裏で無自覚にも水科にハマっていくところが面白い。

水科は見方によっては文句なしの美形だけれど、性的にコンプレックスがあって、ソッチ方面においては奥手で純情。そのギャップにガッチリ捕えられちゃった上に、相手が自分を慕っていると知ってしまったら、純正ゲイの日下部にとっちゃそりゃ据え膳も同然。食わないわけにはいきませんよねぇ…。最後の方の水科は、わたしには溺愛されまくりのオトメにしか思えなかったよ。。

このお話の目玉はリバですね。リベンジパターンにDTが乗っかっている点がなか続きなか新鮮でした。やはり受けとめる側には広い心がないとイケません。んー、個人的には攻めが受けに転じた後に、開発されて目覚めちゃってくれたらいうことないんです。そんであわよくば受け専になってほしい。(←オヤジ受け好き)このお話では攻めにまだ抵抗があるように描かれていて、後はご想像にお任せします♡で終わっている感じなのかな。

わりと尺長めの先生のお話を読んだばかりだったので、今作はコンパクトに感じました。しかしながらやはり心理描写が秀逸で、お仕事の部分と恋愛を絡めるバランス具合が絶妙で読みやすい。脇キャラも濃くて、彼らと絡むエピソードも好きなんです。なんなんでしょうかこの、どれを読んでも楽しませてくれそうな安心感…。

トピでおすすめいただいた作品でしたが、先生の作品を読むモチベーションをグググイッと高めてくださいました。ありがとうございます!また楽しみが増えて困っちゃいます(苦)

4

リバは愛!

久々に来ました「神」評価! 面白かった〜!
リバスキーな私は、「リバ」と聞くともう読みたくてたまらないのですが、以前から読みたい読みたいと思いつつ、やっと購入できてもうワクワクで読んだわけです。
そしてそのままのテンションで読み終えることができました。大満足です。
まず、攻めの日下部部長と受けの水科君、どちらも魅力的です。
日下部はいわゆる「大人の男」で、仕事が出来る。真っ当な野心があり、かといってズルさはなく、頭もよく切れる。そして隠れゲイ。
水科は社長の初恋の女性の忘れ形見で、社長のある思惑のもと工場から異動してくる。彼も実はゲイ。この辺はご都合がニオッてくるかなあ…
DTの水科が教育係の素敵中年日下部にポーっとしちゃうのはよーくわかる。はじめはタイプじゃないし、と眼中に無かった日下部だが!
この日下部が落ちるその時の情景がイイんです。
『季節によって姿を変える陽の光のように、康太の表情にまた変化が訪れた。(中略)今、頬に映るのは、 (ー) 夏の終わりの西日だ。』
そして、『最初の男になってやる』
ひゃ〜!
結局関係は続き、会社でも買収話などの業界再編に絡む続き日下部のキレ者の仕事っぷりが語られ。イヤ、日下部さんかっこいいっす。
水科も元々の素直な性格と恋するワンコ全開で、一生懸命さが伝わってくるのです。
で、なぜにリバが成立するのか?(ネタバレします)
社長は自分の娘と水科を結婚させようと考えて、日下部に取締役のポジションを用意して水科の教育を任せた。それを知った水科が『女とは無理だーひどいよ……』と日下部をレイプ!
ここからの日下部がまたイイ男ぶりを発揮するんですね〜。
隠していた色々のことを全て水科に晒して、愛してる、と告げる!(ヒイッ!)
そうです。結局はハッピーエンドとなります。水科もイイ男に育っていく予感です。

「可愛い男」
月に一度は攻め受けを交代するようになったお二人さんの甘〜いエピソード。
日下部部長はトシを感じてちょっと焦り気味です。

リバ、というと攻x攻の攻防系がどうしても多いですよね。この作品もそんな感じが見られます。でも、私の理想のリバって、攻めとか受けとかにこだわらず愛しさと快楽の融合というか追及というか、「この男と溶けて解かしたい」という、そういうのが読みたいんです。なかなか無いですが…
この「部長の男」もその辺は足りないのですが、日下部の潔さと水科の純情さ(すぐ泣いちゃう男がこんなに可愛く感じるとは…)がめっちゃ良かったので「神」評価とさせていただきます。

8

出来る男は二兎をも得る?!

タイトルにとても惹かれて…

日下部は出世欲のある男だ。社長命令で、社長の個人的に思い入れのある青年を育てることになった。社長はこの青年を娘婿にするつもりだ。
日下部は、工場から本社へ異動になった水科を一人前に育て、ただの部長職ではなく取締役部長になるのが当面の目標だった。
ところが、水科はゲイでまた日下部もゲイだった。そして水科は部長に惚れてしまいカミングアウトするが、日下部も想いを募らせ関係を持つが自分もゲイだとは言えなかった…

出世の為にと部下を育てようとする反面、恋に落ちてしまって部下を翻弄しつつ、どちらも手に入れたいと奔走する部長がとても男らしい感じがして惹かれました。
仕事でいくつかのプロジェクトを通して水科が成長するところもきちんと書かれているので、物語にも厚みがあります。
社長の思惑がバレて、怒りにまかせて水科が部長を襲っちゃうとは思いませんでしたが、リバ大好物のワタシはわくわくしてしまいました^^;

そして、言うまでもないですがすったもんだの挙句は、ハッピーエンドでございます。
仲直りしてから水科が、すごくよかったので時々でいいから…とおね続きだりするのがかわいいです。リバCP誕生!
でも部長がバックからしかさせない、その頑ななところに笑ってしまいました。四十路間近のゲイ心は複雑なのだそうですw

仕事上でもお互いを信頼し合える、高め合うことが出来る関係で、恋人にというのが最高に萌えます。もちろん!男同志じゃないとダメなんですよね。
年の差CPと言うのもいいです。

水科は仕事面でもどんどん吸収して成長していますが、えっち面でも貪欲に学ぼうとしているのが健気でかわいいと言うか、部長の言うことにははい!と言うことを聞くかわいいワンコです。
部長は水科に攻められてやや不満を持ちつつもかわいくて仕方ない様子。末永くかわいがってやって下さいナ。
将来的にまた社長に邪魔されることがあってもきっとこのふたりなら大丈夫。部長がちゃちゃっとイイ案を出して乗り切ってくれそうです。

8

大型犬

「部長の男」という題名もありますが、
まず表紙に目を取られますね(;´Д`)どういう作品なの!?と

個人的には女子に間違えられそうな受け様を好んで読んでいますが
今回は自分なりに冒険しましたw

リバということで主に攻めの部長さまはゲイで仕事も恋も順調で
男盛りでもあるし、素敵な上司です
受け様はかなり真面目ちゃんで世間ズレしておらず・・・ときて
見た目女子と思いがちですが、ガッチリイケメンな感じの方です

お互い仕事面で引かれ合い気になりだしプライベートを共にして。。。なのですが

とにかく受け様が可愛くて仕方ありませんw

2

乙女系の大型強面ワンコ

どうですかこの挑発的な表紙の表情!アニメ調なのも手伝って素晴らしいインパクトです。
彼の名は水科康太23歳。
業界第三位の印刷会社の工場で働いていた彼が、とある理由で本社の広報部へ、異例の異動となってからのお話です。
両親を早くに亡くし、お祖母ちゃんに育てられた康太は、素直で純朴。子供の頃から目付きが悪いといじめられ、それを克服するために空手の段持ちになるような努力家だし、真面目なんだけど…せっかくのルックスをまるで生かしきれていない野暮ったい男子なのですよ。
その康太をね、社長からの特命で、洗練された素敵男子に育て上げなければならなくなった日下部部長39歳。
部長視点でお話は進みますが、最初は会社のために康太の教育をしていたはずなのに、徐々に康太の子供のようなひたむきさや、純粋さにほだされいくのですよ。
子供のようというか、ワンコですね。あとがきでも書かれてますが、可愛い大型乙女犬。強面の。ドーベルマンなのに、周りにお花いっぱい飛んでる、みたいな。
しかもこれはまあ人によっては爆弾でしょうが、リバありです。そこも私は楽しかった。攻めてるはずが喘ぎまくってる康太(^_^;続き)可愛すぎます。

読み始めてわりとすぐに、あれ?これ鳩村さんだよね?と思うような、これまでとはちょっと違う文脈を感じました。デビュー10周年ですか…脂が乗ってますね~。
佐々木久美子さんのイラストもイメージ通りで、一枚一枚がムッハーとなりますが、枚数が少なくて!もっと見たかった。
いやー、それにしても面白かったな~。
鳩村さんの特徴であるお仕事BL。印刷業界の内も外も、同族経営企業ならではのしがらみを含んだお話を読めて大満足です。
どんなジャンルの仕事でも、内容が詳細なのにわかりやすくて、すっかり入り込めてしまうんですよね~ほんとこれには感心します。
しかも今回は育成もの。やっぱりマイフェアレディは楽しいですね。
展開の先が見えていても、起承転結のバランスが絶妙で、主役も脇役もしっかりキャラが立っているから、ぐいぐいと惹き込まれ、一気読みしてしまいました。
脇キャラといえば、部長のゲイ友だちのエリート証券マン青木が、オネエ攻めなお話…出ませんかねえ。スピンオフ希望!!

10

リバ・・リバは好きなんだ・・・好きなんだが

リバが読めると聞いてウッカリ飛びついてしまった
自分にガッカリダヨ!ヽ(`Д´)ノ
というか、最近良質のリバって無くない?!
や、ちゃんと探せばあると思うんだけど、もちろん攻守がかっちり決まってた方がスッキリするのやもなのですけど・・・今はやりの年下攻のなかにリバなんて!
って声もあるのだろうが、ぐんずほぐれず。
それこそ堀りつ掘られつ。そんな中で育まれる愛!
とか、とか、とか。。。あってもいいと思うのよ!思うんだよっ!
そんな中での今回であります。
まず「部長の男」ってタイトルがいいよね。しかもリバってことは
部長も受けてるんでしょ?ひょうしに相手がいないってのはわりと異例よねw
なんて思いながらの読み始め。相手は年下、ワンコな童貞君。
最初からゲイって設定なので、性癖の悩み云々~はすっ飛ばしてのお話。
完結にいうなれば、物足りない!!!
攻守逆転して~の展開は不味くはない。その後も~な関係もなくはないのだけれど
どこか惰性を感じてしまう。
というか、そもそも部長の心境というか、変化が、表面的に見えてしまいまして
受のために~してやりたい
愛しい~云続き々~の行もなんだか心に沁みませんでした。
期待値がちょっぴり上がってるとこういうことになるのでそもそも期待するなって話なのですが・・・・。
ただ、今後若い部下が攻としてきちんと成長を果たし、完全に下克上・・ってこともあるんじゃないかと、最終的にはニヤリとしてしまったのも事実です。
足腰立たなくなるまで貪りつくせばいいと思うの(*´∀`*)ふふふ

まぁ、読めなくはない。
リバ・・という意味での攻守コロコロはある。
だけども・・・な作品だったかな。ん~・・・

9

リバ好きには、是非

リバとレビューを読んで知り、ついつい購入してしまいました。
なかなかリバものって無いんですよね。

今回の主人公は、かなり大人でした。
1人称での書き方であるため、部長である主人公・日下部の
考えとかが読めたので、何とも面白かったです。

日下部は、出世のため、純朴な水科を
仕事のできる男に成長させ、社長の娘の婿になれるように教育すると
社長と約束をします。
そのため、日下部は、水科に世話を焼くのですが、
水科は、実はゲイで、自分のことが好きなようだと気づいてしまう。
で、関係を持ってしまい・・・。

というあらすじなのですが、
日下部が部長という立場であり、結構野心家で、
きれいなことだけで仕事をしていない様が、面白い!

働く男のストーリーが好きな方にはお勧めです。

3

激情のリバものだ!

物語は、マイフェアレディーを彷彿とさせるちょっと捻りのある男性版なのですが
かなり面白い展開で、39歳本社広報部部長と工場勤務だった水科くんを広報部で
引き抜いた事から始まるのです。
この引き抜きには本社社長の思惑があって、異例中の異例人事なのですが
初恋の人の忘れ形見にわが子を嫁がせたい社長の個人的な思いからなのです。
そして、部長は工場勤務で地味な雰囲気で、時に眼つきが悪くなる水科くんを
何処に出しても恥ずかしくないように教育する事が任務で、その報酬は取締役と言う
己の出世だったりするんです。

そして、部長の教育が始まるのですが、実は部長はカミングしてないけれどゲイで
水科くんはタイプじゃなかったのに、何故か気にかかるように・・・・
そして、ある日日頃のお世話のお礼に水科くんのアパートで夕飯に御呼ばれした時に
水科くんがゲイである事を知ってしまう。
そして、水科くんが好きな相手が自分だと言う事を感じとり、出世のかかった事に
危機感を覚えて、取りあえず逃げるように・・・・

しかし、その後元気の無い水科くんへはっきり断らなければと思い、自宅に呼び出し続き
でも、童貞で初めて恋するような純粋な水科くんを可愛いと思ってしまい
部長は理性崩壊で水科くんを抱いてしまうのです。
それからは、1度だけだと思っていたのに、気が付けばズルズルと関係を・・・

それと時を同じくして、印刷業界全体に影響が出るような買収話が持ち上がり
部長はその危機を回避するために、隠密で社長から指示を受ける事になります。
でも、部長の思惑は既に、水科くんを社長婿に育てる為ではなくて自分の相手として
心を決めていて、そのためにも買収の件で社長に恩を売って地固めしようと
考えているのですが、その前に水科くんに娘婿の話を知られ、騙されていると
思い込んだ水科くんは好きだからこそ、激情に駆られ、部長を犯してしまう。
まさに、リバ!なのです。

でも、はっきり水科くんに弁明は出来ない状況で・・・
部長の出世しか興味が無いと思われた生き方が水科くんと出会ったことで変わって行く
そして、ゲイだと言う嗜好の為に自信なさげだった水科くんがやはり部長との出会いで
男として成長していくんですよね。
部長は打算的で、水科くんを騙していた事の責任を会社を辞める事でとろうと・・・
それを知った水科くんは・・・

男同士だから、激情に駆られてリバになるって展開が違和感がなくて逆に双方の
感情がむき出しの感じがして違和感が無かったですね。
なかなか読みごたえがある良い作品だと思いました。

3

リバ好きは是非一読を!

リバ好きです。
茶鬼さんのレビューを読まなかったら手に取ることはなかったかもしれません。教えてもらって良かった~!がっつりのリバに大満足です。(BL小説では珍しい気がします)
あらすじにもあとがきにもリバを匂わせる記載が無く、リバが地雷な人が知らずに読んでしまう可能性もあるかも・・・
本編後の後日譚がとっても可愛い。部長も康太もどちらも可愛くて仕方ありません。仕事中はとても厳しい男の顔を見せている人が恋人の前でだけ可愛くなるのって良いですよね。

4

ビバ!リバ♪

きっと苦手な方もいらっしゃると思い、思わずタイトルで叫んでみました。
リバ好きにはたまらない、なんちゃってリバとか一回だけのリバじゃない、理想的なリバでありました♪

そんなつもりじゃなかったのに、40手前のおじさんが、好みじゃなかったはずなのに、ついついうっかり好きになってしまって、
しかも上司と部下で、その部下を引き受けたのには裏があり。
しかもその部下はゲイの童貞だったのものだから、、、、
お仕事もがっつり、働く男もがっつり、リバもがっつりと、がっつり三昧は実にワタクシの満足を満たしてくれたのでした。
しかし、、、このワンコ部下の魅力が自分には今一つ理解できなかったのだが、、、
上司はワンコ育成と、ワンコの押せ押せと、ウルウルにやられてしまったのかwww

上司である日下部はゲイで特定の恋人を持たない。
仕事に関しても能力があるが、もの作りにこだわりがあるわけでなく、割とドライで出世とか地位とかを優先するタイプのようです。
それで今回、取締りという肩書を手に入れるために、社長の指示で工場から引き抜いてきた水科という23歳の社員を自分の部下として、人前に出し続きても恥ずかしくない男にするために指導することになったのです。
高卒で工場勤務であかぬけない、自信のなさそうな彼が、キリっとした表情を見せると、なんと日下部の好みだったのです。
仕事上の取引の思惑があるとはいえ、世話を焼いているのが実は楽しかったり、懐いてくる彼がかわいく思えたり、
そして彼が日下部の親切に宛てたお礼の手書きの手紙を見た時に性的にとうとう自覚してしまう!

水科ですが、ほんとうにワンコでした。
スレてない、純粋で、一途で、要領が悪くって、ちょっと賢くなくって。
でも、いいものを持っているという設定。
何となく、最初の登場からそんな予感はしていたのですが、この男、女性が全くダメなゲイだったのですよ!女性とセックスをするのを想像するだけで吐いてしまったくらいですから相当ですよね(驚愕)
そして、実は凄く奥手で日下部が工場視察に来ていた時から好きだったと!?
初心な乙女のように泣くから、要所要所で泣くんです。
これに日下部やられちゃったかなwww

リバのシーンは、日下部がどうして水科を本社へ引き抜いたのか、それを知ってしまって激昂したことで起きました。
日下部は若い頃、受けも体験したようですがあまり向いてなかったようです。
しかし、この時強姦のように水科に襲われて感じている自分がいたりもしたのです。

お話は、この水科を引きぬいた理由にかぶるように、業界のTOB問題絡みで一芝居うつことになった日下部が、水科を使ってという結構真剣な部分もヤマとして設定され、それによって日下部が自分の気持ちをはっきりさせる展開となっています。

結構リバのおいしい場面は、水科がそれをおねだりする場面だったり、やりとりをする場面だったりもしますので、小説でここまではっきりリバを表現したお話を自分は多分読んだことがなかったと思うのでとても新鮮でした♪

同時掲載の短編『可愛い男』では日下部の心の叫びが年上の恥じらいの本音を表わしていて、思わず隠れツンデレ(爆)と思い切り笑ってしまったデスヨw

あと、表紙ですがガツンとやられました!
普通だと二人がつるんでる表紙が当たり前だけど、この一人アップ!
とても素敵でした♪
こんな表紙が増えて欲しいな~と思ったりします。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ